恋愛はいいものです。

するだけで人生を大きく変える事が出来る場合もあります。

自分の人生にやりがいをみいだす事が出来たり普段出来なかった事に挑戦する事が出来るようになる場合もあります。

また、いつもよりもずっと強いパワーを発揮する事が出来るようになる場合もあるのです。

だからこそ、恋愛をする事は人生においてとてもプラスになる事なのです。

けれど、いくらプラスになる出来事だと言っても恋愛は楽しい事ばかりが起こるわけではありません。

時にはつらい思い出として残ってしまう場合もあります。

恋愛にもいろいろな種類があります。

片思いと両想いでは経験する出来事も違うはずです。

更に、そこから交際に発展する事が出来るかどうかによってもその経験値は変わってくるでしょう。

片思いの場合には、一人で相手を思うだけだけなので嫌な思いをする事も少ないかもしれません。

けれど、それ以降は必ず相手が関わってきます。

だからこそ、よりいい経験をする事が出来るのと比例してつらい思い出となる場合もある事を忘れてはいけません。

交際しているときは、誰しもが幸せの中に居る事でしょう。

一生この人と一緒に過ごしていく。

そんな風に考えている人も珍しい事では無いはずです。

けれど、実際交際している人と結婚まで行く事が出来る確率はそう高くはありません。

年齢にもよりますが、若いうちの恋愛の場合には結果的に分かれてしまう事も珍しい事では無いでしょう。

別れを経験する事もまた、必要な人生経験です。

その経験をする事によって人は一回りも二回りも大きくなる事が出来るようになります。

もし自分が傷つく事を避けて前向きに行動する事が出来なければ、結果的に人生の中で経験する事が出来たはずの出来事を自ら放置してしまう事にもなりかねません。

だからこそ、どんな結果になろうとも恋愛に対して後ろ向きになる事はいい事だとは言えないでしょう。

別れもまた必要な経験となるのです。

今回は、別れ話を電話でするときのメリット、円満に別れる方法を紹介していきます。

別れ話をしたいけど切り出せない!そんなことありますよね

どんなに好きな相手だったとしても、人の気持ちはいつか変わるもの。

自分の気持ちが覚めてしまう事もあれば相手の気持ちが覚めてしまう事もあるでしょう。

悲しい事ではあるものの、だからと言ってそれを責める事は誰にも出来ません。

婚姻関係であるのであれば、責める事も出来る可能性もありますが、交際しているだけの段階ではどうする事も出来ない場合も多々あるのです。

もし、自分が気持ちが離れてしまった場合には相手に別れを切り出さなければなりません。

けれど、それは簡単な事ではありません。

相手の事を考えれば考えるほど言いにくいという事もあるでしょう。

出来るだけ相手を傷つける事無く話をしたい。

そんな風に思えば思うほど結果的にどう話を切り出したらいいのか分からなくなってしまうのです。

別れ話をされる側はもちろんつらいでしょう。

落ち込み食事がのどを通らなくなってしまう事だってあるかもしれません。

ですが、同じように別れを切り出す方もまた同じようにつらいのです。

だからこそ、別れ話をしたいけれどうまくできない。

そんな経験をしたことがある人も多いはずです。

別れ話の方法は様々!意外と多いのが電話

別れ話は、基本的には面と向かってするものです。

それがせめてもの相手に対する礼儀だからです。

すでに二人の仲が覚めてしまっているのであれば、わざわざ会う必要もないかもしれません。

けれどそうではない場合には、相手の事を考えた意味でも別れはきちんと目を見て伝えるべきでしょう。

ですが、出来ない人も少なくありません。

そんな人が取る方法があります。

それが電話です。

電話で別れ話をするなどあり得ないと思う人も居る事でしょう。

誠意が無いと言われてしまっても仕方がない部分もあります。

けれど、実際には最近では電話での別れ話はそれほど珍しい事では無いという事も分かっています。

相手の事を考えるのであれば、面と向かって話をする事が一番。

確かにそういう意見も沢山ある事でしょう。

けれど、言いにくくズルズルしてしまうのであれば、相手に期待を持たせないためにも早めに話をしてあげるという優しさもあります。

また、会わない方が相手にとって良いという場合もあるのです。

何が効果的になるかは、意外と人によって違うのかもしれません。

電話で別れ話をするメリットとは?なぜ電話なのか?

