人間には様々なタイプがいます。

その中には人に好かれる人もいれば嫌われてしまう人もいます。

すべての人に好かれる事は簡単な事ではありません。

どうしても嫌いだと思われてしまう人もいる事でしょう。

全ての人に好かれる事など不可能です。

とはいえ、出来るだけ多くの人から好かれたい。

そう思うのもまた人間の心理というものなのかもしれません。

人に好かれるようになる為には、まず自分自身の事をきちんと知る必要があります。

無意識のうちに回りの人から嫌われてしまう対応をとってしまっている場合もあります。

それではどう頑張っても好かれる事などないはずです。

どんな人が他人に嫌われどんな人が好かれるのか。

そのことを冷静に判断する事は大切な事です。

そのコツを知る事によって自分自身がどう行動を取ればいいのかを知る事が出来るはずです。

今回は、気配りができない女性について解説していきます。

気配りができない人はモテない!仕事ができない!そう言われているの知ってますか?

気配りが出来る人は、周りの人から好かれるものです。

その人がいてくれるだけで幸せだと感じる人もいるかもしれません。

それは、気配りをしてくれる人が自分にとって必要な人であり、その人がいるからこそ心が休まるという経験をもつ事が出来たからなのかもしれません。

という事は、その反対に気配りをする事が出来ない人は、周りの人から好かれないという事になります。

他人から好かれないという事は、モテる事はありません。

異性・同性に限らず気配りの出来ない人は嫌われてしまうものです。

自分勝手な行動ばかりを取る人の事を好きになる人などそういるものでは無いでしょう。

また、気配りと言うものは他人の事を思って行動するからこそ出来るものです。

つまり気配りをする事が出来ないという事は、他人の事を考えて行動する事が出来ないという事なのです。

自分の事しか考えず、周りの人の事を考えて行動する事が出来ない人は仕事が出来ない傾向にあります。

仕事は一人でするものではありません。

どんなに優秀な人でも、一人ですべての作業をする事は出来ないのです。

いかに周りの人と連携をとってスムーズに作業を取る事が出来るかどうかが大切なのです。

職場でよく言われる『ホウレンソウ』とは、すなわちこのことを指しているのです。

その為、気配りをする事が出来ずホウレンソウすらしない人が仕事が出来るわけがないのです。

たかが気配り・されど気配りです。

『気配り』という、他人の事を思いやる行動を取る事が出来ないせいで仕事も出来ず、モテる事すらないという状況になってしまうのです。

それは人として大問題と言えるのではないでしょうか。

気配りができない女性の6個の特徴とは!?

