人には生きていく上での行動で、向き不向きというものがあります。

そして人は「向き不向き」によって悩まされることがあるのです。

この記事では、仕事の向き不向きの見極めポイントについてご紹介していきたいと思います。

全てに向いているスーパーマンなんていない!

みなさんは、“このことに向いていないのではないだろうか”と悩んだことがあるはずです。

そして、そう思い悩んだ時“自分はきっと才能のない人間なんだ”とか“自分はなんて使えない人間なんだろう…”と思っていませんでしたか?そして人と比べてしまい落ち込むことはありませんでしたか?

気持ちは分かりますが、そんなに悩まなくても良いのです。

あなたはただ自分にとっての「向き不向き」をまだ知らないだけなのです。

この記事では、自分にとっての「向き不向き」とは何か、その見極め方をお伝えします。

1人で悩まず今目の前にある「向いていない」と思われることを見つめ、解決していきましょう。

自分には向いているものが無いと嘆いていませんか?

職場でも学校でも、他人を見て「あの人は器用にやってるな、きっと向いているんだろうな」と羨ましく思ったことはありませんか。

それに比べて自分ときたら…って。

アレをやってもダメ、コレをやってもダメ。

自分て本当にダメダメ人間とまで思い込んでしまって鬱々してしまこともあるでしょう。

しかし、「何をやってもダメ」という人間はいないのです。

必ずその人に合った何かは存在するのです。

何をしてもダメだし、自分に合うものがないと嘆くのはまだ早いです。

これは10代の若者でも80代の人でも、今から「合うもの」探しに行くのは全然遅くないのです。

もう何もかもやりつくしたよ…なんて言わないで、合うものが見つかるまで探してみましょう。

人には向き不向きが必ずある

この記事を読んでくれている人は、きっと職場や自分の仕事について悩んでいる人も多いでしょう。

しかし一旦、仕事のことは置いといてください。

向き不向きを考える時一番フォーカスしなければいけないのは自分の性格や体力です。

性格が軸となり、向き不向きに左右されることはよくあります。

例えば憧れの職業に就いたけれど、意外と体力勝負の職場でついていけなくなった。

職業はとても崇高で立派な仕事なのに、意外と人間関係がギスギスして大人しい性格の自分には合わなかった。

なんてことはよくあります。

仕事だけではありません。

洋服だってそうです。

ショーウィンドウに飾ってる素敵な服も、いざ試着してみたら「似合わない」なんてこともよくありますよね。

これくらい、向き不向きというのは自分の周りに溢れていてよくある話なのです。

経験していないと向き不向きは分からないもの

向き不向きを決めるには、まず経験してみる必要があります。

「ちょっとやってみたいな、でも私には向いていないかも」と思っている物があるならぜひトライしてみてください。

例えば、町の壁に貼ってある「ダンス教室、生徒募集中」と書いてある文字を見て、「興味あるけどどうしよう、運動音痴だしきっと無理だろうな、でも…」と迷っているならぜひ行ってみましょう。

向き不向きをあまり思考だけで片づけてはいけません。

自分はどちらなのか知るには、やはり「経験」するしかないのです。

向くのか向かないのかとくよくよと考えてしまう人は、行動力が足りない人が多い傾向があります。

向き不向きを知るだけでいいのです。

その後に、一度踏み入れた経験に一生付き合わなければいけないなどと思い悩むことはしなくてもいいのです。

もっと簡単に、もっと気軽に経験していきましょう。

経験を踏めば自分に向いているものが分かるようになってくる

向いているかそうじゃないかは、やってみると分かります。

それはいわゆる「経験」というものです。

先ほど書いたように、興味あるけどどうしようか迷っているならやった方が良いと言いましたが、興味ある物だけを経験するのではなく、他の色んなことをやってみるといいでしょう。

