CoCoSiA(ココシア)

縄文人ルーツの顔の13個の特徴

人間には様々な顔があります。

それは、顔の良し悪しでは無くそれぞれの個性として考える事が出来ます。

人によって顔の特徴は様々です。

父親似・母親似。

兄弟が皆そっくりなんて事もあるでしょう。

家族は血がつながって居る事もあり、DNAの形が似ています。

その為、顔にも似た特徴が洗われて来るのです。

人間のルーツを探って行くと、最終的に縄文人に突き当ります。

縄文人は人間がサルから進化を遂げた最初の姿としても知られております。

どんなに勉強が嫌いだった方も、社会科の授業で必ず一度は習った事があるのではないでしょうか。

遠い遠い昔の先祖ですが、今でも彼らの顔の特徴は私たちに脈々と受け継がれています。

それらの特徴を紐解いて行く事で、意外と知られて居ない縄文人の特徴を学ぶ事が出来るかもしれません。

私たちの先祖である縄文人をこの機会に学んでみてはいかがでしょうか。

縄文人ルーツの顔の特徴13個

縄文人とは、サルから人間にかけての進化の途中に出てくる人々の事を刺します。

彼らは、人間の最初の姿としても知られております。

今からかなり昔の存在であり、当時は文字や言葉などが使用されて居ませんでした。

その為、彼らの生活を100%知る事は出来ません。

しかし、様々な分野での研究が進み多くの事が科学的に解明されつつあります。

その中には、顔の特徴も挙げられます。

縄文人に実際に会う事は出来ません。

写真などが残っているわけでは無いので、普通に考えれば縄文人の姿を現代日本の人々と比べる事は不可能な事なのかもしれません。

しかし、縄文人の骨を利用する事により、実際に本物を見る事が出来なかったとしても、その姿を再現する事が出来る様になって居るのです。

その為、現代人と縄文人を比べる事が出来る様になったというわけです。

サルと人間の間のような存在である縄文人は、どんな顔の特徴を持って居たのでしょうか。

是非自分自身の顔を参考に死ながら、その謎を解いてみてはいかがでしょうか。

顔についての特徴!

縄文人と現代人とを比べると、全く違う部分もあれば色濃く受け継いで居る場合もあるでしょう。

そこで、今回は今までに分かっている縄文人の顔の特徴をご紹介させて頂きます。

人によってはあまりにも当てはまる事で、悲しい気持ちになるかもしれません。

しかし、縄文人と同じ特徴を持っているからと言ってサルに近いというわけでもありません。

あくまでも家族が似ている様に、遠い親戚である縄文人と共通する部分があると言うだけの話です。

多くの特徴がある事が分かっている縄文人。

あなたは一体いくつの特徴が当てはまるでしょうか。

友人や家族・恋人同士など皆さんでお互いの顔を見つめ合いながら、楽しい時間をすごして頂けたらと思います。

1.顔が濃い

縄文人の方の一番大きな特徴としては、顔の濃さがあります。

日本人は、基本的に薄い顔の人が多く濃い顔の人を見かける機会はさほど多く無いかもしれません。

顔が濃いという事は、それだけインパクトがあるとも言う事が出来ます。

薄い顔の人は醤油顔・濃い顔の人はソース顔と言うように、日本には昔から顔の濃い・薄いの認識はありました。

その差が実は、縄文人から来ていたのかもしれないのです。

顔が濃いと言う事は、それだけ縄文人から受け継いで居るものが大きいと言えるのかもしれません。

一口に顔が濃いと言っても、様々な濃さがあります。

アジア系の国々の雰囲気がある人も居れば、ヨーロッパやアメリカなどの雰囲気の方も居るかもしれません。

その方々も元をたどっていけば同じ先祖に息つく事でしょう。

その為、一見全く共通点が見えない顔であっても、結局は同じ先祖から来ているかもしれません。

顔が濃い人を見つけたら、縄文人をイメージしてみてください。

そうする事で、縄文時代から続く遺伝を感じる事が出来るのでは無いでしょうか。