CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

バカっぽい女と思われる8個の言動!あなたは大丈夫?


女性はどことなく知的な印象が強いのですが、一昔前に出現したコギャルなどのガングロファッション軍団の影響のためか、最近、バカっぽい女性が目につくようになりました。

要は、知的なイメージよりもバカっぽい方が注目されてきたのです。

ただ、ここ数年のバカっぽさは、ガングロファッションのような奇抜なビジュアルではなく、女性タレントの鈴木奈々さんのような明かるいバカっぽさや、里田まいさん、スザンヌさん、木下優樹菜さん、若槻千夏さんのような感じの天然のバカっぽさなど、かっこではなく、言動や行動などに注目が言っています。

つまり、普段あなたが何も考えずにしている行動の中にもしかしたらバカに見られてしまう危険性が含まれているのです。

しかし、そうはいっても最近のバカは侮辱ような感じではなく、可愛い感じや愛嬌のある感じになっています。

つまり、相手からでもまだ許すことができるバカと言っても過言ではありません。

しかし、本音を言えばバカに見られたくないというのが大方だと思います。

しかし、バカかどうかを判断するのはあなたではなく、あなたの姿勢を見ている相手になるのです。

つまり、相手の考え方の中でバカだと思える行動や言動をしているとバカに見られてしまう危険性が高いと言えます。

そこで今回こちらの記事では、バカっぽい女と思われてしまう言動などの情報を盛りだくさんにまとめましたので、ぜひ、参考にしていただきまして、バカっぽく見られないように心がけましょう。

要は、どのような言動や行動がバカっぽく見られているのかがわかっていないので、バカっぽく見られてしまう言動や行動を知らないうちにしてしまっている可能性が高いのです。

ただ、これは仕方がありません。

なぜなら、相手をバカに思ってしまう言動や行動は人それぞれで違うのです。

つまり、絶対的な定義がないのです。

そのため、今回は大多数派の意見を参考にしてまとめていますので、もしかしたら相手によってはどの行動もバカに思わない可能性もありますし、もしくは、すべての行動や言動をバカに思ってしまう可能性もあるのです。

つまり、完全に防ぐのは難しいのです。

まあ、バカに思われようが、思われまいが、相手のことを気にさえしなければそんなのは問題ないのですが、なぜか気にしてしまう方が多いのが日本なのです。

ある意味、今回の記事は日本人向けの記事と言えるかもしれません。

相手の目線をどうしても気にしてしまう方にとっては、しっかりとマスターすべき情報がいっぱい詰まっていますので、ぜひ、頑張って覚えましょう。

そんなこと言っても難しいのではないのかと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、それが固定概念ですよ。

難しく思っているのは、あなた自身です。

そう、よくよく考えればこれは、相手があなたをバカに思ってしまう原理に似ています。

あなたがそう思えばそう見えてしまうのです。

人間は物事を本質ではなく、自分の考えで見てしまう癖を持っているからです。

つまり、そう見られてしまったのであれば、まずは自分が変わらないといけないのです。

なぜなら、いくら相手に違うと言っても、相手がそう思っているのであれば、そう思う原因を変えるしかないのです。

原因は何を隠そうあなた自身なのですから、他人を変えたいのであれば、まずはご自身を変えることです。

そのことで、自然と周囲にも変化が起きますので、無理に相手を変えようと考えないことです。

自分以外の者をコントロールしようだなんて無理な話なのです。

バカっぽい女と思われている人!実は多い?

そもそもバカっぽいと思われている女性はどのくらいいらっしゃるのかと言いますと、男性の数だけいると思った方が早いです。

もしくは自分以外の人はそう思っていると考えてしまった方が楽ですよ。

なぜなら、十人十色という言葉があるように、人それぞれで考え方が違うのです。

つまり、その人にはその人なりの色があるのです。

その色を否定しても色がすぐに変わるわけでもありません。

しかし、なぜか人は、自分と違う色の人を見るとものすごく拒絶反応を示すのです。

ひどい場合は、排除しようと考えます。

まあ、わかっている人は多いと思いますが、日本人は集団への帰属意識がものすごく強い民族なので、少しでも自分と違ったり、もしくは自分が帰属している集団と色が違う場合は、排除しようと考えてしまうのです。

話はそれてしまいましたが、それだけあなたがバカに思われてしまう可能性は高いと言うことです。

こうすればバカに思われるという正解がないために、自分以外の人にそのように見られてしまうと言うこともあります。

ある意味、四面楚歌のような状況です。

しかし、その四面楚歌も実はあなただけがそう思っている可能性が高いのです。

なぜなら、相手がどう思っているかなんて、相手しかわからないのです。

よく勘違いしている人が多いのが、私がそう思ったのだから、あの人もそう思っていると勝手に決めつけてしまっている人です。

あなたに相手の何がわかるのですか?相手の気持ちなど、相手にしかわからないのです。

しかし、集団への帰属意識が強いために、絶対同じ考えをしていると思っている方が多いのです。

これはなかなか治らないもので、大人になってもそう思い込んでいる人は多いのです。

特に親は子供の気持ちを理解しているなどの言葉は、ほぼ嘘です。

親が子供を理解しているのではなく、親が子どもに自分たちの考えを押し付けているから理解しているように見せているだけです。

ページトップ