気配りが出来ない事は、男性・女性関係ありません。

どちらにしても、気配りが出来る事は大切な事であり気配りが出来ない人はどちらにしても嫌われてしまう傾向にあるからです。

けれど、その中でも女性の方が特に気配りを求められるケースがあります。

と言うのも、日本ではまだまだ女性に愛嬌や優しさなどの気配りに通じるものを求められる傾向があるからです。

今の日本は男女平等の世界です。

だからこそ『女性だから』という理由で気配りを求められる事は間違っているのかもしれません。

自分がしたいように生きたい。

そう思っている女性も多くいる事でしょう。

けれど、そこでいちいち目くじらを立てていても意味がありません。

多少『女性だから』という理由で求められる事があるのであれば、それに合わせて自分を変えてみる事も必要なのではないでしょうか。

気配りの出来る女性はモテます。

それは異性に限ったことではありません。

同性からも高い評価を得る事が出来る事でしょう。

だからこそ、気配りが出来るようになる事はとても大切な事なのです。

その反対に、気配りが出来ない女性は周りの人から浮いてしまったり嫌われてしまう事もあるでしょう。

自分に自覚がないと、それを改善する事も出来ないかもしれません。

だからこそ、自分に問題があるかどうかを冷静に判断する事はとても大切な事なのです。

ここからは、気配りが出来ない女性の特徴についてご紹介させていただきます。

あなたの周りにいる気配りの出来ない女性はどの程度当てはまっているのでしょうか。

また、自分自身が当てはまってしまっている人もいるかもしれません。

その場合には、自分の問題点に気が付くきっかけになる事もあるかもしれません。

気が付く事が出来れば、改善する事だって出来るはずです。

まずは客観的に物事を考えてみてはいかがでしょうか。

自分の事ばかり考えている


気配りをする事が出来る人は、他人の事をきちんと考える事が出来る人です。

困っている人の手助けをする事が出来るという事は、それだけ周りの人を見ているという事なのです。

だからこそ、他人に興味の無い人は、気配りの出来る人になる事は出来ません。

人は、つい自分の事を優先的に考えてしまいます。

結局一番大切なのは自分自身です。

自分が良ければそれでいいと言う極端な考え方になってしまう人もいる事でしょう。

確かにその考え方も一理あります。

自分のすべてを犠牲にしてまで他人に尽くす必要はありません。

けれど、だからと言って、自分の事だけを考えていればいいという事でもないでしょう。

人は必ず誰かとかかわって生きていきます。

その中で、自分の事しか考えずに行動していたらどうでしょうか。

周りにいる人は嫌な思いをするかもしれません。

付き合いにくいと感じられてしまう事もあるでしょう。

自分の事を考えてくれる人に対しては、自分も同じように返そうと思いますがそうではない場合には、相手も同じようにあなたの事を考えた行動などしてくれないのです。

結局は、自分が周りの人に大切にされたいと思うのであれば、自分が周りの人を大切にしなければいけません。

自分の事ばかり考え行動していると、結果的に周りから浮いた存在となってしまう事でしょう。

そうなってしまうと、まわりまわって自分自身にマイナスな結果となってしまいます。

それでは意味がないのです。

自分の事ばかりを優先して考えてしまっている人は、是非一度自分の周りにいる人の事をしっかりと考えてみてください。

そうする事によって、今まで見えていなかったものに気が付く事が出来るようになるかもしれません。

他人に興味がない

他人とは自分以外の人を指します。

両親や兄弟など、血がつながった人の事でさえも他人と言えば他人です。

結局自分以外には興味がない人は、極端な話家族にも興味がないのです。

興味がない事に対して、行動を起こすなどの労力を使おうと思う人はそういません。

だからこそ、結果的に他人に興味がない人は周りの人に対して気配りをする事が出来ない人間になってしまうのです。

気配りをするという事は、それだけ相手の事を考えているからこその行動です。

だからこそ、そもそも相手に興味がない場合にはわざわざ手助けをする動機すら見つける事が出来ない場合もあるのです。

他人に興味を持つかどかは、誰かに教えられて出来るようになるものではありません。

気が付いたら相手の事を考えている。

周りの人のやっている事を見てしまっている。

そんな気持ちがある人こそが気配りの出来る人になる事が出来るのです。

だからこそ、自分の気持ちを大切にする事も大切ですが。

周りの人に興味を持つ事もとても重要なポイントとなるでしょう。

人の立場になって考えることができない


自分の事ばかり考えて行動している人は、他人の事を考える事が苦手です。

相手が何を考えどうしてそういう行動をとっているのかという理由を想像する事が出来ないのです。

つまりは、人の立場にたって考える事が出来ないという事なのでしょう。

他人の立場に立って考えるという事は、それだけ相手の事を考え相手の気持ちにならなければ出来るものではありません。

