今まで楽しく遊んでいた友人が、なんだか急によそよそしくなったように感じた経験はありませんか?

自分としては、いつも通りに接していたのですが、何か気に食わなかったことがあったのでしょうか。

それがかいもく見当がつかないので不安なのです。

もしも、不注意にも気に障ることを言ってしまっていたなら、素直に謝りたいとは思うのですが、どうしようかと悩んでしまったのです。

ストレートに、「最近どうかしたの?元気なさそうだね!」などと尋ねてみることにしたのです。

「最近、なにかおかしいね?」などと質問形式にせずに、「元気がないね」と健康面を尋ねる形にしてみました。

すると、彼が言うには、小さい時から可愛がってくれた祖母が、最近体調を崩して病院の集中治療室に入っているとのことでした。

友人達とは直接関係がないのですが、心の片隅にモヤモヤ感が残っていて、思い切り弾けて遊べない雰囲気だそうでした。

雰囲気が暗くなった理由がわかったので、それはそれとしてこれまで通りに過ごそうと話し合ったのでした。

そういう事情も考慮して、遊ぶことにしたのです。

会社の先輩は、顔はこわもてなのですが何でもよく知っている賢い人です。

みんなの信頼も厚くて、何かの時にはよく助けてもらうので慕われているのです。

ある時に、会社の食堂で昼食をみんなで食べていた時です。

ペットの話題になって、事務所の中年の女性は犬(ポメラニアン)が大好きで、家に帰ればずっと一緒に過ごしているという話題になったのです。

仲間の一人が、彼女は毎日ペットとお散歩に行くようですが、暑い夏場はアスファルトが高温になっているし、真冬は道が凍っているので冷たいので可哀そうだということで、そのころはペットを抱いて散歩するそうです。

そんなペットを可愛がる人の話をしているうちに、つい誰かが「ペットを溺愛している人と言うのは、わがままな人が多いね。

ペット中心の生活になってしまって、可哀そうだよね!」とおもしろおかしく話したのです。

その時は、そのままの雰囲気で昼食を終えたのですが、次の日からその先輩は一緒に昼食をとらなくなった野でした。

ちょっと仕事が残っているとか、至急連絡する必要があるとか言いながら、遅れてお昼を食べるようになったのです。

みんなもちょっとおかしいねと感づき、心当たりを探ってみました。

すると、分かったことは、娘さん家族と奥さんがアメリカのディズニーランドに旅行に出かけていることが分かりました。

一週間ほどは、彼が一人で生活しているようです。

それで、心寂しいから一緒にお昼を食べないのかな?いかつい顔つきなので、寂しがっているところを見られたくなかったのかな、などと推測したのです。

しかし、さらに先輩の同期の人から聞いた情報では、なんと先輩は大のペット好きなのでした。

奥さんとチワワを2匹飼っていて、とても大事に育てているようなのです。

「へえ、あの先輩が家ではチワワと戯れているの?」とみんなは大変驚いたのです。

しかも、事務所の女性の可愛がり方と全く同じで、暑い時や寒い時期には大事に抱いて散歩しているそうなのです。

それで、奥さんたちが旅行中は、ペット専用のホテルに預けているので、家に帰ってもペットと遊べないので寂しがっていたのです。

そのことが原因なのかと思っていたら、そうではありませんでした。

その先輩も一緒に昼食を食べていた時に、後輩が「ペットを溺愛している人は、わがままだ」と言った言葉が引っかかっていたのです。

「俺は、我がままに見られるのか」と落胆して、ちょっと避けていたようなのです。

その先輩がいないところで、うかつにもペットが好きな人の悪口を言ってしまって心に傷をつけたようだと反省し、今後はペットの話をしないようにしようと決めたのです。

時が経つとそんなことも忘れてしまい、またいつも通りにお付き合いするようになったのですが、ちょっとした言葉で相手を傷つけてしまうことになることを知ったのです。

言葉遣いには、気を付けるべきだと思ったのでした。

この記事の目次

その気がないのに相手を不快にしてしまってること、あるかも!?


