人脈は、あなたの人間性を表わす、“写し鏡”です。

あなたが損得勘定に拘る考えを持っているなら、あなたが作る人脈は、駆け引きと損得勘定に包まれたものになります。

しかし、あなたが自分の人生に真摯に向き合うなら、駆け引きや損得勘定とは縁のない人脈を築くことができます。

人脈作りは、自分自身の信頼性を、“測るバロメーター”です。

人脈とは、様々な人間関係の中で信頼関係に裏打ちされて築かれる人同士のつながりと言えます。

信頼関係を基にした人脈作りは、駆け引きやテクニックは通じません。

人脈の“質”は、自分自身の人間性により決まります。

人脈の“良し悪し”は、自分次第と言えます。

人脈の“質”は、自分自身を映し出す“鏡”です。

人脈には、あなたと同類の人間が集まってくる特徴があります。

あなた自身が自己研鑽して、“人間磨き”をすることで、人脈の“質”が向上し、損得抜きで助け合える人間関係が出来上がってきます。

一方、人脈は自分自身の“チカラ不足”の面をサポートしてくれる大切な存在です。

仕事上で困った状況に直面したときの“お助けマン”的存在が人脈です。

社会人に限らず家庭の主婦や学生にとっても、人脈のお蔭で助けられる場面が多々あることでしょう。

様々な立場の人にとって、人脈は掛け替えのない“財産”と言えます。

人脈作りの方法には、大きく2通りあります。

1つは、人脈作りに奔走し、多くの労力を使うケースです。

もう1つは、人脈作りにエネルギーを使わなくとも、自然の成り行きで人脈が築かれていくパターンです。

人脈は人生を豊かにしてくれる面があります。

仕事の面ばかりではなく、プライベートの趣味を同好にするメンバー同士でも人脈が作られていきます。

人脈は、お互いに“助け合う人間関係”とも言えます。

人脈は、人生の“宝”です。

人脈は一生の財産になる

損得勘定で作られる人脈は、些細なキッカケで人間関係が崩れ、泡沫となって消えていきます。

しかし、お互いの信頼関係に裏打ちされた人脈は、一生の財産となって人生の“助け舟”になってくれます。

信頼関係により築かれた人脈を大切にすることで、お互いの人生を豊かにしてくれます。

人脈は、一朝一夕で築かれるものではありません。

人脈は、大切な人との人間関係を“熟成”させることで作られていくものです。

誠意を持って築いた人脈は、人同士のネットワークとなり、人生の様々な場面で活かされていきます。

また、人脈のパターンには色々あります。

仕事関係で作られていくケースやプライベートの趣味の同好仲間との出会いをキッカケにして生まれることもあります。

損得勘定を抜きにした人脈は、一生の財産になります。

人脈が広がると人生が彩り豊かになる

人生が豊かになる人脈は、意図的な駆け引きで作れるものではありません。

意図的に作った人脈には、“損得勘定”が潜んでいますので、困ったときに助け合う人間関係とは程遠い姿になります。

人脈作りは、駆け引きとは無縁の信頼関係を基にすることで、様々な価値観を持つ人との繋がりが生まれて、無理なくスムーズに出来上がります。

人脈が広がるに伴い、色々な人との価値観や人生観の交流が増えてきますので、人生に彩りが生まれて豊かになっていきます。

彩り豊かな人脈では、お互いの人生をステージアップさせるプラス思考のやり取りが交わされます。

人同士がお互いに、“質の良い”刺激のやり取りを交わすことで、相乗効果が生まれ、人生が彩り豊かになっていきます。

人脈作りが上手い人の11個の特徴


人脈作りが上手い人は、“人を大切にする”心構えが身に付いています。

周りの人を大切にする人は、感謝する心を忘れることはありません。

人脈作りで最も基本となるのは、周りの人を大切にする心を持っていることです。

日常生活の中で、色々な人との出会いを通して、快い人間関係を築いていくことを心掛けている人は、自ずと人脈が作られていきます。

意図的なテクニックを駆使して作り上げた人脈は、自分が本当に困ったときには、誰も手を差し伸べてはくれません。

無力な人脈になります。

しかし、周りの人への誠意を心掛けて築かれた人脈は、自分が困ったときに手を差し伸べてくれます。

周りの人が、“お助けマン”的存在になります。

笑顔が魅力的


人の心を惹きつける笑顔には、温かい心を持つ人柄が表われているものです。

笑顔は人柄を表わす“写し鏡”です。

温かい心を持つ人の周りには、温かい笑顔を持つ人同士の“輪”が自然と出来てきます。

温かい心が表われた笑顔の人の周りには、人が寄ってくるのです。

笑顔は、人の心を惹き付ける“磁石”のような働きがあります。

魅力的な笑顔の持ち主の周りには、意図しなくとも人の輪が出来ます。