その為、他人に興味が無いような気配りをする事が出来ない人には祖簡単に出来るものでは無いんです。

他人の立場になって考える事が出来るようになれば、おのずと相手がこまっている事にも気が付く事が出来るようになります。

それが気配りが出来る女性になるための大きな一歩になるはずです。

他人の気持ちを考える事はそう簡単な事ではありありません。

けれど、日常的に訓練していくうちにいつか自然と出来るようになる時がやってくるかもしれません。

空気が読めない

最近話題の言葉にKYという言葉があります。

その言葉は『空気が読めない』と言う人の事を指します。

会話などをしている場合、その流れと言うものがあります。

空気が読めない人は、その会話の流れを全く無視して、話をはさんでくる場合もあります。

みんながあえて言わないようなことも、平気で言ってしまうなんて事もあるかもしれません。

例え本人に悪気が無かったとしても、そのせいで、周りにいる人の事を傷つけてしまう恐れもあるかもしれないのです。

空気が読めない人は、もちろん他人の気持ちを考えて行動する事が出来ません。

そもそも周りの人の事を意識していないからこそ、KYと呼ばれるような空気の読めない人になっているのです。

だからこそ、その人が気配りをする事が出来るわけがないのです。

他人の役に立つような気配りをする事が出来るひとは、それだけ周りの人の事を考えて行動しているのです。

だからこそ、人の反応を気にせず思いついたままに話をしてしまうような空気が読めない人は、そもそも気配りをする事が出来る人になる事は出来ないでしょう。

思ったことをすぐに口に出してしまう

気配りで大切な事は、相手が求めている事を察知して行動に移してあげる事です。

だからこそ、相手の事を考え、きちんと観察していないと気配りをする事が出来る人にはなる事が出来ません。

また、気配りをするという事はそれだけ周りの人に対して優しさを持っているという事なのです。

だからこそ、他人に興味がない人が出来るものでは無いのです。

また、お思った事をすぐに口に出す事もい事だとはいえませ。

何に対しても自分の意見を持つ事は重要です。

それを辞める必要はありません。

ですがそ、それを思った事を全て口に出す事は違います。

例え相手に対して何か言いたい事があったとしてもそれをわざわざ口にだしていう必要がない場合もあります。

言った本人はさほど大きな意味も無く口に出してるとしても、それを言われた側の人は嫌な気持ちになる場合もあるからです。

どんなに仲の良い人であったとしても、言っていい事と悪い事があります。

その線引きを自分の中できちんとしないと、結果的に自分の周りから人がいなくなってしまう事もあるかもしれません。

率先して行動することができない

率先して行動するという事は、それだけリスクを伴う事もあるでしょう。

もし大きな決断をする際にはその決断によって物事が悪い方に行ってしまう場合もあります。

そうなってしまえば、あなたが責められる事だってあるかもしれないのです。

だからこそ、保身を考えるのであれば率先して行動しない事が大切だという事もあります。

けれど、常にそのスタンスで行動していれば、当然ながら周りの人からは嫌われる事になります。

自分で決断して行動する事が出来ない人は、他人の意見に常にあわせる事になります。

自分の事すらままならない人だからこそ、他人の事を考えて行動する事などできないのでしょう。

そもそも周りの人が何を考えて、どうして欲しいかなどを予測する事すらできないのではないでしょうか。

そんな人が他人を気遣う事など出来るようになるわけがありません。

率先して行動をする事が出来るひとは、リーダーシップのある人だと考える事も出来ます。

その場合には自分の意見だけでは無く周りの人の意見を取り入れる事が出来る人も多々いるので、そのような人は他人の気持ちを考え気配りをする事が出来る人になるのでしょう。

自分のことで精一杯

気配りは自分に余裕があってこそ出来るものです。

自分自身で既に手一杯の場合には、周りの人の事を考える余裕などないでしょう。

だからこそ、そんな状態の人は気配りをする事が出来るようにはならないはずです。

人によって持つ事が出来るキャパ数は違います。

一つの事で必死になってしまう人もいれば、3つも4つも簡単にやりこなす事が出来る人もいます。

もはやそれは才能であり誰かが教えて出来るようになるものではありません。

その為、気配りにそもそも向いていないという事だってあるでしょう。

向いてない事を無理に行う必要はないのかもしれません。

けれど、それでも気配りの出来る人になりたいと思うのであれば、まずは自分の事をしっかりとまとめましょう。

他人の事を考えて気配りするという事は。

心の中にそれらを考える余裕を作っておかなければならないのです。

だからこそ、まずは他人の事を考えるのではなく、自分の事をしっかりと考えてみる時間を確保してみてはいかがでしょうか。

気配りができる女性の特徴教えます!

