バブル時代、女性が男性に求める要素として3K(高学歴・高収入・高身長)というものがありました。

しかし、時代が変われば求めるものも変わり現代では「新3K」として「価値観が合う」「金銭感覚が合う」「雇用形態が安定している」という要素に着目しているようです。

現代では飛びぬけて高収入を得るよりも、平均的で良いから安定した生活を送る事を求める人が多いのです。

この記事ではそんな安定した職業の条件や、安定した職業に就くための方法をご紹介していきます。

不況が続く今、安定した職業に就きたいと誰もが思いますよね

アベノミクスなどでリーマンショック以降徐々に経済が安定して、就職率も右肩上がりです。

しかし、それでもまだブラック企業も過重労働問題や派遣社員の待遇など、社会的な問題は山積みですよね。

誰もが仕事をするなら長く安定して生活をしていける職業に就きたいと思っているのです。

派遣社員だと将来が不安

就職活動に挫折してしまったり、リストラや何らかの問題で退職し次の仕事が見つからないなどの問題で、派遣社員として契約し仕事をしている人も現代では少なくありません。

派遣社員は職種によっては一見高収入を得ている人も少なくありません。

ですが、業績が認められなかったり、会社の都合などで契約が打ち切られてしまうと一転して無職になってしまうというリスクがあります。

大きなローンを組む際にも大変

結婚し、子どもを持つようになるとマイホームやマイカーなど大きなローンを組む事もあるでしょう。

そんな時にも派遣社員として会社と契約していると、今後の仕事が確実にあるという訳では無い事からローン審査に通らなくなってしまう事も少なくありません。

人生の大きな買い物をする時に、ローンを組めないとなると大変です。

安定した職種って?必要な資格は?

職種によっても安定しているかどうかは大きく異なります。

一般的に安定していると言われる職種は以下のような資格が多いのです。

公務員

公務員とは国や地方自治体によって雇用されている人を指します。

「国」という会社で働いているという事なので倒産の心配がなく安定という意味では最も安定している職業であるとと言えます。

福利厚生も勿論しっかりと整っており、長く安定して働きたいという人にはうってつけの職業です。

公務員には「国家公務員」と「地方公務員」があり、それぞれ試験を受けて公務員資格を取得する必要があります。

医師・看護師

医師は医師免許を取得するまでに通学期間も長く、難易度の高い職種であると言えます。

しかし、病気になる人はなくならないので仕事を失う事もありません。

それに、難易度に見合っただけの高収入を得る事もできるという点で、安定した職業であると言えます。

また、看護師も医師よりかは難易度が低いですが業界として人手不足となっているので職に困る事はないでしょう。

病院勤務の他に老人ホーム・学校・企業看護師など様々な分野でも求められる職種なので、自分のスタイルにあった働き方を探す事ができるのも魅力です。

介護職

仕事内容によっては無資格でも就職できるのが介護職の魅力です。

ただしその分無資格では高額の収入は期待できません。

高齢化に伴い、介護業界は人手不足となっているので職があるという点で安定していると言えます。

収入面を安定させるには介護士やケアマネージャーなど様々な資格を取得すると良いでしょう。

インフラ業界

水道・ガス・電気・鉄道・通信業界などのインフラ系業界は需要が減る事が無いので安定していると言えます。

会社によって資格が必要な部門があるものの、一般職であれば無資格でも採用される可能性はあります。

会社としての安定。

給与面、福利厚生なども整っている場合が殆どなので競争率の高い職種です。

管理栄養士

最近特に注目の集まっている職業が管理栄養士です。

管理栄養士の資格を取得する必要がありますが、食品関係会社、病院、学校など様々な分野で求められる職業で幅広い選択肢の中から自分にあった仕事環境を選ぶ事ができます。

社会全体で見ても需要が高く、離職後の再就職もしやすいという点で安定した職業と言えるでしょう。

特に女性は、結婚や出産で離職する事を踏まえて産後の再就職のために管理栄養士の資格を取得しておくという人も少なくないようです。

安定した職業の8個の条件!

