女性はどことなく知的な印象が強いのですが、一昔前に出現したコギャルなどのガングロファッション軍団の影響のためか、最近、バカっぽい女性が目につくようになりました。

要は、知的なイメージよりもバカっぽい方が注目されてきたのです。

ただ、ここ数年のバカっぽさは、ガングロファッションのような奇抜なビジュアルではなく、女性タレントの鈴木奈々さんのような明かるいバカっぽさや、里田まいさん、スザンヌさん、木下優樹菜さん、若槻千夏さんのような感じの天然のバカっぽさなど、かっこではなく、言動や行動などに注目が言っています。

つまり、普段あなたが何も考えずにしている行動の中にもしかしたらバカに見られてしまう危険性が含まれているのです。

しかし、そうはいっても最近のバカは侮辱ような感じではなく、可愛い感じや愛嬌のある感じになっています。

つまり、相手からでもまだ許すことができるバカと言っても過言ではありません。

しかし、本音を言えばバカに見られたくないというのが大方だと思います。

しかし、バカかどうかを判断するのはあなたではなく、あなたの姿勢を見ている相手になるのです。

つまり、相手の考え方の中でバカだと思える行動や言動をしているとバカに見られてしまう危険性が高いと言えます。

そこで今回こちらの記事では、バカっぽい女と思われてしまう言動などの情報を盛りだくさんにまとめましたので、ぜひ、参考にしていただきまして、バカっぽく見られないように心がけましょう。

要は、どのような言動や行動がバカっぽく見られているのかがわかっていないので、バカっぽく見られてしまう言動や行動を知らないうちにしてしまっている可能性が高いのです。

ただ、これは仕方がありません。

なぜなら、相手をバカに思ってしまう言動や行動は人それぞれで違うのです。

つまり、絶対的な定義がないのです。

そのため、今回は大多数派の意見を参考にしてまとめていますので、もしかしたら相手によってはどの行動もバカに思わない可能性もありますし、もしくは、すべての行動や言動をバカに思ってしまう可能性もあるのです。

つまり、完全に防ぐのは難しいのです。

まあ、バカに思われようが、思われまいが、相手のことを気にさえしなければそんなのは問題ないのですが、なぜか気にしてしまう方が多いのが日本なのです。

ある意味、今回の記事は日本人向けの記事と言えるかもしれません。

相手の目線をどうしても気にしてしまう方にとっては、しっかりとマスターすべき情報がいっぱい詰まっていますので、ぜひ、頑張って覚えましょう。

そんなこと言っても難しいのではないのかと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、それが固定概念ですよ。

難しく思っているのは、あなた自身です。

そう、よくよく考えればこれは、相手があなたをバカに思ってしまう原理に似ています。

あなたがそう思えばそう見えてしまうのです。

人間は物事を本質ではなく、自分の考えで見てしまう癖を持っているからです。

つまり、そう見られてしまったのであれば、まずは自分が変わらないといけないのです。

なぜなら、いくら相手に違うと言っても、相手がそう思っているのであれば、そう思う原因を変えるしかないのです。

原因は何を隠そうあなた自身なのですから、他人を変えたいのであれば、まずはご自身を変えることです。

そのことで、自然と周囲にも変化が起きますので、無理に相手を変えようと考えないことです。

自分以外の者をコントロールしようだなんて無理な話なのです。

バカっぽい女と思われている人!実は多い?