先ほどの、ちょっとした言葉遣いだけでなく、行動や態度でも同じようなことがあるはずです。

こちらはそんなつもりは無いのに、誤解されてしまったり悪いように取られてしまった経験はあるはずです。

「そんなつもりじゃ無かったんですけど」と言い訳しても、後の祭りです。

しっかりと相手の心にインプットされて、「このことは絶対に忘れないわ!」というばかりの表情で睨みつけるのです。

このように、相手の気持ちがハッキリとしている場合はまだいいのですが、何も言わないし表だって態度にも表さないけれども不快に思っているという状況では、こちらもどうしようもないのです。

何かがあるまでは、分からないからです。

いろんなことが重なっている時代ですから、こちらもその気がないのに、相手を不快にさせてしまっていることがあるかも知れません。

結構多い!人ってどんな時に不快に思うの?

私の友人の中に、とにかく性格的に細かい女性がいます。

その人と合流して、久しぶりだから食事に行こうということになったのです。

それまでに時間があったので、デパートにウインドウショッピングに出かけました。

時間つぶしの目的ですが、洋服売り場に入って飾っている服を眺めて話込んでいると、店員が寄ってきて「服をお探しなら、お手伝いさせていただきましょうか?」と声をかけてきたのです。

すると友人は、「もう結構です」と告げるとそそくさと出ていくのです。

私も後を追って行くと、「あの店員、態度が悪いね!」と不快な顔をするのです。

「どうして?」と聞くと、「こちらが楽しく見ているところを上から目線で邪魔をしたからよ!」とのことでした。

「買う気があるかどうかぐらい分かるはずよ!」「買う気が無ければ、早く出て行けと言わんばかりでしょ!」とのコメントです。

なるほど、声のかけ方一つでも不快に感じることもあるんだなと関心したのでした。

さらに一緒に店内を回ると、いろいろと不快なところがあるようでした。

そんなことを、もう少しまとめてみました。

嘘をつかれた時

今までで、嘘をついたことなどないと、言い切れる人はいないはずです。

人は、誰でも多かれ少なかれ嘘をつくものです。

「嘘も方便」というように、嘘をつくことは悪いことですが、時と場合によっては必要なことと言う意味です。

こんな事例はたくさんあります。

嘘で思いつくのは、私はサンタクロースです。

クリスマスにはサンタクロースがプレゼントを届けてくれると子供は信じています。

しかも、煙突から入って来て靴下の中にプレゼントを置いていくのです。

そこで、小さな子供を持っている家庭では、クリスマスプレゼントを用意しておいて、子供が寝ついた時に枕元にそっと置いたのです。

朝になって子供が目を覚ますと、そのプレゼントを見つけて大喜びするのです。

しかし、段々と大きくなってくると、知恵がつきます。

「僕の家には煙突が無いのに、どこから入ってきたの?」「どうして僕が欲しいものが分かるんだろう?」「トナカイに乗ってきたの?」「ママは、サンタに会ったことがあるの?」などと矢継ぎ早に聞いてくるのです。