電話で別れ話をするなど、全く理解する事が出来ないという人も居るでしょう。

大事な話は面と向かってする。

それが当たり前だという人も居ます。

実際、会う事によて言葉以上の事を感じる事が出来る場合もあります。

だからこそ、会う事によるメリットは沢山あります。

けれど、だからと言って電話によるメリットが全くないとは言えないのです。

時代が変われば考え方も変わるものです。

私たちが当たり前だと思っていた事も、人生の経験によってそれが180度変わってしまう事だってあり得るのです。

だからこそ、何事も頭ごなしに批判する事は良くありません。

柔軟に受け入れる事によって今までよりももっといい効果を体験する事が出来るようになる場合もあるのです。

別れ話を楽しい気持ちでする事が出来る人などそういるものではありません。

みんな何かしら後ろ向きな気持ちを抱えつつするものです。

相手の事が大嫌いになったのなら冷たくする事も簡単ですが、まだ少しでも気持ちが残っている場合には、相手の悲しむ姿を見る事によって気持ちが落ち込んでしまう事もある事でしょう。

だからこそ、もし電話で別れ話をする事によって得られるメリットを納得する事が出来るのであれば、それは新たな選択肢として考える事が出来るはずです。

どんな事でも選択肢は大いに越した事はありません。

まずは一つの意見として、電話での別れ話のメリットを感じてみてください。

直接だと相手の顔色をうかがいながら話すことになるから


別れ話は、明るく楽しく行うものではありません。

もしかしたら、二人の明るい将来の為にと前無為な別れを経験する人も居るかもしれません。

互いに100パーセント納得する事が出来ているのであればすっきり笑顔でわかれる事も出来るでしょう。

ですが、それはとてもレアなケースです。

大概どちらかの気持ちが残ってしまっているものでしょう。

だからこそ、別れ話は暗い話し合いとなる事が多々あります。

もし自分から別れを切り出す場合、相手の反応を見ながら話をする事になるでしょう。

別れようと決意した気持ちは変わらないとしても、話をする事によってもし相手が泣いてしまったらどうでしょうか。

きっと話がしにくくなってしまうはずです。

言いたかった事がなかなか言えず、時間ばかりがたってしまう事だってあるでしょう。

顔を見ながら話をする事は大切な事ではありますが、それは同時に相手の顔色をうかがいながら話をしなければならなくなるという事にもつながります。

自分の意見をきっちり相手に伝える事が出来る人なのであれば、それでもきちんと別れ話をする事が出来るでしょう。

けれど、つい相手に流されてしまうような人は結果的に別れ話をせずに終わってしまう事もあるかもしれません。

相手に言いたいけれど伝える事が出来ない。

そんなモヤモヤとした気持ちを持って生活する事になってしまう事もあるのです。

だからこそ、あえて面と向かって言わずに電話というツールを活用する事によって、相手の感情に流されることなく、自分の気持ちをしっかりと相手に伝える事が出来るようになる場合もあります。

