私の職場の課長さんは、誰かが有給休暇を取って休むと、「あいつは今頃、リゾート地に飛んで楽しんでいることだろう!俺も、のんびりとしてみたいもんだ!」と言うのが口癖のようです。

というのも、その課長さんもこの夏に、1週間の休暇をとって家族で沖縄旅行に出かけていたのです。

自分だけが休みを取らずに、ずっと働き続けているとは言えないのです。

しかし、この「のんびり」という言葉の意味はどういうことなのでしょうか?

仕事のことなど全く忘れて、ゆっくりと過ごすことなのでしょうか?

それなら、仕事が終わってから、自宅でも「のんびり」することができるはずです。

携帯も電源を切っておいて、会社との接触を断っていれば、のんびりできるのではないでしょうか?

「のんびり」とは、単に行動や思考がゆっくりとすることでしょうか?

よくTVドラマのコントで、原稿の締め切りが近づいた時に、出版社の人が人気作家の自宅にまで押しかけて来て「先生、原稿はまだでしょうか?」などと詰め寄るシーンがあります。

確かに、こんな状況では「のんびり」というわけには行きません。

それに対して、ある作品を書き上げて次の新しい作品のアイデアを練ったり、疲れた体を癒したりするときに、山奥の静かな温泉旅館に泊まりこんで「のんびり」している時があります。

こんな状況では、「のんびり」過ごしていると言えそうです。

つまり、時間に追われることがなければ、のんびりできるようです。

しかしここで気になる言葉があります。

それは「ゆっくり」という言葉なのです。

さきほどの温泉旅館で、「ゆっくり過ごす」と「のんびり過ごす」とどちらもその雰囲気が伝わってきますが、どう違うのでしょうか?

どちらも、誰にも時間にも追いかけられずに気楽に過ごしていると思いますが、どう違うのでしょうか?

この意味を考えていくと、「のんびり」の真の感覚が分かると思います。

「ゆっくり」というのは、何かしらの基準が対して、それに対して急がな行うことを表しているようです。

例えば、いつもなら朝ご飯を20分ぐらいで食べていたのですが、今日は時間があるので1時間をかけて食べたとか、時間をかけて動作や運動を行う時です。

毎朝8時に出勤していたのが、「明日は9時にゆっくり出勤してください」などと時間をかけていい時に使われます。

これに対して「のんびり」という言葉は、何にも基準という制約がない状態の時に、気楽で急がない過ごし方をするときに使われます。

「あの人はのんびりした性格」「暖かい春ののんびりした風景」という遣い方では、「のんびり」を「ゆっくり」に置き換えると、しっくりと来ないのです。

休日に自宅で朝寝をして「今日はゆっくりと過ごす」という時には、今日という一日をゆっくりと時間をかけて過ごすということなのです。

休日明けの仕事という制約があるので、それまでは時間はゆっくり使えるのです。

自宅でのんびりと言うときには、仕事も忘れてゆっくりできるぐらいの時間の余裕がないと「のんびり」とまでは言えないようです。

せめて、1週間ぐらいの休みがあれば「のんびり」できそうです。

のんびりは心のエッセンスになる

上で書いたように、「のんびり」と表現するには何事にも制約されない時間の余裕が必要です。

「のんびり」とは、心身がゆったりと落ち着いていて、何にも制約を受けずに心の赴くままに行動することなのです。

ということは、日常の煩わしいことや嫌なことも忘れて行動することなのです。

ストレスも感じないのです。

だから、「のんびり」するということは心が癒されて、心のエッセンスになるのです。

のんびりすることは悪くない!