ではここからは気配りをする事が出来る女性の特徴をご紹介させていただきます。

その特徴を知る事によって自分に何が足りないかを知る事が出来るようになる事でしょう。

そうする事によって自分自身を成長させる事が出来るようになるかもしれません。

人が成長する為には、自分自身を客観的にみる事が出来るようになる事が重要です。

その中でも、自分に足りないものに気が付く事が出来るかどうかが大切なのです。

自分で考えてもなかなか思いつかないようなことも、いざ箇条書きにしてみる事によって気が付く事が出来るようになる場合もあります。

是非この機会に冷静に判断してみてはいかがでしょうか。

視野が広い

困っている人を助ける為には、それだけ周りの人の事を見ているという事になります。

そういった人の場合、そんな人の事を視野が広い人と言います。

視野とは見えている世界の事です。

人は同じ風景を見ているつもりでも、見え方に違いがあります。

遠くが見えている人もいれば近くが見えている人もいます。

視野が広い人は、限定的なイメージでは無く、幅広く多くの場所を見る事が出来ているという事なのです。

その為、助けを求めている人も常に発見する事が出来ます。

本当の意味で気配りの出来る人は、あいてに何も言われなくても率先して行動する事が出来る人の事を指します。

相手が何か言う前に行動する事が大切なのです。

その為、視野が広い人は何かと役に立つ事もあるでしょう。

誰でも平等に接する

人には必ず好みがあります。

同性や異性に関わらず、こういったタイプの人が嫌いなどと言う場合もあるでしょう。

人間なので好き嫌いがある事も悪い事では無いはずです。

けれど、他の人がいる場所では、誰に対しても平等に対応する事が大切です。

他の人にやさしくしているのに自分にはしてくれない。

そんあ事があったらその人の事が嫌いになるのは目に見えています。

気配りをしてくれる人などと思う事も無いでしょう。

子供だけではなく、大人の同じように差別される事は好きではありません。

だからこそ、平等に接する事を意識して行動していきましょう。

皆が嫌がることを率先してやる

気配りの出来る人は、他人の心の変化に敏感です。

その変化に気が付く事が出来るからこそ、相手が必要としているサポートをする事が出来るのでしょう。

だからこそ、周りにいる人の為にみんなが嫌がる事を率先して行うようなこともあります。

他人の気持ちを考える事が出来るからこそ、多くの人がいやがっている事があればそれを変わってあげようという気持ちになる事が出来るのかもしれません。

そんな人が近くにいてくれれば、間違いなく強い安心感があります。

だかこそ気配りの出来る人は、さまざまな場面において人気者になる事が出来るのでしょう。

気持ちに余裕がある

周りの人の事を考えて行動する事が出来る人だからこそ気配りのある人だと人気になります。

気配りをする事によって自分の周りにいる人の事を幸せにしているのかもしれません。

他人の事を考え行動する事が出来る人は、それだけ自分に余裕がある人なのでしょう。

自分に余裕がない場合、他人の事をサポートしようという気持ちになる事はありません。

まず大切な事は、自分がしっかりと出来ているという事です。

自分の事もままならないような人は、そもそも他人の事を冷静に判断する事などできないでしょう。

気持ちに余裕がある人は、発言など様々な面でそれを感じる事が出来ます。

その為、サポートされる側の人も安心して任せる事が出来る事でしょう。

やりすぎない

気配りの出来る人間になろうとする人が、起こしがちな失敗の一つに『やりすぎ』があります。

やりすぎな行動をとってしまうと、親切のつもりでやっている事が、結果的に迷惑になってしまう事もあるのです。

せっかく相手の事を思って行動しても、必要のないものであれば意味がありません。

多くの人から『気配りの出来る人』と言われるという事は、それだけいい塩梅で周りの人をサポートする事が出来ているという事なのでしょう。

求められている量を相手に提供する。

それはとても難しいものです。

だからこそ、いかに周りの人の事を観察しどの程度のものを欲しているのかを見極める事が大切なのです。

最初は誰しもうまくいかないものです。

ついやりすぎてしまう事もあるでしょう。

けれど、その失敗でも経験する事によって自分を大きく成長させてくれる事でしょう。

前向き

ポジティブに物事を考える事が出来る人は、何に対しても前向きに考えて行動する事が出来ます。

その為、周りの人に働きかけをする際も、マイナスな気持ちにならず当たり前のように自然と行動する事が出来るようになるのです。

世の中にはいろいろな人がいるからこそ、自分が良かれとおもって行動したことがかえって迷惑になってしまう場合もあります。

場合によっては怒られてしまう事だってあるかもしれないのです。

だからこそ、一度不安になってしまうとなかなか気配りを行動に移す事が出来なくなってしまうものなのです。

けれど前向きに考える事が出来る人は、そういったリスクを感じずに行動する事が出来るのでしょう。

もしかしたら、気配りが出来る人も文句を言われる場合もあるのかもしれません。

けれど、そうだったとしてもそれすらも自分の経験の一つとして、前向きにとらえる事が出来るのです。

だからこそ、人間として大きく成長する事が出来るようになるのです。

気配り上手になるには?

