一緒にいる人がシラフなのかどうなのか調べる方法があったら知りたいと思いませんか?

相手がシラフかどうか見極める方法を抜粋して6個ご紹介します。

シラフって何?という初歩的な事からシラフについて分かりやすくご説明していきますね。

シラフとは?

そもそもシラフって何?よく聞く言葉ではあると思いますが…シラフの意味を聞かれると明確に答えられないって言う人も多いのが現状です。

ではシラフについて明確にしていきましょう。

最後にカッコいいシラフの言い方もご紹介しますね。

お酒を飲んでおらず、酔っぱらっていない状態

シラフとは単純にお酒を飲んでいない状態のことを言います。

このお酒を飲んでいない状態というのが明確な線引きとなります。

例えばお酒を飲んだ人でもお酒に酔っていない人はシラフ…と言うのは実際には正しくはありません。

お酒を一滴でも飲んでいる人は自分では酔っぱらっていないと思っていても実際には身体の中でアルコールによる変化が少なからず起きているのです。

ただ…単純に酔っているのか酔っていないのかの違いと世間ではとらえられる事もあることも知っておくと良いですね。

シラフの語源についても少し触れておきましょう。

シラフとは漢字で書くと「素面」や「白面」と書きます。

お酒を飲むと顔が赤くなりますよね。(赤くならない人もいますが…)

この赤くなっていない素の状態を素や赤くなっていない白と表現して素面や白面と書くようになりました。

このお酒を飲んでいない素の状態がシラフなんですね。

シラフかどうか見極める6個の方法


それではタイトルのシラフを見極めるための6個の方法を詳しくご紹介していきます。

相手がしている行動など観察することでシラフなのかそうでないのか判断することができますね。

1.立ち上がる時はしっかりしている

酔ったふりをしていて実際はシラフの人が不意に見せるシラフのサインとして最も多い行動かもしれません。

例えばお話をしている時にボディータッチなどを酔った勢いでしてきてそれらの行動を何でも酔っているから…酒の席だからと行き過ぎな行動や言動をしている人がいますが、実際はお酒に酔ってはいなくてシラフだったなんてことも多くあります。

シラフな人は立ち上がる際にスッと立ち上がります。

そのまま足軽に立って移動する人はもしかしたらシラフかも?と疑っても良いかもしれません。

実際に酔っている人でも普通に立ち上がって移動する人もいますが何となくまっすぐ歩いていなかったりとそこかしこに酔っている行動が出てしまいます。

但しこの判断には注意するところがあります。

立ち上がった後にオットットとよろけているからこの人はシラフでは無くて本当に酔っているんだな…と思ったりしていませんか?

実際のところは…シラフなんてこともありますよ。

では具体的な例を元に注意点をご紹介しますね。

トイレの際にしっかり確認

お酒の席では多くの場合トイレに立つ状況があるかと思います。

この状況の際にシラフかどうか確認する事が良いです。

トイレに立った際によろけたから酔っていると思った人は安易な判断です。

その様な判断ではシラフの人に騙されてしまいます。

安易なと言うのはそこで全てを判断するには早すぎるのです。

立ち上がった際のよろけは演技で何とでもなることです。

実際に酔っている人はトイレへ向かう道中にこそその酔っぱらっている仕草が如実に表れるのです。

立ち上がった時では無くトイレへ向かう動きを観察して下さい。

真っ直ぐトイレに向かえているようでしたらその人はシラフです。

真っ直ぐ向かう事が出来なくフラ付いている状態や何かにもたれていないと移動できない、何かにつかまりながら移動している人はシラフでは無く本当にお酒に酔っている状態です。

