CoCoSiA(ココシア)

自分のことしか考えない人の7個の特徴と対処法


いくつになっても世の中には男女問わず自分のことしか考えていない人はいっぱいいます。

というかそのような人が目立っているので、いっぱいいるように見えてしまうのです。

特に日本人はみんなが精神が強いので、そのような人を毛嫌いするのですが、実はみんなが盾にして自分のことしか考えていない人もいらっしゃるのです。

ある意味、厄介な感じですよね。

しかし、よくよく考えてください。

自分のことを考えない人間はいらっしゃるのでしょうか。

おそらく、いないと思います。

そう、人間誰しも自分のことを考えてしまうのです。

それが先に出すぎてしまうと、自分のことしか考えていない人に見えてしまうのです。

また、声が大きかったり、力を持っていたりすると、余計にそのように見えてしまうのです。

一度、自分のことしか考えないというレッテルを貼られてしまうと、集団生活を伴う場では、一斉に省かれてしまうこともあるのです。

いわゆる、村八分です。

日本人の場合、集団への帰属意識が強いので、少しでも集団の中で違う色を出すものなら、一気に省かれてしまうのです。

このように自分のことしか考えていないとネガティブな方向へ流れてしまうこともあるのです。

ただ、人間は不思議なもので、実は同じ周波数を持っているものが集まったり、相手から影響を受けてそのようになってしまうこともあるのです。

つまり、自分のことしか考えていない人には自分のことしか考えていない人しか来ないのです。

もしくは、近くにそのような人がいて大きな影響を受けてしまっている可能性もあるのです。

つまり、注意しなければいけないのは、周囲に自分のことしか考えていない人がいるかどうかなのです。

仮に近くにいた場合、影響を受けてしまうのか、もしくは、ご自身がそのような人間になってしまっているのかのどちらかです。

そうなってしまっては意味がありませんね。

それゆえに、今回こちらの記事では、自分のことしか考えていない人の特徴やその人の対処法をお教えします。

ぜひ、しっかり覚えて頂きまして、近くにそのような方を近づけないようにしましょう。

また、ご自身もそうならないようにしましょう。

もしかしたら、気づかぬうちに相手からこのような対処法をされていたら、そうなってしまっているという証拠になってしまっている可能性が高いので気をつけましょう。

おそらくほとんどの方はそうなりたくないと思っています。

しかし、無意識にそうなってしまっている可能性が高いのです。

ぜひ、この記事を読みながらご自身を見直す機会にしていただけましたらと思います。

周りが見えていない…自分のことしか考えない人

自分のことしか考えていない人は、周りのことが見えていない人のことを言います。

つまりは、視野が狭い人のことを言います。

なぜ、視野が狭いのかと言いますと、経験値の差によりますが、移動距離の少なさなどもございます。

ただ、根元的に考え方が狭いのでそうなってしまうのです。

特に田舎に多いのが生まれてからその地域を出たことないと言う人などは、かなり考えが狭いと思います。

また、生まれ故郷に関して思いが強くそこでずっと故郷はいいと言っていても、外へアピールしていないので、意味がないのです。

つまり、生きている間にどれだけの物を見てきたか、経験したかなどが必要なのです。

このようなタイプに関して、視野が狭いと指摘しても意味がないのです。

なぜなら、認める気はありません。

自分の見てきたことでしか、判断していないからです。

いくら言われても気づけないのです。

なぜなら、視野が狭いので、受け入れる気はないのです。

このようなタイプを相手にすると、変に悪影響を受けてしまう危険性が高いので、あまり一緒にいない方がいいのです。

一緒にいるだけ損をしてしまいますよ。

陰と陽は引き合うと言いますが、どちらに影響を受けてしまう場合が強く特に陰に影響を受けてしまうと厄介です。

また、自分のことしか考えていないので、変に相手にしてもやけどをするだけです。

ただ、このようなタイプの人ほど、上に報告したりして、陥れようとするのです。

そのために、みんながという言い訳をよく使いますので、気を付けましょう。

自分のことしか考えていないのに、みんながを盾にしてくる非常に厄介なタイプです。

こうなってしまうと意味がありません。

このようなタイプの方は振り向いた時に、ぺんぺん草しか生えていないパターンが多いのです。