泣いている姿を見るのが辛いから

いくら別れを切り出そうと決意していたとしても、一度は好きになった相手のはずです。

その人に目の前で泣かれてしまうと辛い気持ちになる事は容易に想像がつきます。

なかなか本題を話す事が出来ずに結果的に別れ話を先のばしにしてしまう事だってあるかもしれないのです。

それで気持ちが変わるのであればそれもまた良いでしょう。

二人の歩み寄るきっかけになる事もあります。

ですが、気持ちが変わらない場合先延ばしにしたとしても意味がありません。

より相手を傷つける結果に繋がってしまう事だってあるでしょう。

だからこそ、感情に流されてなかなか話をする事が出来ないような人にとっては、電話の別れ話の方が十分に自分の気持ちを相手に伝える事が出来るようになる事でしょう。

電話だと言いたいことだけを言えるから


人と話をするときは、自分の言いたい事だけを相手に言えばいいというものではありません。

相手の反応や考え方をきちんと聞く事が必要となるでしょ。

人とコミュニケーションを取り仲良くなっていきたいという考え方があるのであれば、それは大切な行為です。

ですが、それが別れ話という状況になってしまうと考え方が変わる場合もあります。

というのも、面と向かって話をする事によって自分の言いたい事を相手に伝える事が出来なくなってしまう可能性があるからです。

相手の顔を見ながら話をする事によって、結果的に相手の反応を見ながら話をする事に繋がってしまうのです。

それは、優しい性格の人であればあるほど言いにくさを感じる事でしょう。

そんな人の場合には、電話で話をする事の方がずっと効率的に別れ話をする事が出来るようになります。

その大きな理由としては自分の言いたいことだけを相手に伝える事が出来るようになるからです。

電話であれば、自分の言いたいことだけを相手に伝える事が出来るようになります。

相手の反応を聞かずに自分の気持ちを伝えたら電話を切ってしまう事だって出来るでしょう。

それが良い方法だとは言い難いかもしれません。

けれど、『別れ話をスムーズにする』という考え方だけを優先するのであれば、それは決して間違っている事だとは言えないのではないでしょうか。

何を言うのかをメモしておく

相手を目の前にすると、自分の言いたい事を伝える事が出来なくなってしまう人も居ます。

相手の反応が心配だからこそ、言いたい事もいう事が出来ない。

そんな事もあるでしょう。

そんな人にとっては、別れ話をするのであれば電話の方が効率的に出来る場合もあります。

もし、電話で別れ話をしようと思うのであれば、言いたい事をメモしておく事をお勧めします。

面と向かって話をするよりは、電話の方が相手の反応を気にせず話をする事が出来ます。

自分の言いたいことを優先して相手に話をする事も出来るでしょう。

けれど、だからと言って全く相手の反応を感じずに話をする事が出来るというものでもないでしょう。

やはり多少は相手の気持ちを感じる事があるはずです。

その場合、相手の感情が大きければ大きいほどその気持ちに引きずられてしまう事もあります。

それが結果的に別れ話をうまくすることが出来ない原因となる可能性も多々あります。

せっかく電話で話をする事を決めたのにも関わらずそうなってしまっては意味がありません。

そうならないようにする為には、話をする内容を紙に書いておく事をお勧めします。

人間いざという時になると言いたい事が出てこなくなる事もあるものです。

本当はいろいろ話をしたい。

理由をきちんと説明して納得してほしいと思っていいたとしても、それを相手にうまく伝える事が出来ずに、結果的に必要以上に相手を傷つける事になってしまう可能性だってあるのです。