立ち上がったその時にではなく立ち上がってトイレへ向かう行動を観察して下さい。

いつの行動を観察するのかがシラフの見極めには重要な要素なのです。

2.二人きりだと態度が違う


シラフなのに酔ったふりをする人は二人っきりとそれ以外とで態度が変わります。

あからさまな人もいますがシラフなのに酔ったふりをして自分に都合のよい状況を作り出そうとしています。

そんな人を見極められるようになりましょう。

あなたを騙して自分の都合の良い状況を作り出そうとしていますよ。

大勢の時は酔っぱらわなかった

大勢の時は酔っぱらわなかった人が二人になったとたん酔っぱらってしまう…なんて人もいます。

本当に酔っぱらう人もいますがその場合は二人の仲が親密でお互いを信用しあっている関係性がある時です。

信頼関係が出来ていると大勢でいた時にはそこまで沢山飲めなかった(セーブしていた)人が沢山飲める相手と一緒に沢山飲んでしまい酔っぱらうこともあります。

他には大勢では緊張して自律神経の関係で酔いが回らないのですが緊張がほぐれたとたんに酔いが回ってしまうなんてこともあります。

それ以外の場合は二人っきりになった際に酔っぱらうということは何かこんたんや考えがあっての事と思った方が良いですね。

酔っぱらうという行為はある程度信頼できる関係でないと相手にスキを見せてしまう可能性や酔った勢いで失礼な言動や行動をしてしまう恐れのある行為です。

酒の席だから許されるという事もあるのですが…失礼な態度や行動言動などをされた人はいくら酔っていたと言われても実際に受けた行為は覚えています。

この事もあり通常は目上の人などがいる場合は緊張して酔っぱらうことをしないように考えているのです。

お互いが酔っぱらっていて気持ち良くなっている場合は別ですがそうでない場合は酒に酔わないように理性が働いています。

この為大勢でお酒を飲む場合は自我を保てる程度にしか飲みません。

特にそこまで仲のよくない人や会社の人などの仕事関係などお互いの関係性が親密でない人の場合は酔っぱらうことを避ける事の方が多いですね。

この事から大勢で飲んでいる状態から二人っきりになった時に酔っぱらってしまうということは当然あります。

しかし、その酔っぱらいは本当なのでしょうか?

二人になった途端、いきなり変化が

大勢で飲んでいてそのまま二人っきりになった途端急に態度や言動行動などが変化してしまう人がいます。

この変化に戸惑う人もいますよね。

急にどうしたの?って…
先にお話しした大勢の人と一緒の場合は気を張っていて酔わない様にしていたのが二人っきりになった途端に緊張が途切れて酔っぱらってしまうことは確かにあります。

しかしこのような場合は二人っきりになる人との関係性がとっても親密な場合に限ります。

お互いそこまで親密ではない関係性で二人っきりになった途端に態度などが変化した場合は酔ってはいなく実際はシラフな人が多いです。

コレはあなたともっと親密な関係になりたいと思っているから自分をさらけ出そうと考えている場合や、男女の場合はあわよくば…なんて考えて酔ったふりをしている人もいます。