働き盛りの人にとっては、毎日のんびりと暮らすことなどできるはずはありません。

家庭を持っている人であれば、なおさら給料をしっかりと稼ぐ必要があるので、会社では一生懸命に働いているからです。

その中に、のんびりと過ごす時間などあるわけがないのです。

周りの人は、忙しく動き回って働いているようです。

そんな中でひとりマイペースで働くと、成績が良くてもみんなからは白い目で見られてしまいます。

会社の上司としては、もっと仕事の効率を上げて働けるように改善の指示も出しているはずです。

だから、ゆっくり働いても、さらにはのんびりしようものなら、怠け者のレッテルを貼られてのけ者にされてしまうかも知れません。

しかし、一方では残業時間が増えて心身ともに疲弊していくと、ストレスが溜まっていき精神的な障害を引き起こす人も増えてくるのです。

今問題になっているのは、うつなどの精神的な心の病なのです。

この対策に効果的なのがストレスを解消するために、旅行に出かけたり好きな趣味に没頭して精神的にのんびりさせることなのです。

働き詰めでは効率も上がらないし、怪我や事故も増えます。

だから、一定の期間の休暇を取らせて、のんびりさせる時間を与えるようになりました。

「のんびり」することも悪いことではないのです。

ずっとのんびりだと怠け者確定

日本人は勤勉なので、のんびりと過ごすことには罪悪感が生まれるようです。

「こんなに休んではいけない、もっと一生懸命働きたい」などと、働くことに生きがいを感じている人も多いようです。

いわば、会社にものすごく忠実なのです。

だから、会社で決められた長期休暇を取得して、のんびりと過ごしていると、「あいつは本来仕事が好きではないんだ」などと揶揄する人も出てくるのです。

のんびりして心身の疲労回復に努めていても、気持ち的にゆっくりとしていられないのです。

「のんびり」の重要性が、まだまだ浸透していないようです。

しかし、最近になってからは、諸外国のバカンスの意味も理解して、日本人も長期休暇を取得して、有効に使う習慣が芽生えてきました。

やっと「のんびり」の有効性が分かってきたようなのです。

これをいいことに、仕事に戻っても、気持ちはまだまだのんびりという人も出てきました。

チームワークの乱れにもなりますから、ずっとのんびりだと怠け者だと確定されますので注意が必要です。

のんびりを適度に取り入れよう

「のんびり」するというと、何にもしないでダラダラ過ごすことと思っていると、それは間違いです。

無駄に目的もなくただ時間を消費するということではありません。

仕事のこととか日常生活の煩わしいことを忘れて、気楽に時間を楽しむことなのです。

せっかくの長期休暇だから、あそこに出かけてあんなことをして、などと過密スケジュールを立てて過ごす人もいます。

それもある意味では、日頃のストレスから解放されて「のんびり」できることなのですが、本来の「のんびり」とはちょっと違います。

働きづめの生活の中に、仕事を忘れた制約のない時間を確保することなのです。

私の考えでは、長い階段の途中の踊り場のようなものだと思っています。

階段を登っていくときに足が疲れます。

そんな時に平らで少し広い踊り場があると、そこに留まってホッとするのです。

そして呼吸を整えてもう少し頑張ろうと登り始めるのです。

この踊り場が「のんびり」そのものです。

仕事や人生という階段を登り始めると、いったんどこかの段階で「のんびり」の踊り場が必要なのです。

「のんびり」を適度に取り入れると、心身ともに回復するのです。

メリハリが大事

「のんびり」するということは、仕事でも人生でもメリハリをつけることなのです。

前に一生懸命に進む時に、一時休憩を取ることです。

この休憩を取るという行為は、スイッチのON&OFFのことなのです。

ONの状態からOFFに切り替えて「のんびり」を取り入れること。

このメリハリのことだと思います。

仕事の効率を上げるにも、仕事とのんびりの休息のメリハリが重要だと思われます。

のんびりすることの7個のメリット


のんびりすることには、メリットとデメリットがあります。

それぞれについて考えてみました。

ストレスが軽減する

のんびりすることで、当面の難しい人間関係や仕事に関して忘れることができます。

本当はのんびりしたいと思っていても、体に染みついた習慣というものがあって、つい仕事のことを思い出してしまうのです。

のんびりしながらも、脳は鮮明に仕事に関することを頭に描いてしまうものです。