そもそもバカっぽいと思われている女性はどのくらいいらっしゃるのかと言いますと、男性の数だけいると思った方が早いです。

もしくは自分以外の人はそう思っていると考えてしまった方が楽ですよ。

なぜなら、十人十色という言葉があるように、人それぞれで考え方が違うのです。

つまり、その人にはその人なりの色があるのです。

その色を否定しても色がすぐに変わるわけでもありません。

しかし、なぜか人は、自分と違う色の人を見るとものすごく拒絶反応を示すのです。

ひどい場合は、排除しようと考えます。

まあ、わかっている人は多いと思いますが、日本人は集団への帰属意識がものすごく強い民族なので、少しでも自分と違ったり、もしくは自分が帰属している集団と色が違う場合は、排除しようと考えてしまうのです。

話はそれてしまいましたが、それだけあなたがバカに思われてしまう可能性は高いと言うことです。

こうすればバカに思われるという正解がないために、自分以外の人にそのように見られてしまうと言うこともあります。

ある意味、四面楚歌のような状況です。

しかし、その四面楚歌も実はあなただけがそう思っている可能性が高いのです。

なぜなら、相手がどう思っているかなんて、相手しかわからないのです。

よく勘違いしている人が多いのが、私がそう思ったのだから、あの人もそう思っていると勝手に決めつけてしまっている人です。

あなたに相手の何がわかるのですか?相手の気持ちなど、相手にしかわからないのです。

しかし、集団への帰属意識が強いために、絶対同じ考えをしていると思っている方が多いのです。

これはなかなか治らないもので、大人になってもそう思い込んでいる人は多いのです。

特に親は子供の気持ちを理解しているなどの言葉は、ほぼ嘘です。

親が子供を理解しているのではなく、親が子どもに自分たちの考えを押し付けているから理解しているように見せているだけです。

はっきり言えば、親も子供も他人同士です。

生きている時代が違うのですから、子どもの気持ちなどわかるわけがないのです。

このように、人それぞれで考えが違うので、相手にバカっぽく見られてしまうことはある意味仕方がないのです。

しかし、そうはいってもバカっぽく見られたくないと言うのが本音だと思います。

いくら他人の目を気にしていないと言っても、なかなか防ぐのが難しいのです。

なら、腹を割ってみんなそう思ってしまうんだというぐらいに考えて、変にプレッシャーを持たないことが先決です。

皆はどこを見る?


では、実際相手はあなたの何を見てバカっぽく思ってしまうのかと言いますと、数年前まではほとんどの人が格好やファッションなどの外見のビジュアルで、バカっぽいかどうかを判断していました。

しかし、時代が経過すれば、考え方も変わると言われていますが、そう、今の時代はあなたの言動や行動を見ているのです。

ある意味、本質を見るようになってきていると言えます。

どういうことかと言いますと、商品の価値を値段で判断していないと言うことです。

安値がいいと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、原価を考えれば、安値はどのような素材を使用しているか怪しいので、手を出したくないと思っている人は結構多くいらっしゃいます。

