今まで楽しく遊んでいた友人が、なんだか急によそよそしくなったように感じた経験はありませんか?

自分としては、いつも通りに接していたのですが、何か気に食わなかったことがあったのでしょうか。

それがかいもく見当がつかないので不安なのです。

もしも、不注意にも気に障ることを言ってしまっていたなら、素直に謝りたいとは思うのですが、どうしようかと悩んでしまったのです。

ストレートに、「最近どうかしたの?元気なさそうだね!」などと尋ねてみることにしたのです。

「最近、なにかおかしいね?」などと質問形式にせずに、「元気がないね」と健康面を尋ねる形にしてみました。

すると、彼が言うには、小さい時から可愛がってくれた祖母が、最近体調を崩して病院の集中治療室に入っているとのことでした。

友人達とは直接関係がないのですが、心の片隅にモヤモヤ感が残っていて、思い切り弾けて遊べない雰囲気だそうでした。

雰囲気が暗くなった理由がわかったので、それはそれとしてこれまで通りに過ごそうと話し合ったのでした。

そういう事情も考慮して、遊ぶことにしたのです。

会社の先輩は、顔はこわもてなのですが何でもよく知っている賢い人です。

みんなの信頼も厚くて、何かの時にはよく助けてもらうので慕われているのです。

ある時に、会社の食堂で昼食をみんなで食べていた時です。

ペットの話題になって、事務所の中年の女性は犬(ポメラニアン)が大好きで、家に帰ればずっと一緒に過ごしているという話題になったのです。

仲間の一人が、彼女は毎日ペットとお散歩に行くようですが、暑い夏場はアスファルトが高温になっているし、真冬は道が凍っているので冷たいので可哀そうだということで、そのころはペットを抱いて散歩するそうです。

そんなペットを可愛がる人の話をしているうちに、つい誰かが「ペットを溺愛している人と言うのは、わがままな人が多いね。

ペット中心の生活になってしまって、可哀そうだよね!」とおもしろおかしく話したのです。

その時は、そのままの雰囲気で昼食を終えたのですが、次の日からその先輩は一緒に昼食をとらなくなった野でした。

ちょっと仕事が残っているとか、至急連絡する必要があるとか言いながら、遅れてお昼を食べるようになったのです。

みんなもちょっとおかしいねと感づき、心当たりを探ってみました。

すると、分かったことは、娘さん家族と奥さんがアメリカのディズニーランドに旅行に出かけていることが分かりました。

一週間ほどは、彼が一人で生活しているようです。

それで、心寂しいから一緒にお昼を食べないのかな?いかつい顔つきなので、寂しがっているところを見られたくなかったのかな、などと推測したのです。

しかし、さらに先輩の同期の人から聞いた情報では、なんと先輩は大のペット好きなのでした。

奥さんとチワワを2匹飼っていて、とても大事に育てているようなのです。

「へえ、あの先輩が家ではチワワと戯れているの?」とみんなは大変驚いたのです。

しかも、事務所の女性の可愛がり方と全く同じで、暑い時や寒い時期には大事に抱いて散歩しているそうなのです。

それで、奥さんたちが旅行中は、ペット専用のホテルに預けているので、家に帰ってもペットと遊べないので寂しがっていたのです。

そのことが原因なのかと思っていたら、そうではありませんでした。

その先輩も一緒に昼食を食べていた時に、後輩が「ペットを溺愛している人は、わがままだ」と言った言葉が引っかかっていたのです。

「俺は、我がままに見られるのか」と落胆して、ちょっと避けていたようなのです。

その先輩がいないところで、うかつにもペットが好きな人の悪口を言ってしまって心に傷をつけたようだと反省し、今後はペットの話をしないようにしようと決めたのです。

時が経つとそんなことも忘れてしまい、またいつも通りにお付き合いするようになったのですが、ちょっとした言葉で相手を傷つけてしまうことになることを知ったのです。

言葉遣いには、気を付けるべきだと思ったのでした。

その気がないのに相手を不快にしてしまってること、あるかも!?