そこで、脳にものんびりという感覚を与えるためには、何か楽しいことを設定して、あえて脳にはその楽しいことを記憶させるように強制的にセットしたのです。

今度の休日は、仲の良い仲間とリゾートホテルに宿泊して、夜はバーベキューパーティーを楽しみ、その前後にはゴルフをプレーすることとしたのです。

1泊2ラウンドです。

ワイワイと楽しくゴルフをしながら過ごすと、仕事のことなど頭からすっかり離れてしまっています。

仲間とは仕事は全く異なるので、仕事の話題などは出ないのです。

夜のバーベキューでは、お酒を飲みながらそれぞれの趣味や女性のことを話題にして、たっぷりと雑談することができたのです。

もうその二日間は、ストレスなどとは無縁であって、体にたまっていた日頃のストレスも消えてしまっていたようです。

体はゴルフをしたので少し疲れましたが、脳の方は全くのんびりしていたので、かなりストレスは軽減したようです。

疲れがとれる

体を休めるようにのんびりすると、日頃の疲れも取れるようです。

普段は工場で動き回って仕事をしている人にとっては、一日が終わると心身ともに疲れが溜まってしまいます。

しかも、年を取るにつれて体のあちこちが凝ってしまって痛くなるものです。

翌日の朝に目覚めると、足や腰に痛みを覚えてしまいます。

もう年だからなあと、年のせいにするのですが、疲れは取れにくくなるのです。

この状態が続いていくと、怪我をしたりミスをしたりと仕事や自分自身にも悪影響を及ぼすことになってしまいます。

そんな時には、体に蓄積した疲労を取るためには、やはりのんびりすることが必要になってきます。

忙しい中を思い切って休んで、体をのんびりさせてあげるのです。

温泉にでも浸かってのんびりが、心身ともに疲れが取れるようです。

新しい発想が生まれることも

のんびりとしている時に、新しい発想がパット生まれることがあります。

そんな経験をした人も多いのではないでしょうか。

脳のある部分を休ませると、アイデアが湧いてくると言われています。

発明家やクリエーターは、風呂やトイレに入っている時にふいに面白い発想が湧くことがあるそうです。

普通の人でも、お風呂やトイレ以外には通勤中、散歩中、睡眠中、お酒を飲んだ時などに新しい発想が生まれやすいそうです。

つまり、脳がリラックスしている時に、新しい発想が生まれやすいのです。

これは、つまり脳がのんびりしている時なのです。

のんびりしていると、新しい発想や面白いアイデアが浮かぶようです。

心が穏やかになる

のんびりすると、これまでの嫌な記憶が薄れてしまいます。

一時的に、脳が無の状態になるのです。

嫌なことを忘れているので、心が穏やかになるのです。

ちょうど頭をリセットしたような感じなのです。

気分も爽やかになってこころが穏やかになるようです。

自分にも人にも優しくなれる

ぎくしゃくしていた人間関係も、いったんは忘れ去られることになります。

のんびりした後は、また新たにスタートするような感覚なのです。

だから、真っ白な状態から始まるようなものですから、自分にも人にも優しくなれるのです。

言動が丁寧になる

のんびりした後では、これまでに溜まっていたストレスや人に対する嫌悪感も薄らいでいます。

ポジティブで前向きな気持ちにもなれるのです。

他人にも優しくなります。

言動も丁寧になるのです。

エネルギーを充電できる

仕事のことも煩わしい人間関係も忘れるぐらいにのんびりすることで、心身ともにリラックスすることができます。

日頃のストレスや緊張で、自律神経のバランスが崩れていることがあります。

ストレスや緊張では、どうしても交感神経の方が優位になってしまい、興奮状態になったままなのです。

精神的に疲れてしまうので、睡眠不足や高血圧などで正常な活動ができなくなってしまいます。

多少の休養や栄養補給でも、十分なエネルギーを得ることができません。

そんな時には、ゆっくりと休んでのんびりすることも必要です。

のんびりすることで、仕事の活力やエネルギーを充電することができるのです。

のんびりすることで、元気モリモリになるのです。

嫌なことを忘れられる

人間の脳は、体を休めているだけでは脳の疲労や嫌なことの記憶は解消することはありません。

脳は体と違って、いつも活動しているのです。

そこで、心身の疲労を取るには、心身をリラックスさせてやる必要があるのです。

脳の疲労の回復には、脳をリラックスさせることしか方法はありません。

そのためには、脳をリラックスさせる効果がある「のんびり」することです。

のんびりすることで、嫌なことを忘れられるのです。