だからこそ、まず自分が話をしたいことをメモしておくのです。

メモを作る事によって自分の中の気持ちを整理する事にもつながります。

そうする事によってより冷静に話をする事が出来るようになる場合もある事でしょう。

何を言われても「それでも無理」と断ることができる

面と向かって話をしていると、相手の感情に押し負けてしまう事があります。

ただ話をしているだけでは無く、泣いたり騒いだり。

暴れたりされてしまえばそれだけも、分かれる事が億劫になってしまう事もあるでしょう。

もととも押しに弱い人の場合には、別れたいという気持ちがあったとしても結果的に力づくで関係を修復する事を納得させられてしまう事もあるかもしれないのです。

ですが、電話の場合にはそれを回避する事が出来ます。

いくら相手が電話の向こうで騒いでいたとしても、実際に目の前で騒がれるよりはずっとましです。

なんなら受話器から耳を話してしまえば相手が何を言っても気にもなりません。

自分は相手の押しに負けてしまうかもしれない。

そんな不安が少しでも残されているのであれば、電話を利用して『それでも無理』と毅然とした態度を取る事が出来るようにしておきましょう。

お互いに時間がかからない

電話での別れ話は、面倒ないざこざを回避する事が出来るというものだけではありません。

すでに二人の関係が覚めてしまっているのであれば、話し合いをしたとしても揉める事も無くすんなりと別れを決める事が出来る場合もあるからです。

けれど、実際に会って話をするには互いの時間を合わせなければなりません。

社会人同士などの場合には、なかなか時間を確保する事が出来ないという事もあるでしょう。

また、既に気持ちが覚めている相手の為にわざわざ予定を調整したくないという、実に現実的な意見もあります。

そんな時こそ、電話での別れ話です。

電話を利用して別れ話をすれば、当然ながら相手の時間を無駄にする事はありません。

本当に話し合いにのみ必要な時間を確保すればいいのです。

また、どんなに遅い時間でも朝方だったとしてもお互いが納得しているのであればそこで別れ話をする事も可能でしょう。

外で会うにはそうは聞きません。

だからこそ、予定を合わせるだけで時間が経ってしまうケースもあるのです。

嫌な事を先延ばしにしてもいい事はありません。

互いに前に進む為にも、まずは話し合いを早めにする事が必要となるのです。

だからこそ、時間を短縮する事の出来る電話での別れ話はメリットが多くあるという人も居るのです。

会う時間を短縮できる

まだ相手に未練がある場合には、どんなに話し合いだっとしても面と向かって行いたいものです。

なんなら、自分の気持ちを相手にぶつけ考え直してほしいと思う事もあるかもしれません。

けれど、そうはない場合既に興味の無い相手に会うために時間を作る事は負担となる場合もあります。

好きだからこそ頑張れた事も、相手の事を好きでは無くなった時点で頑張る事が出来なくなるというのは良くある話です。

思いやりの心が無くなるからこそ、互いに自分本位な行動が目につくようになってしまうのです。

そんな状態でわざわざ別れ話の為に時間を作る事は、互いにとって負担となる事でしょう。

けれど、電話であれば、その負担を無くす事が出来ます。

会う事すら面倒・嫌だと感じるからこそ分かれがやってくるのです。

それがお互い様なのか、一方の勝手な思いなのかは分かりません。

けれど、少なくともどちらかでも会う事すら面倒だと思っているのであれば、電話を利用しての話し合いには高いメリットがあるのです。

円満に別れる5個の方法!すんなりと別れる方法もある?