そう、この例えのように、いくらファッションセンスやビジュアルが良くてもバカの可能性は大いにあるのです。

昔、大学生に言われていた言葉で、「黄金の服を着た豚になるより、裸のソクラテスになれ」というものがありました。

どんなに外見を飾っても、豚は豚なのです。

最近、多いのがブランド物を見に飾って自分の価値を高めようとしている人です。

まあ、ブランドの力は確かにありますが、身に付けているその人に力や魅力があるとは限りません。

つまり、原価低い人間が増えてきている傾向があります。

ブランド物にあこがれるのは良いのですが、何もブランド物を着飾ってもあなたの価値が高くなるわけではありません。

逆にブランド物の価値を下げているような感じもありますよ。

そう、このように一昔前は格好さえ何とかなれば、バカっぽく見られなかったのに、今では格好が良くても、ビジュアルが良くてもバカに見られる可能性が高いのです。

ちなみに、格好やビジュアルの前は、車を持っているかどうかでした。

そうこのように時代と共に考え方も変わってくるのです。

いずれは、AIによって判断されてしまう世の中が来るかもしれないと言われています。

今、ものすごくかっこいい感じで働いている人も、実は学生の頃は、テストで0点を取りまくっていたと言う歴史をさらしだされる可能性があるのです。

このように、時代の変化に敏感になっていないと、いつどんなことであなたがバカにされるかわかりませんよ。

故に、まずは、今はどのようなことでバカにされるのかをしっかりマスターしましょう。

大きくピックアップして4つの部分がありますので、まずはあなたにとって身近なもの、もしくは、読んでいたビビット来たものなどから覚えていきましょう。

言動

話し方や声に出す言葉、また、言葉使いなどをしっかり見ている可能性が高いのです。

なぜなら、日本ほど、言葉にあふれた国はありません。

あなたが今使っている言葉が、あなたを作り出していると言っても過言ではありません。

つまり、不平不満や愚痴などを多く口にしている人はそれだけそのように見られてしまっている危険性があるのです。

最近、自己啓発の本がバカ売れしているのが、ある意味これが原因と言われています。

言動を治すにもなかなか治すのが大変なので、本を読んで治そうと思う方が結構多くいらっしゃいます。

しかし、本を読んだだけでは、なかなか治りません。

読んでからしっかり実践しないと物にならないのです。

なぜなら、読むと言うことは縦に糸を縫っているような感じで、実践は横に糸を縫っているような感じなのです。

つまり、縦と横を縫ってこそものができると言うことです。

つまりは、最近は本を読んで終了と言う方が結構多いのです。

本を読んだだけで治るのであれば、安いものですね。

それだけであなたが完成されてしまうと言うことは、機械で言えば、メンテナンスの料金が安いと言うこととほぼ一緒ですよ。

つまり、知らず知らずのうちに自分の価値をさげてしまっている危険性もあるのです。

そうなってしまっては意味がありませんね。

しっかりとした言動を行うためにも、美しい言葉を使うようにしましょう。

行動

格好やビジュアルよりも、あなたの行動を見ている可能性があります。

要は、普段の生活態度や仕事への取組み姿勢などです。

口ではすごいと言ってもいても、行動と一致していないのであれば、簡単に見透かされてしまいますよ。

この例えがよく一番に表されているのが営業系の仕事です。

使ったこともない商品を良いものだと言って、相手に進めなければいけないので、大変です。

そのために、上手い伝え方や、口を上手くするにはどうしたらよいのかと考えてしまう人がいらっしゃいますが、これが大きな勘違いなのです。

口が上手くなっても営業の仕事がうまく行くとは限りません。

また、上手い伝え方をしても相手が納得するとも限りません。

営業成績が良い人のほとんどは姿勢で勝負しているのです。

つまりは行動です。

断れても足蹴く通ったり、断れるけど仲良くなってしまったりと、説明が上手くなくても相手と信頼関係を築くことができれば、営業系の仕事はうまく行くのです。

つまり、行動はあなたを表しているものと言っても過言ではないのです。

できるだけ自信を持った行動をすることです。

また、失敗しても落ち込んでいるような行動を見せても誰もあなたを慰めたりなどしません。

逆に付け込まれてしまうので注意しましょう。

考え方


最近は相手の本質を見抜こうとする方も多く、まずは相手が物事に関してどのような考えを持つのかなどを見ている人もいらっしゃいます。

いくら口だけで良いことを言っていても、考え方などを見ると、表面だけだということを見透かされてしまう危険性が高いのです。