スポーツで汗を流す、サークルに参加する、ボランティアに参加する。

何でもいいです。

いろいろしているうちに、楽しいと思えてくれば自分に合っていることだと言えます。

これからする経験ばかりでなく、過去の様々な経験を向き不向きに照らし合わせてみるのも良いです。

何か始めようとした時、“そういえば、過去にこんなことあったよな”と苦い思い出が蘇るようでしたら、避けて通ってもいいのです。

仕事に関しては決める前にしっかりと考える必要あり

人間が生きていく上で仕事の向き不向きはとても重要な課題です。

人によってはこれが人生の大きなテーマとなっていることでしょう。

しかし、どうやってそれを見極めるのか。

出来ることなら就職する前に知っておきたいものです。

憧れの職業に就けたのに、思っていたのと違った…もう辞めたいと思う人もたくさんいます。

それは向き不向きだけの理由ではなく、いろんな要因が含まれているので、ここではその部分にも触れていきたいと思います。

そして、向き不向きを見極めるポイント11個をお伝えしていきます。

仕事の向き不向きの見極めのポイント11個


向いているのかいないのか。

1人で考えてしまうと、どうしても自分を責めてしまいがちです。

責めても何の解決策にならないので、いまからお伝えする11個の項目を一緒に考えてみましょう。

向いていないということを悪く考えてはいけません。

それは誰にでもあるのです。

大事なのはなぜ向いていないのかを客観的に考えることです。

それでは見ていきましょう。

自分がその仕事を本当に好きかどうか

憧れの職業に就くために小中高も一生懸命勉強して、難関の大学に入りようやく職に就けてもいざ働いてみたら、思っていたのと違った…。ということはよくあります。

そして働き始めるといろんな壁にぶち当たり、本当に自分はこの職業に憧れていたのか?本当はただ夢を見ていただけなんじゃないか?と思ってしまう。

それはあなた1人だけじゃなく、会社の社長も先輩も、みんな経験してきたことです。

ではなぜ彼らは、その場に留まっていられたのか。

それは「この仕事が好き」という気持ちがあったからです。

もちろん、生活の為という人もいるでしょう。

しかし、根幹にあるのは「好き」があるからなのです。

向き不向きで悩んでいる方はどうでしょうか。

今の仕事は好きでしょうか。

仕事は働いてお金をもらう物なので、好きや嫌いだけでは分けきれない部分もあるでしょう。

でも、もし好きなら向いているということになります。

自分が成長できていると感じるか

自分で成長したかどうか分かれば向き不向きが分かります。

とは言え、人は謙遜しがちで「自分なんてまだまだ…」と思ってしまう傾向があり、成長したと自分で言い切れない部分があるでしょう。

自分の成長が分かる時、それは人それぞれに違うでしょう。

例えば、自分で積極的に仕事を進めている時や人からされた指摘を真摯に受け止め、前向きに修正していく時、心に余裕が出来て他の人をサポート出来る、積極的に仕事で必要な資格試験を勉強するなどがあります。

でも一番わかりやすいのは、仕事出来ることに感謝できるようになったら成長したと言ってもいいでしょう。

もちろん毎日感謝できる人は少ないですが、少しでも感謝の心があればその仕事は向いていると言えます。

毎日楽しく仕事できているか


毎日楽しく仕事が出来ているということも、向き不向きを見極める重要ポイントです。

仕事なので毎日楽しいということはあまりないのですが、就業時間内での一瞬でも「楽しいな」と思えたら、それはとても素晴らしい事です。

「向いている」ポイントの1つになります。

でも、もし一片も楽しいと思えることがないなら、その仕事は向いていないと思える要因の一つになります。

仕事だから楽しいことはないと割り切ってみても、やはり楽しいと思える事柄は有った方が良いに決まってるし、なにより仕事の「励み」になります。

仕事の作業自体は向いているのかもしれないけど、楽しいと思えない。

そんな時は、一度立ち止まって何が楽しくないのか、何がそう思わせるのかを考えてみる必要があります。

その仕事で困難があっても乗り越えられるか

仕事を続けていくと当然のように困難なことが出てきます。

人は困難なことが目に前に表れると嫌悪感を感じてしまうものです。

そしていつの間にそこから去ろうとするもの。

しかし、仕事で困難なことが出てきても「よし!しっかり向かい合って行こう」と思えるならその仕事は向いているでしょう。

それは、この仕事が好きという気持ちの表れでもあり、あなたが持つ責任感でもあります。

責任感を果たそうとする気持ちは少なからずとも、その仕事に向き合おうという気持ちの表れなのです。

もし、その仕事が嫌いなら責任を果たそうという気持ちにもなりませんし、出てきた困難にも立ち向かおうとも思わないでしょう。

乗り越えるためには周りの協力が必要な場合が多いです。

例えば誰かに手伝ってもらわないといけないケースや、嫌いな人に仕事の仕方を聞かなければいけない場合もあるでしょう。

そんな時に謙虚になり頭を下げることを躊躇なくできるかということも、向き不向きかの重要ポイントにもなります。

経験や知識は十分あると自信を持って言えるか

仕事に就いた最初の頃は、それほど難しい仕事も任されずにいたので、簡単にこなせることで「自分はこの仕事に向いてる♪」と思えますが、年数が経つにつれて難易度が上がってきて頭を悩ませることがたくさん出てきます。