「サンタは、いつも空からみんなを見ているのよ。」などと嘘をついてごまかすのです。

だから、いつ子供たちに本当のことを言うべきかと、親は悩んでいるのです。

こんな可愛い嘘ならまだ許せるのですが、自分が有利になるように嘘をついたり、相手に罪をきせるためにつく嘘は、許すことができないのです。

嘘だと分かった時には、ものすごく不快に感じて、その人とは付き合わないようになるのです。

辛い仕事をしたくないことから、ちょっと体調が悪くなったとか、風邪を引いたなどと嘘をついてすぐに仕事を休む人もいます。

こんな人は、虚言癖という名の病気でもあって、平気で嘘がつける性格なのです。

困った性格なので、大事な仕事は任せられなくなってしまうのです。

軽い嘘でも、嘘をつかれたとなると不快に感じてしまいます。

話を遮られた時

せっかく自慢話をしているところで、「それはそうと、あの件はどうなったの?」などと、全く別の話題を出して話を遮る人がいます。

人の話の腰を折るとも言いますが、遮られた人にとっては、耐えられなくなるのです。

せっかくいいところになるというのに、邪魔をするのです。

不快なことなのです。

このように、人の話をよく遮る人は、案外寂しがり屋で、自分のことを認めてもらえないからこういう行為に走るのです。

また、何でも自分がみんなの人気者であって、自分の話をまず聞くべきだと思い込んでいるのです。

そして、自分の意見や主張を押し通したいという気持ちなのです。

わがままな人とも言えます。

こんな人に話をさえぎられると、今までの話が途中で切れてしまうので、とても不快なのです。

勝手に決めつけられた時

自分がいないところで、自分の行動を勝手に決められても不快なものです。

たとえ簡単なことでも、自分の意見を聞いてほしいのです。

例えば、今度の休日にみんなでBBQをしようという計画を立てたのだが、私の知らないうちに全員参加となっていた。

後で聞いたところでは、多分私も参加するだろうと考えたようです。

しかし、その日は別の行事に出席することに空いていたので、BBQには参加できないのです。

私は多分参加するだろうと決めつけた人を確認すると、可愛がっている後輩のようだ。

そこで、私の都合も聞かずに勝手に決めるなと怒って欠席に変更してもらったのだが、しばらくは不快で気分が悪かったのです。

マナーが悪い人が近くにいる時


マナーが悪い人も困ったものです。

みんなが集まっている広場や電車の中などで、自分勝手に振る舞っている人がいると、誰もが不快に感じる物です。

マナーが悪い人に注意しても、自分にも権利があるとかいう屁理屈を並べて、決して対応しない人がいるのも事実です。

法律で決まっていることなら強く言えるのですが、マナーという位置づけなら強制はできないのです。

最近の大きなマナーの話題と言えば、車による煽り運転のことですね。

連日のように、煽り運転のニュースが届いています。

急な割り込みをされたとか車線変更をしたとか、それに対しての怒りからなのか煽り運転をするのです。

高速道路上で車をわざと止めて、言いがかりをつけてくる行為は、マナーが悪いと言うのを通り超えて危険極まりない行為なのです。

これも、相手のことを配慮してマナーを守って運転すればいいと思うのですが、それよりも感情が先行してしまうようですね。

以前は、駅のホームや通路でも平気で唾をはいていたりゴミも捨て回っていたのでしたが、みんなでマナーを注意するようになって、清掃もキッチリと行っているためか、めっきり少なくなって綺麗になったようです。