先ほどの、ちょっとした言葉遣いだけでなく、行動や態度でも同じようなことがあるはずです。

こちらはそんなつもりは無いのに、誤解されてしまったり悪いように取られてしまった経験はあるはずです。

「そんなつもりじゃ無かったんですけど」と言い訳しても、後の祭りです。

しっかりと相手の心にインプットされて、「このことは絶対に忘れないわ!」というばかりの表情で睨みつけるのです。

このように、相手の気持ちがハッキリとしている場合はまだいいのですが、何も言わないし表だって態度にも表さないけれども不快に思っているという状況では、こちらもどうしようもないのです。

何かがあるまでは、分からないからです。

いろんなことが重なっている時代ですから、こちらもその気がないのに、相手を不快にさせてしまっていることがあるかも知れません。

結構多い!人ってどんな時に不快に思うの?

私の友人の中に、とにかく性格的に細かい女性がいます。

その人と合流して、久しぶりだから食事に行こうということになったのです。

それまでに時間があったので、デパートにウインドウショッピングに出かけました。

時間つぶしの目的ですが、洋服売り場に入って飾っている服を眺めて話込んでいると、店員が寄ってきて「服をお探しなら、お手伝いさせていただきましょうか?」と声をかけてきたのです。

すると友人は、「もう結構です」と告げるとそそくさと出ていくのです。

私も後を追って行くと、「あの店員、態度が悪いね!」と不快な顔をするのです。

「どうして?」と聞くと、「こちらが楽しく見ているところを上から目線で邪魔をしたからよ!」とのことでした。

「買う気があるかどうかぐらい分かるはずよ!」「買う気が無ければ、早く出て行けと言わんばかりでしょ!」とのコメントです。

なるほど、声のかけ方一つでも不快に感じることもあるんだなと関心したのでした。

さらに一緒に店内を回ると、いろいろと不快なところがあるようでした。

そんなことを、もう少しまとめてみました。

嘘をつかれた時

今までで、嘘をついたことなどないと、言い切れる人はいないはずです。

人は、誰でも多かれ少なかれ嘘をつくものです。

「嘘も方便」というように、嘘をつくことは悪いことですが、時と場合によっては必要なことと言う意味です。

こんな事例はたくさんあります。

嘘で思いつくのは、私はサンタクロースです。

クリスマスにはサンタクロースがプレゼントを届けてくれると子供は信じています。

しかも、煙突から入って来て靴下の中にプレゼントを置いていくのです。

そこで、小さな子供を持っている家庭では、クリスマスプレゼントを用意しておいて、子供が寝ついた時に枕元にそっと置いたのです。

朝になって子供が目を覚ますと、そのプレゼントを見つけて大喜びするのです。

しかし、段々と大きくなってくると、知恵がつきます。

「僕の家には煙突が無いのに、どこから入ってきたの?」「どうして僕が欲しいものが分かるんだろう?」「トナカイに乗ってきたの?」「ママは、サンタに会ったことがあるの?」などと矢継ぎ早に聞いてくるのです。