この時に人は“辞めたい、向いていないのかも”と思ってしまうものです。

この時に経験や知識が十分持ち合わせていれば、自信を持って仕事を進めていくことができます。

しかし反対にこれらが無ければ、簡単に心が折れてしまう要因となってしまいます。

今している仕事に向いていないと感じているなら、自分がその仕事の知識や経験を持っているか振り返ってみましょう。

職種にもよりますが、半年や1年くらいなら知識も経験も十分ではありません。

その場合は、「これからどんどん仕事を覚えるぞ」という意気込みが必要となってきます。

この気持ちがあるかどうかも、向き不向きに関係してきます。

お金よりもやりがいを感じられるか

世の中にはいろんな職種があり、頭が下がる思いの仕事がたくさんあります。

特に介護の仕事をしている方たちは、賃金が安いと言われているのに毎日汗して働いている方が多いです。

彼らの話によると「入居者さんの笑顔を見ると嬉しくてつい頑張っちゃう」という方が多いです。

彼らは仕事が自分に向いていると思っています。

もちろん辛いこともあるでしょう。

体力的にも大変な仕事です。

でも、彼らには「やりがい」というものがあり、それが糧となっているのです。

このやりがいこそが、向き不向きの重要なポイントとなることがあります。

やりがいのある仕事に巡り合えることは確率的には低いのかもしれませんし、それが一般的なのかもしれません。

就きたい職業に就いたとしても、それがやりがいに繋がるとは言い切れません。

でもそんな中、小さくともやりがいが見つかれば仕事は楽しくなります。

それでもやりがいが見つからないと思っている人は向いていないと言えるでしょう。

朝仕事に行くのが嫌だと感じないか

嫌いな人が多い月曜日の朝。

それはもう日曜日の夜から重く感じている人もいるでしょう。

そういう思いを毎週感じている人も多いと思います。

しかしこれが毎日となると話は違ってきます。

身体が重くて布団から出られない、会社に行くことを考えただけで涙が出てきてしまう。

そうなってしまうのなら、明らかにその仕事は向いていないということになります。

こうなる前に「自分には向いていないんだ」と自覚することができればいいのですが、多くの人は責任感などからそのことから目を逸らしてしまいがちです。

もし何日も朝起きて仕事が行くのが嫌で嫌で仕方ないと思ってしまうようでしたら、一度立ち止まって考えてみましょう。

人によっては家族がいて子供がいて、そんなこと言ってる場合じゃない!という方もいるかもしれません。

しかし、その気持ちを放っておくと心の病にかかってしまうこともあるので、いま一度向いているか向いていないかを考えてみてください。

ストレスなく働けているか

本当は好きな仕事なのに、心身ともに疲れ果ていつの間にか毎日暗い気持で働いていることはありませんか?