酔ったふりをしていれば好きな(好意を抱いている)人と二人っきりになった時に告白をしてフラれたらどうしようと考えて自己防衛の手段としているのかもしれません。

酔っぱらったふりをして告白をした事を無かった事にすることができます。

恥ずかしさや今後の関係性を保つための自己防衛の方法の一つでもありますね。

実際、女性からしたら酒の勢いをかりての告白って…無いですよね。

本当に好きならその気にさせて告白でもしてみなさいって思います。

そう思いませんか?男性の皆さんお酒の勢いで告白では無くてロマンチックな雰囲気にして告白して下さい。

勢いも大切ですが雰囲気作りでその気にさせて下さい。

大切な思い出にできます。

お酒の勢いに任せての告白なんかする人はそもそも本気では無くうわべだけの関係を求めている人が殆どです。

シラフかどうか以前にこういう人は除外するに越したことはありませんね。

3.人を選んで甘えている

シラフなのに酔ったふりをしている人は理性が働いている為、甘える人を選んでいます。

本当に酔っている人は誰かれかまわず甘えます。

また、ところ構わず誰にでもヒドイ言動や行動をしてしまい、自分の本能のまま行動をしてしまいます。

大人なら持っている理性が失われてしまっているのです。

たとえ知らない人でも本能のまま行動してしまいます。

しかし、本当はシラフな人(酔ったふりをしている人)は人を選んで行動をしているのです。

理性も働いていますので自分自身で適度に制御しています。

誰にどんな態度をとっているのかを観察することで本当に酔っているのかな?実はシラフなのかな?という判断が出来ます。

本能のまま行動するのではなく理性を持って行動できる大人な(常識的な)態度が出来ている人はシラフの可能性が高いですね。

ただ…常日頃から理性が無く本能のまま、わがままに行動している人はこの見分けがつかない可能性はありますけどね…。

お気に入りの人には近距離で

シラフで酔ったふりをしている人は自分の目的の人の近くに必ず居座ります。

最初に席が決まっていたとしても必ず酔ったふりをして目的の人の近くへ移動するのです。

座席を移動する人は要注意ですね。

酔っている人は今の位置から移動しようとは考えません。

トイレなど何か理由がある時以外は今自分が飲んでいる場所を離れるなんて考えません。

何とか目的の人の近くに移動しようと画策している人はシラフで酔ったふりをして自分の目的のために計画的に行動しているのです。

頻繁に場所移動する人はシラフの可能性が高いですね。

酔っている人はそこまで考えられません。

近場で全て済ませようとします。

ということは近づかなければ被害を受けないということですね。

ボディタッチも多い

酔っぱらうとボディータッチが多いと言いますが…実際本当に酔っている人はボディータッチはいうほどしません。

酔っている人は自分自身が既に気持ち良くなっていますのでボディータッチをあえて行いません。

好きなお酒を好きなだけ飲んで自分の話しばかりをする事が多いですね。

ではボディータッチをする人はどういう人が多いのでしょうか?
ボディータッチが多い人は実際はシラフで酔っぱらってはいなく相手の体を触るという目的のために酔ったふりをしているのです。

酔ったふりをして故意に触ったんじゃなくて触れてしまったなんて言い訳や酔った勢いに任せて強引に触る事もします。

ボディータッチが多い人や強引なボディータッチをする人の多くはシラフで自覚があって触っているのです。

その証拠にボディータッチをして嫌がられた時の言い訳や反応がシラフの反応になっています。

嫌がられた際の言い訳や言い逃れに酔っているから仕方ないや事前に用意していた言い訳や御託を並べ立てます。

本当に酔っている人は言い訳なんて考えられません。

酔っている人のボディータッチは痛いぐらいの力加減であったり嫌がった際の言動や言い訳も何を言っているのか分からない反応を示します。

酔っていますからね…
ためしに、やめて下さいなんて言ってみて下さい。

言い訳をすぐにする人は酔ったふりをしているだけで実際はシラフなんてことも。

特に女性の皆さん気を付けて下さいね。

酔ったふりしてボディータッチをしてくるシラフな人には毅然とやめて下さいと言ってやりましょう!
その時に何言っているのか分からない対応や聞こえていない様な人は本当に酔っています。

