「面子(メンツ)」と聞いて、頭に浮かぶのは誰でしょうか。

友達、彼氏、夫、父、母、上司…。

それともご自身でしょうか。

現代は様々な生き方が容認されている時代ですが、その中に「面子」にこだわっている人はたくさんいます。

面子とはなんでしょうか。

みなさんにとって必要なものでしょうか。

今回は「面子」についてのアレコレをお伝えします。

これを読めば、「ああ!アレがあの人の言っていたメンツって意味か!」と分かるでしょう。

今回は「面子」の言葉の由来と意味・使い方、そして面子にこだわる人の20個の特徴などをお伝えします。

もしかしたら自分も当てはまるかもしれませんので、ぜひご覧ください。

「面子(メンツ)」の意味とは?


「面子」と書いてメンツと読みます。

メンコでもないし、メンシでもありません。

面子の意味はいくつかに分かれています。

1.体面・面目

自分が持っているプライドや世間に対しての絶対的な誇り、自信としているもの。

世間や自分以外の人に合わせる顔、名誉などを意味しています。

2.顔ぶれを表している

最近では面子という言葉を使う人は、あまりいなくなりました。

昔はドラマや映画で「俺の面子が~」なんて聞きましたが、最近ではドラマでも聞かなくなったかもしれません。

聞いてもせいぜいVシネマのような、怖いお兄さんが出てくる映画くらいかもしれません。

しかし、言葉はあまり聞かなくなったものの、世の中には「面子」を地でいく人は大勢います。

言い換えれば「プライドが高い」という言葉が当てはまるでしょう。

そう聞いて頭の中に身近な人物が浮かんできたりしませんか?後で「メンツにこだわる人の20個の特徴」でも触れますが、意外と弱い人だったりします。

次にメンツの言葉の由来を探ってみましょう。

「面子(メンツ)」の由来

もともとは麻雀で使用する言葉で、牌の組み合わせのことを言います。

転じて人の組み合わせや、いつも会う人たちのメンバーを意味します。

「面子(メンツ)」の使い方・例文

ここで面子(メンツ)の使い方をお伝えします。

もしかしたら「メンツ」を使う場面はそうそう無いかもしれませんが、知っておけばサラっと自然に使えるかもしれませんよ。

1.同窓会を計画していたが、いつもの面子が揃わないので延期することになった

面子とは、「いつもの顔ぶれ」という意味でもあります。

上の例文は、いつものメンバーが集まらないから。という意味です。

最近若者の間では、いつものメンバーを「イツメン」と使ったりもします。

SNSでの画像でも友達数人と写っているところに「イツメン」と書いてあるのをよく見ます。

面子はもともと麻雀に参加するメンバーのことを意味しており、いつも雀卓を囲んでいる麻雀仲間を言います。

上の例文の場合、同窓会なので頻繁に会っているワケではありません。

でも「面子」という言葉を使うということは、学生時代から集まるメンバーが決まっていて、大人になっても定期的に集まっていることを意味します。

「面子」だけだと意味が違ってきますが、「いつもの面子」となると仲が良いことを意味します。

2.彼は面子にこだわっているようだ

先ほどもお伝えしましたが「面子」の意味は、その人のプライド、体面・面目を指します。

この例文は「面子にこだわる」とありますが、この「彼」は自分が世間でどのように見えるかにこだわっています。

そしてその面子を整えるために、いろんな行動に出るのです。

その様子を見ている周りの人たちが、それを見ていて「彼は面子にこだわっているようだ」と言うわけです。

3.部活の集まりで先輩の面子を立てるために試行錯誤する

メンツは自分の心の中だけのことではありません。

自分の周りにいる「メンツを大事に思っている人」にも使います。

例文では「メンツを立てる」とあります。

この場合は、先輩のプライドが傷つかないよう、そして更には先輩のご機嫌も取らないといけないことを意味しています。

例文の先輩はいわゆる「面倒くさいヤツ」で、メンツを立ててあげないと後々面倒くさくなることも意味しています。

4.大事な場面で失言をしてしまい、面子が潰れた

失言とは、言ってはいけないことを言ってしまうこと、またはうっかり言ってしまったことを意味します。

その他にも意味をはき違えて、間違った言葉の使い方をしてしまったことも指します。

人が大勢いるところで、言ってはいけないことを言ってしまい自分のメンツが潰れる。

またはそのことで、自分以外の人のメンツが潰れてしまうこともあります。

言葉は選んで使いたいですが、やはりうっかり言ってしまうこともありますよね。

特に夫婦げんかで売り言葉に買い言葉で言ってしまうことも。

この場合はけんかをさらにヒートアップさせることもあるので、感情にまかせて失言しないように気をつけましょう。

5.仕事で失敗続きとなっており、このままでは面子が立たない

この例文は、普段から面子を大事にしている人が言う言葉です。

普段は人から「出来る人」と思われているのですが、ミスが続いているのを周りの人が見ているので、自分の価値が下がりメンツが無くなってしまうと思っているのです。

面子を使う場合は自分に使うことが多いです。

メンツにこだわる人の20個の特徴


ここでメンツにこだわる人の20個の特徴を紹介します。