海外からの観光客もますます増えて来るので、お互いに気持ち良く過ごすためにも、マナーを守ることは大事なことなのです。

マナーが悪い人が近くにいるだけでも、不快に感じてしまうのです。

歩きタバコ

最近は喫煙場所が限定されてきたので、歩きたばこも大変少なくなったようです。

タバコは、好き嫌いがハッキリしているために、とても気になるものです。

地方条例で歩きたばこが禁止されているところも増えて、愛煙家にとっては厳しい時代になったのです。

ですが、歩きたばこのポイ捨てによる火災や、混雑しているところでは子供の身体に接触して火傷をする危険性もあるので、街中では慎んでもらいたいものです。

さらに、たばこ嫌いの人が気にしているのは、タバコの煙です。

タバコを吸いながら歩いている人の後を行くと、タバコの煙の臭いを感じてしまい、大変嫌がるものです。

しかも、受動喫煙という弊害も報告されています。

つまり、夫が喫煙者である場合には、夫が非喫煙者の場合と比べると、タバコを吸わない女性であっても肺がんにかかる確率は10倍以上に高いという結果です。

いわゆる、タバコの紫煙による影響と見られています。

だから、タバコを吸わない女性達にとっては、余計に歩きたばこと言えどもその煙に敏感なようです。

こんなことから、歩きたばこをしないというマナーは守ってほしいものです。

人を不快にするのです。

食べ方が汚い

楽しい食事の場面でも、食べ方が汚い人がいます。

口を開けて、クチャクチャと音を立てて食べる人や、大きな声で喋りながら食べる人も敬遠します。

なぜなら、美味しいものは静かに味わいたいし、口から泡を飛ばすように大きな声で喋ると、本当に唾が飛んで来るのを見た経験があります。

自分のお皿の上まで飛んで来るので、衛生的に不快に感じて困ったものです。

食べながら興奮して話さないように言ったのですが、話に熱が入るとまた興奮して唾を飛ばすことになったのです。

もうこんな人との食事はしたくないと思いました。

クチャクチャという噛む音も耳に残るものです。

小さい時からの躾の問題でしょうが、大人になっても直らない人も困ったものです。

テーブルの上に、ボロボロと食べ物をこぼしながら食べる人も不快な物です。

せっかくの美味しい料理も、台無しになってしまうからです。

お互いに不快に感じないように、食べ方にも気を配るようにしましょう。

公共の場で騒いでいる

最近では公共の場で騒ぐことで憂さを晴らす人も多くなったようです。

例えば、秋のハロウィンのイベントの時です。

若者がそれぞれに趣向を凝らした仮装で街に繰り出し、夜遅くまで渋谷の街を闊歩していることです。

中には、お酒に酔ってしまって路上に寝てしまったり喧嘩をしたり、挙句の果ては犯罪を犯したリ軽トラックを横転させて騒いだりと大変でした。

とうとうその行動にたまりかねた警察が、騒ぎを起こした人達を特定して逮捕したようです。

サッカーの試合がある時も、同じように渋谷の交差点の付近に若者が集まって騒ぎ出したのです。

こんなニュースはみなさんもご存知のことと思いますが、公共の場で騒ぐということは不快なことなのです。

大声で喋る

大勢で集まって騒ぐ時には、誰かが大声で叫んでいる光景を見ます。

興奮すると、しかもお酒が入ると大声で話したり叫んだりするようです。

夜遅くになって住宅街もひっそりと静まり返っている時などに、酔っ払いが大きな声で叫びながら歩いていると、近寄りがたいものです。

夜が遅いので、静かにしておこうという考えもなく、自分の思うままに行動することは、マナーが悪いと言わざるを得ません。

マナーを知ってはいるものの、あえてそれを破っている所にも問題があるようです。

どのような時でも、大声で喋ることは控えるべきです。

自慢話をされている時

誰も聞いていないのに、自慢話をしたがる人がいます。

「先月はヨーロッパに行ってきたし、その前はハワイで休養してきたの」などとさりげなく自慢するのです。

「すごいね、今度はどこに行く計画?」などと水を向けると、また自分の意見を長々と説明するのです。

周りの人は、「余計なことを聞くなよ!」と目配せをしているのですが、その人の自慢話は止まりません。

「今度は、前回時間が無くて行けなかった観光地をまわる予定なの」などとその話が盛り上がるのです。

聞きたくもない自慢話は、聞かされる方にとっては不快そのものなのです。

見たくないものを見てしまった時

見たくもなかったものを見てしまった時には、その光景が目に焼き付いてしまって、二度と忘れられなく記憶に残ってしまうのです。

ある友人が大好きな中華食堂がありました。

料理はどれも美味しくて大好きだというのです。

友人と食事に行くときにも、そのお店をよく利用していたのです。

「あんなにいい中華のお店は他にはないよ!」というほど、入れ込んでいたのでした。

しかし、ある時にお店に忘れ物をして引き取りに出かけた時でした。

勝手口から来てほしいというので、そこから厨房に入ると床は残飯で足の踏み場もない程で、しかも盛り付けしている料理のお皿の周りには、ゴキブリの親子が歩いていたのでした。

