幼稚園や学校、大学などを通じて「友達」というかけがえのない存在ができます。

また、ライフステージやライフスタイルが変わると単純な友達だけでなく「飲み友達」や「ママ友」など、色んな関わり方をする友達が増えていきます。

どの友達も自分が生きて行く上でとても大切な存在で、楽しい人生になるかどうかも「友達がいるか」ということといっても過言ではありません。

たくさん友達がいると付き合いが大変ですが、色んな人から刺激を受けることが出来るし、

「こんな考え方もあったのか」と気付かされることもあって人間的に深みが出来るようになります。

しかし、友達が少ない人がいるのも事実です。

あえて友達を作らないのか、それとも何が原因があって出来ないのか…周りから見たら「何で友達作らないんだろう」と不思議に思うこともありますよね。

今回は、そんな友達が少ない人のことについてまとめました!

友達が少ない人の20個の特徴

教室であったり、職場であったり、みんなの輪から外れてポツンとしている人ってどこにでもいますよね。

「あの人はどうして友達が少ないんだとう」と考えた時、その友達が少ない人にはある程度共通点があります。

友達が少ない事にはそれなりに原因があったのです。

「あ、確かにあの人ってそうかも…」「自分に結構当てはまっている…」というようなことがたくさんあると思います。

ここでは、友達が少ない人に共通する20個の特徴をまとめました。

1. 人にペースを合わせるのが苦手

友達が少ない人は、マイペースで周囲に合わせる事が人が多いです。

「今度みんなで出かけようよ」と話しが出ても、「朝早いなら行かない」「7時には家に帰りたい」など

自分の要求ばかりで他の人に合わせようとする姿勢がないと周りもウンザリしてしまいます。

また、食事やお茶を友達としていても、周りのペースに合わせることもなく自分だけさっさと食べ終わって退屈そうにしたり、

食事中の会話も楽しむことなくひたすら食べ続けたりします。

時には自分のペースを落として相手に歩み寄ったりすることも大切なのですが、友達の少ない人はそれが出来ない人が多いです。

2. 自分の殻に閉じこもりがち

「どうせ自分は誰にも理解されない」「周りと触れ合わなければ面倒なことも、傷つくこともない」と自分の殻に閉じこもってしまっているタイプは友達が少ない人が多いです。

とにかく対人関係で傷つきたくないからと、ひたすら自分の殻に閉じこもってしまってしまいがちです。

まだ何もされていないのに、自分から他の人との接触をシャットアウトしているのでこのままだと友達が出来ることもありません。

そんな負のオーラを出して自分の殻に閉じこもっている人を見ると「関わってほしくないんだろうな」「自分の世界にいるみたいだし、ほっとこう」と周りから人がいなくなってしまいますよ。