笑顔が基になっている“人の輪”は、困ったときには、お互いに助け合う人脈へと発展していきます。

笑顔に人は引き寄せられる

自然な笑顔は言葉以上に相手の心に深く染みわたり、温かく包み込んでくれます。

笑顔は無言でありながら、言葉以上に人を引き寄せるチカラを持っています。

笑顔は人の心を掴み和ませてくれます。

笑顔は安心感を与えるとともに、周りの人の心を開かせてくれます。

笑顔は人間関係を快いものにしてくれる、“サプリメント”です。

快い人間関係は、仕事の面やプライベートでも、人脈に発展していくことが多々あります。

笑顔には、駆け引きが介在する余地はありません。

ですから、安心した心境の中で人脈が築かれていきます。

笑顔がキッカケとなって築かれた人脈は、大切な場面で、お互いに快く助け合う関係として深まっていきます。

礼儀正しい

豊富な人生経験に裏打ちされた人間性豊かな人には、礼儀正しさが身に付いています。

礼儀正しい人は自ずと、周りから信頼される存在になっていきます。

周りから信頼される人には、日々の仕事やプライベートで、自然な人間関係が生まれてきます。

意図的ではない自然な人間関係は、人脈として発展していくことが多々あります。

また、礼儀正しい人の周りには、「類は友を呼ぶ」の諺どおり、礼儀正しい人同士の人脈が築かれていきます。

礼儀正しい人同士の人脈は、心豊かで節度のある人生へと発展させてくれます。

挨拶や礼儀は信頼関係を築く第一歩

挨拶や礼儀は、仕事関係やプライベートでの人間関係にとっても基本となるものです。

日々の生活の中で繰り返される様々な人間関係において、挨拶や礼儀は信頼関係を築くための第一歩となるものです。

挨拶や礼儀は、仕事上の人間関係やライベートの人間関係を快い姿にしていくための基本です。

挨拶や礼儀を交わし合うことで築かれる信頼関係は、日々の流れと共に人脈へと発展していきます。

信頼関係により築かれた人脈は、お互いに“心強い”存在になっていきます。

義理人情に篤い

“義理人情”は、日本人の持つ性格を象徴する言葉として使われることがあります。

義理人情のある人は、周りの人への温かい思いやりを持っています。

一方、自分の事だけを最優先に考える利己主義的な人には、義理人情とは縁がありません。

義理人情の無い人は、職場などの人間関係からは、孤立した存在になっていきます。

孤立した存在に陥ると、人脈を作ることは難しい状況になります。

しかし、義理人情に厚い人は、職場やプライベートの場面でも、慕われる存在になり、温かい人間関係が築かれていきます。

温かい人間関係の中では、お互いに助け合う心遣いが育まれます。

お互いに助け合う心遣いが交わされることで、人脈となって息づいていきます。

義理人情の篤さを基にした人脈には、助け合いの心が根付いていますので、心強い存在となります。

その人の人間性が現れる

人脈は、あなたの人間性を写し出す“鏡”です。

人脈には、あなたと同類の人間が集まってきます。

あなたと考え方や価値観を同じにする人同士の繋がりが人脈になっていきます。

人脈は、同類の人同士のネットワークです。

例えば、自己中心的な人同士の集まりでは、相手の立場を省みることはありません。

自分を最優先に考える言動を貫きますので、お互いの間に競争心が芽生えて、“足を引っ張り合う”ことになります。

ですから、人脈になることはありません。

人脈作りは、周りの人の立場にも心配りができる人間性が基本となります。

お互いに相手を思いやる人間性から築かれた人脈は、難しい出来事が起きても揺らぐことはありません。

末永く続いていく、“芯の強さ”を持っています。

人脈の良し悪しは、あなた自身の人間性で決まります。

来る者拒まず、去る者は追わず

相手を尊重する人脈のネットワークでは、お互いに相手を束縛することはしません。

お互いの立場や置かれている環境が異なることが多々ありますので、相手に自分の考えを押し付けることをしません。

来る者は拒まず、去る者は追わずという、相手の考えを尊重する態度を貫きます。

一方、仕事上やプライベートの人間関係の中で、相手の考えよりも自分の考えを優先させて押し付けるケースがあります。

自分の考えを無理に押し付けると人間関係は破綻し、人脈作りまでに至ることはありません。

来る者は拒まず、去る者は追わずという、他の人の意思を尊重する考えに徹することで、自由で束縛感のない人脈を作ることが出来ます。

例えば自分にとって、得手不得手のタイプの人が居ても、自身の考えに固執せずに、心をオープンにして、“来る者は拒まず、去る者は追わず”に徹することで、多様で幅広い人脈を築くことができます。