また、考え方によって、この人、もしかして頭弱いのかな?と思ってしまうケースもあります。

要は口だけでごまかせるほど甘い世の中ではなくなってきているのです。

相手もこの人は物事をどんな感じに考えるのかなどを行動や言動などから探っていくのです。

つまり、あなたの考え方は見抜かれている危険性が高いのです。

特に高学歴の方に多いのが、なんの根拠もなしに高学歴だから自分の言うことは、正しいという感じの姿勢を出してくることです。

残念なことに、高学歴の人の言うことが正しいというのは科学的根拠はありません。

つまり、学歴だけで勝負できる時代は終わったのです。

高学歴だろうが、低学歴だろうが、この人は物事をどのように考えるのかを見られるわけなのです。

要は頭が良いかどうかではなく、頭が強いかどうかを見るのです。

また、考え方によってバカっぽいかどうかも見られてしまうのです。

つまり、あなたの考え方でバカかどうか見られてしまうのです。

学力

バカかどうか見極めるのに、昔からよく使われていた参考材料が学力です。

今でも参考にされている方が多くいらっしゃいます。

しかし、学力は今ではそんなに効力はありません。

学力が良くても、仕事ができるかどうか別問題なのです。

つまり、学力で判断する時代は終わったような感じですが、しかし、一応まだ判断材料として使用されています。

学力によってバカか天才かを見極める方はいますが、学力でバカに見られても、仕事ができないというわけではないですし、人として終わってしまうと言うこともないのです。

では、何なのかと言いますと、他にバカどうか判断する材料がないので、ひとまず学力で判断してしまうしかないのです。

特に学力で判断しているのは、何を隠そう新卒採用の就職試験などの、エントリーシートなどです。

このエントリーシートには学歴などが書かれているので、その学歴を見てバカかどうか判断している可能性があります。

いつもエントリーシートで落ちている人はもしかしたら、学歴が原因になっているかもしれませんよ。

いまだに学歴で判断してしまうケースが存在しているのです。

バカっぽい女と思われる8個の行動!この行動をしていませんか?

ここまでの説明で、相手は何を見てバカっぽいかどうか判断しているかを説明しましたが、では、どの部分を見てバカっぽく見ているのかなどをここからはお教えしたいと思います。

要は、このような行動や言動をしているとバカっぽく見られてしまう危険性が高いものをご紹介します。

大きくピックアップして8個の行動や言動がございますので、ぜひ、しっかり覚えましょう。

まずは、あなたにとって身近なことから覚えていくか、もしくは、読んでいてビビット来たものなどから、覚えていくことをおススメします。

いきなり、すべてを覚えようとしても覚えることができなくて、途中で挫折してしまう危険性が高いのです。

そうなってしまっては意味がありませんよね。

そうなってしまうよりも、慌てずに1つ1つゆっくり確実に覚えていきましょう。

そんなこと言っても、難しいことばかりなのでは?と思われる方もいらっしゃいますが、それは大きな勘違いです。

まずもって、難しいと思っているのは何を隠そうあなた自身です。

あなたがそう思ってしまえばそのようにしか見えないのです。

これから説明する行動は、本当に誰でも覚えることができる簡単なことばかりです。

まずは、難しく思うことを辞めることと、また、ワクワクしながら読んでいただけますと幸いです。

これを覚えると、バカっぽく見られる心配がなくなるという感じに思って頂けましたら、読んでいて楽しくなりますし、覚えることに関して苦にならずに済みますよ。

ぜひ、あなたの人生をよりよくなるためのことばかりなので、難しく考えるのではなく、簡単に考えましょう。

簡単に考えることで、どれも簡単に見えてしまいますよ。

思い込みほど、怖いものはございません。

決めつけてみてしまうと他のものが見えなくなってしまいますよ。

ぜひ、そのような枠を取っ払って物事を見ていくようにしましょう。

そうすることで、バカっぽく見られることを防ぐことができるかもしれません。

ぜひ、そうするようにしましょう。

すべてはあなた次第です。

要はあなたが自分自身をどうしたいのかが鍵になるのです。

そうすることで、ご自身を変えることができますよ。

ぜひ、頑張りましょう。

1.同じことをもう1度聞く

質問や問いかけに関して同じことを何回も聞く人って周囲にいらっしゃいませんか?おそらく思い当たる方は多くいらっしゃると思います。

この場合、考えられるのは、ものすごく細かい性格なために、完ぺきに理解しないといけないと思って、何度も聞いてくるケースはございますが、ほとんどの場合は、1回の説明で覚えられないので、何度も聞いてくる感じです。

