友人との喧嘩はとても嫌な気持ちになるものですよね。

ですが、その修復方法を知っていれば、怖くはありません。

また、自分の性格をきちんと直しておけば、喧嘩から逃れることもできますよ。

友人との喧嘩について詳しく考えてみることにしましょう。

喧嘩するほど仲が良い?


喧嘩するほど仲が良いという言葉もありますが、これは本当でしょうか。

仲の良い友人と喧嘩をしたことはありますでしょうか。

意外と、友人との本気の喧嘩を経験したことがないという人もいるかもしれませんね。

友人と本気で喧嘩したことがありますか?

友人と本気で喧嘩をしたことがあるという人は少ないのではないでしょうか。

遠慮してしまって、言いたいことを言えないという人はたくさんいるはずです。

基本的には誰もが、友人とは良い関係を築きたいと思いますよね。

だからこそ、友人と本気でぶつかるのが怖いという人は多いものです。

真剣に相手のことを思ってこその喧嘩はOK

喧嘩は嫌なものですが、真剣に相手のことを思ってするような喧嘩は悪くありません。

むしろ、そこできちんとぶつかっておかなければ、良い友人ということはできないですよ。

真剣に相手の気持ちを思って、これからのことを思って口を出すのなら、喧嘩はしておくべきですよね。

たったひとつの出来事で長年の友情を台無しにしてはいけない

喧嘩を躊躇ってしまう理由の多くは、縁が切れてしまうことが怖いからです。

ですが、たった一つの出来事で長年の友情を台無しにすることがあって良いのでしょうか。

喧嘩は嫌なものですが、少しのトラブルであるのなら、喧嘩をした後にきちんと中を修復することを考えなければいけません。

友人同士で喧嘩することを皆が嫌がる理由とは?

友人同士では、基本的には、誰も喧嘩をしたくないと思っています。

それには色々な理由がありますが、友人同士での喧嘩が忌避される理由には何があるのでしょうか。

見てみることにしましょう。

その周囲の人間関係にも亀裂が入る

友人同士と言うのは、個人と個人だけでつながっているわけではありません。

全く共通の友人がいないのなら良いかもしれませんが、多くは、他の友人とのつながりもありますよね。

二人の関係性が崩れるということは、周りの人間を巻き込む可能性もあるということになります。

どちらの側に着くのかで、周囲の友人たちが真っ二つになってしまったという経験をしたことがある人もいるのではないでしょうか。

周りを巻き込んだ大げんかに発展する可能性があるというのは少し怖いですよね。

仲間外れにされたくない

友人と喧嘩をすると、仲間はずれになってしまう可能性もあります。

特に、グループで付き合っているような人たちの場合には、喧嘩をすることで、そのグループから外されてしまう可能性を秘めているのです。

子供っぽいと思われるかもしれませんが、人間はそう簡単に成長する物ではありません。

自分の方が弱い立場であるという自覚がある場合には、友人との喧嘩が、自分の暮らす社会の中での孤立と考えることもできますよね。

そう考えると、少しの理不尽には耐えてしまおうと思ってもおかしくありません。

長年の信頼関係を壊したくない

友人と喧嘩をしたくないのは、長年の信頼関係を壊したくないという想いがあるからかもしれません。

長年の大事な友人が相手であるのなら、少しの理不尽は耐えてしまおうとする人は多いですよね。

それは、喧嘩をすることで、何年緒続いてきた大事な関係がなくなってしまうことが怖いからです。

少しの嫌な気持ちを覆い隠してでも、その人との大切な関係を続けたいのです。

特に、学生時代から数十年続いているような友人は、とても貴重ですよね。

年月が経つにつれて変わっていく中で、ずっと続いている縁を切ってしまうのは惜しいように感じます。

だからこそ、正面を切って喧嘩をすることができないのです。

友人同士でありがちな喧嘩やトラブルの原因

なかなか喧嘩できるほどに喧嘩をできる人は少ないものです。

ですが、時にはそんなことも忘れて大げんかをしてしまうということもあるでしょう。

人間には絶対に譲れないのものもありますから、そこを突かれてしまうと、つい友人同士でも喧嘩をしてしまうのです。

それでは、友人だからと言う遠慮を越えてトラブルになってしまう原因にはいったいどのようなものがあるのでしょうか。

友人と言う枠を超えて本気で喧嘩をしてしまうような原因が分かっていれば、自分にとって大事な友人とは、そのようなトラブルが起こらないように気を付けることができるはずです。

