「よし!結婚しよう!」と男が決断する瞬間とはどのタイミング?

結婚を考えている彼を持つ女性必見です!

これがわかれば婚期を逃すことはありません!

結婚は男性にとっても人生の大きな決断

結婚は人生の一大イベントです。

結婚というと女性にクローズアップされることが多いですが、男性にとっても大きな決断であることは同じです。

特に男性の場合は結婚することによって家庭を持ち、家系を支えていかなければいけないという責任がありますから、大きな責任を背負う覚悟がいるわけです。

▼【関連記事】彼氏に結婚したいと思わせる方法はこちらの記事を先にチェック!
彼氏に結婚したいと思わせるための10個の方法

彼が結婚を決意する20個の瞬間!

人生において結婚を決断する瞬間というのは人それぞれ違うでしょうが、いくつかのシチュエーションにおいて男は結婚を決断することが多いとされています。

それでは男性が付き合っている彼女と結婚を決意する瞬間はどういうときなのかを見ていくことにしましょう。

1.周囲に優しくしている姿を見た時

結婚する上で大事なのは容姿がタイプとかそういうことではありません。

やはり性格というのが非常に大切になってきます。

やはり何を差し置いても優しい人と一緒になりたいと思うものです。

自分にだけじゃなく、自分の周りの友人や同僚などにも優しく接している姿を見ると、この子と結婚しても大丈夫だなと確信できます。

結婚すれば近所づきあいを始め、様々な人と関わり合っていかなくてはいけません。

やはり優しさを持った人というのは一番のポイントではないでしょうか。

自分に対しての優しさというのは意識して優しくしている可能性がありますが、自分以外の人に対しても同じくらいの優しさを持って接しているということは、本当に優しい人なのだということがわかります。

