人間には様々な顔があります。

それは、顔の良し悪しでは無くそれぞれの個性として考える事が出来ます。

人によって顔の特徴は様々です。

父親似・母親似。

兄弟が皆そっくりなんて事もあるでしょう。

家族は血がつながって居る事もあり、DNAの形が似ています。

その為、顔にも似た特徴が洗われて来るのです。

人間のルーツを探って行くと、最終的に縄文人に突き当ります。

縄文人は人間がサルから進化を遂げた最初の姿としても知られております。

どんなに勉強が嫌いだった方も、社会科の授業で必ず一度は習った事があるのではないでしょうか。

遠い遠い昔の先祖ですが、今でも彼らの顔の特徴は私たちに脈々と受け継がれています。

それらの特徴を紐解いて行く事で、意外と知られて居ない縄文人の特徴を学ぶ事が出来るかもしれません。

私たちの先祖である縄文人をこの機会に学んでみてはいかがでしょうか。

縄文人ルーツの顔の特徴13個

縄文人とは、サルから人間にかけての進化の途中に出てくる人々の事を刺します。

彼らは、人間の最初の姿としても知られております。

今からかなり昔の存在であり、当時は文字や言葉などが使用されて居ませんでした。

その為、彼らの生活を100%知る事は出来ません。

しかし、様々な分野での研究が進み多くの事が科学的に解明されつつあります。

その中には、顔の特徴も挙げられます。

縄文人に実際に会う事は出来ません。

写真などが残っているわけでは無いので、普通に考えれば縄文人の姿を現代日本の人々と比べる事は不可能な事なのかもしれません。

しかし、縄文人の骨を利用する事により、実際に本物を見る事が出来なかったとしても、その姿を再現する事が出来る様になって居るのです。

その為、現代人と縄文人を比べる事が出来る様になったというわけです。

サルと人間の間のような存在である縄文人は、どんな顔の特徴を持って居たのでしょうか。

是非自分自身の顔を参考に死ながら、その謎を解いてみてはいかがでしょうか。

顔についての特徴!