または、今、現在進行形で起こっている友人の気持ちを理解することができるかもしれません。

友人との関係についてきちんと考えるためにも、ありがちなトラブルや喧嘩の原因は知っておいた方が良いでしょう。

お金や物の貸し借り

友人同士であるからと言ってトラブルにならないはずがないのが、お金や物の貸し借りです。

特にお金の貸し借りにはトラブルがつきものです。

友人だからという気持ちで貸してはいけないというのは、トラブルになったことがある人なら誰でも理解できるかもしれませんね。

お金を一度貸してしまうと、相手との間に立場の差ができてしまいます。

お金を貸したからと言う理由で、貸した側の立場が優位になってしまうのです。

もしくは、逆に、貸した側の方が金づるにされているような気分になり、相手にとっての自分の存在を考え始めるきっかけとなってしまうでしょう。

お金を貸すと、相手がなかなか返してくれないことに対して不満を抱き始めることにもなります。

「まぁ良いか」で終わらせることができない問題となるのです。

ただの友人として付き合っているだけなら、相手の金遣いなどは気にする必要がありません。

ですが、相手のお金を貸してしまうと、急に相手の金遣いについて気になることが増えてきて、純粋に相手のことが好きだとは言えなくなってしまいますよね。

「返した・返さない」と言うトラブルが巻き起こってしまう可能背も秘めているのがお金の貸し借りです。

友人同士で喧嘩をしたくなければ、軽い気持ちで友達にお金を貸すようなことをするのはやめましょう。

物の貸し借りもお金と同様です。

「ちょっとシャープペンを貸して」と言うレベルなら良いかもしれませんが、それ以上の高価なものの貸し借りは絶対に辞めた方が良いですよ。

恋愛の三角関係など


恋愛の三角関係も、友人同士の間でのトラブル・喧嘩の原因となることが良くあります。

恋愛と言うのは友情とはまた別のところで成立していますよね。

友人のことがどんなに友人として好きだったとしても、自分の好きな人をとられるというのは話が別です。

好きな人の好きな人が友人だと知ったときに、友情は関係ないとして、今まで通りの友人関係を続けることはできるでしょうか。

どこかで、好きな人との三角関係のことを考えて、友人同士での付き合いの中にひずみが生まれてしまうに違いありません。

友人関係の中に恋愛を持ち込んでしまった瞬間に、友情は簡単に壊れると思った方が良いでしょう。

もっとも、持ち込む気がなかったとしても、そこに発生してしまうのが恋愛です。

こればかりは避けようと思って避けられるものではありませんね。

妬みが原因になることも

友人同士の関係の中に恋愛の感情が入り込むと、急に友人との間に妬みは嫉みと言ったものが入り込んでくることとなります。

恋愛は関係ない、友情は別だと思ってしまっても、妬みが発生すると、もうその気持ちに全てを支配されてしまいます。

恋愛はリセ地とは別のところで育っていきますから、大事な友人に対しても、妬みの気持ちが大きくなっていくことは止められません。

妬みの気持ちがあれば、つい、相手の欠点を探してしまうことにもなります。

それは、「相手にはこんな魅力がるけれど、でもこんな欠点もあるのだ」と考えて、自分を安心させたいからです。

ですが、こうして考えてしまうと、もう、相手の欠点しか目に入らないようになってしまいますよね。

そんな火種を抱えた中の友人関係なら、恋愛とは関係ない場所での些細なトラブルにも火がついて、大きな問題となってしまうことがあるでしょう。

恋愛が絡んだ段階で、友人との関係は非常に気を付けていなければ、すぐに火事が起こって燃え尽きてしまうものだと思っておいた方が良いですね。

約束を破ったり嘘をついた

友人関係と言うのは信頼関係と同じようなものだと考えましょう。

相手に友情を感じていられるのは、相手が信用に足る人間だと思っているからです。

相手のことを信用していればこその好意ですし、信頼しているからこそ、色々なことを話す友人関係になることができるのです。

それが、相手に約束を破られたとたらどうでしょうか。

友人関係を成立させる要となっている前提部分がすべて崩れてしまうのです。

嘘を吐いたということは、自分のことを信頼してくれてないからということですし、信頼されてもいないからということでしょう。

また、約束を破るということは、要するに、自分の存在を軽んじているからということに繋がります。

友人としての関係の中で信頼がなくなってしまい、相手から軽んじられていると思うようになってしまっては終わりです。

契約をしている関係性と言うわけでもないのに友情関係が続くのは、お互いの存在を尊重して、信頼しているからだということは常に頭に入れておかなければいけません。

それを忘れて約束を破り、嘘をついてしまっては、友情関係が崩れて喧嘩になるのも当たり前ですし、トラブルに繋がってしまうのも当然ですよね。

友人同士の喧嘩やトラブルを解決する5個の方法

友人同士で生じてしまったトラブルはどうしたら良いのでしょうか。

トラブルや喧嘩があった後でも、友人同士であれば、その関係を修復したいと思うこともあるかもしれません。

もう二度と顔も見たくないと思うことも珍しくはありませんが、やはり、大事な友人であるのなら、関係を修復して友人としてうまくやっていきたいと思ってもおかしくはありませんよね。

