CoCoSiA(ココシア)

利害関係とはどういう意味?利害関係がある・ない人間関係のそれぞれ8個の特徴や具体例・使い方・例文・類語・英語表現

利害関係とはどのような意味を持つのでしょうか?

今回は、利害関係の意味や利害関係がある・ない人間関係のそれぞれの特徴や具体例、使い方、例文、類語、英語表現をご紹介します。

利害関係の意味とは


利害関係とは、「利害が互いに影響し合う関係。」を意味します。

つまり利害関係は、お互いの間に損得勘定が生じる関係を表わしています。

お互いの間には、金銭などの損得が介在しています。

利害関係は、自分が受ける“利益”や“損失”は、他の人によってもたらされる依存関係があります。

また利害関係は、人同士が“運命共同体”の関係になっているところに生まれます。

つまり、自分が利益を得たときは、相手が“利益をもたらしてくれた”という関係になります。

また、自分が“損失”を被ったときは、相手から“損失を受けた”という関係になります。

一方、利害関係は、ビジネス社会の“競争関係”があるところに生まれることが多いと言えます。

競争関係のある所には、損得勘定が生じますので、自ずと利害関係が起きます。

個人の間でも、企業間でも、国同士の間でも、競争関係に陥っている状況で生じます。

“利害関係”と“競争関係”は、切っても切れない深い関係があります。

見方を変えると、個人でも、企業でも、国同士でも競争のないところには、利害関係は生まれないと言えるでしょう。

“利”は、“利益”をもたらすことを意味し、“害”は、“損失”をもたらすことを表わします。

利害関係は、個人同士でも企業間でも国同士でも、常に相手に気を緩めない緊張関係にあるところに起きるのです。

相手に油断をすると、自分が損失を被ることがあるため、常に緊張関係にあります。

ですから、競争関係→緊張関係→利害関係という繋がりがあります。

また、相手から利益を得ることができても、安心が出来ないのが利害関係です。

相手に気を許すと、状況が一転して損失を被る事態に変わるのが、利害関係なのです。

“利害関係”があるところでは、“油断禁物”です。

利害関係のある者同士の間には、気持ちが休まることはありません。

利害関係とは、損得勘定が介在する人間関係を意味します。

利害とは”利益と損失”

利害とは、”利益“と”損失”を表します。

そのため利害関係とは、相手に与える“利益”や“損失”を指した表現です。

または、相手から“利益”または“損失”を受ける関係にあるとき、利害関係といいます。

個人同士や企業間、国同士の関係が快い関係にあるなら、利害関係が生じることはありません。

例えば、お互いに信頼し合える友達同士には、お互いの間に、“利益”や“損失”という考えが生じることはありません。

自分の利益のために、相手を利用しようとする考えは起きないのです。

しかし、利害関係のある者同士の間には、厳しい状況に陥ると、自分の利益のために、相手を利用しようとする考えが生じます。

利害関係のある人間関係では、自分に利益が生じたときは、相手が損失を被ることがあります。

一方、相手に利益が生じたときは、自分は損失を被ることがあります。

このように、利害関係には、お互いの間に損得勘定が介在しますので、油断できない関係を生むことになります。

利害が互いに影響する関係

利害関係をもつ個人同士や会社間、国同士には、お互いの間に“反比例”する関係があります。

例えば、自分が利益を得たときには、相手は損害を被ることがあります。

また、自分が損害を被ったときには、相手は利益を得ることがあります。

お互いに、相反する関係になる状況を招くのが利害関係です。

しかし一方では、自分が利益を得た時には、相手も利益を得ることもあります。

また、自分が損失を被ったとき、相手も損失を被るという、“運命共同体”の面もあります。

利害関係で成り立つ人間関係では、利害が互いに影響し合う関係になっています。

利害が互いに影響する関係では、損失を被る厳しい状況に陥ると、お互いの間の人間関係が“壊れる脆さ”をもっています。

利害関係のある人間関係の特徴8個

利害関係は、世の中の変化により、利益をもたらすこともありますが、厳しい状況になると、損失をもたらすこともあります。

損失を受けると、“原因探し”や“犯人捜し”が始まります。

損失の大きさによっては、損失を被った人が損失を与えた人を厳しく責める事態になることもあります。

利害関係のある人間関係では、「自分が損しないようにする」ことを最優先に行動するでしょう。