縄文人と現代人とを比べると、全く違う部分もあれば色濃く受け継いで居る場合もあるでしょう。

そこで、今回は今までに分かっている縄文人の顔の特徴をご紹介させて頂きます。

人によってはあまりにも当てはまる事で、悲しい気持ちになるかもしれません。

しかし、縄文人と同じ特徴を持っているからと言ってサルに近いというわけでもありません。

あくまでも家族が似ている様に、遠い親戚である縄文人と共通する部分があると言うだけの話です。

多くの特徴がある事が分かっている縄文人。

あなたは一体いくつの特徴が当てはまるでしょうか。

友人や家族・恋人同士など皆さんでお互いの顔を見つめ合いながら、楽しい時間をすごして頂けたらと思います。

1.顔が濃い

縄文人の方の一番大きな特徴としては、顔の濃さがあります。

日本人は、基本的に薄い顔の人が多く濃い顔の人を見かける機会はさほど多く無いかもしれません。

顔が濃いという事は、それだけインパクトがあるとも言う事が出来ます。

薄い顔の人は醤油顔・濃い顔の人はソース顔と言うように、日本には昔から顔の濃い・薄いの認識はありました。

その差が実は、縄文人から来ていたのかもしれないのです。

顔が濃いと言う事は、それだけ縄文人から受け継いで居るものが大きいと言えるのかもしれません。

一口に顔が濃いと言っても、様々な濃さがあります。

アジア系の国々の雰囲気がある人も居れば、ヨーロッパやアメリカなどの雰囲気の方も居るかもしれません。

その方々も元をたどっていけば同じ先祖に息つく事でしょう。

その為、一見全く共通点が見えない顔であっても、結局は同じ先祖から来ているかもしれません。

顔が濃い人を見つけたら、縄文人をイメージしてみてください。

そうする事で、縄文時代から続く遺伝を感じる事が出来るのでは無いでしょうか。

2.彫りが深い

縄文人の方は、顔が濃いという事は先ほどもご紹介させて頂きました。

顔が濃いと言う事は、それだけ堀が深いと言う事でもあります。

日本人は基本的に顔はさらりとしており、薄い顔が多いと言われています。

しかし、他の国には、顔の中に影が出来る程目は鼻筋に凹凸がある方々がいます。

そんな外国人の方々のような特徴を持つ人が薄い顔で知られている日本にもごくたまに現れます。

そんな方々は、もしかしたら縄文人から受け継いだ血が濃いのかもしれません。

その遺伝によって、純粋な日本人なのにも関わらず堀が深い顔が誕生する事もあるのです。

自分は勿論、旦那さんに全く似ていない赤ちゃんを見ると『この子は誰に似たんだろう』と思う事があるでしょう。

その時、『縄文人からの遺伝だな』と思えば、育児が少し楽になるかもしれません。

元をただせば殆どの人の祖先は、縄文人です。

その縄文人から受け継いだ特徴が濃く出るか薄く出るかは、人によって違います。

その差は、何で決まるかは全く分かりません。

自分に全く似ていない子の場合、父親は不安に思う時もあるでしょう。

しかし、『縄文人に似ているんだな』と思う事で、どこか楽しく考える事が出来るのではないでしょうか。

3.二重まぶたで大きい目

博物館に行くと、縄文人のレプリカなどが展示されています。

あれは、誰かが適当に作った物ではありません。

少しずつ発見される骨を使い、現代の科学技術によって再現した姿なのです。

本当にその姿があっているかどうかは、誰にも分かりません。

しかし、今の最先端科学が作った姿なのであれば、あながち噓なのでは無く瓜二つの姿をしている可能性も大いにあります。

縄文人には多くの特徴がありますが、是非遺伝して欲しいと思うのは目の大きさでしょうか。

縄文人の方は、殆どの方が二重瞼であり大きな目をしていたと言われています。

その為、レプリカでも大きな目が施されて居る場合が殆どです。

目は、二重で大きければ必ず可愛くなるというものでもありません。

しかし、世の女性たちはそれこそが可愛さの条件だと考えがちです。

その為、わざわざ高いお金を払ってまでその姿に近づこうとするのです。

両親が一重だからと言って、子供が必ず一重だとも限りません。

多くの方の体の中に流れて居る縄文人の力を発揮する事が出来れば二重も夢ではありません。

体の中にある、その遺伝子をどうやって活性化させるのかは誰にも分かって居ません。

ですが、100%無理だとも言い切れません。

子供を考えて居る方・自分自身を変えたいと考えて居る方。

思い切って遺伝子にお願いしてみてはいかがでしょうか。

何てバカな話だと思われるかもしれませんが、そんな事も今後科学的に証明する事が出来る日がやってくるかもしれません。

4.眉毛が太く濃い

縄文人の人は、基本的に顔の印象が濃いと言う事が上げられます。

その為、顔のパーツ一つ一ツが大きくなっています。

また、体毛が今の人よりも多かった事でも知られています。

そのため、眉毛なども太く濃かった事が分かっています。