どんなに好きだった相手でも、別れが来るときはきます。

例え結婚まで行く事が出来たとしても、その結婚生活が一生続く事が出来るかどうかは誰にも分からない部分です。

死ぬまで一緒に居よう。

そう思って居たとしても、いつの間にか心が覚めてしまう事だってあるのです。

一方が心が覚めてしまえば、交際を続ける事は出来ません。

相手がどんなに悲しんだとしても、別れたいという気持ちを変える事などできないのでしょう。

なのであれば、少しでもすんなりと円満に分かれる方法を意識して行動する事が大切です。

別れ話は精神的に疲れます。

相手の事を考えると憂鬱になる事もあるでしょう。

だからこそ、その精神的なストレスを少しでも軽減するという意味でも、別れ話をする際には出来るだけ円満んい別れる事を意識して行動する事が大切です。

別れ話は、する方も辛いですが結局されるほうがつらいのです。

だからこそ、少しでもその気持ちに納得いくように。

しっかりと円満に分かれる事が出来るように行動し、考える事が別れを切り出す側の人には必要な事と言えるでしょう。

1.別れを告げる際にちゃんとした理由を言う

人の気持ちは変わるものです。

どんなに仲の良い二人だったとしても、いつかは別れを経験してしまう事もあるでしょう。

それは残念な事ではあるものの、誰にも止める事が出来ない事でもあります。

相手に別れを切り出されてショックを受ける事だってあるかもしれません。

けれど、その経験すべてが時には必要な事もあるのです。

別れ話をする際、大切な事があります。

それは円満に話を終える事です。

話し方を失敗してしまえば、相手をより一層傷つけたり悲しい思いをさせてしまう事もあるかもしれません。

そればかりか相手にトラウマを与えてしまう事だってあるかもしれないのです。

せめて、最後はきちんと相手の事を考えて話をしてあげましょう。

別れ話で最も重要な事は理由をきちんと相手に伝える事です。

理由を納得する事が出来るかどうかはその人によっても違うかもしれません。

もしかしたら理解できずに怒り出す事だってあるでしょう。

けれど、少なくとも理由を知る事が出来れば自分の中で考える事が出来ます。

けれど理由が分からないと自分の中でどうしたら良いのか分からなくなってしまうのです。

そのせいでなかなか気持ちを切り替える事が出来なくなってしまう事だってあるのです。

別れ話をきちんとする事は、互いの将来を考える為にもとても必要な事です。

相手の嫌なことを全部言う

別れ話をする際、つい相手を傷つけたくないという思いから優しさを出してしまう人が居ます。

本当は全く未練はないのにも関わらず、相手を悲しませたくないからこそ優しい言い方をしてしまうのです。

本来であれば、それは人として正しいのかもしれません。

他人の気持ちを考えて行動する事が必要な事もあります。

けれど、別れ話でいえばそれは余計な気遣いです。

その優しさがかえって相手を傷つけてしまう可能性があるという事を忘れずにいてください。

別れ話をしようと決めたら、悪者になるくらいの気持ちで行きましょう。

相手の反応を考えすぎて話をする事が出来ないでいると、結局別れ話を長引かせる事になってしまいます。

相手の事を本当に思うのであれば、思っている事をしっかりと相手に伝えましょう。

嫌な部分があるからこそ、分かれるのです。

だからこそ、その嫌な部分を相手に伝えるのです。

自分の嫌いな部分を言われれば、悲しい気持ちになる人は大勢いる事でしょう。

落ち込む事は目に見えています。

ですが、長い目で見ればそれが恋を忘れる事が出来る一番の方法になるのです。

自分の気持ちを守る事を考えるのではなく、相手の事を考えるからこそ嫌なところをしっかりと伝える事が大切です。

2.付き合う前から約束を決めておく

人には許せないポイントというものがあるはずです。

それがどんな事なのかは人によって違うはずです。

自分としては全く悪気の無い行動が相手を悲しませてしまう事もあるのです。

反対に、自分ではありえないと思っているような行動も、相手が当たり前にする事だってあるのです。

どんなに好きな相手だったとしても許せないポイントはあるはずです。

1000年の恋が冷めるという言い方をする事があるように、大好きな相手を嫌いになってしまうような衝撃を感じる事がある場合もあるのです。

だからこそ、そんなポイントがある場合には事前に互いに話をしておく事も必要です。

理由も話さず自分の気持ちを理解して欲しいともう事は少々傲慢です。

自分が当たり前だと思っている事が、相手にも通用するかどうかは分かりません。

人には言わなければ分からないポイントがあるのですから。

だからこそ、嫌だと感じる部分があるのであればその話はしっかりと事前にしておきましょう。

事前にしておく事によって、無駄な喧嘩を回避する事が出来るようになります。

また、最初に話をしておく事によって、それがきっかけで別れる事になったっとしても互いに納得する
事が出来るようになるかもしれません。

約束は約束です。

その重要性を互いに考えるという意味でも、最初に決めごとをしておく事は大切な事なのではないでしょうか。

3.メールやLINEなどはNG!