他人にも分け隔てなく優しくしている彼女をみた瞬間というのは結婚を決意する瞬間に十分なりえると思います。

2.素直な彼女が可愛いと思った時

恋愛が始まった時は、お互いを良く見せようとしますから、自分をつくろっていることもあるでしょうが、付き合いが長くなるとお互いを深く知るようになります。

やはり人間素直が一番で、飾らず素直な一面を見せてくれた時に初めて、この人だったら結婚してもいいかもしれないと思うのです。

素の状態が気に入るということは、その人そのものが好きだということになりますから、この人で間違いないという気持ちはさらに深まるのではないでしょうか。

付き合っている時というのは完全に素の状態ではないと思います。

どこかに相手に悪く思われたくないという気持ちがありますし、それは誰もが思うことです。

しかし、一生を共に暮らす人となると、本当の人間性というものを見ておきたいですから、完全に素直な状態の彼女を見る必要があります。

どんな女性でも素直になった時が一番可愛いものです。

ですから、自分の素をさらけだすことに躊躇している女性は勇気をもって素直になればいいと思います。

3.家族を大切にしてると実感したとき

付き合っていると、彼女の家族に対する考え方なども理解できます。

そこで、親や兄弟を非常に大切に思っていることがわかれば、この子は大丈夫だと思えるのです。

結婚して2人の生活が始まると、お互いの実家に行かなくなる人々も多いですが、やはり節目節目にはお互いの家族に顔を出して感謝の気持ちを示したいものです。

そういった気持ちが自然と身についている彼女なら、結婚しても大丈夫だと思えるのです。

一般的に、旦那側の親と妻がうまくいかないというケースが多く見られます。

それは妻が相手方の親をあまり尊重していない、大切に思っていないということが原因だと思います。

結婚は二人だけのことではありません。

お互いの家族にとっても大切なことです。

互いの家にも長い歴史があり、二人が結婚することがお互いの家系の歴史を作ると言う自覚がないといけません。

ですからお互いの家族を大切に思う気持ちが基本的に持っていてほしいものです。

4.励ましてくれた時

男性の多くは仕事が人生の中心です。

長い人生の中で仕事の悩みは尽きません。

時には落ち込んで辞めたくなる時は誰にでもあります。

そんな時に自分を励ましてくれる存在というのは、とてもありがたいのです。

彼氏が何か悩んでいる時に、優しく励ましてくれる彼女を見た時、この人は自分が落ち込んでいる時に励まして力になってくれる。

これからの人生、この子と一緒になら、いろんな問題も乗り越えていけそうだと考え、その時に結婚を決意するのです。

男が仕事のことで悩んでいる時、自分が励ましたり元気づけたりすることは、かえって男性を怒らせるのではないかと思って励ますことを躊躇する女性もいるとは思います。

しかし、どんな励ましでも男性は嬉しいのです。

自分の言葉で励ましてあげてください。

5.手料理を食べた時

「男を落とすには胃袋を掴め!」とはよく言ったものですが、料理が上手というのは相当高いポイントになることは間違いありません。

食事は生活の基本です。

毎日栄養のバランスのとれた食事をしっかりと摂ることが健康維持につながります。

男性は仕事に出るわけですから、帰ってきた時に美味しくてバランスの良い食事を準備してくれる女性を是非とも妻にしたいと思っています。

最近は働く女性も多く、家事などもやらないという女性は多いですが、男性の本音からするとおいしい手料理を作って欲しいというところでしょう。

料理が全くできないという女性がたまにいますが、できないのではなくてやっていないだけだと思います。

どんなに不器用な人でも練習することで料理はいくらでも上手になれます。

面倒臭がらずに料理の腕を磨いていきましょう。

6.デートの帰り道

彼女との楽しいデートが終わってその帰り道、別れるのが名残惜しく感じます。

このままずっと一緒にいられればいいなという思いに駆られます。

ずっと一緒にいるということは結婚か、、。

と具体的に結婚をイメージし始めるのです。

付き合っている時はどちらかが実家暮らしであったりして、デートの時にしか会えないと思います。

それで、デートの帰り道にはいつも名残惜しくなり、もういっそのこと早いこと一緒になってしまいたいなと考えるようになるのです。

そういう風に彼に思わせるには、あまり頻繁にデートしないことをお勧めします。

毎日会っているとありがたみがなくなり、彼女を恋しく思う気持ちが減退してしまうでしょう。

丁度いいくらいの感覚をあけて会うのがいいのです。

やっと会えた!と思わせることがデートの帰り道に名残惜しく思わせる秘訣です。

7.子供と遊んでいる時

彼女と公園に座って話していると、小さな子供が遊んでいました。

彼女は子供に声をかけて遊び始めました。

子供も楽しそうです。

こんな光景を見た時思わず、将来この人と結婚したら幸せだろうなと考え始めるのかも知れません。

多分その子供に、自分たちの未来の子供を想像したのでしょう。

親子3人であそんでいる姿を想像するとすごく幸せな気分になってきました。

早く結婚して家庭を持ち、子供を作りたいというふうに考えるのです。

女性の中にも子供が嫌いという人はいます。