女性の場合は、例え眉毛が太かったとしても整えてしまうのでその印象はあまり分からないかもしれません。

しかし、男性の場合はそこまで大きな手入れをしている方が居ないと言う事もありその印象をより強く感じる事があるかもしれません。

眉毛が濃く太いと、それだけで男らしく強そうな印象を持たれる事でしょう。

自分ではそれを缶プレックスに感じる事もあるかもしれませんが、それも立派な個性の一つです。

自分自身のチャームポイントとして自信を持ってみてはいかがでしょうか。

5.ヒゲが濃い

現代の人々は、体毛が少なくなりつつあります。

元々体毛は体を外的から守る為に生えています。

その為、空気が汚い所に住んでいる都内の方の方が、眉毛や鼻毛が多いという統計もある程です。

縄文時代は、現代のように体をしっかりと洋服で囲って過ごして居ませんでした。

その為、様々な刺激が肌にあり、その刺激から肌を守る必要がありました。

その為、体毛が濃かった事が分かっています。

現在でも、体毛が多い人はいます。

それは男性ホルモンが多い事が原因の一つだと言われています。

しかし、それ以外にも、縄文人からの遺伝と言う事も考えられるのです。

自分自身の体毛の多さに悩んでいる方は、今は脱毛という方法もあります。

脱毛とは、光の力を利用してムダ毛を生えにくくする方法です。

この施術をする事により、体のムダ毛を劇的に減らす事が出来ます。

体毛が濃い事に悩んでいる方は、現代技術を利用する事でそのコンプレックスを改善する事が出来ます。

せっかく生えている毛を無くしてしまう事は勿体無いかなと感じる事もありますが、それを負に感じるのであれば改善してみるのも一つの手では無いでしょうか。

6.鼻が高い

日本人は、欧米の方などに比べると薄い顔をしています。

その為、彫りが浅く鼻も低いという印象があります。

しかしながら、本来縄文人まで遡ると人間は鼻が高かった事が分かっています。

それが進化の過程で、日本人と欧米人の様に住む地域によって様々な差が出てきているのです。

鼻が低い日本人にとって、鼻が高い印象がある欧米人などは羨ましく感じる存在の一つです。

ですが、元をたどれば祖先は同じはずなのです。

それなのにも関わらず、多くな違いが出てしまっている事は残念な事ですが、それも日本人の良さとして受け入れるしか無いでしょう。

日本人の特徴でもある、薄い顔を持っている方の中でも、子供が時折鼻が高くなり『いったい誰に似ているんだろう』と感じる事もあるかもしれません。

それはもしかしたら、縄文人から受け継がれた遺伝とも考えられるので無いでしょうか。

そう考えてみると、どんな子供が産まれて来るのかワクワクしながら待つ事が出来ます。

7.唇が厚い

人には様々な顔の特徴があります。

その特徴の中には、人に羨ましがられるような物もあるのでしょう。

『目が大きい』『鼻が高い』など様々なものがあるでしょう。

その基準はずっと一緒とは限りません。

時代や地域によって、美しい顔の基準と言うものは変わって行くのです。

人々は時代に合わない顔の特徴を持っている場合、ついついそのパーツを嫌う事があるでしょう。

しかし、時代や地域が変わればその姿は美しいものとなるかもしれません。

例え、あなたの唇が厚く美しくないと感じているとします。

しかし、それは縄文人の特徴でもありその時代では素晴らしチャームポイントとして考えられて居ました。

少し前までは、その厚い唇がセクシーだと言われていた時代もありました。

流行は変わって行くものです。

いつかその特徴が人から羨ましがられるようなすばらしい特徴になるかもしれません。

自分の特徴を愛し、自慢に思って生きていきましょう。

8.前歯の裏がくぼんでいない

縄文人は、前歯の奥がくぼんでいない事が分かっています。

その為、縄文人の特徴を受け継いでいる方は、歯の後ろがくぼんでいないのです。

しかしながら、自分の前歯がくぼんでいるかを意識している方はおそらく居ないでしょう。

また、自分の歯と他の人の歯を比べた事が無い為、その事に気が付かずに生活している方が殆どでしょう。

歯の違いに気が付く事が出来るのは、おそらく歯医者さんくらいなものです。

歯の後ろが凹んでいようがいまいが生活には全く支障はありません。

その為、特にさほど気にする事無く生活する事をおすすめします。

しかし、もし気になった方が自分の歯を確認してみてはいかがでしょうか。

意外と楽しいかもしれませんね。

9.口元が出ていない

縄文人は顔が四角く大きい事が分かっています。

その為、口元も出ていると思われがちです。

しかしながら、実際は口元は出ていないのです。

口元が出ているかどうかは自分ではなかなか確認しにくい部分かもしれません。

顔の特徴は人それぞれなので、人と比べる事でその違いに気が付く事が出来るでしょう。

顔以外に現れる特徴!