3. 自分に自信が無い

「どうせ自分なんか…」と自分に自信のないタイプは周りからしたら正直面倒くさいです。

自分に自信のない人と何気にない会話をしていても、ウジウジしながら「私なんて全然ダメ」「何やってもどんくさくて…」など

自分を卑下するような発言が目立って、相手方が「あれ?何だか、私、この人をイジメてるみたい…」と思ってしまうことも。

普通に会話をしていただけなのに、ネガティブな情報ばかり聞かされても困りますよね。

自分に自信満々な人もときとして面倒くさい感じですが、自信がなさすぎるもの付き合いづらいものです。

ちょっとした会話でちょっと自信がなさげくらいなら「謙虚」と好感的に捉えられることがありますが、友達が少ない人はそんな感じでもなく、とにかく自信がない様子です。

そして極度な自信がない人はちょっと周りをイライラさせてしまうこともあるので注意しましょう。

4. 傷付きやすい

ちょっとした会話で、「君って意外と抜けてるんだね!」「何それ、へんなの!」なんてジョークで言われて本気で傷ついた人って正直面倒ですよね…

ジョークは人付き合い上、とても大切なコニュニケーションです。

ジョークをジョークで返せるくらいのスキルがあれば今後も仲よくなっていける可能性があるのですが、

いちいち傷つかれると相手も話しがふりづらくなってどんどん疎遠になっていってしまいます。

また、相手が本音で話しをしてくれているのに、そのありのままの言葉で傷ついてしまってその相手との関係から逃げ出してしまう人もいます。

本音で語り合うというのはむき出しの言葉を聞くことになりますが、友情を育てるためには時として必要なことです。

友達になりたいならある程度の本音トークは出来るようにならないと、いつまで経っても友達は少ないままです。

5. 自分と他人をすぐに比べて落ち込む

他人と自分を比較してすぐ落ち込む人も友達が少ない傾向にあります。

「あの人ステキだな。自分もああなれるように頑張ろう!」というポジティブな他人との比較なら、

その明るさから周りの人から助けられたり愛されたりして友達も多いでしょうが、

「自分なんて、暗いし、面白い話題も持っていない…それに比べてあの子は話題も豊富でいつも、みんなに囲まれてる」というような、

「自分なんて」と自分を下げてしまうような比較をしていると、周りもその人に魅力を感じません。

他人と自分を比べてすぐにウジウジされると面倒くさいものです。

比べたって現状はどうにもなりません。

比べて落ち込んでいるよりも、比べても前向きに頑張っている方が周りも「あの子、頑張っているな」「なんか協力できないかな」と思うものです。

それをきっかけに友達もできるかもしれません。

また逆に、「あの人、彼氏がお給料の低い仕事しているんだ。それに比べて私の彼は大企業勤務だからあの人の彼氏よりいい男」

「あの子と比べたら私はまだ幸せだわ」など誰かを否定して自分の境遇を幸せだと思う人もかなり嫌われます。

何にしても自分と他人を常に比較しているような人は周囲から引かれてしまいます。

6. 我がままである

悪意はなくての自分の欲求に正直な人は人の和を乱すことが多いです。

日本人は周りと調和することを善しとしているので、和を乱してでも自分の欲求をかなえようとするワガママな人は周囲から嫌われる傾向にあります。

大人数でせっかく決めたことも「私、そんなのイヤだなぁ」「こっちのほうが絶対いいのに。

こっちにしようよ」など決定事項を自分の基準で否定したり根本から覆そうとしたりとトラブルメーカーとなってしまうようなワガママさんは周囲から引かれてしまうことがあります。

自分の考えを持っているのはいいのですが、周りの空気を読むことはとても大切なことです。

時には自我を抑えないといつまでも友達が少ないままですよ。

7. 外見に気を遣うことがきない

友達を作るのに、恋愛関係の相手方と違って見た目は関係ないと思っていませんか?

友達関係になるのだって外見ってとても大切です。

見るからに不潔な人と友達になりたいと思う人はいるでしょうか?また、友達になるきっかけの会話に「その服いいね、どこで買ったの?」「ステキなヘアスタイルだね。

私も同じサロンに行きたいな」「そのリップ、いい色だね!」なんて外見を話題にしたものが多いですが、

毎日同じような服を着ていて服装に無頓着だったり、髪の毛も伸びっぱなしでセットもしなかったりだと話題の振りようがありません。

突然オシャレするのはなかなかハードルが高いとしても、せめて清潔感のある格好をしてほしいものです。

また、男性の場合は無精ヒゲが生えっぱなし、鼻毛が出ていても気にしないという方は異性同性問わずに嫌われてしまします。

そして女性はヘアカラーから日が経ってプリン状態になっている、常にすっぴんだと引かれてしまうことがあります。

身だしなみは自分のためだけでなく、人付き合いのマナーでもあります。

友達が欲しいという人は、まずそのマナーである身だしなみをちゃんとしましょう。

8. 人の悪口や噂話ばかり言う

「あの人ってホント八方美人だよね」「こないだあの子、彼氏じゃない男の人と歩いてたよ」なんて悪口や噂話を言ってばかりの人は
「信用できない奴」「自分もあることないこと言われてしまいそう」と周りから嫌われてしまいます。