誰もが、安心して長く働ける会社に勤めたいと思うものです。

では、そんな安定した職業というのは一体どういった職業なのでしょうか?

安定した職業だと言える条件をご紹介していきます。

給料が安定している


何よりもまず給料が安定している事は必須条件と言えます。

給与面で言うなら、年収が同じでも夏のボーナスや冬のボーナスで大きな賞与を貰うよりも、月々の給与がしっかりと支払われる会社の方がより安定していると言えます。

給与の支払いが滞ったり遅れたりするのはもってのほかです。

ボーナスは景気に左右されるので注意

ボーナスは会社の業績によって、社員に配給される特別賞与です。

景気が悪くなり、業績が悪化してしまえば真っ先にカットされるのはボーナスであると考えておいた方が良いでしょう。

そのため、同じ年収でもボーナスが高額であるよりかは、月々の給与がやや高めに支払われてしる会社の方が安定しています。

歩合制の給与はハイリターン・ハイリスク

職業によっては、働いて結果を出した分だけ給与が上乗せされる歩合制で支給される場合もあるでしょう。

しかし、歩合制は良い面を見れば「働いた分だけしっかりと稼げる」という事ですが、逆を言えば「給与が安定しない」という事にも繋がります。

月々の収入が安定せず、景気や季節によっても変動が大きい事から安定しているといは言い難いでしょう。

転勤がない

大手企業であればある程、会社としての業績は安定しており社員の権利はしっかりと守られている事から安定した会社であると言えるでしょう。

しかし全国展開している企業などに努めるとなると転勤がつきものです。

日本中の支社を転々とする事も珍しくありません。

自ら望んでの転勤ならまだしも、家庭を持っている人だと単身赴任せざるを得ないという状況も少なくないでしょう。

近頃では特に、特定の土地で安定して生活をしていきたいという理由で全国展開している大企業を避けて、地域密着型の中小企業を選ぶ人も多いと言えます。

転勤を拒否できる場合もある

会社によっては、転勤の打診がきた時に明確な理由があれば転勤を断る事ができる場合もあります。

それ程に柔軟な対応をしてくれる会社ならば良いですが、転勤を拒否する事で出世コースから外れたり、不当な人事を言い渡されるなどのパワーハラスメントを行われるような会社なら安定しているとは言えませんね。

残業が少ない

残業時間の有無や時間数で仕事を選ぶ人も少なくありません。

長時間労働は身体的にも問題を招く事がある上、残業が多いという事は会社のシステムとしいて就労時間内にしっかりと仕事を終わらせる事のできるシステムが構築できていないという事になります。

特に低賃金の職種では残業代で給与の上乗せをしている場合もありますが、人員が増えたり仕事が減った時に、残業がなくなり月々の給与が極端に減ってしまうというリスクも少なくありません。

会社の経営が安定している

会社の経営は社員に直接影響を及ぼすものです。

経営が安定している企業である程、社員は安心して仕事をする事ができるでしょう。

経営が傾いてきた際には、まず上部役員などが順次離職していく傾向にあります。

ある日突然、曖昧な理由で上司が退職していくような事があれば会社の経営に問題が出て来た可能性も否めません。

リストラの可能性も

会社の経営が傾いてくると、会社は何とか経営状態を改善させようと様々な事業の見直しや雇用形態の見直しを行います。

その中でも支出を抑えるべく手を付ける事と言えば人件費の削減です。

会社に必要なスキルを持つ人だけを残し人員整理をする事で会社の経営を立て直そうとする事もあります。

会社の経営が安定していなければ、リストラの対象とされてしまう解雇される事もあるかもしれません。

一部上場企業なら安心

株式市場などで「一部上場」という言葉を聞いた事があるのではないでしょうか?