縄文人から受け継がれて居る特徴の中には、顔以外にも現れるものがいくつもあります。

その為、顔に縄文人としての特徴が残って居なくともそれ以外に縄文人の特徴を見てとることが出来るかもしれません。

人間には長い歴史があり、そこには人々が知らない様々な繋がりが多く残されています。

その事を一つ一つ紐解く事で、自分の知られざるルーツを知る事が出来るのでは無いでしょうか。

10.癖っ毛

縄文人の骨は化石となり、現代の技術によって復元する事が出来て居ます。

その為、それを元に死ながら様々な体の特徴を知る事が出来ます。

例えば、縄文人の人々は髪の毛が癖っ毛だったと言われています。

今の時代にも癖っ毛の人は多く居ますが、実はそれは縄文時代から受け継がれた特徴の一つだったのかもしれません。

癖っ毛に悩んでいる方も、それを考えればどこか楽しい気分になる事が出来るのでは無いでしょうか。

現代の技術があれば、癖っ毛も簡単に真っすぐにする事が出来ます。

その為、実は意外と多くの方がその特徴を持っているかもしれませんね。

11.体臭が強め

縄文人にこだわらず、昔の人は体臭がきつかったと言われています。

それは今の様に、お風呂に入るような文化が無かった為体を洗う事が殆どありませんでした。

そのため、汗をかいてもそのまんまと言う事が当たり前でした。

そのため、体臭がきつくなってしまったのです。

その為、ヨーロッパなどで香水が発明されたのは体臭を隠す為だったと言われています。

今の様に恵まれた生活の中では本来の用途として使用される事は殆ど無くなりましたが今ではオシャレアイテムとして多くの方に利用されています。

年を取った男性からは、加齢臭が出るとして嫌がられる事もありますが、それは本来の人間の姿なのかもしれません。

その為、あまり忌み嫌う事無く暖かかく見守って上がる事も優しさなのかもしれません。

12.指がほっそりしている

縄文人の残された骨格を確認すると、指が細くすらりとしていると言う事が分かります。

狩猟を主にしていた縄文人のイメージからすると、それはとても不思議な事かもしれません。

手足が長かった事も知られており、案外縄文人の人々はスレンダーで綺麗な体系をしていたのかもしれません。

イメージだけで物事を捉えていると、間違った情報にすぐに騙されてしまう事もあるでしょう。

今の時代は調べようとする気持ちさえあればどんな情報だろうと簡単に手に入れる事が出来ます。

その為、様々な事に興味を抱き視野を広げる事をおすすめ致します。

13.B型/O型に多い

縄文人の特徴を持っている方々は、血液型に分けるとB方O方に多いと言われています。

日本人はA方が多いと言われて居るので、その事を考えると日本人には縄文人の特徴を持っている人が意外と少ないと言えるのかもしれません。

しかしながら、元をただせば皆祖先は同じなのです。

血液型は違って居ても似たような特徴を持っている方は多く居るかもしれません。

自分の持っている特徴が家族の誰にも当てはまらないと言う方は、今回の縄文人の特徴とよく見比べて見てはいかがでしょうか。

家族を通り越し、祖先と繋がって居る場合も大いにあるでしょう。

日本人には2つの顔がある!

縄文人の顔には、多くの特徴がある事が分かって頂けたのでは無いでしょうか。

これだけ多くの特徴があると、日本人の殆どは同じような特徴があるのでは無いかと感じる事も少なくありません。

しかし、実は日本人には縄文人以外にも弥生人の顔の特徴を受け継いでいる人々がいます。

その為、国内には二つの顔の特徴を持つ人々が一緒に暮らして居るのです。

家族は基本的に、似ているDNA型を持っています。

その為、顔の特徴が似る事も珍しい事ではありません。

しかしながら、子供が全く両親に似ていないと言う事があるように家族だからと言って100%同じ顔の特徴を継承するわけではありません。

家族の中でも、縄文人と弥生人に分ける事が出来るかもしれないのです。

それぞれの特徴を理解する事で、家族は持ち論街に住んでいる方々も仲間訳する事が出来るかかもしれません。

人間観察が楽しくなりそうですね。

弥生人ルーツの顔

弥生人の顔の特徴は、縄文時代の人々とは全く違いとても薄い顔押しています。

もう少し先の時代に出てくる、豪族など天皇様のような顔をしていると言われております。

弥生人は全体的に細く薄く、背もさほどさほど高くありません。

現代の日本人の特徴とよく似ていると言う事もあり、美人の基準は縄文人では無く、弥生人で考えられて居たと言われています。

縄文人ルーツの顔

縄文人の顔の特徴で、多くの方が抱く印象は『顔が濃い』と言う所にあるでしょう。

全体的に、全てのパーツが大きくしっかりとした作りになっています。

体も大きい方が多く、手足も長い事からよりサルに近い姿だったと言う事が考えられます。

大きな目に太い唇を持ち力強い顔立ちです。

沖縄の琉球王朝の方や北海道のアイヌの方々は、弥生人の方々が増えた当時、

離れて生活していた事もありより縄文人の特徴を残した顔の人が多く生活していると言われています。

実際、どちらも、顔の印象が濃い方が多く、その仮説を裏付けるだけの根拠があるyと言えるでしょう。

あなたは縄文人ルーツの顔?それとも弥生?