「サンタは、いつも空からみんなを見ているのよ。」などと嘘をついてごまかすのです。

だから、いつ子供たちに本当のことを言うべきかと、親は悩んでいるのです。

こんな可愛い嘘ならまだ許せるのですが、自分が有利になるように嘘をついたり、相手に罪をきせるためにつく嘘は、許すことができないのです。

嘘だと分かった時には、ものすごく不快に感じて、その人とは付き合わないようになるのです。

辛い仕事をしたくないことから、ちょっと体調が悪くなったとか、風邪を引いたなどと嘘をついてすぐに仕事を休む人もいます。

こんな人は、虚言癖という名の病気でもあって、平気で嘘がつける性格なのです。

困った性格なので、大事な仕事は任せられなくなってしまうのです。

軽い嘘でも、嘘をつかれたとなると不快に感じてしまいます。

話を遮られた時

せっかく自慢話をしているところで、「それはそうと、あの件はどうなったの?」などと、全く別の話題を出して話を遮る人がいます。

人の話の腰を折るとも言いますが、遮られた人にとっては、耐えられなくなるのです。

せっかくいいところになるというのに、邪魔をするのです。

不快なことなのです。

このように、人の話をよく遮る人は、案外寂しがり屋で、自分のことを認めてもらえないからこういう行為に走るのです。

また、何でも自分がみんなの人気者であって、自分の話をまず聞くべきだと思い込んでいるのです。

そして、自分の意見や主張を押し通したいという気持ちなのです。

わがままな人とも言えます。

こんな人に話をさえぎられると、今までの話が途中で切れてしまうので、とても不快なのです。

勝手に決めつけられた時

自分がいないところで、自分の行動を勝手に決められても不快なものです。

たとえ簡単なことでも、自分の意見を聞いてほしいのです。

例えば、今度の休日にみんなでBBQをしようという計画を立てたのだが、私の知らないうちに全員参加となっていた。

後で聞いたところでは、多分私も参加するだろうと考えたようです。

しかし、その日は別の行事に出席することに空いていたので、BBQには参加できないのです。

私は多分参加するだろうと決めつけた人を確認すると、可愛がっている後輩のようだ。

そこで、私の都合も聞かずに勝手に決めるなと怒って欠席に変更してもらったのだが、しばらくは不快で気分が悪かったのです。

マナーが悪い人が近くにいる時


マナーが悪い人も困ったものです。

みんなが集まっている広場や電車の中などで、自分勝手に振る舞っている人がいると、誰もが不快に感じる物です。

マナーが悪い人に注意しても、自分にも権利があるとかいう屁理屈を並べて、決して対応しない人がいるのも事実です。

法律で決まっていることなら強く言えるのですが、マナーという位置づけなら強制はできないのです。

最近の大きなマナーの話題と言えば、車による煽り運転のことですね。

連日のように、煽り運転のニュースが届いています。

急な割り込みをされたとか車線変更をしたとか、それに対しての怒りからなのか煽り運転をするのです。

高速道路上で車をわざと止めて、言いがかりをつけてくる行為は、マナーが悪いと言うのを通り超えて危険極まりない行為なのです。

これも、相手のことを配慮してマナーを守って運転すればいいと思うのですが、それよりも感情が先行してしまうようですね。

以前は、駅のホームや通路でも平気で唾をはいていたりゴミも捨て回っていたのでしたが、みんなでマナーを注意するようになって、清掃もキッチリと行っているためか、めっきり少なくなって綺麗になったようです。

海外からの観光客もますます増えて来るので、お互いに気持ち良く過ごすためにも、マナーを守ることは大事なことなのです。

マナーが悪い人が近くにいるだけでも、不快に感じてしまうのです。

歩きタバコ

最近は喫煙場所が限定されてきたので、歩きたばこも大変少なくなったようです。

タバコは、好き嫌いがハッキリしているために、とても気になるものです。

地方条例で歩きたばこが禁止されているところも増えて、愛煙家にとっては厳しい時代になったのです。

ですが、歩きたばこのポイ捨てによる火災や、混雑しているところでは子供の身体に接触して火傷をする危険性もあるので、街中では慎んでもらいたいものです。

さらに、たばこ嫌いの人が気にしているのは、タバコの煙です。

タバコを吸いながら歩いている人の後を行くと、タバコの煙の臭いを感じてしまい、大変嫌がるものです。

しかも、受動喫煙という弊害も報告されています。

つまり、夫が喫煙者である場合には、夫が非喫煙者の場合と比べると、タバコを吸わない女性であっても肺がんにかかる確率は10倍以上に高いという結果です。

いわゆる、タバコの紫煙による影響と見られています。

だから、タバコを吸わない女性達にとっては、余計に歩きたばこと言えどもその煙に敏感なようです。

こんなことから、歩きたばこをしないというマナーは守ってほしいものです。

人を不快にするのです。

食べ方が汚い

楽しい食事の場面でも、食べ方が汚い人がいます。

口を開けて、クチャクチャと音を立てて食べる人や、大きな声で喋りながら食べる人も敬遠します。

なぜなら、美味しいものは静かに味わいたいし、口から泡を飛ばすように大きな声で喋ると、本当に唾が飛んで来るのを見た経験があります。

自分のお皿の上まで飛んで来るので、衛生的に不快に感じて困ったものです。

食べながら興奮して話さないように言ったのですが、話に熱が入るとまた興奮して唾を飛ばすことになったのです。

もうこんな人との食事はしたくないと思いました。

クチャクチャという噛む音も耳に残るものです。

小さい時からの躾の問題でしょうが、大人になっても直らない人も困ったものです。

テーブルの上に、ボロボロと食べ物をこぼしながら食べる人も不快な物です。

せっかくの美味しい料理も、台無しになってしまうからです。

お互いに不快に感じないように、食べ方にも気を配るようにしましょう。