会社は大きく2つに分かれ「上場企業」と「非上場企業」に分かれます。

これらは、株式市場に自社の株を公開しているかどうかという違いがあります。

一般的に株式市場に自社株を公開している会社の方が経営が安定していると言えるでしょう。

その中でも「一部上場企業」というのは上場企業の中でも最上位に上場している企業であると言えます。

一部上場企業は公務員にも並ぶ程経営状態が安定している企業であると言えるので、一部上場企業ならば長い目で見ても安定した経営が期待できる企業と言って過言ではないでしょう。

福利厚生がしっかりしている

安定した環境で仕事をするために、福利厚生の充実度は最も欠かせないものであると言えるでしょう。

厚生年金、社会保険、雇用保険などは会社の規模によって必ず加入しなければいけないものでもあります。

その他通勤手当や家族手当など様々な手当や育児休暇、介護休暇を取得できる制度があるかどうかもここに含まれます。

福利厚生がしっかりと整っている会社であれば社員はプライベートで様々な変化があったとしても安心して勤める事ができるでしょう。

産休育休がある

女性にとって、務める会社に産休や育休が制度として機能しているのかどうかはとても重要な問題であると言えます。

人生の一大イベントである出産に当たり、しっかりと産休育休を取得した後に職場復帰できるかどうかで人生の選択肢は大きく変わって来ると言えるでしょう。

最近では男性の育児休暇取得を推奨する企業も増えてきています。

家庭と仕事を両立する為にも産休育休の取得できる会社は安定しており人気があります。

制度の取得実績が高い

大抵の会社は、産休育休や介護休暇等を制度として有しています。

しかし、現実問題として取得実績がなければそれらの制度は利用できないものと同じです。

産休育休や開度休暇などは制度として存在していても実例がなければ中々職場での理解を得られず働きにくくなり結局は退職を余儀なくされる場合も少なくないのです。

安定し福利厚生が整っている会社程、様々な制度においての取得実績が高いと言えるでしょう。

正当な評価を受けられる

仕事において、正当な評価を受けられるかどうかは大きな問題です。

どれだけ熱心に働いてもそれが納得いく形で評価され給与や昇進に反映しなければモチベーションは保てなくなってしまう事でしょう。

評価基準や評価内容が明確

安定している企業程、しっかりと評価基準を示し評価内容を開示している傾向にあります。

営業職などで評価が明確に数値化される職業なら分かり易いですが、技術職やサービス業など業務内容を明確に評価しにくい職業もあります。

安定している会社は、そういった職種においてもしっかりと社内基準を設けて正当な評価をしている傾向にあります。

社員教育がしっかりしている


安定している良い会社というのは、社員教育がしっかりしている事が多いでしょう。

自分が外部の人間として会社を訪れた際の対応であったり、社員の身だしなみ、社内の綺麗さ等、社員教育がしっかりとされているかどうかは見た目で判断できる部分も多いのです。

社内マニュアルがある

仕事内容を口頭や教育係の自己流で行ってしまうと、仕事内容が人によって異なってしまったり、本来も目的と違う意味を持った仕事内容になってしまう事も少なくありません。

社員教育の充実している会社程、丁寧な業務マニュアルがあるものです。

自己流で働きやすい方法を身に付ける前に、しっかりと会社の規則に則った仕事の仕方を覚える事のできる環境こそが仕事の内容の明確さに繋がると言っても良いでしょう。

社員同士の仲がいい

就職活動をする際、社内の人間関係を重視する人は少なくありません。

1日の中の長い時間を共にするのですから、人間関係の良い職場で働く方が心身ともに安心して務める事ができるでしょう。

社員同士が助け合い、補い合って仕事をしている会社は離職率も低く人事的にも安定している傾向にあります。

適度な上下関係が出来ている

社員同士の仲が良いからと言って、友達のノリで慣れ合っている会社は良い環境とは言い難いでしょう。

社会人としての距離感を保つ事はとても大切な事です。

特に上司と部下の関係においては、下手に慣れ合って友達のような感覚で接している会社よりも適度に上下関係が出来ている会社の方が社員同士の仲は良好であると判断できます。

