私は、うつ病歴13年。

精神障害者手帳2級の「障がい者」です。

〈うちの人〉が私の前にポッと出てきたのは、26歳のときでした。

そして今年の秋に結婚予定です。

1人の「病人」が1人の「へんなひと」に出会って、「ふつうっぽいこと」をできるようになるまでの、ちょっとしたドラマです。

そしてそこまでのことで、学んだこと。

「病気だから、障がい持ちだから、ふつうの恋とかできないんだろうな」

……そう思っているあなたがこの記事を読んで参考にして、ちょっとでも、恋と結婚に対して勇気が出れば幸いです。

私の話――わりとエクストリームに大変だった時代

私は20代前半のときに、逼迫した家の財政のために、障害者手帳を取得。

「日常生活が困難」ということで2級でした。

「精神障害者手帳2級」を今も所持しています。

この記事を進めるにあたって、まずは私の話からはじめようと思います。

こういう人生と、こういう悩みをしていた人間がいた、ということで、念頭に置いておいてくださいな。

まともな恋も、結婚もできると思ってなかった

14歳のとき、学校のいじめがきっかけで重度のうつ病と、自立神経失調症にかかった私。

入院や服薬で治療を行うこと現在にまでいたります。

自殺未遂だのなんだので大騒ぎだった「危機の10代」を脱したものの!

薬の副作用やストレスによる過食で、体重は93kgにまで増加!外見はあまりよろしくございません。

ぷくぷくに太った自分の体と、ニキビ跡の目立つ顔。どんよ~りとした空気。

何よりも、ふつうの学歴や職歴が空白な履歴書。

アルバイトで雇ってくれる場所を見つけるだけでも、大変でした。

かつては極度のうつ状態と情緒不安定にひどく苦しみましたが、

今は薬の力で抑うつ症状はおさえられ、パッと見「ふつうの、ぽっちゃりおねーさん」。

しかし自分の体の弱さ、社会的スキルのとぼしさ。

女の子らしいことは一切できないと思っていました。

恋も結婚も就職も……

病人で障がい者の私に「なかった」ものと、「ある」もの

病気で高校に行けなかった私。

アルバイトを探すときには、(経歴をごまかして書くと詐欺になってしまうので)へんてこな履歴書をうまいこと取り繕うのに必死でした。

でも、そんじょそこらのノホホンとした26歳より、私のほうが持っていたものはたくさんあります。

まず「強制箱入り娘」時代にヒマにあかせて読みまくった、大量の本。

いろんな知識やネタは豊富だったのです。

なので、話のあう人とは話が弾むほうでした。

それと、もともと勉強は好きなほうでした。

学校の勉強というより「知的探究心」が強いタイプです。

成績はよくないものの、いろんなことを知りたいと思っていました。

つまり、バイタリティだけはムダにあふれ出ているのです。

何よりも「死」というサバイバルを生きのびたのだ!というのは、私の強みではありました。

ちょびっとだけ、自分に自信はありました。

私の話――のちの婚約者、〈うちの人〉の登場

彼のことを〈うちの人〉と呼ぶことにしましょう。

26歳のある日、SNSをサーフィンしていた私の眼の前に、〈うちの人〉はポッとあらわれました。

現代の恩恵で、スマホやパソコンひとつで世界は一気に広がる時代になりました。

そんな中で、おそろしいほど趣味があう人が、ネット越しにあらわれたのです。

そこではじまった、スピーディーなロマンスとは。

SNSで、ポッとあらわれた〈うちの人〉

私と〈うちの人〉が出会ったのは、某健全なSNS。

ある作品について熱く語らっているうちに、意気投合。

そのうち、向こうからメッセージ機能でコンタクトをとってきました。

我々はメッセージのやりとりを重ねるようになります。

彼のことは、素直に、尊敬のできる人でした。

知識面や気配りの点でも、人間性としても。

当初からうすうす気づいてはいましたが、あきらかに私のことを「好き」な模様。

終始体調を気にしてくれたり、食生活改善のためにアドバイスをしてくれたり……

ちなみに〈うちの人〉は夢のアラフォー男性。

家の事情その他で結婚しないままここまでのんびりときてしまったとのことです。

さらには、すさまじいオタク!