それは人それぞれの考え方ですから、そういった人は子供がいらないと考える男性と一緒になればいいのです。

将来子供を持って家族を作りたいと考える人にとっては、彼女が子供好きで子供と遊んでいる姿を見ると嬉しいと思います。

8.一緒にいて楽しいと感じた時


基本的なことですが、付き合っていて一緒にいることが楽しいと感じなければ付き合う意味はありません。

しかし、この「楽しい」という感覚を忘れているカップルは意外と多くいます。

例えば付き合う期間が長くなり、お互いに冷めているにもかかわらず他に行く当てもないので惰性で付き合っているようなケースです。

この人と一緒にいるときはいつも楽しいな、幸せだなと感じられるなら自然と結婚をすることを考え始めると思います。

付き合ってデートしたりしてみて彼女と同じ時間を過ごしている時に、楽しいなと心から感じているかが大切です。

どちらかが気を使ってご機嫌取りをしているような関係は長続きはしないでしょう。

やはりお互いに一緒にいるのが楽しいな、もっと一緒にいたいなと思うことが大切なのです。

9.居心地がよく安心できると感じた時

いうらお互いにものすごく好きで相思相愛だったとしても、感情が高ぶった緊張感のある恋愛だけでは長くは続きません。

熱が冷めた時、恋も終わるのです。

やはり長く続けようと思うなら、お互いに相手のそばにいることが居心地がよくて安心できると感じなければいけません。

そうなって初めて結婚が考えられるのではないでしょうか。

結婚したら、そこから40年、50年と寄り添って生きていくわけですから、息が詰まるような関係で続くはずはないのです。

一緒にいると心が落ち着いて安心できると考えるなら、結婚相手として大丈夫だと思います。

家に帰って居心地がいい、そして安心できるというのは家族、家庭の基本です。

家族の基本を作っていく上で、そういったことが一番大切なのです。

10.考え方が同じだったとき


価値観の違いで別れるということはよくありますが、価値観とは要はものの考え方です。

これが違うとなると結婚してもうまくいかないと思います。

趣味などは違っていてもいいと思いますが、考え方の部分に大きな隔たりがあると埋めようがありません。

ですから、この人は自分と共通の価値観を持っているという女性に出会えた時、男性は結婚を決意するのだと思います。

11.何気ないことでも一緒に楽しめた時

人生というのは何も劇的な出来事の連続ということはありません。

何もない普通の日常が延々と続くのが人生です。

そんな中で結婚相手を探す場合、何気ないことが楽しい、幸せだと感じあえる人というのが一番いいと思います。

庭先に咲いた花を二人で美しいと感じて喜び合えるような関係です。

なにか大きなことや派手なことをやらないと互いを認められないとしたら、何気ない日常が耐えられなくなってしまうと思います。

12.彼女がいないと寂しいと感じた時

交際している彼女とは毎日会えるというわけではないという人が多いと思います。

ですが、会えない日が続くととても寂しくなってくるという男性は、もうその彼女がそばにいることが当たり前で、ずっとそばにいて欲しいと考えていると思います。

自分の人生に彼女がいないことを寂しいと感じるということは、ずっと一緒にいたい、結婚したいという考えにつながるものです。

13.自分を理解してくれた時

人生の中で自分がやりたいこと、挑戦したいことは誰にでもあると思います。

しかし、何かを始めるにはリスクも伴うわけで、挑戦することに対して否定的な意見を言ってくる周りの人間もいると思います。

そんな中、自分のやりたいこと、やっていることをちゃんと理解してくれる彼女がいるとしたら、その彼女は将来の妻となる可能性が高いと思います。

やりたいことがあるのに妻がいい顔をせずに諦めてしまったがために、才能をつぶしてしまう人はたくさんいます。

やはり人生に後悔しないためにも、自分のよき理解者と結婚したいものです。

14.自分の家族や友達を大切にしてくれた時

結婚を決意する瞬間は、お互いの家族を行き来するようになったころから、具体的に考えるようになると思います。

そこで一番確認したいことは、果たして彼女は自分の家族を大切に思ってくれるだろうか?結婚するといっても赤の他人です。

嫁姑問題などで結婚関係が破綻するケースなども山ほどありますが、相手方の家族とうまくやるということは避けては通れません。

また、自分の友人たちとも仲良くしてくれるかも重要です。

一緒に遊んだり将来する可能性もありますから、ちゃんと友人とも仲良くできるか見ておかないといけません。

15.周りに後押しされた時

男性は仕事のこともありますし、女性よりも結婚を考えるのは遅いと思います。

しかし、いつまでも結婚を現実的に考えていないと、どんどん婚期が遅れるだけです。

そんな状態を周りは見ていてヤキモキし始めるでしょう。

特に親族から後押しされる形で結婚に踏み切る男性も最近は多いように思えます。

結婚する時期くらいは自分で決めたいものです。

男性はどちらかというと、あまり早すぎる結婚は望まない傾向にあります。

まだ結婚には早いと考えていても、彼女やその家族などは出来る限り早く結婚に踏み切って落ち着いて欲しいと考えていることが多く、男性のほうが急かされて結婚を決意するというパターンが多いような気がします。