友人同士の間では、できる限り喧嘩をしたくないと思うことの方が普通です。

その上で生じてしまったトラブルなのですから、一度喧嘩してしまうと、二度と元に戻ることはできないと思ってしまうかもしれませんよね。

ですが、仲直りをしたいと思っているのは空いても一緒かもしれません。

もしかすると、自分だけではなく、相手も仲直りして仲の良い友人に戻りたいと思っているのかもしれないのです。

もし、相手との関係をこれっきりにしたくないという気持ちがあるのなら、それは仲直りのチャンスということになりますよ。

相手が同じ気持ちでいてくれなければ意味がありませんが、喧嘩の後に必ずしもすべての縁が切れてしまうということではないのです。

仲直りをしたいと思っているのなら、以下のポイントに気を付けて、相手との関係を上手に修復することができないか挑戦してみると良いでしょう。

こちらから先に謝る

相手と仲直りしたいと思っているのなら、まずはこちらから先に謝るということが大切ですよ。

自分は悪くないという態度を出して相手に仲直りを求めると、上から目線で、とても嫌な感じになってしまいます。

相手との関係を修復したいと思っているのに、自分から謝ることもできないということはないでしょう。

まずは、相手のことを怒らせてしまったということ、トラブルになってしまったということについてきちんと謝りましょう。

その上で、仲直りをしたいということをきちんと伝えるのです。

もちろん、自分が一方的に誤るだけでは、二人の関係を修復することなどできません。

ですが、まず第一歩として、きちんと中を修復する気があるということを相手に示さなければいけないのです。

そのための手段として、きちんと相手に謝罪をすると言うことは大切ですよね。

どんな形であれ、自分はいつまでも意地を張っているような気はないということを、相手に示してあげましょう。

その際に、「自分は折れてやったのだから」と言う雰囲気を出すことなく、真摯に誤ってくださいね。

もし、まだ少し怒っているような気持ちがあるのなら、メールやLINEなどメッセージを使って謝ってみるのも良いかもしれません。

その後で顔を合わせてきちんと話し合いをしましょう。

たとえ悪くなくても謙虚な姿勢を見せる

喧嘩ではなくトラブルの場合には、自分は悪くないということもありますよね。

こんな時に悪くもないのに謝ってしまうと、まるで喧嘩両成敗のようになってしまうことがあります。

一方的に相手が悪いというときに、そこまで相手のことを甘やかす必要はありませんし、そこまで自分がへりくだるような必要もありません。

ですが、相手との関係を修復したいと思っているのなら、それなりの態度を見せなければいけないのです。

相手からの謝罪を求めて偉そうにしているばかりでは、絶対に相手との関係を修復することはできないでしょう。

例え悪くなくても、謙虚な姿勢を見せるということは大切です。

例えば、トラブルになったときに、ひどく相手のことを罵ってしまったなどのことはありませんか?喧嘩をしていても言って良いことと悪いことがありますよね。

相手が一方的に悪かったという点を一度隅に置いておき、そこの部分はきちんと謝っておくというのも良いでしょう。

問題が起きたときに、自分の対応にも悪かったところがないか振り返ってみるのも良いですね。

トラブルの原因が完全に相手にあったとしても、それを全面に押し出しているのは、関係修復のための態度としてはふさわしくありませんので気を付けてくださいね。

仲直りの旅行を提案する

仲直りのためには、何かイベントがあった方が良いかもしれません。

