CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

マウンティングママの特徴8選


いつの時代も、女とは面倒な生き物です。

もめる必要がない事でもめてみたり、あえて一人をターゲットにしてしてみたり。

ましてや、本当は悪口を言い合うような仲なのにも関わらず、目の前にその人が居る時には文句を言わないようにしたりする事もあるでしょう。

表面上だけで仲良くするなど、良くある話です。

そんな中、最近話題になっている事があります。

それが『ママ友同士のマウンティング』です。

ママ友というくらいですから、直接の友達では無く、あくまでも子供を介して知り合ったママ同士と言うわけです。

つまり、そこまで親しい間からでな無い可能性も多々あるのです。

そんな中で、わざわざ見栄を張る事に何の意味があるのか。

きっと関係の無い人には理解できない部分となっている事でしょう。

しかし、最近ではこのママ友問題のせいで大きな悩みを抱えている人も少なくはありません。

子供が関わっているからこそ、無下にする事も出来ず大きなストレスとなってしまっているのです。

そのせいで体調に不調をきたしているなんて事も珍しい話ではありません。

そこで今回は、ママ友マウンティングについてより深く掘り下げてみたいと思います。

自分自身に何が足りないのかを気が付く事が出来るきっかけになるかもしれません。

また、今置かれている状況に対しての打開策を考えるきっかけになる事もあるでしょう。

人は追い詰められてしまうと、周りが良く見えなくなってしまいがちです。

だからこそ、自分自身の判断だけでは無く、周りの人からの意見を正しく聞く事も大事になってきます。

その為にも、自分自身が正しい判断をする事が出来るように、多くの事を知識として知っておくといいと思います。

ママ友マウンティングあるある8選

そもそもマウンティングとはいったいなんなのでしょうか。

マウンティングとは、相手より自分がいかに優れているか、自分がどれだけすごいかをアピールする事を指しています。

元々は動物の世界の中で、オスなどが縄張り争いをする際に行われていた事だとされています。

それを人間の争いに例えているのです。

動物同士のマウンティングは、生きる為に必要な行為なのでしょう。

ですが人間のそれはどうでしょうか。

会社内などで行われているならまだしも、同じ【ママ】という立場で行う事に何の意味があるのかは謎です。

謎とはいえ、それに巻き込まれてしまっては対策をしなければならないという事実もあります。

誰もが巻き込まれたくないとは思いつつも、避けては通る事が出来ない事もあるでしょう。

そこでまず、マウンティングにはいったいどんな事が含まれているのかについてご紹介させていただきます。

今までそういった争いに全く無関係で生活してきた人の場合、例えマウンティングをされていたとしても気が付かない場合もあるかもしれません。

自分自身が嫌でなければそれで良いという考え方はあるものの、やはり被害が大きくなってしまう前に止めた方が良いという考え方もあるでしょう。

そこでまずどんなマウンティングがあるのかを知る事も重要です。

子供の成績


ママ友でのマウンティングの場合、一番よく出てくるのが子供の存在です。

そもそもママ友とは普通の友達とは違います。

あくまでも子供を通じて仲良くなったママの事を指しているのです。

そのため、子供の話題が出ないわけはないのです。

普通であれば、子供の事を話したとしても何の問題も無いのでしょう。

そうした会話の中で、お互いの子育ての不安を共有したり分かり合ったりする事によって仲間意識が出来る事だってあります。

問題なのは、そこに優劣をつけようとする人が居る事です。

子供が小さい時にはさほど差はないかもしれませんが、大人になればなるほどその差は大きくなっていくものなのです。

ましてや学校に通うようになれば、成績の差が生まれる事もあるでしょう。

成績の差は、明らかな差として周りにアピールする事が出来る絶好の材料です。

普通であれば、わざわざ自分の子供の成績など自慢する事は無いでしょう。

ましてや相手の子供より優れているなどと言う必要はありません。

それをあえてアピールしている事こそがマウンティングそのものなのでしょう。

子供の成績はあくまでも子供の努力の結果であり、母親の手柄ではありません。

けれど、どこかでそれをはき違えてしまう人が出ているからこそ、それをアピールする事によって周りに対して自分の凄さをアピールする材料としている人が出ているのかもしれません。

ページトップ