あなたは恋人や友人に甘えられていますか?

女性の社会進出も増えて独立した考えを持つ人が増える中、甘えるのが苦手だという人が急増しているのはご存知でしょうか?

依存にならずに、相手の負担になりすぎずに甘えるというのは意外と難しいものです。

この記事ではそんな甘えられる関係について解説していきます。

甘え上手になりたい方に是非読んで頂きたい記事です。

甘えられる関係は仲が長続きする!?

甘えられる関係とは、相手と適度な距離を保つ中で気を使わずに接する事ができる仲であるとも言えます。

相手に気を遣ってしまうと、どうしてもいつかその関係に疲れてしまう時がくるものですが、甘えられる関係ならば疲れる事なく心地よい関係を築く事ができるでしょう。

特に恋人関係において長続きするための秘訣は、甘えられる関係になるという事ですね。

カップルの甘えられる関係

カップルにおいての甘えられる関係は、とても重要です。

信頼して心の底から愛しているからこそ相手に甘えられる訳なので、あまりに甘える事がないと相手から「自分は信用されていないのかな?」「実は自分の事はあまり好きではないのかもしれない」なんて誤解を生んでしまう事もめずらしくありません。

あまつさえ、「君は僕がいなくても生きていける強い人だから」なんて捨て台詞と共に振られる可能性も無きにしもあらずです。

男性にとって甘えてくる女性は可愛い

多くの男性は女性に頼られたいと思っているものです。

だからこそ、甘えてくる女性や些細なわがままを言ってくる女性に対して放っておけないのです。

甘えられる事で自分を必要とされていると感じて「この子には自分がいなければいけない」と思う人も少なくないでしょう。

先輩後輩の甘えられる関係

先輩後輩関係などの上下関係の中にも甘えられる関係は存在します。

やる事はきっちりとやりながらも、些細な事で甘えられる関係を築いておけるといざ大きな問題が起こった時にもスムーズに相談や報告を行う事ができますね。

先輩は後輩に甘えられたい

最近では特に若い人が目上の人を敬わない傾向にあります。

そのため先輩風を吹かせたくても吹かせる事が出来ないでいる先輩は珍しくありません。

ちょっとした事で頼ったり甘えてくる後輩は、先輩にとって構い倒したくなるような可愛い存在と言えますね。

友人同士の甘えられる関係

友人同士の仲で、甘えられる関係は存在します。

お互いに甘え合ったり、どちらか一方が甘える事が多かったりと形は様々ですが、甘える事でお互いの友情を確認しているという点もありますよね。

甘えられる友達関係の友人とは一生涯の付き合いになる人も多いと言えます。

甘えられる関係の9個の特徴とは

甘えられる関係といっても、様々な関係があります。

その中でも、甘えられる関係を保っている人達に多くみられる特徴をご紹介していきます。

こんな関係を築けているならば上手に甘えられる関係が出来ていると言えるでしょう。

お互い素でいられる


甘えられる関係というのは、お互いが取り繕う事なく素の状態で居られる間柄の人達に多いです。

お互いに自分をよく見せようとする必要がなく、ありのままの自分を相手が受け入れてくれると分かっているからこそ素の状態でいられるのでしょう。

自分の良い所も悪い所も知っていてくれているからこそ、完全にリラックスした状態でいられる心地よい関係性が築かれているのです。

本当の自分を受け入れてくれる

他人の心の中というのは、どんな方法をもってしても完全に知る事はできません。

ただ相手の事を信じるしかないのです。

だからこそ甘えられる関係の人達はお互いに、相手が本当の自分を受け入れてくれると信じているからこそ素の状態でいられるのでしょう。

この事からも甘えられる関係が一朝一夕で築く事のできる関係では無い事がよくわかりますよね

尊敬できる所がある

甘えられる関係とは、対等であるからこそ成り立つ関係です。

どちらかが相手を見下していると、それは依存になってしまうからです。