年頃の女の子で、この人の話についていけるといったら、世の中広しといえど私くらいしかいないんじゃないか……と、当時私は思ったものでした。

で、私も「好き」になっていったのです。

ちょっと遅く来た春でした。

病気持ちということは承知の上での「好き」

どうやらはじめてメッセージを送ってきたときから、私のことを好きだった模様です。

SNSで私は、体調のことなどボツボツとつぶやいていました。

だから向こうは私が「体調がかなり悪い」ということは初っ端から承知の上だったのです。

のちに、障害者手帳持ちだということをカミングアウトしても「不治の病とかじゃなくてよかった」と笑っていたばかりでした。

よくできた人間だなあとつくづく思います。

でも、世の中には刑務所にいる方と獄中結婚される方もいるし、元薬物中毒者の方などを支える方もいるし……

そういう奇特な人が一定数いるのでしょう!

告白は、どちらともなく

やさしくて、気配りがきいて、私の体調も管理してくれる〈うちの人〉。

しかし根っからの草食系男子!なかなか女性に相手にされなかったといいます。

また低所得者のため、女性は寄ってきません。

そんなこんなで、うっかりアラフォーになっていました。

そこに、せっかちで肉食系女子の私があらわれたことで、運命が転回してしまいます。

徐々に彼を好きになっていた私ですが、恋ははじまると止まりません。

何より、向こうもこちらを好きでいてくれているのか、不安で不安でメンタルに悪いのです!

そこで、ようやくSkypeのIDを交換にまでこぎつけました。

実際にチャットで話してみて、向こうもじりじりと私を好きな模様なのですが、どうにもはっきりしません。

キレました、私。

「私はあなたのこと好きですけど!私のこと好きですか!?」

答える〈うちの人〉。

「はい、もちろん!」

カップル成立。

あんまりロマンチックさはなかったのですが……。

こうして私が「人並みの女の子」として、一歩を踏み出したのです。

第一印象は「ふつうの女の子」

〈うちの人〉は、私の地元から新幹線で4時間以上離れたところに住んでいました。

遠距離です。

そこで、オフ会と称するデートを決行。

(SNSカップルあるあるで、告白の段階ではまだ実際に会ってはいなかった)