上司が権力に物を言わせている環境も良く無いですし、部下が上司の命令を聞かない環境も望ましくはありません。

しっかりと報連相を行える関係性と、的確な指示を出せる上司とそれに応える事のできる部下との関係が出来上がっている職場こそが理想的であると言えます。

就職活動が上手くいく人の特徴とは

転職にせよ新卒にせよ、就職活動において安定している会社にすんなりと採用が決まる人にはいくつかの共通点があります。

就職活動を上手く進める事のできる人はこんな特徴を持っているのです。

自分のことを理解している

就職活動において最も重要なのは自分自身の事をいかに理解しているかという事です。

自分自身を客観的に見て、能力や性格などを鑑みた上で会社を選ぶ事も大切ですね。

いくら自分の理想があったとしても、肝心の能力が就職を希望する会社に見合っていなければ採用される事はないでしょう。

自分のことを理解した上で、就職活動をする会社を選ぶのが就職活動が上手くいくポイントです。

短所も長所としてアピールできる

自分の長所や短所は就職面接においてメジャーな質問であると言えます。

自分のことをしっかりと理解できていれば、長所も短所もすんなりと出て来る事でしょう。

さらに就職活動において重要なのは短所さえも長所に変えてしまうという事です。

例えば自分の短所が「人見知りである」という事だとします。

しかしその短所さえも「自分が人見知りだからこそ、初めての人と接する時には丁寧な言葉遣いや対応を心がけている」というアピールを付け加える事ができれば短所も長所に変わってしまうのです。