変な受け答えで面白くて場が和むかもしれません。

逆にシラフで触る目的のために酔ったふりをしている人はすぐに言い訳をします。

そんな人には言い訳できるって酔ってないじゃんシラフで触るなんて…って言ってやりましょう。

酔っているのかシラフなのかはボディータッチの強さにも差がありますのでヤラシイ触り方をする人はほぼシラフでヤラシイ考えで触っています。

酔っている人はただ気になるだけなど他の理由や本能で行動しているだけですね。

中には本能でやらしさ全開の人もいます、注意して下さいね。

最善の方法は近づかないことです。

4.目をよく見て

シラフか本当に酔っているのかを確認する手段は行動や言動の他に実際に起きる体の反応でも確認する事が出来ます。

シラフかどうか確認したい人の目を見れば一目瞭然なのです。

ただ、この方法は相手の目を見なければいけませんので味方によっては見つめている状態となってしまい勘違いされてしまう危険もあります。

相手の目を見る際には面と向かってではなく目の状態確認と思って見て下さい。

見つめなくても何を見たら良いのかが分かれば確認する事が出来ます。

常にトロンとしているか

目の確認として相手の目がトロンとなっているのかどうなのかの確認でシラフなのか酔っているのかの確認が出来ます。

しかし、トロンとなっている状態といっても曖昧でイマイチ分かりませんよね。

簡単な確認方法は相手の黒目を見て下さい。

黒めがいつもと違って大きくなっていませんか?
その状態であれば、お酒に酔っている状態となりシラフでは無いと確認する事が出来ます。

逆にいつもと変わらない黒目であればシラフの可能性が大です。

普段相手の黒目を見ていないから分からないよっていう人でも意外と分かりやすい反応ですので相手の黒目を見て下さい。

明らかにシラフの人とは違っていますよ。

眠そうな目になっているか

トロンとした状態が確認できない人や黒目を見るなんて見つめそうで嫌。

そんな人はぱっと見の外観で判断もできます。

簡単です。

眠たそうな目をしていれば酔っている状態です。

酩酊状態というやつですね。

ただ単に本当に眠たくなっている人もいるかもしれませんが場が盛り上がっているにもかかわらず眠そうな目をしている人は高確率で酔っています。

酔ったふりをしているシラフな人は逆に目がギラギラして目的を果たそうと行動に移しています。

目は口程に物を言うんですよね。

5.濃いお酒にも無反応

酔っている人は既にお酒が入っていて酔っぱらっていますので何を食べても飲んでも反応が鈍いです。

この事を逆手にとって濃いお酒を注文して飲んでもらう事で酔っているのかシラフなのか確認する事が出来ます。

この方法でシラフな人は「うぁ、コレきっついお酒じゃん」って反応になりますが既に酔っている人は無反応でそのまま今までと変わらないペースで飲んでしまいます。

酔っていますね。

ただこの方法を試す場合は注意が必要です。

酔っている人に対しては既に酔っている状態なのにさらに強いお酒で酔いを促進させていしまいます。

シラフな人は本当に酔わせてしまいます。

お酒の進め方によっては強要となってしまいハラスメントにもなりかねません。

あくまでも良かったらどうぞ的な感じでキッツいな~と言える状態が良いですね。

この時の反応でシラフかどうかを確かめることはできます。

気付かず飲んでいる

気付かずに飲んでいる人はシラフでは無く酔っている状態ですのでそれ以上はきついお酒はすすめないで下さいね。

シラフかどうかの確認が出来た場合は濃い(強い)お酒では無く逆に薄いお酒をすすめてそれ以上酔いがまわらないようにしてあげて下さいね。

6.いつもと違うところはないか

ここまでの相手の変化によってシラフかどうか確認する事が出来ますね。

他にシラフかどうかを調べる方法はいつもと違うところはないかと観察する事です。

いつもならこんな事はしないのに…いつもならこんな言い方しない等いつもとは違う行動に気が付くとシラフなのか酔っているのかを見分けることができます。

嫌いなものを食べている

シラフでは無くお酒に酔っている状態ですと際のお酒の濃い薄いだけでは無く味覚も多少マヒしてきます。

考える事もあやふやになってきます。

この為普段なら口にしない様な食べ物でも平気で食べてしまいます。

アレ?この前嫌いって言ってなかった?っていうような食べ物を食べていたら当然シラフではありませんね。

酔っぱらっています。

指摘を聞き流す

シラフでは無く酔っぱらってくると「そんなことをしたらダメだよ」等の指摘や注意を受けたとしても酔っぱらっている状態では深く考えることも理解する事も難しくなってしまい受け答えることなく聞き流してしまうことが多いです。