場所は、私の地元で一番大きいショッピングモール。

〈うちの人〉が私を駅ではじめて見た印象は、「ふつうの女の子」。

そして、「思ったより太ってない」でした。

私は自分のことを「ふつうじゃないんだろうな」と思っていたので、ちょっとあぜんとしました。

「手つなぎたい」とか「キスしたい」とかすでに向こうが言っていたので、ファーストコンタクトから30秒後には

「ほら、手つなぎたかったんでしょ!」と私のほうからすでに、あっさり手をつないでいました。

もっとロマンチックにいけばよかったかもしれない……。

ショッピングモールで、あれやこれやはしゃいだあと、公園で初キスもしましたよ。

うふふ。

恋の力で体調が劇的ビフォーアフター

なんということでしょう。

通院日で外出すれば、次の通院日でまで寝込むような状態だった私が、

電車と新幹線で片道4時間の〈うちの人〉の地元までデートに泊りがけで出かけられるように。

そして「この人しかいない」とおたがい確信がありました。

はじめてのデートからわずか1ヶ月で、結婚の約束を取り交わします。

「結婚する」ために、あれこれ病人なりにはじめてみました。

その一部をご紹介。

愛って、ほんとに、強いんですねえ。

デート代を稼ぐために、週末に1日8時間の単発バイトを

なにぶん、「働いた翌日1日寝込む」状態だった私は、アルバイトを転々としていた状況。

それでもなんとかして、お金を稼がなければなりません。

試食販売のアルバイトなら、1日で1万円ほどの収入が入ります。

週末がんばって、翌日からは寝込んでいればいいわけですから、単発のアルバイトは病人にとってちょうどいい小金稼ぎでした。

そうして単発で働くうちに、体力がだんだんついてきました。

そして目的と目標ができたために、毎日の生活にハリが出てきて、みちがえるほど元気になってきました。

私の人生は〈うちの人〉以前、〈うちの人〉以後、で区切られるビフォーアフターになったのです。

その資金で私は〈うちの人〉の地元へデートに向かいました。

電車と新幹線を乗り継いで4時間の道のりですが、バイトで外で動くことに慣らした体は、あまりバテることはありませんでした。

食生活や生活習慣を改善

さらに、代謝を上げたり、自律神経を整えたり、体調面を整えるために食生活と生活習慣の改善を行いました。

酸性だった体をアルカリ性にするために、バナナやヨーグルトを食べたり。

おやつは、和菓子をじっくりとよく噛んで食べるようにしたり。

夜食を控えるのをがんばったり。

不眠を解消するために、いろんなストレッチなどをしたり。

恋の力でプチ社会復帰をはたしていく私。

〈うちの人〉は万全のサポートをしてくれました。

情報収集をしてくれたり、自分の持っている情報を教えてくれたり、何よりも毎日体を心配してくれました。

この中で何よりもうれしかったのは、体調を案じてくれたことです。

長い病人生活をすごしていた私は、状況に慣れてしまった家族からはあまり心配されることもありませんでした。

家族からは「ああまた具合悪くなってるな」と思われるくらいだったのです……。

このやさしさに、正直、コロッといった部分はあります。

障害年金を受給+在宅ワーク開始!

日本では、医師の診断書をふくむ所定の(大量の)書類をそろえ、約3ヶ月の審査に通過した場合に限りますが、

「障害年金」というものを受給できる権利を国民全員が持っています。

それには「日常生活が困難で、働くのが難しい」という状況以上の生活困難がなければなりませんが、私はこの障害年金の2級に該当しました。

本当はあんまり貰いたくなかったのですが……。

なぜかというと、やはり人並みに仕事をして、人の世話になるべくならずに生活をしたかったからです。

私の望みはあくまでも「人並み」ということでした。

けれども、あちこちのアルバイトを転々としたものの、体力が続かなかったり人間関係がうまくいかなかったり……

長くても、同じ職場には半年しかいられませんでした。

単発のアルバイトも続けましたが、十分な収入ではありません。

低所得者の〈うちの人〉と食べていくため、衣食住を確保するためにはやむを得ません。

ちなみに2級だと、月々、65,000円強。

もちろんこれだけで食べていけるわけがないので、支給する国としては同居してサポートをする人がいるという前提です。

さらに、昔から文章を書くのが好きだったため、クラウドワークスなどを通じてライターとして活動をはじめました。

どんなにがんばっても月に2万円ほどと、稼げるのは決して多い金額ではありません。

それでも障害年金だけで暮らしていくのは、非常に苦しいです。

体調と折り合いをつけながら、という意味では、在宅ワークはちょうどいい仕事でした。

ところで!障がい者とか病人って


「じゃ、障がい者も病人も恋愛できるじゃん!」

ということがわかったところで、一旦ストップ。

検索エンジンなどで「障がい者」と入れると「失敗作」とそのまま出てきます。

どう思われますか?