お互いに話し合いをして謝ってからではありますが、仲直りのための旅行を提案してみるのはどうでしょうか。

トラブルの原因が金銭的なものにある場合には別ですが、一緒に旅行に行ってみると、相手との過去を水に流せるような気分になることもあります。

仲直りをしたばかりなのに、ずっと一緒にいるのはきついように感じるかもしれませんが、喧嘩前の関係が良好なものであるなら、きっと問題はないと思います。

お互いに予定を合わせて旅行の準備や計画を立てているうちに、昔のことを忘れられるということもあるのではないでしょうか。

何より、仲直りの後の気まずい雰囲気がずっと続いているよりは、大きなイベントに気まずさを押し流してしまった方が楽かもしれません。

非日常がわだかまりを消す

旅行の中ではたくさんの非日常を味わうことになるでしょう。

普段は行かない場所に行って、見ないはずの景色を見ているのですから、特別な気持ちになることは間違いありません。

そんな中では、非日常であることが全てのわだかまりを消してくれることもあります。

非日常の中に喧嘩の記憶も溶け込んで行ってしまうに違いありません。

もちろん、喧嘩をなかったことにはできないかもしれませんが、それでも、二人で楽しんでいるうちに、少しずつ喧嘩の傷は収まっていくのではないでしょうか。

非日常な景色にお互い、同じタイミングで驚いて感動していることを感じると、少しずつ自分たちの仲が修復されていくことを感じるかもしれません。

そのためには、旅行先には非日常を強く感じられるような場所を選んだ方が良いかもしれませんね。

あまり遠すぎない場所で、普段の日常生活の中では見ることのできないような景色が広がっている場所がおすすめです。

相手の良いところを褒める

相手の良いところを褒めるというのは、とても単純ではありますが、友達同士の喧嘩を収めるためには必要なことかもしれませんね。

喧嘩している時には、相手の嫌なところばかりが見えてしまうものです。

ですが、人間は単純なもので、良いところを褒められると、相手のことを良い人かもしれないと思ってしまう生き物なのです。

だからこそ、喧嘩はしているけれど、相手の良いところはきちんと認めているのだということを全面に出すことで、相手の気持ちが少しほぐれるかもしれません。

褒められてすぐに怒りが静まるというわけではありませんが、それでも、完全に沸騰していた怒りが、少し下火になることは間違いありません。

喧嘩の真っただ中に「もう疲れたな」と思ったら、相手の良いところを褒めてみるという方法をとってみても良いのではないでしょうか。

ただし、タイミングを間違うと、相手の怒りの炎に油を注ぐことになりかねませんので、相手も疲れているタイミングを選ぶようにしましょう。

トラブルが深刻な時には使ってはいけない

相手を褒めることで相手の怒りを鎮める方法ですが、これは、トラブルが深刻な時には使ってはいけません。

例えば、相手にお金を借りたことが原因で金銭的なトラブルが発生しているようなときに、相手を褒めるような手段を使ってはいけないのです。

これでは、相手をおだてて、何とか怒りを収めてもらおうとしているようにしか見えなくなります。

小癪な手を使っているように見えてしまっては、仲直りが逆に遠のいてしまいます。

トラブルの原因が深刻なところにあるようなときにはこの手段は使わずに、真面目に問題について話し合うようにしてください。

特に、喧嘩の原因が自分にあるようなときには、そのような方法を使わないようにしましょう。