そう、仕事は好きなのになぜか疲れてしまう、ストレスに思ってしまうなどありませんか。

これには理由が必ずあるはずです。

例えば職場環境です。

あなたのいる職場は自分にとってよい環境でしょうか。

それはほんの些細なことだったりもします。

例えば冷暖房が完備されていない、不衛生な環境だった。

その他には通勤に2時間くらいかかる。

なども考えられます。

これではせっかく好きな仕事内容でも疲弊してしまい、仕事に集中できずミスをしてしまう要因になりかねません。

また、仕事の仕方が改善されていない職場環境にいると、知らないうちにストレスを抱えていることもあります。

仕事が上手く行かず、向いていないと思っていることが意外と自分の能力や性格によるものではなく、他の理由の場合もあるのです。

会社の方針や社長の人柄に好感が持てるか

仕事に向いていないと思える原因の1つに、社風や方針に自分がついていけないことがあります。

体育会系のノリで大人しい自分には合わないということもあります。

他にも接客業や営業職でよく見られるのが、「ノルマ」です。

人と接するのは好きなのにノルマが重くのしかかり、ノルマが達成されないと「向いていない」と思ってしまうものです。

また、社長の人柄なども影響していることが考えられます。

好感が持てる人物なら“よし!この人についていこう!”と思えるものですが、トップがどうしても気に入らない人だと、仕事に気持ちが入らないこともよくあることです。

とくに中小企業だと、社長が社員の身近にいるので人柄がよく見えてしまいがちなのです。

それが気になり仕事に打ち込めない、心の底から仕事を愛せないこともあります。

その会社に一生いる自分が想像できるか

今の仕事を30年先も続けている自分を想像出来るでしょうか。

もしすぐに元気にハツラツと働いている自分が想像できるなら、きっと向いているのでしょう。

しかし、想像できなかった場合は向いていないのかもしれません。

どうして想像できないのか、その理由として「年齢」があります。

年齢を重ねていくうちに体力も精神力も持たないことがあげられます。

例えば夜勤を含む職種の人は30代くらいまでは体力的に何ともなかったのに、40代に入った途端についていけなくなったという人もよく聞きます。

この人たちの場合はもう「体力的に向いていない」ということになります。

仕事の向き不向きは、好きか嫌いかだけでなく体力的なこともあるので10年後、20年後のことも見据えて考えてみるといいでしょう。

意地悪そうな人がたくさんいる職場ではないか

何処の職場にも意地悪な人はいるものです。

そして何故かそう思える人は自分の近くにいて、威圧してくる(そう思える)。

そうなると仕事が上手く捗らず、「自分は向いていないのかな」と考えてしまうことがあります。

意地悪な人が1人くらいならどうってことないかもしれませんが、もしそんな人がぐるっと周りにいたら毎日の仕事がイヤで仕方ないと思います。

それはもう向いているとか向いていないとかではなくて、悪い職場環境だと言えます。

しかし、自分に自信のない人は「自分が仕事出来ないから注意されているんだ」「もっとしっかりしないと!」と思い、自分を追い込んでしまう傾向があります。

本当は仕事は出来ているのにです。

今している職種は好きだけど、周りの人たちが辛いと思っているなら転職を考えてもいいかもしれません。

職場は変わるかもしれませんが、職種は変わっていないのですから好きな仕事を続けていくことには変わりありません。

人間関係は仕事を有意義に進めるための大切な要素

仕事は仕事、誰かと仲良くならずとも仕事は進められる。

誰かと楽しく過ごすために仕事に来ているわけじゃない。

お金をもらうために来ている。

そう思っていても、やはり人間関係が円滑でなければ仕事が思うように進まないこともあります。

人付き合いが苦手な人からしてみたら、悔しいですが仕事をするうえで人間関係はとても重要な要素なのです。

誰とでも臆することなく話す人を見ては羨ましく思っている人もいるでしょう。