その価値観に悩んだり、自分のことを深く考えて自己嫌悪になってしまう方も多いことと思います。

私もそうでした。

この章では、それに対する私の考えを示していきます。

病気持ち、障がい持ちの方と付き合うことを考えている方、結婚を考えている方にも、一読していただきたい章です。

人生で、人間は、どうなるかわからない

生まれつき、障がいがおありの方もいらっしゃるかと思います。

私は後天的な病気によるものでしたが、自分がこういう身分になるとは思ってもいませんでした。

どんなにハイスペックでも、どんなにお金があっても、どんなに健康であっても、日本人だと平均80年以上におよぶ人生において、人間はかならず「何か」があります。

何も波乱がない人生は存在しないでしょう。

人生の中で人間はかならず、かけがえのない「何か」を失う時期があります。

大切な人、お金、社会的地位。

「恵まれていた」ときには思いもつかなかった困難。

長い人生、どんなに健康な人も、いつかは病気にかかるのです。

事故にも遭います。

つまり誰しも、何かの拍子で「健康」を失い、「障がい者」になる可能性はあるのです。

誰もがなる可能性がある……それを思えばかんたんに「失敗作」なんて言えないとは思うんですけれどね。

それを踏まえて。

大切なのは、そんな中でも「人に愛されるだけの価値ある人間」になることだと私は思います。

体や精神に障がいがあっても、人間として「人格イケメン・美女」にはなれるのですから。

病人、障がい者はある意味「ローリスク」

世の中にはもっと深刻な方もたくさんいると思います。

つまり、悲惨な犯罪を犯すような加害者だとか、ギャンブラーだとか、異性関係にだらしないような人だとか……

それよりは体が弱い人と付き合う人のほうが、ずーっとローリスクだと思いませんか?

病人・障がい者は(もちろん例外も多々ありますが)基本的に療養生活が長いため、強制的に「箱入り娘」「御曹司」が多いです。

そのため(私の経験にかぎりますが)性格のいい人が多い、とも言えます。

多少世間知らずではありますが、そこはいくらでもこれから成長できますよ。

そもそも、恋は障害があるほうが燃える!

「元気にさせていく」「元気になる」という「生きがい」ができる


この人のために、元気になろう!

この人を、元気にさせよう!

恋をすると、そう思えますよ。

ふしぎなもので、恋が走りだすと、おそろしいパワーがわいてきます。

それは一度恋をしたことがある人なら、わかるはず。

こうなると、病気や障がいと関わって、その状況を改善、解決していくのはゲームのようなものになってしまいます。

自分が大切なひとのために、自分にできるかぎりの範囲と力で、元気になっていく。

幸せになって、相手にも幸せになってもらう。

恋は病気や障がいを良くする、ガソリンのようなものでもありますよ!

障がい者・病人が恋するために、ちょっとした裏ワザ

「恋したい!人並みに結婚とかもしたい!」という希望を今も持っている、病人だったり障がいをお持ちの方。

持ち続けてください。

わりとなんとかなります。

このあとにも述べますが、恋をしたなら結局、人間同士のおつきあい。

恋愛テクは健常者と変わりません。

人間に生まれたんだから、恋とか結婚をするくらいの権利はあるんですから。

ワラにすがっとこう!困ってるときは、神頼もう!

せっかくだから、神頼みとかしてみましょう。

私は関東有数の恋愛パワースポット・筑波山神社に行ってきました。

少し体調がよくなったとき、行く機会があったのです。

事前にググって「正しい参拝の方法」を調べました。

もちろん働けていないので、ご祈祷料を払えるようなお金はありません。

そのためお財布からなけなしの500円を奉納して、条件を非常に細か~くつけた上で、

「きっといい伴侶を見つけて結婚します」(断定型にすると、実現するらしい)

と念じて帰ってきました。

そして、その1年ほど後に、ポッと〈うちの人〉が登場したのです。

彼氏ができたり結婚が決まったら、御礼参りをしましょうね。

私もデートがてら〈うちの人〉といっしょに参拝して、御礼参りをしてきました。

「ま、なんとかなる、大丈夫」を口ぐせにする

あきらめたら、そこで試合終了だぜ!