気配りをする事が出来る人は、周りの人から好かれる傾向にあります。

他人の為に行動する事が出来る人なのですから、好かれるのも当然の事でしょう。

その為、そんな気配り上手の人に憧れてそうなりたいと願う人も少なくないはずです。

そこでここからは気配り上手になるためのコツをご紹介させていただきます。

気配りをする事は、簡単そうに見えて意外と難しいものです。

自分としては良かれと思ってる事が、相手にとっては迷惑だと思われてしまう可能性があります。

反対に自分では相手の事を考えて行動しているつもりなのにも関わらず、相手にその気持ちが全く届いていない場合もあります。

何をどうすれば、周りの人から「気配り上手」と言って貰う事が出来るようになるのかどうか。

その事をじっくり考えてみましょう。

悪口は言わない

悪口を言うと、自分にかえってきます。

その為、言わないようにする事が大切です。

ついその場のノリで言い過ぎてしまう事があるかもしれません。

それが回りまわって相手に知られてしまう事だってあるのです。

自分ではそこまで大きな問題としていった話ではなかったとしても、そのせいで大きな問題になってしまう事もあります。

また、他人の悪口を聞くのが大好きな人はこの世の中に沢山いるものです。

一度悪口を言いだすと、周りにいる人がどんどん悪口仲間の人だけになって行ってしまいます。

そんな人たちとばかり付き合っていると、心が荒み相手に事を考えて行動しようなどという気持ちになる事はないかもしれません。

悪口を言ってもいい事は一つもありません。

自分の周りの空気が悪くなるだけです。

だからこそ、気配り上手の人になりたいのであれば、悪口は言わないようにしましょう。

見返りを求めない

人によっては、周りの人に優しくすれば自分も同じように返してもらう事が出来るのではないかと思う人もいます。

確かに、自分に優しくしてくれた人に対して意地悪をしようと思う人はそういません。

みんな何かあれば、手助けをしてくれる事もあるでしょう。

けれど、それはあくまでも善意です。

見返りを求めて優しくしたり気配りをする事は間違っています。

下心のある行動は、自分が思っている以上に周りの人にバレテいるものです。

その為自分がうまく隠す事が出来ていると思う事も、周りの人はとっくに気が付いているなんて事も多々あるのです。

本当に気配りが出来る人は相手に見返りなど求めてはいません。

自分がやりたいからこそやっている。

そんなまっすぐな心を持っているのです。

挨拶など基本的なマナーを身につける

挨拶は人としての基本的マナーです。

基本的なマナーが出来ていない人が、他人の事をサポートする気配りの出来る人になる事などできないでしょう。

まずは、なんでも基本が大切です。

きちんと身に付けて行きましょう。

人によっては気配りの出来る人になるのに、マナーを身に着ける必要はないと思う方もいるかもしれません。

けれど、やって無駄になる事は何一つありません。

きちんとしたマナーを身に着ける事によって、相手に失礼のないような行動によってサポートする事が出来るようになる場合もあります。

基本がきちんと出来ていれば、後は人生の経験によって変わってくる場合も多々あります。