幅広い人脈は、仕事などで、“困った状況”に陥った際に、解決するキッカケを与えてくれます。

あなたにとっては、“来る人も去る人も”、人脈を築くための大切な存在なのです。

お人好し過ぎて騙されてしまうことも

相手の立場や考えを優先させることに徹するとき、お人好し過ぎて騙されてしまうこともあります。

人脈作りには、自分を取り巻く人々の人間性を見抜く冷静な観察眼が必要です。

相手の人間性や人柄に無頓着になると、駆け引きの上手い人に利用されてしまうことがあります。

ですから、お人好し過ぎると、駆け引きの上手い人に騙されます。

お人好し過ぎる人は、周りの人の目には“頼りない人”として映ってしまうことがあります。

“頼りない人”として観られてしまうと、周りの人からは、“距離を置かれる”ようになります。

“距離を置かれる”と信頼関係を築くことは出来ませんので、人脈作りとは縁が無くなります。

周りの人に、“お人好し過ぎる”という印象を与えるタイプなら、安易に騙されて利用されないようにしましょう。

騙されないためには、信頼できる人に絞って人間関係を築きましょう。

見返りを期待しない

見返りを期待する人間関係は、自己の利益を追求することを最優先にします。

ですから、見返りの“やり取り”が欠かせない人脈になってしまいます。

見返りを期待する人脈を作ると、長く続かずに先細りになっていきます。

一方、信頼のおける人間関係を築くためには、駆け引きや見返りを期待すべきではありません。

見返りを期待しないことを心掛けて人間関係を築いていくことで、相手との間に信頼感情が生まれてきます。

相手と信頼感情を交わし合うことで、見返りとは縁のない人脈のネットワークが築かれていきます。

信頼関係に裏打ちされた人脈には、揺るぎない堅実な“助け合い”精神が育まれてきます。

知識や話題が豊富

人脈作りには、色々な人との人間関係作りが基本になります。

人間関係作りは、お互いに相手の人柄を知ることから始まります。

相手に自分の人柄を知ってもらうためには、心を開いた会話を心掛けることです。

無理のない自然な会話を交わすためには、色々な分野の知識や話題を豊富に持っていると、スムーズな会話ができて盛り上がるものです。

快く盛り上がる会話をしていくためには、相手の反応を観ながら話題を“舵取り”していく冷静さが必要です。

相手が興味を示す話題を中心に会話を進めていくことで、人間関係がスムーズに発展させることができます。

豊富な知識や話題を持ち合わせるためには、日々の生活の中で“アンテナ”を高くして、色々な分野へ興味を向ける心掛けが必要です。

知識や話題が豊富になることで、相手に強い印象を与えるため、人脈へと発展し易くなります。

皆が会話をしたくなる

会話は、人同士のコミュニケーションをスムーズにする“潤滑油”です。

会話は人間関係を豊かにするツールとも言えます。

職場など人が集まる場所に、知識や話題が豊富な人が居ると場の雰囲気が明るくなり、話が弾みます。

人間関係を築いていくためには、会話による気持ちの交感が必要です。

知識や話題が豊富な人が居ることで、会話が弾み、人同士のつながりが生まれ易くなります。

また、皆が会話をしたくなるような、知識や話題の豊富な人が居ることで、様々な考え方や価値観を持つ人が集まってきます。

色々な考えを持つ人同士のつながりがキッカケとなり、多様な人々の人脈が築かれていきます。

色々な人々のつながりによる人脈は、仕事やプライベートの場面で活かされるようになります。

好奇心旺盛で人の話をよく聞く

好奇心が旺盛な人は、色々な物事に興味を抱きますので、“情報通”となっていくことがあります。