そして、そう出来ない自分を何となく情けない人間に思えてくることもあるかと思います。

会社に行って仕事をしている以上は、どうしても人間関係から離れるわけにはいきません。

でも、人間関係がうまく行かないからといって落ち込む必要はありません。

仕事がきちんとできて、最低限のコミュニケーションが出来れば特に問題はないのです。

本当に自分に合う仕事に就こう

どんな仕事に就いていても、本当に自分に合った仕事とは何だろう?今の仕事は本当に自分に向いているのだろうか?そう思っている人は意外と多いです。

そして、自分にピッタリの仕事に就けている人は割と少ないものです。

誰もが自分に合った仕事に就きたいと思っています。

人生は思った以上に長いです。

その年月を過ごすにはお金が必要となります。

そのお金の為に働くことが必要となっていきます。

どうせなら自分に合った仕事に就く方がいいに決まっています。

ここで自分に合った仕事とはどういうものなのか考えてみましょう。

人生の充実度が変わる

自分に合う仕事に就くと人生の充実度が変わってきます。

大げさな話ではなく、生きていることが楽しくなります。

それくらい人間にとって仕事は大事なことなのです。

そう聞くと、就きたい職業に就かなければ充実感を得られないと思われがちですが決してそうではありません。

誰もが羨むような凄い仕事でなくてもいいのです。

極端な話、どんな職業でも充実度は得られます。

つまり今している仕事でなくても充実度は感じられるのです。

しかしそのためには「自分にはこの仕事が向いている」「この仕事が好きだ」「生きがいと感じる」と思えることが必要となってきます。

仕事ができることに感謝することも必要

向いている仕事に就くことも大事なのですが、そうそう見つかるものではありません。

なりたい職業を目指し勉強してきた人でも職に就くために何十回と面接をしてようやく会社に入れる人が殆どです。

年代によっては就職氷河期などで死に物狂いで就活をしてきた人もいるでしょう。

そのような経験をしてきた人は、仕事が出来ることに感謝していることが多いです。

働けて良かった、お金を貰えることに感謝!そう思っていることでしょう。

また、病気や障害があってしばらく仕事に就けなかった人も、仕事に就けたときに感謝の心を持って働く人が多いです。

今している仕事に向いているかどうか悩むこともあるかもしれませんが、働けることに感謝できる人は、向き不向きを通り越して仕事に真面目な人です。

しかし、今している仕事に感謝をできないにしても別に臆することはありません。

感じ方は人それぞれです。

向いていないと思ったら何か手を打つことが必要な場合もあります。

仕事があなたの表情や生き方を作る

人は毎日していることが顔に表れます。

特にどんなことを考えているかはよく顔に表れてしまいます。

仕事も同じことです。

毎日嫌な気持ちでしていれば自ずと顔に出てしまうでしょう。

仕事が楽しすぎてしょうがないと思う人は希です。

人は何処かで折り合いをつけて毎日仕事をしています。

そして仕事が終われば「ストレス発散」と称して、お酒を飲んだりしてストレスを解消するものです。

しかし中にはそれが上手く出来な人もいます。

その人たちはストレスが溜まりに溜まって、ひどいときは誰か大切な人に暴言を浴びせてしまう人もいます。

最近ニュースなどで報じられているのは、全く知らない人にイライラしていたからホームに突き落としたなどの悲惨な話も聞かれます。

そうなってしまってはもう手の施しようがありません。

自分が思っていた生き方とはまったく別な方向へと進んでしまいます。

そうなる前に、自分には向いていないのだと自覚することが大事でしょう。

意外と向いていないと自覚できる人は少ないです。

特にプライドが高い人はその傾向があります。

向いていないことは悪い事ではありません。

自分も普通の人間なんだと認めてあげましょう。

今の仕事が向いてないと感じたら?