ということで、あきらめてはいけません。

何年後、何日後、ひょっとしたら明日かもしれませんが、きっと出逢いは待っています。

私は、祖母から「ま、なんとかなる、大丈夫」と言われつづけてここまできました。

「言霊」という言葉もありますが、言葉というものの力はスゴイもの。

前向きな言葉が口から出れば――そこにどういう力が働くのかはわかりませんが――人生も前向きに、あかるい光がさしてきますよ。

あきらめてはいけません。

いつか待ち受けている出会いのために、毎日自分を磨きながら、唱えましょう。

「ま、なんとかなる、大丈夫」

あなたも、なんとかなる、大丈夫です。

自信と話題をひとつだけでいい、持っておく

「この話題に関してなら、他人と語りあえる」

という「共通点になるもの」を一つ作っておきましょう。

本、アニメ、料理、音楽……なんでもいいです。

これは一般の恋愛にも言えることです。

共通の話題があれば、他人とのつながりができます。

まずは、つながれないと、はじまらない。

そして大切なのは「自信」を持つこと。

ただ、「自信」を持つのは難しいことです。

自尊心や経験を積み重ねて、ようやく「自信」を得ることができます。

場合によっては一生かけて手に入れるものです。

いじめや環境の事情で自尊心が低く、それゆえに恋愛や結婚をあきらめている人を私のまわりでも見かけます。

でも。

自信を持っている人間は、魅力的です。

どんなブスさん・ブサイクさんであってもです。

そして自信は気長に養っていれば、必ず芽を出すものですよ。

「高望み」は、しない

イケメンで年収1000万、専業主婦やらせてもらえて、育児も手伝ってもらえて……。

だって体が弱いんだから、どうしたって楽はしなければ。

それを夢見る気持ちはわかります。

でもその「夢」は、相手からしたら、あまりにも都合のよすぎるものです。

この不景気、定収入を稼げる男性すら貴重です。

日本人男性の平均年収は約400万円。

1000万円以上の年収を持つ男性なんて、全人口の2%です!

よほどの甲斐性か魅力か、美人か財力か……が、必要になってきます。

努力しないで、王子様があらわれるのを待つのは怠惰です。

日ごろから自分を磨いておきましょう。

恋も結婚も、2人でこなす二人三脚。

片方にだけ努力を求めるのは、ちょっと酷ってものですよ。

でも、どこで出会いを見つけるの?


病人や障がい者は、家から出ない、あるいは活動する範囲が限定されがちです。

そうなるとどこで、出会いを見つければよいのでしょう?

いろいろと方法がありますが、そのいくつかをご紹介。

また「オススメできない」出会いの場についても理由をあげておきましょう。

大丈夫、かならずどこかで出会いはあります。

あきらめないで。

〈健全な〉SNSで

変な出会い系サイトとかではなく、ふつうの〈健全な〉SNS。

昨今はネットでの出会いか結婚に発展するカップルは、全体の11%にものぼります。

他ならぬ筆者も、〈うちの人〉とはSNSで出会いました。

SNSが良いところは、相手の内面をしっかりと見ることができること。

文章で表現される人柄によって、外見にとらわれることなく、人間を見定めることができます。

ただSNSで出会い、オフ会からデートに発展する場合には一応きちんと注意を。

最初にデートするときには絶対に、二人きりになるホテルや部屋には行かないこと!

もしも相手が体目当てや犯罪絡みだったら……大変です。

自分を表現する場であるSNSだからこそ、人間性や内面を見つめながら、じょじょに深い愛を育んでいけますよ。

同じ痛みがわかるもの同士

同じ、病気や障がいを持っている相手、というのもアリです。

もちろん、それには大変なこともあるでしょう。

しかし病気や障がいというものは、その身で実感したことがないかぎり、そのつらさ、大変さはなかなか理解しがたいもの。

そのため、つらさや大変さを共有しつつ、自分の経験からおたがいを支えあえるという意味で、

病気や障がいを持つ人をパートナーに選ぶことは、私はアリだと思います。

結婚に関してのハードルはたしかに高いかもしれませんが、今日本では障害者雇用枠、障害年金などの制度があります。

周囲の支えや自分たちのがんばりで、幸せつかむことはできますよ!

オススメできないこと

お見合いや合コン、婚活サイトは良し悪し

正直オススメできません。

なぜなら、こうして出会いを求める人は「スペック」重視。

条件で相手を探している人が多いです。

年収……趣味……年齢……

「病気、障がい持ち」なんて、まず弾かれます。

今もまだあるかもしれませんが、かつて昭和の古い時代には「身内に障がい者・精神病者がいるだけで、結婚はご遠慮」という風潮がありました。

オススメできない「婚活」方法ではあります。

ナンパには、ついていくな!

健康、病人、障がい者、すべての女子に伝えます!

ナンパには、ついていっちゃダメ!

彼らが求めているのは、あなたの〈体〉だけです。

「別に、体目当てでもいい」と流されないで。

ナンパ男(ナンパ女もですが)は無作為に多くの人と接触しているため、その分、性病のリスクもあるということを忘れてはいけません。

性病は命を奪うこともあります。

それに体目当ての人間は絶対に、あなたを幸せにしません。

ナンパには、ついていっちゃダメ!