16.自分のしたことに喜んでくれた時

結婚するということは二人で共に人生を歩いていくことになります。

嬉しい時には共に喜び、悲しい時には共に悲しむ、全てを共有していくのが夫婦です。

自分が何かをしていて、それが達成出来た時に、彼女も自分のことのように喜んでくれたら、この人となら人生を一緒に歩いて行けるのではないかと感じるでしょう。

付き合っているとはいえ、他人のことにこれだけ感情を入れて喜んだりできるからこそ結婚も考えられるようになるのだと思います。

どれだけ人に共感できるかというのはとても重要なことです。

付き合っている人が何かを頑張っているなら、それを全力で応援し、達成したら一緒に喜べる。

そんな彼女と結婚したいと男性は考えています。

17.一緒に泣いてくれた時

辛くて泣きたくなるような時は誰にでもあると思います。

そんな時一緒に悲しんでくれて、一緒に泣いてくれる彼女がいるなら、そんな人と結婚したいと思うものです。

男が女の前で泣くということは正直、恥ずかしいことでもあります。

しかし、そういった恥ずかしさも通り越して彼女の前で泣いてしまうとすれば、彼女を特別な人だと考えているのでしょう。

悲しい時というのは心細くて誰かに寄り添って欲しいと思うのは男でも女でも同じです。

人生は山あり谷ありです。

辛く悲しい時が訪れても、それを乗り切らなければいけません。

夫婦とはそんな困難を互いに支え合って乗り越えていくものです。

自分のために一緒になって泣いてくれる彼女の姿を見て、結婚を決意する男性は多いのではないでしょうか。

18.彼女に結婚したいと言われた時

男性よりも女性のほうが断然結婚のことを常に意識し、考えています。

男性は女性と交際する時、ただ彼女が作りたいと軽い気持ちで交際を申しこむことがあると思いますが、女性は交際する時、必ず結婚のことも考えているものです。

ですから、いざ交際が始まっても男性のほうはいつまでたっても結婚について彼女と話し合うことがないので、彼女はヤキモキするというカップルは多いと思います。

それで、彼女のほうがしびれを切らして結婚について言うのです。

彼女から結婚したいと言われて、結婚したいと思うのは男として少し情けないと思います。

19.仕事で転勤になった時

転勤で今生活しているところから離れて違う街に移らなければならなくなった時、恋愛をしている人は一つの転機を向かえます。

当然、今の彼女は今住んでいるエリア内で知り合って付き合っている彼女だと思います。

自分が遠くへ行かなくてはならないとなると、遠距離恋愛に変わってしまうわけです。

遠距離恋愛となると彼女との付き合いが今までのようにうまくいくとは限りません。

もし、自分にとって大切で別れたくないのなら、ここが結婚を決断するポイントになるのではないかと思います。

逆にここで決断できないなら、その彼女とはここまでの運命だったと思って別れを考えたほうがいいかもしれません。

遠距離恋愛になった途端、彼女のことが無性に恋しくなって、今までより愛が深まって結婚が早まったという例も多くあります。

転勤が一つのターニングポイントになることは間違いありません。

20.長年一緒にいて離れられないと思った時

付き合う期間が長くなってくると、もう彼女が自分と一緒にいることが当たり前のようになってきます。

1年2年と年月が経つと、付き合い始めのようなドキドキはなくなりますが、相手に対する信頼感というものが大きくなっいきます。

長く付き合っていると、もうこの人と別れて離ればなれになることが考えられないようになってきます。

それで結婚を考えるというのは自然なことであると思います。

長い年月が経てば経つほど、別れるのは難しいですし、別れた後のショックも大きいと思います。

彼に結婚したいと思ってもらうには?

