CoCoSiA(ココシア)

反射的に断られるお誘いLINEの8...(続き6)

そもそも、相手に恋人がいるのかすらも知らない内からデートに誘うというのは、いかがなものかと思います。

まずは普段のコミュニケーションから入って、相手の情報をもっと引き出しましょう。

世の中には、既婚者とは知らずに付き合ってしまい、相手の配偶者から慰謝料を請求されて初めて知った、なんて人もいます。

誰かとお付き合いするということは、自分の貴重な時間を割くということなのですから、もう少し慎重に考えましょう。

デートの誘いはタイミングが大切!1回断られても諦めないのが重要!

デートの誘いに相手が乗ってくれるかどうかは、現在の関係の密度も含めたタイミングが大切です。

一度断られても、まだ早かっただけかもしれないし、たまたま忙しかったからかもしれないので諦める必要はありません。

思わず返信したくなるようなお誘いは何か、相手の好みをよく把握してから考えれば上手くいくはずです。

とはいえ、攻めすぎてもドン引きされてしまうので、反省すべきところは反省し、適度な距離感から入るようにしましょう。