CoCoSiA(ココシア)

人脈作りが上手い人の11個の特徴。人脈を広げるコツとは?


人脈は、あなたの人間性を表わす、“写し鏡”です。

あなたが損得勘定に拘る考えを持っているなら、あなたが作る人脈は、駆け引きと損得勘定に包まれたものになります。

しかし、あなたが自分の人生に真摯に向き合うなら、駆け引きや損得勘定とは縁のない人脈を築くことができます。

人脈作りは、自分自身の信頼性を、“測るバロメーター”です。

人脈とは、様々な人間関係の中で信頼関係に裏打ちされて築かれる人同士のつながりと言えます。

信頼関係を基にした人脈作りは、駆け引きやテクニックは通じません。

人脈の“質”は、自分自身の人間性により決まります。

人脈の“良し悪し”は、自分次第と言えます。

人脈の“質”は、自分自身を映し出す“鏡”です。

人脈には、あなたと同類の人間が集まってくる特徴があります。

あなた自身が自己研鑽して、“人間磨き”をすることで、人脈の“質”が向上し、損得抜きで助け合える人間関係が出来上がってきます。

一方、人脈は自分自身の“チカラ不足”の面をサポートしてくれる大切な存在です。

仕事上で困った状況に直面したときの“お助けマン”的存在が人脈です。

社会人に限らず家庭の主婦や学生にとっても、人脈のお蔭で助けられる場面が多々あることでしょう。

様々な立場の人にとって、人脈は掛け替えのない“財産”と言えます。

人脈作りの方法には、大きく2通りあります。

1つは、人脈作りに奔走し、多くの労力を使うケースです。

もう1つは、人脈作りにエネルギーを使わなくとも、自然の成り行きで人脈が築かれていくパターンです。

人脈は人生を豊かにしてくれる面があります。

仕事の面ばかりではなく、プライベートの趣味を同好にするメンバー同士でも人脈が作られていきます。

人脈は、お互いに“助け合う人間関係”とも言えます。

人脈は、人生の“宝”です。

この記事の目次

人脈は一生の財産になる

損得勘定で作られる人脈は、些細なキッカケで人間関係が崩れ、泡沫となって消えていきます。

しかし、お互いの信頼関係に裏打ちされた人脈は、一生の財産となって人生の“助け舟”になってくれます。

信頼関係により築かれた人脈を大切にすることで、お互いの人生を豊かにしてくれます。

人脈は、一朝一夕で築かれるものではありません。

人脈は、大切な人との人間関係を“熟成”させることで作られていくものです。

誠意を持って築いた人脈は、人同士のネットワークとなり、人生の様々な場面で活かされていきます。

また、人脈のパターンには色々あります。

仕事関係で作られていくケースやプライベートの趣味の同好仲間との出会いをキッカケにして生まれることもあります。

損得勘定を抜きにした人脈は、一生の財産になります。

人脈が広がると人生が彩り豊かになる

人生が豊かになる人脈は、意図的な駆け引きで作れるものではありません。

意図的に作った人脈には、“損得勘定”が潜んでいますので、困ったときに助け合う人間関係とは程遠い姿になります。

人脈作りは、駆け引きとは無縁の信頼関係を基にすることで、様々な価値観を持つ人との繋がりが生まれて、無理なくスムーズに出来上がります。

人脈が広がるに伴い、色々な人との価値観や人生観の交流が増えてきますので、人生に彩りが生まれて豊かになっていきます。

彩り豊かな人脈では、お互いの人生をステージアップさせるプラス思考のやり取りが交わされます。

人同士がお互いに、“質の良い”刺激のやり取りを交わすことで、相乗効果が生まれ、人生が彩り豊かになっていきます。

人脈作りが上手い人の11個の特徴


人脈作りが上手い人は、“人を大切にする”心構えが身に付いています。

周りの人を大切にする人は、感謝する心を忘れることはありません。

人脈作りで最も基本となるのは、周りの人を大切にする心を持っていることです。

日常生活の中で、色々な人との出会いを通して、快い人間関係を築いていくことを心掛けている人は、自ずと人脈が作られていきます。

意図的なテクニックを駆使して作り上げた人脈は、自分が本当に困ったときには、誰も手を差し伸べてはくれません。

無力な人脈になります。

しかし、周りの人への誠意を心掛けて築かれた人脈は、自分が困ったときに手を差し伸べてくれます。

周りの人が、“お助けマン”的存在になります。

笑顔が魅力的


人の心を惹きつける笑顔には、温かい心を持つ人柄が表われているものです。