話題として周囲のゴシップ的なネタを話しているのかもしれませんが、悪口や噂話ばかりだとどんどん人が離れていってしまいます。

また、悪口は回り回って自分のもとに返ってきます。

人の悪口や噂話でしか周囲と積極的に話せないという人もいますが、早めに改善しないと友達が少ないどころか今いる友達も失いかねません。

9. 人に何かもらってもお返しをしないケチ

友達からお土産などをもらったら、「自分もどっか行ったときはお土産を買ってこよう」「もらってばっかりだから何かお返ししたいな」と思うのが普通の心理でしょう。

しかし友達の少ない人はその辺の考えが回らないという人が多いです。

友達関係とは対等であることが前提です。

一方からもらいっぱなしの関係は果たして対等と言えるのでしょうか?

「お土産もらえてラッキー」と思うだけでおしまいの人や「私から欲しいといったわけじゃない。

相手が勝手にくれたものだからお返しはしない」なんて考えをしている人は、そのうち周りからヒソヒソされて誰も寄り付かなくなってしまいます。

10. 友達よりも恋人や家族を大事にする

友達同士で遊ぶ約束をしていても、直前になって「彼氏が今から会いたいって言うから遊ぶのキャンセルさせて!」

「急に家族で出かけることになったから…今回はごめんね」なんて恋人や家族を最優先して友達との約束をないがしろにする人は周囲から嫌われます。

「自分との約束って恋人と会えないときのヒマつぶしだったのか」「家族とはいつでも会えるでしょ…」

「この日のために時間作ったのに…大切に思われてないな」と思われてしまうのは当然です。

自分の大切だと思う物を大事にするという事はとてもいいことです。

しかしそのために他のものを平気で犠牲にするのは人間的にちょっとまずいですよ。

恋人や家族が、自分と出かけるために友達との約束をないがしろにしていることを知ったら悲しみますよ。

11. いじめられた経験がトラウマになっている

昔にいじめられた経験がある人も友達が少ない傾向にあります。

いじめを経験することによって対人関係に臆病になっており、友達が欲しいと思っていても一歩踏み出せないでいる状態です。

周囲から歩み寄ろうとしても近づくと逃げていってしまうような感じです。

トラウマとはそれだけ重たいもので、自分ではどうにもできないものもあります。

「また裏切られたら…」「また仲間外れにされるくらいなら最初から1人のほうがいい…」なんて非常にネガティブな思考になってしまっているのです。

このトラウマがあることで生きづらさを感じているのなら、1人で抱え込まずにカウンセリングなどに行くのも検討してみた方がいいかもしれません。

12. 人に気を遣うのが苦手

人付き合いを上で大切なのは、「相手を気遣うこと」です。

ちょっとした気遣いをすることによって人間関係は円滑になりますし、思いやりをもって接することによって、相手方も好感をもって接してくれるというものです。

しかし友達の少ない人は、この「気を遣う」ということが苦手であったり、全く出来ていなかったりします。

これまでは1人で気ままに行動してたので人に気を遣う機会が少なかったでしょうが、ちょっとした会話のときにでも少しずつ気を遣えるように練習していく必要があります。

13. 集団行動が苦手

人間は産まれたときから集団に属して暮らしていることが多いです。

赤ちゃんのころは家族という集団に属し、そこから幼稚園、小学校、中学校、高校、大学、そして会社…

このように、産まれたときから何らかの集団に身を置いているものです。

しかし、この集団で行動するということが苦手な人もいます。

学生時代にみんなが体育祭や文化祭での役割や出し物を決めるのに盛り上がっているのに、自分だけその空気感がイヤでずっと本を読んでいたり、

打ち上げするからみんな来てねと言われても平気でスル―したり…