また、好奇心が旺盛な人は、色々な人の話しに興味を持ち、耳を傾ける傾向があります。

人は自分の話に真剣に耳を傾けてくれる人には親近感を抱くものです。

親近感を与えてくれる人とは、一度きりではなくて、「末永く親しい関係でいたい」と思うものです。

ですから、好奇心旺盛で人の話をよく聞く人の周りには、“話したい人”が集まってきます。

人が集まることで、“人の輪”が生まれてきます。

“人の輪”は、時には、困っている人に手を差し伸べる人脈として活かされることがあります。

自分ばかり話さず人の話も聞くことが大事

人脈を作るためには、快い人間関係が築かれていることが基本になります。

人間関係を築くためには、お互いの人柄を知り合うために、会話を重ねることが必要です。

快い会話を重ねていくためには、自分ばかり話さず、人の話にも耳を傾ける心の広さと余裕が必要になります。

好奇心が旺盛な人には、話好きが多い傾向があります。

ですから、自分の事ばかり話したくなります。

しかし、人の話しを聞く心遣いが出来ることで人が集まるようになります。

人が集まることで、人付き合いが生まれてきます。

人付き合いが信頼関係へと進展し、時には、お互いに助け合う人脈へと発展していくことがあります。

特技や趣味が多い

特技や趣味が多いと、同好の人たちと集う機会が増えてきます。

人々が集う中で、特技や趣味を話題とした会話が弾み、活発に交わされるようになります。

会話が活発になることで親近感が生まれて、気持ちが通じ合うようになります。

気持が通い合うことで、意気投合する場面が多くなります。

意気投合することがキッカケとなり、自ずと親しい人間関係になっていきます。

親しい人間関係は、仕事の場面などで、人脈として活かされるようになります。

特技や趣味をキッカケとした人間関係には、お互いの利害関係が入り込むことがありません。

利害関係のない人同士の間には、共通の趣味を介した信頼関係が生まれてきます。

利害関係が入り込まない人間関係には、お互いの心の通い合いがスムーズに生まれてきます。

心の通い合いに裏打ちされた人脈は、自分が困ったときに自ら求めなくとも、周りの人が手を差し伸べてくれます。

特技や趣味が多いことは、駆け引きや損得とは縁のない、信頼できる人脈作りへと発展し易くなります。

話がより盛り上がる

特技や趣味が多い人たちが集うと、楽しさのあまり、話が盛り上がるものです。

時には、自慢話に“花が咲く”ことも多々あります。

しかし、自分の事ばかり話していると、周りの人は聞き飽きることになります。

ですから、自分ばかり話さずに、人の話にも耳を傾ける心配りをすることが大切です。

人の話しに親身に耳を傾けることで、お互いの間に気持ちの繋がりが生まれ、信頼関係が生まれてきます。

お互いの信頼関係のネットワークは、次第に人脈となって、趣味の範ちゅうを超えて色々な場面で活かされてきます。

「芸は身を助ける」という諺にあるとおり、“芸”と言われる趣味を持つ人同士で話が盛り上がり、人の輪が拡がっていきます。

人の輪は、困ったときの“助け舟”となり、人脈へとなっていくのです。

ひとりより大勢でいるのが好き

独りでいることが好きな人にとっては、人脈作りは容易ではありません。

人脈作りは、色々な人と居ることが、“楽しい”と思えることが基本になります。

人脈を作るためには、仕事関係やプライベートの趣味を通して知り合いになる機会を多く持つことを心掛けるようにしましょう。

色々な人と知り合いになる中で、自分と気が合う人と出会えることがあります。

自分と気が合う人と知り合う出会いを大切にしましょう。