タイミングも大切ですが、何が原因で喧嘩をしているのかというところをきちんと考えることも大切です。

空気を読んで行動することを心がけてください。

共通の友人に仲介を頼む

喧嘩をして、二人きりで顔を合わせるとさらにひどい見解になってしまいそうな雰囲気のこともありますよね。

特に、お互いに人の話を聞かないようなタイプである時には、喧嘩の後に二人で会うのは危険です。

仲直りをするはずが、喧嘩の第二ラウンドとなってしまう可能性があります。

だからこそ、全く関係のない共通の友人に仲介を頼むということが大切ですね。

誰か他の人を挟むことで、少しお互いに冷静になることができます。

誰かの目があるというだけで、理不尽なことを口にはできなくなってしまうからです。

また、他の人の目から見た自分についても、きちんと相手が知らせてくれるというのも良いですね。

伝言や噂の形で

相手が自分と話もしたくない様子であるというときにも、共通の友人を挟むと良いでしょう。

共通の友人に伝言や噂の形で自分のことを伝えてもられば、少し相手の気持ちも収まるかもしれません。

相手の態度が頑なで、それでも仲直りをあきらめたくないときには、この方法を使って修復できないか考えてみてくださいね。

共通の友人には、穏やかで平和的なタイプを選ぶと良いでしょう。

間違っても、事態を面白がるような友達を選んではいけません。

また、仲介を頼んだ友達には、きちんとお礼をするようにしてくださいね。

友人同士の喧嘩の仲裁ほど面倒なことはありません。

仲介を頼んだ友達との間でトラブルが起きないように気を付ける必要もあります。

趣味のものをプレゼントする

相手に趣味のものをプレゼントするというのも良いかもしれませんね。

物で相手のことを釣ると言うわけではありませんが、ご機嫌取りをするのも悪くはないでしょう。

特に、自分の方が一方的に悪かったと分かっているようなときには、謝罪の気持ちを込めて、プレゼントを贈ってみましょう。

もちろん、分かりやすいご機嫌取りであることは間違いありませんし「こんなもので機嫌を直すと思ったのか」と言われてしまう可能性もあります。

ですが、相手をバカにしているわけではなく、心から謝りたいと思っているからこそだと分かってもらうことができれば、関係の修復に少し役立つかもしれません。

一緒に一筆添えて渡すとより良い

相手に誤解されないように気持ちを伝えるのであれば、プレゼントと一緒に一筆添えて渡すようにしましょう。

ただプレゼントだけを渡すと、上述のような誤解を招く可能性があります。

ですが、そのプレゼントに心からの謝罪の気持ちをきちんとつけていれば、相手の気持ちもほぐれやすいのではないでしょうか。

心から相手のことを考えているということが分かるプレゼントと、真摯な言葉があれば、頑なな気持ちもほぐれるはずです。

もし、相手が全く自分の言葉を聞き入れてくれないようなら、一度試してみてください。

友人同士で喧嘩しやすい人の特徴

友人同士で喧嘩をするのは嫌ですが、しょっちゅう喧嘩をしてしまうという人もいるのではないでしょうか。

それはもしかすると、周りの環境が悪いのではなく、自分の性格が原因ということもあるかもしれません。

友人同士で喧嘩をしてしまいがちな人の性格にはどのようなものがあるのか見てみましょう。

自分がその性格に当てはまるという方は、まずは自分の性格と真正面から向かい合ってみた方が良いかもしれませんね。

気が強く自分を優位に保ちたい

気が強くて、自分を優位に保ちたいタイプの人は、友人とも喧嘩をしてしまうことが多いと思います。