いかがだったでしょうか。

縄文人・弥生人それぞれの顔の特徴を理解して頂けたでしょうか。

自分は縄文人だと思っていたとしても、実は弥生人だったと言う事もあるかもしれません。

あくまでもそれぞれの顔の特徴なので、縄文人・弥生人どちらの特徴を持っていれば良いと言う事でもありません。

どちらが良い顔と言うものでは無く、分類訳をする事が出来るという事だけなのです。

とはいえ、人には好みと言うものがあります。

特徴を理解していく中で、自分は縄文人が好き・弥生人が好きなんていう好みが出てくる事があるかもしれませんね。

日本人の方々は、ほぼどちらかの分類に分ける事が出来ます。

自分の周りの方々を分類分けし、どっちの比率が多いのか。

家族は同じ系統になるのかなどを考えて見る事もおすすめです。

縄文人ルーツの人の性格

縄文人の特徴として分かって居る事は、顔の特徴だけではありません。

なんと、性格の特徴まである程度分かって居るのです。

記録素材が何も無い中で、一体どんな方法でその事実を突き詰める事が出来たのか。

きっと、最先端の科学が解明した事なので様々な根拠があり考えられた事なのでしょう。

その為、今まで以上に縄文人の存在がより現実的なものとして感じる事が出来るでしょう。

人を作っているのは、見た目だけではありません。

顔は勿論重要出すが、それ以外にも中身も重要です。

その為、幾ら見た目が縄文人に似ているからと言って、中身までもが似ているとは言い切れません。

そこで、今度は縄文人の性格の特徴をご紹介させて頂きます。

弥生人の顔の特徴を持っている方々も性格は縄文人なんて事も珍しい事ではありません。

是非そちらも、学んでみてはいかがでしょうか。

大らか

現代社会に生きている人々は、常に何かに追われています。

特に、世界的にも真面目で働き者年て有名な日本人はストレスと戦いながらも忙しい毎日を過ごしています。

その為、おおらかな時間トいう物を楽しむ余裕は無いかもしれません。

しかし、文明が発達するずっと昔。

縄文人が暮らしていた時代はどうでしょうか。

人々が食べる為に仕事をし、それぞれが協力して生活を行って居ました。

貧富の差なども無く、それぞれ同じように日々を過ごす事が出来たのでしょう。

その為、おおらかな性格の人が多かったと言われています。

もし、『おおらかな性格』と聞いて自分とは違うと感じた方も本当に違うとは言い切れません。

と言うのも、あなたが忙しく生活しているからこそ心の余裕を失ってしまっているだけかもしれません。

本来は、おおらかでのんびりとした性格だったと言う事だって十分あり得るのです。

今の世界で暮らして行く為には、おおらかな生活ではやって行けないのかもしれません。

しかし、自分のプライベートの時間だけでも時間を見つけあえてゆっくりと過ごして見てはいかがでしょうか。

そうする事が出来ればストレスも発散され、全く新しい日々を過ごす事が出来るかもしれません。

徐縄文人から受け継いでいるであろうのんびりとした性格を是非思い出して見てはいかがでしょうか。

狭く深い人間関係

縄文時代は、今の様に通信機器がありませんでした。

また、言葉も使われていたかどうか分かりません。

その為、コミュニケーションを取る事が出来たのはごくごく身近に居る方々だけです。

その為、狭く・深い人間関係が作られていたと言われています。

現在の社会には、様々な通信機器があります。

その為、傍に居ない相手とでも気軽に話をする事が出来ます。

それは日本にとどまる事無く世界中の方々と話をする事が出来るのです。

その為、楽しい時間を過ご事が出来ます。

その結果、友人関係が広く浅くと言う方も少なくないのです。

しかしながら、現代社会の中においてもそういった付き合いが苦手な方もいます。

特定の人が居てくれれば後はもういらないと感じる方も居るでしょう。

確かに、多くの人と付き合って行く事は大変な事です。