要は1回で覚えることを得意としていないことです。

しかし、これは説明する側が丁寧に教えていないケースもあるので、一概にバカと判断することはできません。

ポジティブに捉えれば、慎重派の人と言った感じに捉えると、あなたもストレスを感じることはありませんよ。

ただ、1回では理解できないことは、仕事をする上では非常にマイナスだと、数年前までは言われていましたが、現代ではわかるまで聞けというスタイルになってきているところもあるので、必ずしも1回で覚えるという姿勢を取らなくてもいいのです。

ただ、問題なのは、何を聞かれたのか理解していないことの方です。

何度も聞いてくるケースには、相手の言っていることを理解していないケースもあるので、理解力にかけるとしてバカっぽく見られる危険性はあります。

2.天然

ポジティブな感じで言えばピュアなことを表す天然ですが、ネガティブに捉えると物事をよく知らないのではと疑われてしまう危険性が高いのです。

特に、素で間違ったことをするような場合は、注意が必要です。

その人がどのような環境下で育ってきたのかが疑われてしまうのです。

愛されキャラのような感じの天然ですが、一歩間違えるとバカに見られてしまいます。

しかし、天然系のバカをネガティブに捉える人は少ないのです。

もしかしたら、何かものすごい才能を持っているのかもしれないと思う方もいらっしゃいます。

馬鹿と天才は紙一重と言いますので、ある意味、天然であることを治す必要はないのかもしれません。

しかし、会社や集団などではこの天然ほど、嫌になる存在はありません。

天然な人ほど、その中で目立ってしまうので、排除されてしまう危険性が高いのです。

まずは、もしかしたら自分は天然なのかもと認識するのが良いのかもしれません。

そのうえで場面場面で、天然の味を出していくように、ご自身をコントロールすることで、周囲とうまくやっていける可能性がありますよ。

どうせバカに見られるのであれば、天然系のバカがもしかしたら得なのかもしれませんね。

天然であることを恥じることはありません。

むしろ、誇りに思って、堂々と生きていきましょう。

3.ギャル語などを使う

いつの時代に誕生したかもわからない言葉で特にカタカナのような感じの言葉を使用していると、知性を疑われてしまう危険性が高いのです。

特に若者言葉を頻繁に使う人ほど思われる可能性があります。

なぜかと言いますと、まずチャラい印象が強いので、そのような言葉を使っているとチャラいのかなと思われて、チャラい=バカというイメージが強いので、バカっぽく見られてしまうのです。

昔からそうですが、チャラい人はバカっぽく見られてしまうのです。

あとは、様々な言葉を略して言う行為もバカに見られます。

正確な言葉を知りたいので、正確に話していただけないと相手は不快な思いをされるのです。

ただ、最近はメッチャ、マジでなど、会話の中の相槌や協調させるために、カタカナ言葉が混じっている場合もあるので、何が何だかという感じです。

ただ、ギャルが使う言葉はとにかくバカっぽく見られてしまうので、使用しない方が身のためかもしれませんね。

4.他力本願

自分で力では何もしない人は、口だけといった感じに見られてしまうので、バカっぽい印象を残してしまうのです。

いわゆる、人を頼ってばかりいる他力本願の方は、相手から特にバカにされやすいのです。

一人では何もできないといった感じになっているので、ただ、この手になれてきたためか、最近多いのが、自分はバカだとアピールする人です。

自分はバカだとアピールすることで、周囲からそんなことないよと言われるのを待っているタイプもいます。

しかし、このように自分はできないとアピールをする人も、そのままバカっぽく見られてしまうのです。

できないと自分で言っているのだから、バカなのだと相手は認識してしまうのです。

ある意味、墓穴の掘ってしまったようなものです。

とにかく、自分ができないことは他人を頼ってもいいですが、できないのにできるようにアピールしたり、できないとアピールするのは辞めましょう。

5.ふわふわしている

いわゆる何を考えているのかわからない人です。

地に足がついていないので、どんな行動をしだすかわからないので、会社などで言えば、ヒヤヒヤする存在です。

特にこのような方はふわふわしていると言えます。

例えば、行動などが遅い人、相手に優しく自分にも優しい。

このような感じの人はいらっしゃいませんか?そう何事にもおいても大丈夫かと思わせてしまうので、ふわふわしているのです。

まさにバカっぽいから宙に浮いているのではと思われてしまうことです。

時にはバカは魔法使いのような感じに見られてしまうのです。

なぜなら、想像もつかないことをしてしまうからです。

しかし、ある意味自分の考えの領域以外のことを知っていると思えば、チャンスな人でもありますので、末永く見守りましょう。

6.間違った返答をしている

とにかく話がかみ合わない人っていらっしゃいませんか?