対等な関係である為にはお互いに尊敬できる部分がある事が殆どです。

お互いに相手の事を凄いな、偉いなと尊敬できる関係性だからこそ、どちらかが依存し続ける事のない対等な関係が築けるのです。

尊敬できる所が一つあれば良い

尊敬できる相手だと言っても、人間ですから良い所があれば悪い所もあります。

全てが尊敬できる存在となるとあまりにも格差ができてしまい甘えられる関係にはなりにくいと言えます。

尊敬できる部分というのはあまり多くなく悪い所がある中で、一つ尊敬できる所があれば対等に甘えられる関係は成り立つと言えるでしょう。

心の底から信頼できる

人に甘える時というのは「相手を困らせてしまったらどうしよう」「相手はもしかしたら嫌だと感じているかもしれない」と相手に対して気を遣ってしまうものです。

だからこそ、多くの人はそう簡単に甘えられる関係を築く事ができないのでしょう。

既に甘えられる関係ができている人達は、お互いを心の底から信頼している事が大きな特徴としてあげられます。

甘えても嫌われない自信がある

心の底から信頼しているという事は、相手に対して嫌われない自信があるという事です。

自分が甘える事で相手が困るのならば「それは困る」と言ってくれる、甘える事で相手が自分を嫌になるなら「それは嫌だ」と言ってくれる。

そう信じているからこそ、遠慮なく甘える事ができるのです。

困った時に助け合える

甘えられる関係も、どちらか一方が甘え続けてしまうと依存と何ら変わりありません。

give-and-takeが上手くいかないと甘えられる関係は上手に成り立たないものです。

甘えられる関係を作れている人達は、お互いが困った時にお互いを助け合えるgive-and-takeの関係を築けているのです。

自分が助けてもらう事もあるから、相手の事も助けようと思えるのはある意味当たり前の事かもしれませんね。

見返りを求め合える

見返りを求めるというと何だかネガティブな印象を持つ人も多いかもしれません。

しかし、何かを与える代わりに何かを貰うというのは当たり前の事で、無償で与えられる物程責任や重圧のかかるものはありません。

自分も甘えるから、相手を甘えさせる、それは何ら卑しい事ではなく正常な関係性が築けている証拠でもあるのです。

心が癒される

嫌いな人や一緒に居て不快な人に甘えようとする人はあまりいませんよね。

リラックスした状態で向き合う事ができて心の底から信頼できる相手ですから、甘えられる関係の人と一緒にいると心が癒され穏やかになれる間柄である事が多いです。

お互いに癒しを与えあう事も既に甘えたり甘えられたりしているという事に繋がるのかもしれませんね。

会うだけでも心が満たされる

とても理不尽な目にあってどうしようもない苛立ちや怒りが心を支配してしまっている時、甘えられる関係の人と会うと八つ当たりしてストレスを解消しようとしてしまうと思いませんか?

それは大きな間違いです。

甘えられる関係の人と会うだけでも、心の苛立ちは収まり荒波のように怒り狂っていた気持ちは静かに落ち着いてくるものなのです。

甘えられる相手は、存在そのものが精神安定剤のような役割を果たしてくれる事もあるのです。

一緒にいて幸せな気分になる


甘えられる関係の人とは怒りも悲しみも喜びも共有する事ができます。

だからこそ、一緒にいると怒りや悲しみは半分に、喜びや幸せは2倍に感じる事ができるのです。

感情を共有する事で心地よく幸せな関係を築く事ができるので「この人と一緒だといつも幸せな気分だな」と感じるのならば、既にその人との間に甘えられる関係が出来上がっているのかもしれません。

何もない時に会いたくなる

フと何の理由もなく会いたいなと思う人、それはあなた自身がリラックスできる相手で心を許し合える存在だからこそそう思うのです。

甘えられる関係の人とは、そういった感情を持つ事が殆どなので、大きなイベントや何か用事のある時だけではなく、何もない時に会いたくなる人は甘えられる存在であると言えるでしょう。

