CoCoSiA(ココシア)

甘える子供の5個の心理と対処法


ショッピングセンターの中で、目にとまったキャンディーが食べたいと母親にねだっている子供がいました。

可愛いキャラクターの絵がデザインされていた箱に入っているようです。

その箱を指差して母親におねだりして甘えているのです。

こんな光景はよく見かけます。

しかし、子供が親に甘える様子は、子供によって様々なようです。

甘えるとは、本来可愛がって貰おうとして、まとわりついたり物を根だったりすることです。

甘ったれるとも言います。

一般的には、先ほどのように子供が親に甘えたり、大きくなって恋人に甘えるという場合も想像されます。

また、何かを依頼されたり何かをする約束をしていたけれども、面倒になってそれを断る時に、相手の了解を得ようとして相手に甘える時もあるのです。

「今回は、これぐらいでもいいでしょう?許して!」などと、相手の機嫌を取りながら甘えるのです。

甘えて、相手の承諾を得るのです。

相手の好意に遠慮なく寄りかかることなのです。

さらに、それが進んで行くと、慣れ親しんで我がままになっていくこともあるようです。

そして大人の中でも、いわゆる甘え上手な人もいるようです。

普段は厳格で厳しい人に対してでも、上手くすり寄って甘えてしまうような女性もいるのです。

もちろん、お客に甘えて高額な飲食代を支払わせるような、プロの女性ももちろん甘えの達人でもあるのです。

プロでなくても、甘えが得意な女性もいます。

この人は彼氏としてゲットしたいと思うと、彼氏が胸キュンとなるような可愛い甘え方ができるのです。

普通の女性なら、甘えようと考えても照れてしまったり恥ずかしくなってなかなか甘えられないものです。

しかし、甘え上手な女性なら、どこまで甘えたらよいのかも知りつくしているようです。

ビジネスの世界でも、甘えることが得意な営業マンもいます。

今月の売り上げが低迷していて、これでは上司に厳しく責められると判断すると、納入先の仕入れ担当者に泣きついて、「何とかもう1ケースだけでも発注してください!お願いします!」などと甘えて、相手の好意に期待するのです。

ベテランにもなると、相手とは親しくなっているので、半ば強引に受注を催促するようなことにもあるようです。

これも、一種の甘えになるのですが、この辺の駆け引きもベテランならではの対応です。

子供の場合は、そんな大人の心理とは違って、もっと単純な理由で甘える場合が多いようです。

最近は、甘えずにしっかりしていたのに、急に甘えるようになったというケースもあります。

例えば、二人目の子供が生まれた時などは、赤ちゃんの事ばかりに気を取られていると、一人目の子供が急に甘えだすこともあるのです。

二人目の子供に一生懸命になっている母親に、自分のことも構ってよと言う不安から甘えるようです。

「急にどうしたの?お姉ちゃん(お兄ちゃん)になったのだから、しっかりしなさいよ!」などとイライラして叱ると、とんでもないことになるかも知れません。

子供として急に甘えることは、何かの理由があるからです。

それを知っておかないと、子育てに影響を及ぼすことになるのです。

ここでは、子供が甘える理由について考えてみました。

子供が甘えるのには理由がある

今までしっかりとしていて、ちょっと大きくなって楽になったかな、と思っているときに、急に甘えてくる子供がいます。

先ほどのように、二人目が生まれた時なども、母親の愛情を独り占めにできなくなって、不安になって甘えるのです。

急に足元にまとわりつくようになったり、「抱っこ!」などと甘えてしまうのです。

お母さんは、「何言ってるの?ちょっと待って頂戴。

今はちょっと我慢して!」などと言い聞かせてもますます甘えてくるのです。

母親も寝不足で疲れていると、ついイライラして怒ってしまいます。

すると、さらに泣き出しながら甘えるということになるのです。

子供を育てた人なら、そんな経験はあるはずです。

子供の急な甘えの原因は、子供ながらに感じるストレスと不安のようです。

大人のように、ストレスを感じるということではありませんが、子供なりに自然にストレスからくる不安を抱えてしまうようなのです。

それを上手く口で伝えられないので、甘えという行為で表現しようとしているのです。

親に一生懸命に伝えようとしているのです。

子供が抱える不安というものは、入園や入学などの新しい生活が始まるという時に、周りからの激励の言葉や準備の様子から、自分自身にもプレッシャーをかけてしまっている場合もあるのです。

親の期待にも応えなければという気持ちもあるからです。

こんなことも、全てが不安に感じてしまうのです。

子供が親に向かって、「僕は不安に思っているの」なんて言えませんから。