こっちが投げかけた質問に対して性格に答えないで、自分の意見を言っている人のことです。

なぜそうなってしまうのかと言いますと、相手の話を聞いていないのか、もしくは、すでに言うことを決めていると言うことです。

そのために、相手の言葉に対して間違った言葉の使い方をする場合もあり、この人、大丈夫?と思われてしまうのです。

話がかみ合わないと相手は話したいとは思えないのです。

しかし、別な見方をすれば、質問する側と考えに誤差がある。

もしくは、違った考えをしていると思えば、この人から自分にはない考えを拾えるので、そう思って接するのもありですよ。

あなたの意見に賛同してばかりの場合も、聞いていないケースがありますので、気を付けましょう。

7.単純な行動が多い

まあ、ある意味、こちらの読みとおりの行動をする人がいらっしゃいますが、まさに単純に行動する人ほど、バカっぽく見られてしまいます。

特に多いのが、通販番組などで演出につられて購入してしまう人だったりも、その類です。

しかし、広告業界の人から言わせると、日本の8割がB層だと言っていて、イメージさえよくすれば本質など関係ないという感じでプロモーションに力を入れている企業は多いのです。

B層=バカ層です。

そう、つまり、本質を見抜こうとしない人は、バカに見られてしまう危険性が高いのです。

特に子供のころに、親からテストで100点取ったらお小遣い増やすなどと言われて育ったケースはありませんか?そう、このように物に釣られてしまう人は、バカっぽく見られているのです。

つまり、親も子供をバカにしていた可能性があるのです。

気を付けましょう。

8.会話、出来事を覚えていない

会話や出来事を覚えていない人、いわゆる記憶力が悪い人と思ってしまうことですが、実はこれは記憶力ではありません。

話したことに関してそんなに重要視していないことが相手にバレバレなのです。

重要なことを話しても覚えていないと言うことは、この人にとってこの情報は重要だと思っていないのだなと思われて、相手にされなくなってしまう危険性が高いのです。

「ん?なんだっけ」という感じに返答すると、「この前話したよね…?」と呆れられる危険性が高いのです。

そうなってしまっては意味がありません。

すべての会話を覚えろとは言いません。

しかし、重要なことは覚えていた方が相手にバカにされずに済みますよ。

ぜひ、そうするようにしましょう。

どうすればバカっぽく思われない?

それではバカっぽく見られてしまう行動がわかったところで、次は、バカっぽく思われない方法をお教えします。

まずは、学力をつけることです。

何もすべての教科で上げろと言うわけではありません。

あなたの得意分野で学力をつけると良いですよ。

また、そのうえで、資格などを取ると、自分を高めることができます。

資格はアピールにはもってこいです。

さらに言えば、言葉遣いの勉強をすることが重要です。

ギャル語のようにカタカナが多く含まれている若者言葉を多用しないことが大事です。

そして、メリハリをつけて行動することです。

あれもこれもではなく、まずは的を絞って行動しましょう。

自分の仕事は自分でこなすようになるとベターです。

さらに言えば、聞き上手・話し上手になることです。

そのために、相手の話しの内容に興味をもつことが大切です。

バカっぽいと思われないように気をつけよう!

いかがでしたでしょうか。

バカっぽく見られてしまうと、いい意味もありますが、あまり得はしません。

ぜひ、バカっぽく見られる強さを弱めるためにもあまりそのような行動をすることを控えましょう。