経験値はいきなり上げる事は出来ませんが、挨拶であれば誰でも簡単に出来るはずです。

まずは自分が出来る事からスタートしていきましょう。

考えすぎずまず行動する

相手の事を考え、役に立つ行動をしようとする気持ちはすでに気配りの出来る人の始まりです。

常にそうやって周りの人に対して役立つ方法を考え行動する事によって役立つ結果を出す事が出来るのでしょう。

気配りの出来る人になる為には、周りの状況をきちんと確認し、それに合った決断をするべきなのです。

この時、あまりにもいい結果につなげようとあれもこれもと悩んでいると、状況は一気に変化していきます。

その為、まずは行動してみるとうのも、一つの方法です。

何も考えずに行動すると、失敗の元です。

何かを発言する際にも、周りの人の事を考えてから思った事を口に出す事は大切な事です。

それをする事によって、周りに敵を作らず安心して過ごす事が出来る事でしょう。

けれども、何事も程よい行動が必要です。

考えて行動す事が大切だとはいえ、あまりにも長く考えて行動してしまう事は良くありません。

あくまでも程よい時間考える事が重要です。

手助けをしてあげたいけれど、本当に相手は必要としているのか。

迷惑だと思われてしまうのではないか。

色々な事を後ろ向きに考え始めると、全てがマイナスな方向の思考回路になってしまいます。

それでは気配りの出来る人とは言えないでしょう。

悩むくらいならまず行動してみてください。

場合によっては失敗してしまう事もあるかもしれません。

けれど、その経験が次につながるのです。

何も経験しないままでは本当の気配り上手になる事は出来ないでしょう。

気配りとは”思いやり”の気持ちです

『気配りをする事が出来る』と聞いてどんな女性を思い浮かべるでしょうか。

きっと多くの人が、優しい人を思い浮かべるのではないでしょうか。

気配りをする事が出来るという事は、それだけ他人の事を見て相手の立場にたって考える事が出来ているという事です。

それは冷たい人に出来る事ではありません。

そんな行動を取る事が出来ているという事こそ、優しさの表れなのではないでしょうか。

気配りをする事は、思いやりの気持ちがあるという事です。

思いやりを持っている人が、周りの人から好かれるのは当然の結果です。

だからこそ、異性だけでは無く同性からも好かれる人が沢山いるのです。

世の中には様々なタイプの人がいます。

中には、自分の信じた道を突き進む事によって存在価値を見出す人もいます。

他人に合わせる事無く、自分が思った通りに生きていくと言う人もいるかもしれません。

それも生き方の一つなので、否定するつもりはありません。

けれど、周りとうまくやっていく事が出来るかどうかは、豊かな人生を送る上ではとても大切なポイントです。

だからこそ、もし周りとの関係を良いものにしたいのであれば他人を思いやる心を持ち気配りをする事が出来る人を目指す事が大切です。

気配りをする事が出来るかどうかは、才能の問題ではありません。

意識の問題です。

だからこそ、自分がそうなりたいと思うのであれば、日々の暮らしの中で周りの人の行動をよく観察し手助けになる事が出来るような行動を心がけていきましょう。