CoCoSiA(ココシア)

柔軟性がある人が仕事で活躍できる6個の理由


社会に出た人間にとって頭の中を柔軟にしておくことがいかに重要か…。

この永遠のテーマを心から理解して実践されている人がこの世に一体、いかほどいるのか…。

それくらい世の中を構成する多くの人々の頭の中は硬くなっている、という事なのです。

ただ、そんな中でもしっかりと目的意識を持って頭を柔らかくして自己実現に向けて頑張っている方も多数いらっしゃることも事実です。

さて、あなたはどちらの生き方に賛同するでしょうか?当然ながら柔軟性のある生き方でしょうね。

そちらの方が断然、仕事が出来て活躍できるシーンが容易に想像できるからです。

今回はこの「柔軟性のある人」という事を大テーマに取り上げていきたいと思います。

どうして柔軟性のある人の方が仕事で活躍できるのか?ではスタートしていきましょう。

柔軟性は世界を広げる!

言わずとも分かるように、頭が柔軟性に富んでいる人の方が仕事は出来ますし、世の中の渡り方もへまをしない事は容易に想像がつきます。

柔軟性はあなたの世界を簡単に広げることが出来る非常に素晴らしい能力なのです。

それではこの「柔軟性」についてじっくりとみていく事に致しましょう。

柔軟性とは?

ではまず「柔軟性」というものの意味について調べてみましょう。

1.やわらかく、しなやかな性質。「関節の柔軟性を高める体操」

2.その場に応じた適切な判断ができること。さまざまな状況に対応できること。「柔軟性のある思考」「柔軟性を備えた組織」 

以上、https://dictionary.goo.ne.jp/jn/104335/meaning/m0u/ goo辞書より引用

となっています。

1の意味は身体の柔らかさを意味していますね。

今回の「柔軟性」に対しての的確な意味は2、の方でしょう。

つまりその場その場の状況に臨機応変に反応し、最適な解決手段や調整方法を見出せる人の事、という事になるでしょうか。

要するに自分の我や意見を無理強いさせず、人の意見にもしっかり耳を傾け、人間関係を損なわないような手段を取れる人ともいえるでしょう。

こういったタイプの人、あなたの回りにも何人かいらっしゃるのではないでしょうか?

柔軟性が無いとデメリットが多い

柔軟性が無いと、様々な事でデメリットが多くなってしまうのは仕方のない事でしょう。

人間が社会に出て活動するという事は、多くの自分以外の人達と円滑な人間関係を構築していく事を意味します。

そしてその時に重要になるのが発想や考え方がどれくらい「柔軟か」という事なのです。

自分の考えや行いが絶対的に正しい、と信じて疑わないような行動様式を取っていたらまさしく「頭の硬い人」あるいは「偏屈」という扱いを受けて、距離を置かれてしまうでしょう。

柔軟性がなくなってしまうとデメリットだらけになってしまうのは本当にあり得る話しなのですよ。

マニュアル人間は魅力ゼロ

もう一つ、社会に出て歓迎されないタイプが「マニュアル型人間」と呼ばれる人たちです。

書いて字の如く、彼ら彼女たちは決まりきった行動・言動しか出来ません。

様々に変わってゆく局面に面しても相かわらず旧態化した古いマニュアル通りで動こうとします。

まさに思考が止まっている、かのような動きしか見せられないのです。

こういったタイプの人間、専制君主の前でならば重宝されるでしょうね。

しかし資本主義をモットーとする企業の中にあってこのようなタイプの人間が居場所を見つけるのは本当に容易な事ではないでしょう。

もし、完璧なマニュアル人間になってしまってそれなりの評価を受けているとしたら、その人自身とその会社の前途を心配せずにはいられませんね。

マニュアル人間は本当に魅力がゼロに近いくらい、会社にとったら使い物にならない人間、という評価で一致しているのです。

柔軟性が無い人にはメリットはひとつだけ


では、これほど良くない評価を受けてしまうマニュアル人間、全くメリット面はないのでしょうか?

いえいえ、さすがに社会というところは人間を抹殺するような仕組みにはなっていません。

マニュアル人間にも評価されるべき点があるのです。

信念を貫いて大きなことを成し遂げられれば良い

マニュアル人間が唯一、評価されるであろうポイント、それは「信念を貫いている」という点です。

そしてその信念がぶれていず会社や世の中の求めている事と一致していれば最終的には大きな事を成し遂げられる可能性もある、という事です。

この考えは芸術やスポーツなど、ある種の才能を開花させるべき場所で花開く可能性をもっていると言えるでしょう。

芸術もスポーツも長い修行の時間を要求されます。

ほんの1日や数日で芸や技を習得できるほど甘い世界ではないからです。

恐らく芸の世界で1人前と呼ばれるようになるためには10年以上の時間が必要でしょう。