これは自分のことをしっかりと理解しているからこそできるアピール方法と言えるでしょう。

臨機応変に対応できる

仕事をするにあたって様々な場面でマニュアル通りに事が進まない事態も出て来る事でしょう。

そんな時に求められるのが素早く状況を判断して臨機応変に対応する能力です。

これはどんな職種においても求められる能力であると言っても過言ではありません。

状況の把握力と判断力、更にその後自分がどういった行動を起こすのがベストであるのか考え行動する力を持っている人を会社は求めているのです。

面接での問答で試されている

臨機応変に対応できるかどうかは、実際に現場で働いてみなければ分からない事でもありますよね。

それを判断するのが就職活動においての面接です。

突拍子もない質問にも瞬時に答えを用意して回答する事ができる判断力や頭の回転の速さを見られているという事です。

面接では質問に柔軟に対応できるようにある程度肩の力を抜いて挑むのが良いでしょう。

コミュニケーション能力が高い

どんな職業においても、少なからず他人と関わりながら仕事をしていく事になります。

いくら個人の能力がずば抜けて高くても、同じ会社の仲間や取引先など他社の人と円滑なコミュニケーションを取れない人は会社も必要としてくれません。

コミュニケーション能力の高さは社会という集団の中で生きて行く上でとても重要な能力であると言えます。

企業説明会などで既に見られている事も

就職活動において、企業説明会に参加し会社の事をよく知ってから就職試験を受ける人は少なくありません。

それは会社側も同じで就職試験だけでなくじっくりと人柄などを見て採用を決めたいと思っているものです。

そのため会社によっては企業説明会の段階で就職希望者の品定めをしている場合も少なくないのです。

特に企業説明会では人事に携わる社員が気軽に参加者とコミュニケーションを取る事で、就職希望者のコミュニケーション能力を見ている事も多いです。

企業説明会からしっかりと就職を意識して参加している人程、上手く就職活動をすすめる事ができるのはそのためです。

切り替えが早い

多かれ少なかれ人は必ずミスをします。

それは人間である以上仕方のない事なのです。

しかしそのミスを引きずってしまう人程扱いにくい人材はありません。

一度の失敗で落ち込んでズルズルとその失敗を引きずってしまうと周りにも悪影響を及ぼしかねないからです。

失敗をしたとしても同じ事を繰り返さず素早く気持ちを切り替える事のできる人こそ就職活動で求められる人材であると言えるでしょう。

第一印象がいい

いくら人間的に良い人であっても、就職活動においてあなたを判断するのは初対面の会社の人です。

そのため第一印象で全てが決まると言っても良いでしょう。

就職活動において「第一印象は悪かったけど、長く付き合うと良い人だという事が分かった」というのは通用しないのです。

身だしなみや行動、受け答え、姿勢など就職試験の時の一挙手一投足が合否に関係してくると言っても良いでしょう。

口角がいつも上がっている

口角が常に上がっている人は第一印象がとても良いでしょう。

人好きされてコミュニケーション能力の高い印象を与えやすいです。

ただし、左右の口角が均等に上がっていないと逆に卑屈で緊張している印象を与えがちなので就職試験前には鏡を見ながらしっかりと笑顔のチェックをしましょう。

背筋が伸びている

背筋が丸まって猫背になってしまっていると第一印象が暗い印象になってしまいます。

立っている時にも座っていいる時にも背筋はピンと伸ばしてハキハキと明るい印象を与える人が就職面接では好印象を与えやすいと言えます。

猫背になるのもNGですが、逆に背筋を反り過ぎるのも偉そで生意気な印象を与えてしまうので就職活動ではNGです。

これも事前に姿見などで自分の姿勢をチェックして背筋が綺麗に伸びているか確認しておくと良いでしょう。

ハキハキと喋る

受け答えがしっかりしているかどうかで、その人のコミュニケーション能力や臨機応変に対応できる能力があるかどうかを判断する事ができます。

面接などではハキハキと聞き取りやすい話し方で喋る人が明快で活発な印象を持たれやすいのです。

活舌の悪い人は、しっかりと大きく口を開いて話す事を意識すると良いでしょう。

リアクションをしっかりとる

人は会話をする際に、相手のリアクションを確認して相手がどんな感情でいるのかを察します。

会話をしているにも関わらずリアクションがないと相手がどう感じているのか推測できずに不安になってしまうのです。

就職活動を上手くすすめる人は、ややオーバーな位大きなリアクションをとる人が多いのはこのためです。

リアクションをしっかりと取る事で、相手に自分の感情を伝えマイナスな印象を持たせないようにしています。

自信がある

自分に自信のない人と、自分に自信のある人ならば会社は断然自分に自信にある人を採用する事でしょう。

こればかりは、自分自身がこれまで培ってきたものなのでいくら社員教育をしても培う事の出来ないからです。

逆に自信ばかり有り過ぎる人は、謙虚でいる気持ちを教える事ができるのです。

自分に自信を持って発言や行動をできる人を会社は必要としています。

やりたいことが明確