店主はそれを手でぴしゃりとつぶして払い落したのでした。

その光景が頭から離れず、忘れ物を返してもらってから一目散に出て行ったのでした。

それからというものは、そのお店の調理場の汚れた状態が非常に不快に感じてしまって、そのお店に行くことはなくなったのです。

見たくないものを見てしまった結果なのです。

カップルが公共の場でイチャイチャしているのを見た時

電車に乗ったら、ドアの側でカップルが身体を寄せ合っていちゃついていることがあります。

先日は、男子が女子の頬にキスをしていたのを間近で見てしまったのです。

見ようとは思わなかったのですが、見えるのです。

女子も恥ずかしいという感覚がないようで、甘い声で囁いていたのです。

暗くなってくると、ホームの端の方で抱き合ってキスをしているカップルも見かけます。

まあ、熱く燃え上っているので邪魔をする気もないのですが、彼らは見られることにも快感を得ているように思えてしまいます。

しかし、こちらは仕事で疲れて帰ろうという時に、イチャイチャしているところを見せつけられては、不快に感じてしまいます。

理不尽に怒られた時

何を言っているのか、何に文句があるのか分からないけれども、怒っている人が時々います。

地下街を歩いていると、あるおばさんが急にこちらを睨みつけて怒鳴っているのです。

何がなにやらチンプンカンプンなのです。

しかし、後ろには誰もいないし、やっぱり私に向かって叫んでいるようなのです。

距離にして3メートル。

慌てて状況を確認して、横をすり抜けて逃げました。

すると、近くのお店の店員さんが私に見かねて、「あの人はいつも大声で怒っているんですよ。びっくりしたでしょう」と伝えてくれました。

この地下街の名物なのかも知れません。

しかし、理不尽に怒られたときには、非常に不快なものです。

嫌味を言われた時

嫌味でも、褒めるように言われる嫌味というのは非常に不快なものです。

例えば、上司に依頼された仕事を何とかやり遂げたので報告に出向くと、「何とか出来上がったようだな。しかし、どうなるかとヒヤヒヤして見ていたんだよ。私ならあんな方法は取らないよ。効率が悪いもの。まだまだだね!」と言われたときです。

やり方がまずくても、目標は達成できたんだから、「頑張ってくれたね」と労いの言葉ぐらいかけてくれるのが上司だろう、と不快に感じたのでした。

ストレートに言わない嫌味は、不快なものなのです。

好きなものを否定された時

居酒屋で飲みながら男性同士で口論するのは、好きなものを否定されて逆上する時です。

スポーツでもそうですが、ひいきのチームの悪口を言われたときには、嫌な感じになります。

しかも、知ってか知らずかライバルチームの大ファンに向かって、そのチームの悪口を並べ立てると我慢できなくなります。

最初は黙って聞いていたのですが、話に熱が入ってしまい、ライバルチームのファンに向かって「あんなチームを応援している奴の気が知れないね!」などと同意を求めると、その瞬間に不快を通り越してキレてしまうのです。

好きな女優や歌手なんかもそうです。

その歌手が大好きなファンに向かって、「何であんな下手くそな奴が紅白に出れるんだろうね!」などと同意を求めると、好きなものを否定されるので不快に思ってしまうのです。