これまで集団生活の中で幾度となく友達を増やすチャンスはあったはずなのに、

「集団行動は苦手だから」と自分のしたいことをしたり、相手からの呼びかけをスル―して自分から孤独になっていてしまいっていることがあります。

14. 人を信用出来ない

過去に色々あったのか、もともと警戒深い性格なのか、自分以外の人間を信用できない人も友達が少ないです。

ちょっとした会話の端々に「一体この言葉の裏側にはどんな真意があるのだろう…」と常に勘ぐったり、

「こんなこと言っているけど、ホントはそんなこと思ってないくせに…」なんて相手の発言を全て斜に見たりしていると疲れてしましますよ。

自分しか信じていないので友達を作ることにも興味がなく、周りもそれを理解しているので近寄ろうということもありません。

人を信用できないのはとても悲しいことですよね…

15. 趣味が少ない

趣味が多い人を見ていると、何だか毎日忙しそうにしていますよね。

趣味の活動もそうですが、趣味を通じてできた友達と遊びに行ったり飲みにいったりと人間関係も充実しています。

そして趣味が多い人は話題も豊富なので自然と人が寄っていきます。

誰も知らなかったような話しなど興味深いネタをたくさんもっています。

色んな経験をしているので人間的にもとても深みが出てきます。

しかし趣味が少ないと話題も少ないので、人と話しをしていてもどうも間が持ちません。

多趣味の人と比べると経験も少ないのでそこから会話を盛りかえす事も出来ません…。

16. 話題や知識が少ない

人と会話をするのに必要なものは「話題」です。

相手から話題を振ってきてくれるのなら会話もソコソコ出来るかもしれませんが、「アナタは最近どう?」と振られると固まってしまう人っていますよね。

友達が少ない人は、話題が少ないのでそれ以上会話をすることが出来ません。

また、流行などに関する知識も少ないのでせっかく話題を振られたとしても乗りきれないことも多いです。

興味のないことや好きでもないことを無理に知ろうとしなくてもいいですが、

友達になりたい相手が興味のあることや好きなことをちょっとさわりでも知っておくと、次回話すときに会話ははずみますよ。

そして仕事上でも知識が少ない人は「やる気あんの?」と煙たがられます。

仕事仲間以上の関係(友達)になるためには、まず仕事をしっかりやってから自分という存在を認めてもらうことが大切です。

17. 何事にも不平不満が多い

「今日の授業だるかったね~」「私、先生に怒られちゃった~」など、多少の愚痴なら話題やコミュニケーションの1つにもなりますが、

しょっちゅう不平不満をいっている人っていますよね。

ちょっと不満を愚痴ったつもりだったのに、話しだしたら止まらない…ということあるはず。

相手も「何がそんなに不満なんだ…?」をちょっと引いてしまいます。

ネガティブなネタは話すバランスを間違えると「いつも不満を抱えてる人」と思われてしまいますよ。

過度な愚痴や不平不満は聞かされる相手にとっては苦痛でしかりません。

話していて苦痛な相手とは友達になろうとは思いませんよね。

18. すぐに嫉妬する

恋人に嫉妬するというパターンはよくあることですが、友達に嫉妬するのはなかなうざったいものです。

「昨日、あの子と遊んでたよね?なんで声かけてくれなかったの?」「私たちって友達だよね?あの子と何を話していたの?あんまり親しくしないでほしいな」

なんて友達の行動や交友関係にいちいち嫉妬しているようではそのうち大げんかになって離れていってしまいます。

他には、他人の成功や才能に嫉妬するパターンも周囲から嫌われます。

「すごいね、コンクール入賞したんだ…ふーん」「また営業成績トップなんだ…へぇー」なんて感じが悪かったり、わざと口をきかなかったりと、

とにかく「自分より上の物(才能など)」を持つ友達には嫉妬しまくりなんてことしたら周囲から嫌がられても仕方ありませんよね…。