人との出会いを大切にすることで、自分が困ったときには、“手を差し伸べて”くれることでしょう。

また、相手が困ったときには自分が“手を差し伸べて”あげましょう。

お互いにサポートし合うことで、大切な人脈として育まれていきます。

家で過ごす時間が少ない

休日に独りで、家で過ごす時間が多いと、日頃、気になっている事を考え過ぎて、心が疲弊することがあります。

独りで考えていると、“泥沼に足を入れた”ように、自分の思い込みから抜け出せなくなります。

仕事で疲れた心を休めるためには外出をして、“外の空気”を吸い、趣味を楽しんで、気分転換することを心掛けましょう。

家で過ごす時間を少なくして、人と会う機会を多く持つことで、趣味の同好がキッカケとなり、気の合う人との出会いが増えてきます。

気の合う人との出会いが増えることで、色々な人との繋がりが生まれてきます。

人との繋がりを大切にすることで、お互いにサポートし合う人脈に発展することがあります。

食事や飲み会に誘われたら基本的に断らない

人脈を作るためには、人が集まる機会に多く参加することです。

このためには、趣味の同好者や職場の仲間から食事や飲み会に誘われたら基本的に断らずに快く参加しましょう。

色々な人と楽しい時間を過ごす中で会話が弾み、気持ちの通い合いが生まれてきます。

楽しい会話の時間を供に過ごすことを何度か繰り返すうちに、お互いの間に信頼関係が生まれてきます。

信頼関係が生まれることで、仕事の中で困った状況になったときには、お互いに助け合う人脈になっていきます。

フットワークが軽い

人脈作りのためには、色々な人との人間関係つくりが基本となります。

人間関係を築いていくためには、“待ちの姿勢”では、一歩も進みません。

“待ちの姿勢”ではなくて、自ら積極的に行動していくための“フットワークの軽さ”を身に付けていなければなりません。

フットワークの軽さは、一朝一夕で身に付くものではありません。

フットワークの軽さを身に付けるためには、色々な考えや価値観をもつ人と会う機会を多く持つことです。

様々な考えを持つ人と会う機会を多く持ち、色々な会話を重ねていくことが必要です。

色々な人の考えを聞く中で、物事を的確に判断する“観察眼”が育まれてきます。

直面する物事を的確に判断する経験を積み重ねることで、確たる自信となっていきます。

自信が持てるようになると、躊躇なく行動できるようになります。

躊躇なく行動できることで、フットワークの軽さが、自ずと身に付いてきます。

日常生活の中で、職場の人間関係やプライベートの人間関係を通して、自分にとって苦手なタイプの人とも積極的に会話していくことを心掛けましょう。

色々な考えを持つ人との会話を重ねることで、拘りが失せて自ずとフットワークの軽さが身に付いてきます。

フットワークが軽くなることで、人間関係つくりにも躊躇しなくなり、人脈作りへと繋がっていきます。

自分から誘うことも多い

人脈は、受け身の姿勢では築くことが出来ません。

自分から積極的に誘い、色々な人と出会う機会を多く持つことで、様々な人との“顔ツナギ”が生まれてきます。

“顔ツナギ”を活かして、会話をする機会を多く作っていきましょう。

会話をする機会が増えることで、気持ちの繋がりが育まれてきます。

気持ちの繋がりが人同士のネットワークとなり、人脈となっていきます。

自分から誘うことを積極的にしていくためには、周りの人から信頼されるようになることです。

周りから信頼されるようになるためには、人間性を“磨く”心掛けが必要です。

人間性を“磨く”ことで、確かな信頼関係が生まれてきます。

確かな信頼関係は、人脈作りの基本となります。

人脈を広げるメリットとは?