「あの歌手は歌が上手くて好きだねえ!」と褒める時は問題がないのですが、否定されると非常に不快に思うのです。

話を聞いてもらえない時

せっかく一生懸命に有益な話をしようとしたのに、全く別の話題を取り上げようとする時があります。

心の中では、「今までおまえの話を聞いてあげたのに、私の話も聞いてくれ!」と心の中で叫んでいるのです。

まあ、私の話し方も下手なのですが、少しも話を聞いてくれない時には、不快になってしまいます。

話を遮られた時

途中まで話を聞いてくれていたのに、急に思い出したように別の話題を取り上げてきて、話を遮られた時も腹が立って不快になるのです。

他人の話はまずは聞いてあげる姿勢を示すことです。

見下された時

相手を見下すような雰囲気も不快なものです。

何があっても、何を言っても、おまえはまだ俺を追い越していないと、鼻から軽蔑しているような雰囲気なのです。

こんな軽率な男に見下されているかもと思うだけでも不快になってくるのです。

集中している時に話しかけられた時

将棋の世界では若い藤井七段が、デビュー以来順位戦で18連勝を記録したと話題になっています。

本当に強いのですが、公園でお年寄りたちがよく将棋を指している光景が見られます。

楽しそうですが、中には文句を言う人もいるのです。

それは、素人同士が将棋を指して楽しんでいる時に、通りがかった将棋の上手い人がそれを覗き込むのです。

最初は黙って見ていたのですが、あまりの下手な手を見かねて、「それはダメだよ!そんな手はないよ!」などと口を挟むのです。

すると、将棋を指していた人が、「下手なりに集中して考えているんだよ!口を出すなよ!」と怒ったのでした。

そうです、集中している時に話しかけられると不快なものなのです。

悪口を言われた時

悪口は最悪です。

まだ面と向かって言うのならいいのですが、陰口をたたかれては黙っていられません。

悪口は不快以外のなにものでもありません。

しつこくされた時

時々、自宅に何かの勧誘の電話が入ることがあります。

忙しい時に限って、電話をかけてくるのです。

要件を聞いた時点で断ろうとするのですが、あれやこれやと話を振ってきて、話を繋ごうとするのです。

しつこくされると不快になってしまいます。

仲良くないのに馴れ馴れしくされた時

何かの会合で、顔見知りだけれども親しくもない人に、馴れ馴れしくされる時があります。

私の友人は、「あの人、知っているの?みんなに嫌われている人よ!」などと忠告されます。

このように、仲良くないのに馴れ馴れしくされると不快に感じます。

不快にさせてしまった時の5個の対処法とは

ここからは、相手を不快にさせてしまった時の対処法をご紹介します。

素直に謝る

相手が不快になった原因が分かっている時は、そんなことをしてしまって申し訳ないと素直に謝ることです。

謝る時は、不快にしたと分かった時点で、できるだけ早い方が良いのです。

直接が難しければLINEで

直接謝る機会がすぐにないのであれば、LINEなどですぐに謝ることもできます。

目上の人ならば、後日直接お詫びしたいと添えて送ればよいのです。

仲間同士なら、まずはメールで連絡することも可能です。

大人しくする

不快にさせてしまった相手なら、相手の気持ちが落ち着くまでしばらく距離を取って大人しくしていることです。

別の機会に、改めてお詫びすればよいのです。

しばらく距離を置く

先ほど書いたように、大人しくしておくには、しばらく距離をおくことがベターでしょう。

同じ職場やグループでも、何かの口実を作って仕事以外では離れておくのです。

口出しをしない

へぼ将棋を見て横から口出しするように、相手にちょっかいを出すことは慎むべきです。

大人しくて弱い奴だから大丈夫と思っていると、しっぺ返しを食らうことになるのです。

関係がないことまで、相手に善かろうと思って余計な口出しをしてしまうことは、相手にとっては余計なおせっかいだということもあるからです。

知らないことには、容易に関わって口出しをしないことです。

性格を見直す

知らず知らずのうちに、相手を傷つけるようなことを軽々しく喋っていないかと、自分の性格を見直すことも大事です。

あなたの周りで嫌われている人を見かけると、あんなふうになりたくはないと感じるはずです。

相手を不快にさせてしまっているからです。

そんな人を観察しているとよく分かりますが、ちょっとした不快な行為を積み重ねていることが分かります。

そのちょっとした配慮ができないのです。

実はちょっと自分の言動を見直すだけでも、十分にあなたの性格を変えることができるのです。

考え方を改める

つい慣れてしまうと初心を忘れるものです。

知らず知らずのうちに、みんなに不快な思いをさせていないかと、言動を振り返ってみることも大事です。

そのためには、相手が何か不快なしぐさを見せれば、自分の言動になにか原因があるのかと感づき、考え方を改めてみることが大事なのです。

例えば、誰とでも笑顔できちんと挨拶ができているか、相手の話をしっかりと聞いているか、約束は守っているかなど、簡単なことですがこんな基本の行動もできていなければ、それは大きな問題なのです。

もしそうなら、今から直ぐに考え方を改めましょう。

自分が不快に思うことは相手も不快に思うんです!

相手から注意を受けて、初めて相手を不快にさせてしまったと反省する時があります。

「そんなつもりではなかったんだけれど」となってしまうことは、誰でもよくあることです。

そんな時の大きな原因は、たいていは余計な言葉を発言してしまう時です。

相手とのコミュニケーションが上手く行かなかったと言えます。

ボタンの掛け違いということわざがありますが、相手のことを誤解していたり、自分勝手に判断してしまう時に起こるのです。

物事に対する価値観も当然違いますし、その人の生き方やポリシーも持っているはずです。

自分の考え方は至極当然のことで、みんなもきっと賛成してくれるだろうという、身勝手な考え方で行動することや発言することで、相手が不快に思うこともあると知るべきです。

いろんな考え方を持った人がいるということです。

そして、自分が不快に思うことは相手も不快に思うということを忘れないようにしましょう。