別れ話をするさい、電話がおすすめだという事は何度も紹介させていただきました。

けれど、電話がおすすめだからと言ってLINEやメールが良いとは言えません。

電話とは似ても似つかないという事を忘れずにいてください。

メールやLINEの場合には、直接話をするのではなく文字で相手に伝える事になります。

それは相手に的確に内容を伝える事が出来るというメリットがあります。

ですが、それと同時にうまくニュアンスを伝える事が出来ず、直接的な言い方になってしまうというデメリットを感じさせる場合もあります。

自分としてはもっと柔らかい言い方のつもりで話をしているのにも関わらず、文章にするととても冷たい言い方になってしまう場合もあります。

また、何度も読み返す事が出来るので相手に思っているような伝わり方がしない場合もあるのです

自分の気持ちを相手に伝える事は以外にも難しいポイントが沢山あります。

せっかく勇気を出して話をしたとしても、相手にうまく伝わらなければ別れ話を長引かせたり、気持ち良く分かれる事が出来なくなってしまうのです。

メールやLINEではその可能性が高くなってしまうのでおすすめする事が出来ないという事です。

4.ギクシャクする場合は一旦お互いが連絡を取らないようにする

互いが感情的になってしまうと、話し合いはうまく進みません。

必要以上に相手を傷つけたり大きな揉め事に発展してしまうかもしれません。

冷静に話し合う事が出来ないと、きちんと話し合う事が出来ないと円満に別れ話をする事などできないでしょう。

だからこそそんな時は、無理に話を進めるのではなく、いったん時間をあける事も必要です。

別れ話は、期限がある場合には早々あるものではありません。

何か特別な事情がある場合には、別れなければならない時期が決まっているという事もあるでしょう。

ですが、それ以外の場合には無理に急いで別れを決定する必要はないのです。

無理に焦って別れ話をしてもめるくらいなら時間を空けて話をする事によって、互いに納得して円満に別れ話をする事が出来るようになるはずです。

円満に別れ話をする事が出来た方が、お互いにとって良い時間を確保する事が出来るという事は明白です。

だからこそ、自分の気持ちをきちんと整理し相手に分かって貰う為にも時間をかけましょう。

自分としては直ぐに話し合いをしたいと思っても相手はそうではないかもしれません。

別れ話は相手が居るものです。

そんな時は自分の気持ちだけでは無く、相手の気持ちも考えてあげる優しさを持つ事が必要となります。

急いでもいい事はありません。

出来る事を少しづつしてみたり、相手に落ち着く時間を与える事によってお互い気持ち良く話をする事が出来るようになる場合もあります。

5.もし会いたいと言われても理由がない限り会わない

別れ話を相手にすると、会って直接話がしたいと言われる事は珍しい事ではありません。

確かに納得する事が出来ない場合には、自分の話をきちんと聞いて欲しい・考え直してほしいと思っても不思議ではないのです。

そんな時はきっと直接会いたいと思うのでしょう。

そう言われればつい優しさが出る事によって会って話をしようかと思う事があるかもしれません。

けれど、そうする事によって相手の意見にのまれてしまうという事もあります。

自分の意思は絶対に変わらない。

相手が泣いても何を言っても絶対にわかれる。

そんな強い気持ちを持つ事が出来るのであれば、会う事もいいでしょう。

それが円満な別れにつながる場合もあります。

けれど、そうではない場合、会う事がかえって円満な別れを遠ざけてしまう可能性もあります。

会うことが優しさではありません。

それは嫌な人になりたくないという自分のエゴなのかもしれません。

一見優しく見えるその行動も結局相手をより一層傷つけてしまう事になる場合もあるのです。

だからこそ、そうならないようにする為に合わないという選択肢を持つ事も必要です。

カップルが別れる理由

カップルが別れを選ぶ理由には、いくつかパターンがあります。

だからこそ、自分がなぜ別れたくなってしまったのかという根本的な事が分からないという人は、それらの条件を読む事によって自分の気持ちの変化の理由に気が付く事が出来るようになる場合もあります。

自分の気持ちと言えども、その変化を全て理解する事が出来るほど冷静に物事を考える事が出来る人ばかりではありません。

時には自分自身にもその変化に驚き落ち込んでしまうという事だってあるかもしれないのです。

そんな出来ごとに関しても必ず理由はあるものです。

その理由を知る事が、円満な別れのきっかけになる事でしょう。

価値観の違い

別れる理由として最も多く聞くのが、この価値観の違いです。

『価値観』とは便利な言葉です。

これを使う事によって、大抵の事はカバーする事は出来ます。

相手の話し方・考え方・食べ方などなどどんな事に関しても価値観が違う。

考え方が違う。

そう例えてしまう事によってすべてをまとめる事が出来てしまうので。

第三者などに対して、別れの理由を説明しなければならない場合にはこの言葉はとても便利な言葉となります。

深く説明しなくとも、相手にニュアンスを与える事が出来るからです。

けれど当事者同士の場合には時に言葉が足らないという事もあります。

そんな時は追加の説明が必要になるという事もあるかもしれません。

別れる時は円満に別れよう!後々で問題にならないように!

別れ話は楽しい話し合いではありません。

例え自分が別れを切り出したとしても、相手の反応によては別れ話をした事を後悔する事だって十分考えられます。

けれど、いつまでも覚めた心のまま一緒に過ごしても意味がありません。

それは互いの為に良くないでしょう。

だからこそ、気持ちが無くなった時は別れを切り出す事は必要な事です。

別れを切り出す際には、出来るだけ円満に分かれる事を心がけてください。

相手との話し合いが嫌だからこそ、自分の気持ちだけを相手に伝え逃げてしまうという方法だってなくはありません。

けれど、それをやってしまうととても円満な別れとは言い難くなってしまいます。

相手をきちんと納得させ、互いがすっきりする事が出来る事が円満な別れには必要です。

人によって、人生で経験する別れの数は違うはずです。

ですが、例え10回目の別れだったとしても初めての別れよりもつらいという状況は大いにあるはずです。

何がいけなかったのか。

どうしてこんな事になってしまったのか。

それが理解できなければ、意味が分からないまま別れる事になてしまう可能性もあります。

それは、相手にとって失礼な事であり新しい恋に進む勇気をそいでしまう事となる可能性が大いにあります。

そうならないようにする為にも、お互いにじっくり納得して、円満に分かれる事が出来るように、自分の行動を意識する事が大切です。