19. 相手の性格をすぐに決めつけて理解する

せっかく自分に興味を持って話しかけてくれた人に対して、大して話しもしていないのに「この人は●●な性格な人だ。

自分には合わないな」と決めつけていませんか?もっと話してみないとその人の性格や本質なんてわかりません。

相手の性格を決めつけることよりも、まずはとにかくもっと会話してみましょう。

そして自分が苦手だと思っていたようなジャンルの人はあえて避けて生きてきたかもしれませんが、

ちょっと踏み行って付き合ってみると、意外と意気投合することもあるかもしれませんよ。

最初から相手の性格を決めつけるのは、せっかくの友達になるチャンスを自分から捨てているようなものです。

20. 説教じみている

相手が何を言っても「いや」「でも」などと頭から否定したりする人っていますよね。

世間話をしているだけなのに何故か否定的な言葉を返されるとウンザリしてしまいますよね。

そんな人たちがさらにヒートアップすると説教じみたような話しが始まります。

「アナタはそんなことだから…」「そもそもアナタは…」など、相手は何にも悪いことをしていないのに説教がスタートしてしまいます。

そんな事ばかりをしていると「あの人に話しかけるとめんどくさいことになる」と思われてしまいます。

自分の主観が正しいと思って相手にもそれを強要しすぎると周りに誰もいなくなってしまいますよ。

友達は人生の宝になります

友達は人生をよりよくするための大切な存在です。

一緒に学び、一緒に笑い、時にはぶつかり合ったりしますが、それを乗り越えたら今まで以上に友情が深まるものです。

この友情とはお金で買うことは出来ず、まさに人生の宝のようなものなのです。

楽しみを2倍に、悲しみを2分の1に

友達がいると楽しみが2倍になるのに、悲しみは半分になるというとてもスゴイことが起きます。

例えば、映画を見に行くにしても自分1人でも楽しめるものですが友達と一緒に行くと映画を観終わったあとに

「あのシーンがすごかった!」「あの役者さんはステキだった!」とリアルタイムで共有することができます。

いい映画を見たあとは誰かと共有して語り合いたいものですよね。

友達同士ならある程度価値観も近いし、とても盛り上がることでしょう。

そして旅行などもそうです。

観光して遊んで…とするのも自分1人や家族とでも出来ますが、友達となら楽しさ倍増です。

また、友達は悲しみを半分持ってくれます。

とても悲しいことがあって、その話しを友達にすると何も言わずずっと寄り添ってくれたり、

「悲しかったね…今は泣いてもいいよ」と悲しみすらも共有してくれたりします。

親友と呼べる友達がたくさんいますか

友達でもさらに特別な存在を「親友」と言いますが、あなたには親友と呼べる友達はいるでしょうか?

友達と言っても範囲は広く、学校で話しはするがプライベートまでは一緒に遊ばない相手や、

趣味が一緒で趣味関連のイベントなどは一緒に行くという友達など、色んな付き合いの友達がいます。

しかしその中に親友と呼べる友達はいるでしょうか?

基本的に親友の基準というものはありませんが、自分が親愛の心を持って接している相手を親友と呼ぶことが多いです。

そしてその相手も自分と同じ気持ちで自分に接してくれていることが本当の親友というもので、友達の中でも特別な存在です。

「友達」がたくさんいても「親友」がいないとちょっと寂しいものですよね。

「友達」がたくさんいるよりも、「親友」がたくさんいる方がステキな人生になります。

親友になると、見えない絆で繋がっているのでしばらく会えなくなってもその縁は消えることはありません。

そしてあなたのピンチのときには必ず駆けつけてきてくれます。

そんなステキな親友がたくさんいると人生はとても充実しますよね。

友達が少ない人の悩みとは?