自分が優位でなければ耐えられないのですから、相手との競争の中で負けるようなことがあると、ムッとしてしまうこともあります。

これが喧嘩やトラブルの原因となるのです。

友人との会話の中では心を広く保たなければ、喧嘩が多発してしまいます。

気が強くてすぐに言い返したり、自分が下になることが許せないような人は、友人付き合い
には気を付ける必要があります。

我を押さえるようなことも大切です。

思ったことを何でも言ってしまう

思ったことを何でも言ってしまう人も厄介ですね。

良い人間関係を築くためには、本音と建前というものが必要です。

友人だからといって忌憚のない意見ばかりを言っていると、トラブルになってしまうこともあります。

相当に腹を割って話せるような友人でもなければ、思ったことを何でも言うという性格がトラブルを招くことは想像に難くありません。

親しき中にも礼儀ありという言葉もありますし、思ったことを口にすることが良いことではないということは覚えておきましょう。

時に、悪気がなければ良いと思っている人もいますが、他人には悪気があるかないかは分かりません。

他人の気持ちは言葉で読み取るしかないのですから、その言葉の中に失礼なものを混ぜて、怒るなと言っている方が無茶だということは頭に置いておきましょう。

嫉妬深く独占欲が強い

嫉妬深く、独占欲が強いようなタイプもトラブルを招きやすい傾向があります。

友人に対しても独占欲を持っているような人は、友人が他の友人と仲良くしていることが気に入らないと感じることもあるでしょう。

ですが、それを全面に押し出していると、トラブルになることは多いと思います。

友人は自分が束縛できるような存在ではないのです。

恋人とも違うのですから、嫉妬されるようないわれもありません。

これをわきまえていない人の行動がトラブルを招くことは多く、直さないうちはトラブルから逃れることはできないかもしれません。

気遣いが足りない

気遣いが足りないような人も、喧嘩になりやすいのではないでしょうか。

友人同士の間では気遣いが必要ないとは言っても、ある程度の遠慮は必要です。

また、全く気遣いがないというのも問題があります。

気遣いが足りないような人は、相手に迷惑をかけていることに気づきにくいかもしれません。

相手に対して甘えがある

相手に対して甘えを持っているような人も、トラブルを招きやすいのではないでしょうか。

友人に甘えたくなる気持ちは分かりますが、だからと言って、全面的に甘えてしまうのは考え者ですね。

友人はお母さんではないのです。

自分の家族でもありません。

自分の我儘が全面的に通ると思っていると、思いがけないところで相手から縁を切られてしまうということもあります。

また、ワガママばかりで嫌われてしまうこともあるでしょう。

相手に対して甘えるのは悪いことではありませんが、その程度は加減しなければいけないことは覚えておきましょう。

まとめ

いかがでしたか?
友人同士の喧嘩というのは嫌なものですよね。

友人というのは、契約で決まっている関係ではありませんし、一度喧嘩をすると、二度と仲が戻らないのではないかと思ってしまうこともあります。

それだけ不安定な関係なのです。

ですが、本当に大事な友人なら、喧嘩の後に仲を修復することができないか考えてみましょう。

また、自分の性格がトラブルを招いているのではないかということも考えましょう。

大事な友人を失うことのないように、友人との喧嘩をそのまま放っておくのではなく、きちんと後悔しないような行動をとるようにしてくださいね。