どう考えても今の仕事は自分に向いていない。

そう気づいてしまった人はどうしたら良いのでしょうか。

たぶん頭の中には「辞める」という文字が浮かんでくるとは思いますが、ちょっとだけその考えは置いておきましょう。

少しだけいろいろ考えてからにしてください。

そして焦らずにちょっとずつアクションを起こしていきましょう。

人生は長いです。

計画的に進めれば必ず良い方向へと向かいます。

向いてない原因を考える

もしかしてこの仕事向いていないかも?と思った時、何が向いていないか掘り下げて考えてみましょう。

人によっては毎回、転職するたびに「向いていないかも」と思っている人もいるかもしれませんが、いま一度考える必要があります。

頭でアレコレ考えるよりは、ノートに書き出してみましょう。

まずは何が向いていないかというよりは、今の仕事で何が嫌かを思い出してみてください。

そのノートは誰に見せるわけでもないので、思いついたことをバンバン書いても大丈夫です。

なんならちょっと嫌だなと思っている上司や同僚のことを書いても構いません。

細かい作業が出来ない、営業が向いていない、残業が多すぎる。

挙げたらいろいろとキリがないかもしれませんが、書いているうちに何が向いていないのかハッキリと分かってきます。

こうして書いていくと、本当は心の中にあった思いがあぶり出されます。

でもすぐにその職場を離れたりせず、もう少し落ち着いて考えてみましょう。

部署異動を願い出る

もし自分の勤めている会社が大きめの会社で部署がいくつかあるなら、部署移動を願い出てみましょう。

多少給料は変わるかもしれませんが、ゼロから転職をするよりはかなり有利で不安な要素も少ないです。

部署の変更を申請するのは特別な事ではありません。

でもいきなり上司に部署移動を申請しても、上司にしてみたら青天の霹靂になってしまうので慎重に行っていきましょう。

まずは過去にそのような事例はあったのかを調べてみてください。

事例がないと断られてしまう場合があります。

そして移動したい部署に願い出ても、その部署が定員オーバーなら入るのは難しいかもしれません。

まずはその部署のリサーチをおすすめします。

そして出来ることなら、その部署の部長と顔見知りになり少しずつ入っていくのがおすすめです。

部署移動は同じ会社にいながらも、意外と時間が掛かります。

なので普段から他の部署との交流ができる飲み会などに参加して、自分の顔を売っておきましょう。

同じ会社でも部署が違えば仕事内容も変わる

当然ですが部署が違えば仕事内容も違ってきます。

よく聞く話ですが、申請を出していた部署の仕事が思っていた以上に厳しかった、自分が思っていたのと違ったということも多々あります。

そうならないためにもしっかりとした下調べが必要です。

そして部署異動を願い出る時は理由を言わなければいけません。

この時あまりネガティブな思いを言わない方がいい場合があります。

人間関係が嫌だからなどと本当のことを言うと、協調性のない人だと評価が付けられてしまうことも。

それよりは、異動する部署のどのようなところに興味を持ったか、何を頑張りたいかを言いましょう。

また、同じ会社内の異動は一回限りと思っていた方がいいと思います。

何度も出来るものではありません。

もちろん会社側から「〇〇部署の異動を命ずる」という異動はあるかもしれませんが、自分から何度もするものではないと心得ておきましょう。

仕事をしながら転職活動をする

転職するには転職活動が必要です。

一番賢くて安全な方法は、仕事をしながら次の職を見つけることです。

仕事をしながら就職活動をするなんて、今の会社にも面接をする会社にも印象が悪くなるのではないかと思っていませんか。

これに関しては、あまり気にすることはありません。

働くことは人に与えられた平等の権利だからです。

問題はいつ就職活動をするかですが、ハローワークは土日休みですし、面接も平日に行われることが多いので、ここは思い切って平日に有休を取りましょう。

その方が落ち着いて就職活動に力を入れられます。

面接や就職活動は不安な気持ちになることが多いですが、いろんな会社の話を聞いてみると転職への気持ちがますます高まったり、「これじゃ今の会社の方がいいな」と現実的なことが見えてきます。

自分の心の中をハッキリさせるためにも就職活動は良いことだと言えます。

期限を決めてそれまでがんばってみる

向いていないから仕事を辞めていいのか、それって本当はただの逃げなんじゃないかと迷っている人も多いかもしれません。

そんな人には期限を決めて働くことをおすすめします。

一年くらい様子を見ながら働いてみてください。

そして精一杯頑張ってみましょう。

もし一年以内に「もう絶対辞めたい!」と強く思ったらその時は辞めてください。

その場合は、おそらくもっと前から辞めたかったのでしょう。

それが分かるのは期限を決めて働いてきたからです。

決めずに働いていると自分の気持ちをごまかしながら続けているはずです。

それはそれで良いのですが、一度思いきり自分の思う方へと動いてみるのもいいと思います。

この自分で決めた期限内は、どうせ辞めるのだからといい加減に仕事をしたりせずに、真面目に仕事をしましょう。

そうすることによって、今まで見えなかった仕事の本質が見えてきます。

難しいと思えた仕事も「なーんだこういうことだったのか」と。

また、今まで話してなかったちょっと苦手なアノ人にも話しかけてみましょう。

もし冷たい態度を取られても期限が来れば、その人とはサヨナラです。

でも話しかけてみて、意外とイイ感じのリアクションだったら儲けものです。

「この人、こんな一面あるんだ」と良い面が見えたら嬉しいですよね。

自分に向いている仕事を探そう

憧れの職業に就いたけど、思っていたのと全然違ったなんてことはよくあります。

それは誰にでもあるのです。

一昔前なら転職は「辛抱が足りない人のすること」だと思われてきましたが、転職することは珍しいことではりません。

そしてその転職は、別に今まで働いてきた会社より条件が良い所でなければいけないなんてこともありません。

簡単に言えば、自力で生活が出来て健康に差し支えない会社ならいいのです。

もっと言えば、「自分はこれがいい!」と思えたらいいのです。

人の目を気にすることはありません。

今の仕事に向いていないと思ったら、少しずつアクションを起こしてみましょう。