「友達なんていなくても生きていける…」そんな悲しい発言をしている人もいるでしょう。

しかし、生きて行けるかもしれませんが、友達がいないことによって困ったことや悩みごとはあるはずです。

ここでは、友達が少ない人の悩みについてご紹介します。

誰にも悩みを相談できない

悩み事があって、「自分1人では解決できないかもしれない…」「誰かにこの悩みを聞いてほしい…」と思ったときに

友達が多いと、色んな友達から様々な意見が聞けて道が開けることがあります。

友達が多いと、こんなときにホントに助けてもらったなと感じますよね。

しかし友達が少ないとなかなか相談できる相手が見つかりません。

数少ない友達も相談に乗ってもらうような間柄でなかったらどうしようもありません。

困ったときに助け合える友達がいるってとても大切なことですよね。

人間不信がいつまでも解消できない

友達が少ない人は昔から友達が少ないという人が多いです。

幼いころに友達に裏切られたりいじめの対象にされたりなどのトラウマを持っていることが多く、

元々人付き合いが苦手だった人はそこに更に人間不信というオプションが加わってしまっていることがあります。

ホントはいつまでもこのままではいけないと本人もわかっているのですが、昔の思い出に縛られてしまい、いつまでもに人間不信が解消できずに苦しんでいるという人もいます。

人間不信は、並大抵のことでは解消することはできません。

いつも誰かを疑っているのってとても疲れますよね。

いつもあちこち体調が悪い

昔から体が弱かったり、何となくいつも体の調子が悪いと周りから遊びなどのお誘いがあったとしても断ってしまうことが多いですよね。

毎回体の不調を理由にお誘いを断っているうちに、周りも「あの人はまた体調が優れないからと断るだろう」と判断して、

いつの間にかお声がかからなくなった…なんてことも多いはず。

体の調子が悪いのに無理してお誘いにのっても周りに迷惑をかけてしまうだけなので

断るという選択肢は間違ってはいないのでしょうが、その体調の悪さが周囲を遠ざけてしまっているのです。

また、体調が悪いと気持ちに余裕がなくなって自然と機嫌が悪くなってしまいますよね。

常に体調が悪いと常に機嫌が悪いということにもなりますので、そんな機嫌が悪そうな人に周りは近寄りません。

仕事でも人間関係でつまずく

意図していなくても、何故か仕事でも人間関係でつまづく人っていますよね。

自分ではそういうつもりはないのに注意不足でいらない発言をしたり、仕事でミスを連発したりとおっちょこちょい的な人は結構周りから嫌われるものです。

最初は笑って済ましてくれていた周りの人たちも、あまり何度も失言やミスをされるとイライラされてしまいます。

また、「仕事はできるけど、友達が少ない人」はプライベートは寂しいですが、仕事ではやることはちゃんとしているので職場では一目置かれます。

しかし「仕事の出来ない、友達が少ない人」はプライベートもそうですが、職場でも相手にされないことが多く、職場での人間関係も寂しいものです。

人生の喜びや楽しみの感度が低くなる

嬉しいことや新たな発見があったときに「誰かと楽しいことを共有したい」という思いって結構誰にでもあるものです。

今だったらSNSなどにアップして手軽に友達を共有することができますよね。

しかし友達が少ないと楽しいことの共有をしようがありません。

友達と「楽しいよね」「スゴイよね」って言い合えることって、それまで感じていたものが何倍にもなります。

また、旅行やアウトドアーなども友達と行くととても楽しいものになります。

1人で行くと観光やしたいことができてスムーズかもしれませんが、友達と行くと予定はグダグダになってしまいやすくなるかもしれませんが、そのグダグダすら楽しく感じます。

しかし友達が少ない人はその友達と「嬉しい」「楽しい」を共有することができません。

そして友達同士でキャッキャしている集団を見ると「何がそんなに楽しくてはしゃいでいるのか」「それってそんなに嬉しいこと?」など冷めた目で見ています。

楽しいことは、「何をしたか」ということも大切ですが「誰としたか」という事はもっと大切だと思います。

1人でやるより友達とした方が数倍楽しい事ってたくさんあります。

楽しいことをもっと楽しく、嬉しいことをもっと嬉しく感じるためには「友達」の存在は不可欠です。

【友達探しは、こちらの記事もチェック!】