女性にとって結婚は人生で一番の大イベントです。

結婚して幸せな家庭を持つというのが一つの夢でありゴールです。

早く結婚したいと焦る気持ちは理解できますが、慌ててはいけません。

あくまで彼のほうから結婚を申し込んでこさせないとだめです。

今、交際している彼に結婚したいと思ってもらうにはどういった振る舞いをすべきかというのを考えてみましょう。

何があっても彼の味方でいる

男というのは社会に出ると競争社会の中で勝ち抜いていかなくてはなりません。

仕事も真剣勝負ですから、いつも和気あいあいというわけにはいかず、時はぶつかり合ったり、敵を作ることも多々あると思います。

そういった戦場で戦っている時は気を張っていますが、私生活に戻るとストレスがドット出て、不安に駆られます。

そんな時、いつでも自分の味方になってくれる彼女がどれほど愛おしく思えるでしょうか。

とにかく彼のやっていることに口を挟まず、いつでも彼の味方になって肯定してあげましょう。

そうすれば彼はあなたのことをかけがえのない存在だと思うようになるでしょう。

彼の仕事を理解する

彼女として一番やってはいけないことの一つが、彼の仕事にあれこれと口を挟むことです。

これは男としてはプライドが酷く傷つけられます。

仮に現状の仕事がうまくいっていなかったとしても否定的なことを言わずに理解をしてあげることが大切です。

男にとって仕事というのは一番大切なものです。

人生を賭けてやるのが仕事であって、それに対して理解をしてくれない彼女なら、結婚は考えられないと思います。

仕事の細かい内容だとか、給料だとかを事細かく彼氏に問いただすのはやめましょう。

仕事をちゃんとして頑張って稼いでいることが分かればいいのです。

あとは理解して全力で応援してあげることです。

そうすれば彼も彼女のためにもっともっと頑張らないとと思うでしょう。

疲れている時は癒してあげる

男性が女性に求めるものの一つとして癒しがあります。

これは男性にはない能力で、女性の優しさ、柔らかさによって癒されることで日ごろの疲れから解放される気持ちになれるのです。

仕事で疲れているけれど、彼女に会うと癒されてまた頑張ろうと思えるようになるなら、最高のカップルではないでしょうか。

こんな関係が保てるならば彼はあなたと間違いなく結婚を考えると思います。

自分は癒し系キャラではないから男性を癒すことなどできないと思っている人は心配いりません。

ただ穏やかに彼の話を聞いてあげて、肯定的なことを言ってあげるだけでもいいのです。

あなたが穏やかな気持ちでいることが大切で、それが彼に伝染して、彼の心も穏やかさを取り戻していくでしょう。

それが癒されるということです。

【癒すのが上手い彼女になるには、こちらの記事もチェック!】

笑顔でいる

どんな女性も、やはり笑顔の時が一番素敵です。

彼女にはいつも笑っていて欲しいというのが彼の願いでしょう。

何か不満があったり、自分の虫の居所が悪い日があっても、彼の前では笑顔でいることを心掛けましょう。

やはり将来結婚をして家庭を持った時のことを想像した時に、笑顔の絶えないような家庭にすることを皆夢見ると思います。

ですから日ごろから笑顔にいることが、彼の心に将来のあなたとの家庭像を描かせやすいと思います。

神経質でつんけんしているのはよくありません。

そうすると将来ガミガミと何かしらにつけて文句を言うヒステリックな嫁になるのではないかと思って、この子はお嫁さんにするのはやめておこうとなるかもしれません。

何でも楽しむ

人生いかに愉快に楽しく生きるか、これに尽きると思います。

何をやっていても楽しむことはできるし、逆に何をやっていても楽しくないと感じることもできます。

結局感じるのは自分なので、自分次第で楽しくもつまらなくもできるということです。

日常の何気ないことを楽しむ気持ちを持ちましょう。

何でもない小さなことに感動する心を持ちましょう。

そういった毎日を楽しく生きている姿は輝かしく見えます。

結婚というのは恋愛とはまた違います。

恋愛のようなドキドキはないかもしれません。

代わりに毎日の代わり映えのない日常が続くのです。

そんな毎日を幸せと感じて楽しく生きていけるかというのは、この人と結婚できるかどうかを考えた時、非常に重要なことです。