安定した会社に入りたい、というだけでは会社側からすれば志望動機に欠けてしまう事でしょう。

会社に入ってどんな事をしたいのか?自分自身のライフプランや将来へのビジョンを見据えている人はモチベーションも高く周りにも良い影響を与えます。

会社はそんな人材を採用したいと思っているものです。

ただただ安定だけを求めるのではなく、自分自身がやりたいことを明確にする事で会社に利益を与える存在だと感じて貰えれば採用の確率はグッと上がる事でしょう。

就職活動が上手くいかない人の特徴とは

就職活動を上手くすすめる事ができる人が居れば、勿論その逆で中々就職活動が上手くいかない人もいる事でしょう。

それでは、就職活動が上手くいかない人はどんな原因を抱えているのでしょうか?就職カル同が上手くいかない人の特徴をご紹介していきます。

自分に当てはまるものがあれば直ぐに改善するべきです。

人と話すことに慣れていない

極度のあがり症であったり、他人と話す事に緊張してしまう人は就職面接において不利であると言えます。

どれだけ高い能力や素晴らしい人間性を持っていても就職活動において判断されるのは面接のその時の自分です。

しっかりと受け答えをし、良い印象を持って貰えなければ合格は難しいでしょう。

人と話す事に慣れていない人は、何よりも場数は踏む事が大切です。

色々な人と対話をして、会話のトレーニングを行う事で改善されますよ。

会話をする際に相手の目を見ない

目は口ほどに物を言う、という言葉があるように相手の目を見れば様々な感情が読み取れるものです。

また日本では昔から「話いている相手の目を見る」という教育をされている為、会話をする際に目の合わない人に不快感を覚え「失礼な人だ」と感じる傾向にあります。

特に人と会話するのに慣れていない人は、相手と目を合わせる事を苦手と感じる人が少なくありません。

就職活動において会話をする相手の芽を見ないというのはNG行動であると言えるでしょう。

受かりたいという気持ちがない

就職活動をする際に、複数の企業で就職試験を受ける事もあるでしょう。

「この会社の試験に落ちても他の会社で受かれば良い」などと考えていると、相手にもその気持ちが伝わり絶対にこの試験んに受かりたいという気持ちがないと判断されかねません。

気持ちは行動に垣間見えるものです。

会社としてもモチベーションの低い人材を欲しいとは思わないでしょう。

目標がない

ただただ安定した企業に勤めて、定年退職まで無難に仕事を続けて行きたいと考えている人は決して少なくありません。

しかし、その対価として会社の利益に貢献しなければ会社も安定した経営状態を持続できないのです。

目標がなくただ、ダラダラと仕事をしたいと思っている人がそんな利益を生み出せるとは誰も思わないでしょう。

しっかりと自分自身の成長を見据えた目標を持って「自分を採用する事で会社にこれ程の利益をもたらす事ができる」とアピールできなければ就職活動は円滑に進みません。

自己PRが下手

就職活動において面接は自分がどんな人間でどれだけ会社の利益に貢献できる人材であるかをアピールする場でもあります。

そこで自己PRが上手にできなければ自分の魅力を企業に理解して貰うのは難しいでしょう。

自分の良い所や悪いと事も踏まえて、いかに自分が魅力的で企業の求めている人材であるかを伝える事が重要なのです。

就職活動が上手くいかない人に最も多い特徴が自己PRが下手であるという事でしょう。

個性がない

バブル世代であれば、マニュアル通りの仕事が出来る人材であれば良かったのかもしれません。

しかし今や企業という枠にとらわれず様々な展開をしていく時代です。

社員の個性を活かした事業で成功してい企業も多い事から個性を重視する傾向にあります。

中には「一芸採用」という採用方法をとっている企業もある程、社員の個性が重要視されているのです。

平凡である事が悪いとは言いませんが、全く個性の無い人材はあまり必要とされていないのかもしれません。

マニュアル通りのことしか言わない

就職面接において、マニュアル本や練習で決めた受け答えのみを行う人もいるでしょう。

どうしても自分が緊張してしまい、自分の意見を上手く伝えられない人はそういったマニュアルから質問内容を予測して質問に対する答えを用意していく人も多いですね。

しかし、企業側からすれば、大多数が読んでいるマニュアル本の答えなど求めていないのです。

面接では受験者がどんな人間でどんな考え方を持っているのかを試験しているのです。

そこでマニュアル通りのことしか言えない人間であると判断されれば、もし採用してもマニュアル通りの行動しか出来ず自分自身の判断で臨機応変に仕事の出来ない人なのではないかと判断されてしまう事でしょう。

大企業ばかりがいいとは限らない!職業探しはしっかりしよう!

安定した会社と、大企業は必ずしもイコールではありません。

自分の求める「安定」が一体どんな条件であるのかを今一度しっかりと見直して、自分の希望に添っている事こそが真の安定ではないでしょうか?

職探しをする際は様々な角度から希望する会社の事をしっかりと調べる事が後悔しない職業選びの方法と言えるでしょう。

自分に合った理想の安定した職業を選んで下さいね。