甘えられる関係だからこそ自立している

甘えられる関係と聞くと多くの人は、どちらかが一方的に依存している関係をイメージしてしまいがちです。

しかし、本当に甘えられる関係というのはここぞという場面でのみ最終手段として相手に甘える事が多く、本質的にはお互い自立している人の方が多いのです。

普段自立して一人でもしっかりとやれるからこそ、甘えられる関係以外の人には弱音を吐いたり頼ったりできないのかもしれません。

お互いが別の人間である事を理解している

心から信頼していたり、相手の事を大切に思っているとついつい自分と相手は一心同体で、相手の気持ちも自分に100%向いているに違いないと勘違いしてしまう人がいます。

これは甘えられる関係ではなく依存している関係の人によくありがちです。

本当に甘えられる関係が出来ている人達は、お互いに全く別の生活や人間関係がある独立した他人である事をしっかりと理解しています。

だからこそ自立してお互い無理のない範囲で甘えられるのです。

時にはわがままも言ってしまう

甘えられる関係が出来ていても、時にはワガママや自己中心的な事を言ってしまう時もあるでしょう。

恋人同士でもそういった事はありますが、それは「相手はどの位自分の事を大切にしてくれているのだろう?」と試す意味が大きくあります。

甘えられる関係性の間柄ではそういった意味はなく、冗談のノリだったりたわがままを言う事を楽しんだりして言い合っている事が多いですね。

度が過ぎれば叱ってくれると分かっている

わがままを言い合えるというのもお互いを信頼しているからこそです。

自分が気付かない内にわがままを言い過ぎてしまっている時には、相手が自分を叱ってくれると信じているからこそ気兼ねなくわがままを言い合えるといった面もありますね。

金銭的には甘え合わない

金の切れ目は縁の切れ目と言います。

甘えられる関係を上手に作れている人はお金に関しては甘えない人達が多いです。

絶対に越えてはいけないラインをお互いにしっかりと自覚しているからこそ、金銭的に甘える事はないのです。

困った時は現物で助ける

生活費が足りなくなった、などで頼られても甘えられる関係の人達はお金を貸したりはしません。

しかし、だからと言って放っておく訳ではなく食事をごちそうしてあげたり部屋を間借りさせてあげたりなど、お金は貸せないけれども見捨てる事はしないのも特徴と言えますね。

甘え上手な人の特徴とは

甘えられる関係の中には必ず「甘える側」と「甘えられる側」という役割に分かれます。

その中でも甘える側の人が甘え上手であると甘えられる関係は上手に成立しやすいと言えます。

そんな甘え上手な人とはどういう人なのでしょうか?

甘え上手な人の特徴をご紹介していきます。

おねだりが上手い

甘え上手な人はとてもおねだり上手です。

このおねだり上手はおねだりの方法が上手なのではなく、「この人ならこれ位のおねだりをしても嫌な顔をせず聞いてくれるだろう」という見極めが上手なのです。

その時の状況や相手の性格などから、適切な範囲内のおねだりを出来るというのは相手をよく見ているからこそのスキルです。

そんなおねだり上手な人が甘え上手でない訳がありません。

周りの空気をよく読む

甘え上手な人は総じて空気を読むのが上手である人が多いのが特徴です。

同じ事を頼む時でも、状況や周りの空気が違えば相手は自分の頼み事を聞いてくえるかどうかも変わってくるものです。

常に周りの空気を読んで「ここぞ」という場面で甘える事ができる人こそが雨上手という訳です。

人の事をよく見ている

甘え上手な人は、周りの人の事をよく見ている傾向にあります。

この人は何が得意で何が苦手なのか?この人は何が好きで何が嫌いなのか?

など、人の趣向もよく把握しています。

そして頼みたい事の内容によって頼む相手を変える事もあります。

自分の得意な事なら力になってあげたいけれども、自分の苦手な事はしたくないという人の心理をよく分かっているのでしょう。

末っ子

兄妹の一番最後に生まれてきた末っ子は甘え上手な人が総じて多いと言えます。

それは、年齢というどうしても越えられない壁を前にして、他の兄妹や親たちに「一番小さいから」という理由で無条件に可愛がられてきました。

そのため「可愛がられ慣れている」のが最も大きな要因と言えますね。

可愛がられてきた

多くの人によって自分より弱い存在というのは加護対象です。

それ故、末っ子は年齢が一番小さく、自分よりも弱い人間であるという判断をされて親や兄妹から可愛がられて育てられてきた人が多いですね。

甘えるというのは、習慣で身につくスキルとも言えます。

人に優しくされた時に素直にその好意に甘えられるのは、普段から甘え慣れているからです。

そういう意味では末っ子以上に甘え上手な人はいないかもしれませんね。

『あなたの恋愛運は大丈夫?不幸の原因はこれかも』

記事下_無料でオーラ鑑定_0718