自分自身んの中に大きなストレスを感じる事になるかもしれません。

そんな時は、無理して付き合いを続ける必要は無いのです。

多くの人と付き合う事が出来なくとも『自分は縄文人としての性格を持っているんだな』と自分自身を納得させて行けばいいだけの話なのです。

この社会は、友達が多い方が、いい人間だと思われて居るようなふしがあります。

しかしながら、本当は合わないかもしれない相手と上辺だけ仲良くするのであれば

自分が本当に仲良くしたい相手と付き合う事が出来る方がよっぽど素晴らしい経験をする事が出来るのでは無いでしょうか。

周りの意見を気にする事無く、自分の意思を大事にしていきましょう。

思いやりがある

縄文時代は、人と人とが支え合って生きていました。

その為、社会の中での自分の役割と言うものがしっかりとあり、誰かがさぼる事で社会が成り立たなくなってしまう事も珍しい事ではありません。

その為、それぞれが相手の事を考え行動をしてきました。

そんな社会に暮らしていたからこそ、縄文人は思いやりがあると言われています。

では、現在はどうでしょうか。

様々な分野が発展し、人々の暮らしは裕福になった様に見えるでしょう。

しかし、その中から人々の密なコミュニケーションはどんどんと姿を消しています。

その為、本当に親しい関係の人としか協力する事が出来なくなっています。

また、学校や社会などでも競争する事が当たり前の様に仕向けられており、協力するどころか相手の足を引っ張り蹴落とそうと考える人まで現れています。

今の社会環境では、思いやりのある人格を育てる事はとても難しい事なのかもしれません。

しかし、人は本来そういう事を大事にして生きてきた生き物でした。

だからこそ、他の生き物達に比べいきる力が弱い人間が、この世界をまとめる事が出来るまでに大きくなったのですから。

思いやりをもって行動する事が出来れば、相手もかならず思いやりを持って行動してくれるでしょう。

優しくされたいのであればまずは自分から。

小学校の時に習ったような気持ちを大人になっても守る事が出来るのではあれば、世界はずっと素晴らしい物になるかもしれません。

行き当たりばったり

縄文時代に仕事も無ければ、学校もありません。

そもそも、『時間』と言うものが発見されて良かったので、約束をしたり予定を立てたりと言う事を行う必要も無く、方法すら知られて居ませんでした。

毎日ただ生きていく為に、漁をして過ごして居るのみでした。

時間に追われる現代社会の私たちからすれば、それはとても贅沢な事の様に感じる事でしょう。

今の社会は、時間によって支配されています。

一分一秒無駄にしないように多くの方が積極的に行動しています。

仕事では、時間ごとに時給が変わる場合もあり人々は常に時間や予定を意識死ながら生活をしています。

しかし、そんな中でもごくまれに行き当たりばったりな日々を過ごして居る人がいます。

予定を立てずに生活をする事は、心に余裕が生まれ日々のストレスを感じる事無く優雅な日々を過ごす事が出来るのかもしれません。

しかし一方で、予定を組まない事によって多くの方との約束を忘れたり、無駄な買い物をしてしまったり。

自分のやりたいことが全く出来ないなんて事も十分あり得ます。

一見優雅に見える行き当たりばったりな生活も、実は無駄な塊なのかもしれません。

他人に迷惑をかけないのであれば、自分の好きなように行き当たりばったりで生きるのもいいかもしれません。

しかしながら、現在の社会においては行き当たりばったりで生きる事はとても難しい事だとも言えるでしょう。

縄文人の暮らしに憧れ、こんな風にのんびりと生活する事が出来たらどんなに素晴らしいだろうと。

きっと誰もが思う事でしょう。

しかしながら、それを行う為には強いメンタルが必要です。

予定を詰めすぎてしまうのも良くありませんが、ある程度決まりを立てて行動する事は大事な事なのかもしれませんね。