CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

病気や障がいを持っていると恋も結婚もできないの?…できます!

私は、うつ病歴13年。

精神障害者手帳2級の「障がい者」です。

〈うちの人〉が私の前にポッと出てきたのは、26歳のときでした。

そして今年の秋に結婚予定です。

1人の「病人」が1人の「へんなひと」に出会って、「ふつうっぽいこと」をできるようになるまでの、ちょっとしたドラマです。

そしてそこまでのことで、学んだこと。

「病気だから、障がい持ちだから、ふつうの恋とかできないんだろうな」

……そう思っているあなたがこの記事を読んで参考にして、ちょっとでも、恋と結婚に対して勇気が出れば幸いです。

私の話――わりとエクストリームに大変だった時代

私は20代前半のときに、逼迫した家の財政のために、障害者手帳を取得。

「日常生活が困難」ということで2級でした。

「精神障害者手帳2級」を今も所持しています。

この記事を進めるにあたって、まずは私の話からはじめようと思います。

こういう人生と、こういう悩みをしていた人間がいた、ということで、念頭に置いておいてくださいな。

まともな恋も、結婚もできると思ってなかった

14歳のとき、学校のいじめがきっかけで重度のうつ病と、自立神経失調症にかかった私。

入院や服薬で治療を行うこと現在にまでいたります。

自殺未遂だのなんだので大騒ぎだった「危機の10代」を脱したものの!

薬の副作用やストレスによる過食で、体重は93kgにまで増加!外見はあまりよろしくございません。

ぷくぷくに太った自分の体と、ニキビ跡の目立つ顔。どんよ~りとした空気。

何よりも、ふつうの学歴や職歴が空白な履歴書。

アルバイトで雇ってくれる場所を見つけるだけでも、大変でした。

かつては極度のうつ状態と情緒不安定にひどく苦しみましたが、

今は薬の力で抑うつ症状はおさえられ、パッと見「ふつうの、ぽっちゃりおねーさん」。

しかし自分の体の弱さ、社会的スキルのとぼしさ。

女の子らしいことは一切できないと思っていました。

恋も結婚も就職も……

病人で障がい者の私に「なかった」ものと、「ある」もの

病気で高校に行けなかった私。

アルバイトを探すときには、(経歴をごまかして書くと詐欺になってしまうので)へんてこな履歴書をうまいこと取り繕うのに必死でした。

でも、そんじょそこらのノホホンとした26歳より、私のほうが持っていたものはたくさんあります。

まず「強制箱入り娘」時代にヒマにあかせて読みまくった、大量の本。

いろんな知識やネタは豊富だったのです。

なので、話のあう人とは話が弾むほうでした。

それと、もともと勉強は好きなほうでした。

学校の勉強というより「知的探究心」が強いタイプです。

成績はよくないものの、いろんなことを知りたいと思っていました。

つまり、バイタリティだけはムダにあふれ出ているのです。

何よりも「死」というサバイバルを生きのびたのだ!というのは、私の強みではありました。

ちょびっとだけ、自分に自信はありました。

私の話――のちの婚約者、〈うちの人〉の登場

彼のことを〈うちの人〉と呼ぶことにしましょう。

26歳のある日、SNSをサーフィンしていた私の眼の前に、〈うちの人〉はポッとあらわれました。

現代の恩恵で、スマホやパソコンひとつで世界は一気に広がる時代になりました。

そんな中で、おそろしいほど趣味があう人が、ネット越しにあらわれたのです。

そこではじまった、スピーディーなロマンスとは。

SNSで、ポッとあらわれた〈うちの人〉

私と〈うちの人〉が出会ったのは、某健全なSNS。

ある作品について熱く語らっているうちに、意気投合。

ページトップ