日々の生活の中で難しい物事に直面したときに、解決に向けてスムーズに進めていくためには、独りのチカラでは限界があります。

また、仕事を進めていく中で難しい状況に直面したとき、乗り切ることが出来ないことがあります。

特に、利害関係者が関わる仕事を進めていく場面では、今まで築いてきた人脈の助けを借りるケースがあります。

特に、お客様や取引先に影響を及ぼす事態に陥った際に、打開策を見つけ出す時に、人脈が大きな役割を果たすことが多々あります。

人脈は、困ったときの“助け舟”となってくれます。

仕事の場面に限らず、プライベートの中でも、人脈を広げることのメリットは多くあります。

新しい世界をいろいろ知ることができる

自分と考え方や価値観に共通点が多い人とは、人間関係が作り易いです。

ですから、人脈もスムーズに築くことができます。

人脈を作る過程で、自分と考え方や価値観に多くの共通点がある、“似た者同士”では、“狭い”人脈になって仕舞います。

狭い人脈では、様々な難しい状況に直面した際に、頼りがいのある人脈とは成りえません。

自分とは考え方や価値観の異なる人との人間関係から築かれた人脈は、“広い”人脈と言えます。

色々な考え方や価値観を持つ人と人脈を広げることで、新しい世界をいろいろ知ることができるキッカケになります。

いろんな人が困った時に助けてくれる

自分が抱いている価値観の拘りを捨てて、色々な考え方や人生経験をもった人との人脈を広げることで、“守備範囲”が広くなります。

“守備範囲”の広い人脈をもつことで、色々な難しい状況に陥っても、色んな人が手を差し伸べてくれます。

仕事などの場面で予期しない出来事に直面した際に、物事がスムーズに進まなくなることがあります。

重要な仕事に、“ブレーキ”が掛かってしまうことで、大切なお客様や取引先に大きな影響を及ぼすことがあります。

様々な経験を持つ人間関係で構成された広い人脈は、困った状況に陥ったときに、力強い存在となります。

いろんな人が困った時に助けてくれる人脈は、困ったときの“お助けマン”となります。

人脈は自分にとって、“助けてくれる”存在に留まらず、自分が他の人を“助ける”存在でもあります。

人脈は、お互いに助け合うことで、力強い揺るぎない人脈として発展していきます。

人望が篤くなる

駆け引きや“損得勘定”とは無縁な人間関係により築かれた人脈は、“揺るぎない”人脈となっていきます。

“揺るぎない”人脈は、人同士の信頼関係に裏打ちされていますので、一朝一夕で作れるものではありません。

お互いの間で信頼関係を築いていくためには、自分自身が周りから信頼される人間性を持ち合わせていなければなりません。

周りから信頼される存在になるためには、自分自身が、“人望の篤い人”になることを目指していく必要があります。

人脈作りは、「類は友を呼ぶ」面をもっています。

自分と似たタイプの人が寄ってくる傾向があるのです。

ですから、信頼できる人脈を作るためには、自分自身が“人望の篤い”人になることです。

仕事の幅が広がる

仕事を進めていく過程で、予期しない様々な状況に直面することがあります。

難しい状況から抜け出すためには、自分独りのチカラでは乗り切れないことも多々あります。

自分のチカラが及ばない難しい場面を解決していく方策として、人脈を活かす方法があります。

様々な人生経験や価値観を持つ人で構成される人脈を作っておくことで、仕事の幅が広がっていきます。

頼れる人脈は、人同士の“知恵が詰まった”ネットワークと言えます。

人々の“知恵が詰まった”人脈を作ることで、あなた自身の仕事の幅と可能性が大きく拡がっていきます。

一方、「人脈は利用するもの」と考える人が居ます。

人脈を構成する人同士が、“利用する”ことのみに終始していると、人脈は萎んでしまいます。

人脈を長く維持していくためには、自分が“利用する”だけに留まらず、自分が“利用される”立場になることにも躊躇しないことが肝心です。

長続きする人脈には、お互いの間に“持ちつ持たれつ”の考えが息づいています。

“持ちつ持たれつ”の考えが根付いている人脈は、仕事の幅を拡げてくれます。

まとめ

人脈は、人生の「宝」です。

人脈は、人から与えられるものではありません。

自ら築いていくものです。

人脈作りは、あなた自身の人間性が問われることになります。

あなた自身が周りから信頼される人間性を備えているなら、信頼できる人脈が出来上がっていきます。

しかし、あなたが安易で惰性的な人生を送っていると、損得勘定に左右される、脆弱な人脈となります。

損得勘定で揺らぐ人脈は、あなたにとっては、“足を引っ張られる”人脈となり、人生のブレーキとなります。

あなたの人生を将来に向けて揺るぎないものにしていくためには、信頼できる人脈を作らなければなりません。

人脈の良し悪しは、あなた自身の人生との向き合い方で決まります。

あなた自身が人生に真摯に向き合うなら、真摯な人生経験を積み重ねてきた人同士の人脈が出来上がっていきます。

信頼できる人脈作りには、駆け引きやテクニックは通用しません。

人脈は、あなた自身の“写し鏡”です。

あなたにとって、人生の糧となる人脈を築いていくためには、周りから信頼される存在になることです。

周りから信頼される存在になるためには、難しい物事に直面しても、逃げずに向き合う真摯さを持つことです。

あなたの真摯な姿は、周りの人の目には、“信頼できる人”として映ります。

人脈作りは、あなた自身の信頼性を、“測るバロメーター”です。