病人、障がい持ちのデートスポット

恋人をついにゲット!

人並みの恋ができる、人並みの幸せをつかめた。

ものすごく嬉しいことと思います。

本当に、おめでとうございます。

さて、いざデート!……というところで、心配が。

「どんなところに行けばいいんだろう?」

やはり体調が悪くなったら……バリアフリーなところは確保したほうが?

そこで、筆者が経験してきたデート場所をご紹介しますよ!

体に無理をさせすぎず、彼・彼女との大切な時間を楽しみましょう。

人混みはNG!

身体障害者、精神障害者とわず、人混みは避けたほうが無難でしょう。

なぜかというと、身体障害者の方は、車椅子などで通るのが大変ですし、精神障害者の方も神経が非常に疲れてしまいます。

また、人が多くてパニックになってしまう方もいらっしゃるかもしれません。

私も人混みで自律神経がやられて、フラフラになった経験は何度もあります。

ぶっ倒れてせっかくのデートが台無しに……というのは、なんとか避けたい事態です。

私たちは、新幹線などの関係で東京に出るときには、上野に行くことにしていました。

上野公園の木立を散歩したり、美術館で絵画などを見てはしゃいだり。

障害者手帳を提示すれば、東京の美術館、博物館は無料で観覧することができるので、非常にありがたかったです。

大人気の展示で、すさまじい人混みでもソファやラウンジがあるので安心。

また、静かな神社仏閣や、図書館、本屋などをめぐるのが私たちの鉄板デートコースです。

休めるところは確保

座って、あるいは少し横になって休めるような場所があるよう、最初に確認しておくと安心かもしれません。

外出に不安だと、デートも不安なもの。

特に身体障害者の方は、車椅子も入れるトイレがあるかどうか、事前に調べておくと安心です。

都会での休息場として、オススメはファミリーレストラン。

席のパーソナルスペースが広く、比較的ゆっくり安めますよ。

外出に慣れていない方は、体が慣れるまでは。

おたがいの住まいからあまり離れていない場所でのデートがいいでしょう。

いざとなったら部屋か自宅でお休みできる状況があると安心ですよ。

1日中部屋でイチャイチャ、もよい!

体調があまりよろしくないときには?

デート当日、やっと逢えたと思ったもののフラッフラ。

残念ながら考えられるケースです。

そうなったら、思いきって部屋やホテルで2人きりでゆっくりしましょう!

本や漫画を持参しておいたり。

映画のDVDを借りてきたり、テレビを見たり。

あとはベッドでイチャイチャしたり。

たくさんおしゃべりして、二人きりの大切な時間をエンジョイしましょう。

いっしょにいて、幸せを感じられれば、それでデート成立です。

ちなみに、体調が悪いことで機嫌が悪くなる相手だったら……ちょっと状況を見直すか、自分も何かできることがないか、考えてみましょう。

あとは、体調が悪くなると、自分の余裕もなくなってしまいます。

相手のために、自分の気分を整える術も考えておく必要もありますね。

おたがいを思いやりながら、おつきあいを続けていきたいものです。

まとめ

私はかえって障がい者だったことで、〈うちの人〉に出会うことができて、幸せだったかもしれません。

思えば、病気は私を強くしてくれました。

何事もポジティブに考えればいいだけの話です。

病気や障がいを持っていることで、大変なハンディはたしかにたくさんあります。

でも、言い方を変えれば、恋は障害があればあるほど燃える!

ハードルがあれば、それによって愛しぬいてくれる相手を見極めることだってできるのです。

一番大切なポイントは、あなたの体や体調を心配してくれるパートナーを見つけられるかどうかです。

「今日は体調、大丈夫?」って訊いてくれる人をパートナーに選びましょう。

病気や障がいを持つ人とおつきあいや結婚を考える方へ――あなたは相手をすごく幸せにできる、すばらしい人なんですよ。

きっと、あなたも、幸せになれる。

絶対です。