この様な状態はシラフとは言えませんね。

常識的な行動や言動が出来ない状態です。

倫理的に思いもよらない行動を取ってしまうこともあります。

理性が無くなり本能で行動してしまう状態ですね。

この様な状態の時には深い関係性でない場合はあまり近づかない方が良いかもですね。

苦手な人に近づいている

苦手な人に近づいているのかどうなのかでシラフなのか酔っているのかを確かめることができます。

通常の状態(シラフ)ですと理性が働き無意識に苦手な人を避けるように行動します。

酔ったふりの場合は苦手な人には近づきませんね。

たとえば苦手な人が近づいてきた場合にはその場をそれとなく離れる事でしょう。

普段苦手としている人と親しくお話をしている場合はシラフでは無く通常の判断ができない状態になっているといえるでしょう。

苦手だという人を確かめるためにけしかけるなんて方法…有効かもですね。

シラフより酔った時の方が本音がでる?

シラフでは理性が働いて本音や頭で考えている事をそのまま言いませんよね。

相手の事を考えて傷つかないかな?この場では言うことではないな…等場の空気を読んで本音を言わずにその場に合わせた適切な言葉で取り繕いますよね。

社会では場の空気を読んでその場その場に合った適切な対応が出来る人が好まれます。

本当は思っても無いことでもその場に合った対応が最適なんですよね。

コレが大人な対応(仕事が出来る人)というヤツですね。

この理性で抑え込んだ大人の対応ができない人は場合によっては社会不適合社なんてレッテルを張られてしまうこともあります。

普段良い子ちゃんなあの人も本音はとんでもない事を考えている本性を持っているのかもしれません。

そんな人の本音を確かめるためには酔っぱらわせると本音を言って本性を現すかもですね。

1.アルコールにより素直になれることもある

アルコールは様々な作用があります。

この中でも自分の理性のタガを外して本能をさらけ出す事は良い面にもなり逆に悪い面でもあります。

このアルコールの作用を利用して本当の気持ちや素直な気持ちを知ることができます。

この場合はなにも酔っている必要は無いのです。

アルコールを飲んだという事実がありさえすれば人は素直になれるのです。

何らかの理由があればそれを逃げ道として考えられますのでたとえ酔っていなくてもアルコールを飲んだ事実さえあれば人は素直になれるのです。

一口でもお酒を飲む事によって普段口にしない様な考えもすらすら出てきます。

この本音を聞きたい場合や素直な気持ちを知りたい場合には沢山お酒は飲まない(飲ませない)方が良いですね。

多少理性が残っている状態が理想です。

1口で十分です。

素直な気持ちを言う為の理由になれば良いのです。

酔って電話したり

アルコールを摂取した事実から酔った勢いに任せて気になる人へ電話をしたり、なかなか腰が重くて謝らなければいけない相手に対して謝れない場合にもアルコールの力を借りて素直に謝る事もできるのです。