前向きでいる

これも結婚相手を決めるときの重要な要素であると思いますが、前向きな性格かどうかということです。

特に上手くいっていない時に、すねたり投げやりになったりせずに前を向いて頑張れる子かどうかは結婚の判断基準になります。

長い人生です。

時には家庭に予想もしなかったアクシデントや不幸が訪れることもあるかもしれません。

しかし、そこで逃げずに一緒に立ち向かい、前を向いていけるかどうかというのは大切です。

残念ながら、多くの夫婦は自分達の前に起こる困難や試練に立ち向かうことができずに関係が悪くなって、結果離婚という道を選んでいます。

これだけ毎年多い離婚数を見ても分かるように、長い年月を夫婦力合わせていうというのは簡単なことではありません。

ですから常に前向きでいることが大切なのです、

料理の勉強をする

最近は男性も料理を自分で作る人が多くなってきたとはいえ、妻が料理が得意というのはうれしいものです。

若い時はあまり気にしないですが、歳をとるにつれバランスのとれた食事というものが必要になってきます。

そんな時に妻がちゃんと栄養のたっぷりな料理を日々作ってくれるというのはありがたいことです。

料理が得意というのは大きなアピールポイントになると思います。

付き合っている時から積極的に手料理を食べさせてあげるのがいいと思います。

彼の胃袋をがっちりと掴んでおけば間違いないでしょう。

思いやりを忘れない

現在、結婚したカップル約3分の1は離婚すると言われている日本社会です。

離婚の原因はそれぞれあるでしょう。

しかし、せっかく結婚したのに離婚に至るまでの過程の中に、相手に対する思いやりの欠如というのは、全てのカップルに言えるのではないでしょうか。

相手のことを思いやる気持ちがあれば絶対にやらないようなことをやるから離婚してしまうのでしょう。

せっかく縁があって一緒になったのだから、まずは相手を尊重し思いやる気持ちを忘れないということが凄く大切だと思います。

自分磨きを怠らない

彼と付き合ってもう一年ほどが経過し、関係は安定期に入っている。

だからもう彼と別れることはないと安心していませんか?ちゃんと結婚の約束をするまでは何が起こるかわかりません。

特に自分磨きというのを怠ってはいけません。

怠った時からあなたの魅力は少しずつ減っているということを常に意識しましょう。

今よりも魅力が減退してしまったあなたに彼は冷めてしまう可能性だって十分にあります。

外面も内面も常に自分を磨き続けることで今の自分よりもさらにいい女になることを続けていれば、彼があなたを手放すことはないのではないでしょうか。

無理に結婚しようとしない

結婚したいのはわかりますし、長く付き合っていると彼のほうも当然意識はしているでしょう。

しかし、無理に焦らせて結婚しようとしてはいけません。

そんなやり方で結婚したとしても大概の場合がうまくいかないです。

それに、あまりにも急かすのは彼は不快に感じるでしょう。

結婚となると準備が必要です。

特に経済的な準備は彼のほうが主導して準備しないといけないでしょうから、焦らせるのはいけません。

結婚をあまりに焦ったため彼が嫌気が差して別れてしまったケースもたくさんあります。

無理に結婚をしようとせず、ベストなタイミングを待ちましょう。

結婚を決意した瞬間は彼女しかいないと思ったとき!

結婚するということは二人で人生の時間を共有するということでもあります。

ですから、一緒にずっといたいと思わせるような彼女である必要があります。

彼に、自分にとってはこの子しかいない、この子と結婚するのがベストなんだと思わせた瞬間が、彼が決意する時なのです。

こういったことは焦りは禁物です。

付き合った始まりの日から積み上げてきたものが彼をそう思わせるのですから、付き合っている期間の振る舞いというものは非常に大切になります。

料理を憶えたり、彼の好みの女性になる努力をすることは確かに大切ですが、それよりももっと大切なことはやはり思いやりではないでしょうか。

長い長い結婚生活を続けるためには、相手を思いやる気持ちがないと絶対に無理だと思います。

純粋に彼を思いやる気持ちというものを一番大切にしていれば、彼もあなたのことを大切にしてくれるでしょう。