この様な場合には本能むき出しで酔っている状態が明らかに分かる状態では逆効果ですよね。

アルコールの力を借りて行動の勢いを借りる場合は理性を失わない摂取量が大切です。

1口で十分ですね。

勢いにまかせて告白も

アルコールの力を借りて告白の勢い付けをする人も多いですよね。

先にもお伝えさせて頂きましたが本当に酔っている状態では逆効果になります。

告白をする場合には場の雰囲気など告白に良い雰囲気作りを考えると良いですね。

告白はお互いに特別な記念日となります。

記念日にかなり酔っていて告白もハチャメチャだったよね、何て笑い話になれば良いのですが…女性からしたら特別な記念日として素敵な思い出としたいんです。

アルコールの量はほどほどにして(1口でも良いです)告白するための勢い付けとしてアルコールを摂取した事実があれば良いのです。

完全に酔ってしまうと折角の告白が台無しになってしまうことがあります。

景気付けに一杯だけにしておきましょう。

2.理性が失われることで

お酒を飲む事で理性が失われます。

この理性を失うことはメリットにもデメリットにもなります。

上手にお酒と付き合う事で理性を失うことをメリットと出来ますね。

本音が漏れることも

お酒を飲む事によって理性が失われて本能を表します。

本能が出るということは本当に思っている本音が漏れてくるということですね。

自分の場合は普段は言い難き手言えない本音をいう事が出来きますね。

場の空気を読んでその場では言い出し難かった本音の意見を言い合えるようになります。

例えばお仕事で本当は納得できない案件や自分が思っている最良の意見を述べることができます。

他にも自分以外の他人の本音を聞き出す手段として活用することができます。

あの人本音ではどう思っているのかな?なんてことを聞き出すこともできますね。

この場合は酔っぱらわせすぎないことが大切です。

本音を言い出すきっかけ作りとして活用して下さいね。

感情が高ぶっている

理性が失われることで本来持っている感情を高ぶらせることができます。

普段は遠慮してしまうようなことでも感情の高ぶりで自分から率先して出来るようになります。

この様な活用方法もありますがこちらも注意点があります。

感情が高ぶりすぎて本能むき出しになってしまいますと本末転倒です。

メリットもデメリットになってしまいます。

お酒は飲んでも飲まれるなですね。

酔ったふりをされていると感じたことがある?

今までに酔ったふりをされている?なんて感じたことがある人もいますよね。

酔ったふりをされている?って感じるって事は酔っていないんですよね。

本当に酔っている人は酔ったふりをしているなんて疑う余地なく夜会な存在になっていますからね。

7割程の人が見抜いている

酔ったふりをしている人って案外分かりやすかったりもします。

だって…自分の理性は残っていますので損得勘定で行動しているのが見え見えなんですよね。

ここまで読んで頂けた人は分かっているかと思いますが酔ったふりをするのには何か理由が必ずあります。

その多くは見え透いた魂胆で統計では約7割の人が本当はシラフなんだよね…なんて見抜いています。

酔ったふりをした事がある人もなかにはいるのでは?
まわりの人はあなたの酔ったふり…見抜いている場合が多いですよ。

そう考えると何だか恥ずかしくなってしまいませんか?
酔ったふりをするのでは無くてお酒をきっかけ作りとして活用すると良いですね。

また、本当はシラフで酔ったふりをしているのか確認する方法も再確認して酔ったふりをしている人に騙されないようにして下さいね。

演技を見破られることも(まとめ)

お酒を飲む席などで本当に酔っているのかシラフで酔ったふりをしているのか、まわりの人は酔っているのは演技なのかどうかを案外見破っています。

酔っていないシラフなんだよねと思って対応していますよ。

そんな状態で非常識な言葉遣いや行動をしていると当然嫌われてしまいます。

そうならないためにも自分の利得の為に演技するのでは無くみんなで楽しくお酒を飲む事をしましょう。

また、少量のお酒で何かをするきっかけ作りとして活用して下さいね。

お酒は百薬の長とも言います。

断酒する必要はありません。

お酒はその飲み方が重要です。

素敵な飲み方でお酒に飲まれないようにしましょうね。

では最後にカッコいい言い方をご紹介させて頂きます。

お酒を飲んでいないシラフのカッコいい言い方は「I’msober」です。

シラフですよって言う言葉ですね。

サラっと一言で言うとカッコいいですし、何それ?って一つの話題作りのきっかけにもなりますよ。

日本ではお酒を飲んで酔っている人を「drunker」なんて言いますよね。

ですので「notdrunk」での良いのですが、これはお酒だけでは無いですしお洒落ではありませんよね。

しかも聞いた人はそのまま飲んでいない状態という単語ですので日本語しか知らない人でもわかりやすい単語です。

おすすめは「I’msober」です。

ビジネスの場面や強調したい時には「bestonecoldsober」というと良いです。

完全なシラフですよと伝えることができます。