皆さんの周りにもメンツにこだわる人がいて、心当たりが数人浮かんできませんか。

もしかしたらあなた自身もメンツにこだわる人なのかもしれません。

メンツにこだわるなんて一見嫌なやつに聞こえるかもしれませんが、こだわる人にはこだわる理由があるようですよ。

1.固定概念がある

メンツにこだわる人は固定概念に囚われている傾向があります。

言い換えれば「頑固者」とも言えるかもしれません。

自分の考えが正しいと思いがちです。

それは自分なりの成功体験があったからです。

その一方で、自分の考えからはみ出すのを嫌う傾向にあります。

自分の考えではない方法で何かをして、失敗してしまうのが怖いからです。

メンツを保つ人はプライドが高い人が多いです。

たまに失敗することもあるでしょうが、人前で失敗するのを嫌がります。

そのため今までしてきた方法で行動しようとします。

固定概念の強さは仕事や勉強だけではありません。

恋愛までも固定概念が強い傾向があります。

「女性はこうあるべき」・「男性ならこうあるべき」と思いがちです。

固定概念が強いと周りからは敬遠されてしまうことがあります。

2.プライドが高い

皆さんの周りにもプライドが高い人はたくさんいるのではないでしょうか。

メンツを大事に思う人は、プライドが高い傾向があります。

プライドが高い故に自分のメンツを保とうとします。

それではプライドとは何なのでしょうか。

プライドとは自尊心・誇りのことです。

自尊心については自分の存在についてですが、誇りとなると色んな対象があります。

仕事に対する誇りもあります。

また映画などで親が子供に「あなたは私の誇りよ」というセリフを聞いたこともあるでしょう。

この場合は自分にとって大切なもの、誰にでも胸を張って見せられる、紹介できる人やものを言い誇りの1つです。

しかし「プライドが高い人」となると意味合いが違ってきます。

プライドが高い人は、自分が傷つけられるのを嫌う傾向があります。

たとえ相手が傷つけるつもりでなかったにしても、許すことが出来ず、ずっと怒っている人もいます。

3.周りからどう見られているのか常に気にしている

メンツを保とうとする人は、周りの目を気にする傾向があります。

それは自分の顔、スタイル、服、バッグ、勉強・仕事、学歴、伴侶、子供、とにかくありとあらゆることを気にしがちです。

自分のことだけ気にするならまだよいのですが、自分以外の周りのことも巻き込むこともあります。

たとえば、自分の子供を巻き込む場合です。

子供がちょっとでも不出来だと、自分の育て方が悪かった。

つまり自分が悪い、不出来な親を世間が自分をどう見るだろうと思うのです。

他にも彼氏彼女・夫や妻などのパートナーのスペックにもこだわります。

高学歴・高収入・美醜など、自分のこと以外の人やものにもこだわります。

自分のそばにいる物や人は自分の一部だと思っているのです。

自分の一部だと思うのは悪くないのですが、それで自分のメンツを保とうとするために相手に無理をさせたり、自分のスペックを無視して相手を選り好みしようとしてしまいます。

しかし周りを常に気にしている人にも理由があります。

小さな頃から親に体裁ばかり求められていた人はやはり自然と同じくなりますし、親になったとき自分の子供にも求めていく人間になるでしょう。

周りからの評価が自分の基準になっている

メンツを気にする人は周りの評価を非常に気にします。

なぜそんなに気にするのでしょうか。

それは周りの自分への評価=自分の生きている価値だと思っているからです。

なので、ちょっとでも自分への批判や注意を受けると、自分の価値が下がったように思えて悲しくなったり、怒ったりします。

しかし、この感情や思考は誰にでもあるものです。

普通の人は非難されたり批判されても、それほど引きずったりはしません。

しかし人からの評価を気にしている人は、ずっとこのことを引きずりがちです。

そして自分のメンツを回復させようと、批判した人に復讐を企てる人もたまにいます。

よくSNSで、いわゆる「映え」を気にする人もそうです。

いいねを欲しいと思うのは、その人のメンツのようなもので、いいねがそのまま自分の存在価値だと思い込む人もいます。

だから「映え」のために、おしゃれなカフェでの画像を載せたりするのです。

きっとSNSは手軽に自分への評価を上げ、自尊心を傷つけられることもあまりないので、みんな夢中になるのでしょう。

4.相手の立場に立って考えられない

子供の頃から「相手の立場になって物事を考えなさい」と学校や、親から教えられてきたと思いますが、それを守れない人もいます。

たまに自分のメンツを保つために、相手の立場になって考えられない人もいます。

自分さえ良ければいいと考えてしまいます。

自分のメンツを大事にするとき、相手にもメンツがあるということを忘れてしまう人が多いです。

メンツを守りたい全ての人がそうだとは言いませんが、何かを守ろうという気持ちが強くなったとき、他の大事な何かを忘れてしまったり、蔑ろにしてしまうのは良くあることでしょう。

メンツも大事ですが、相手の立場を考えられないようであれば、どんなに格好良くてもただのワガママな子供でしかないことを肝に銘じておいたほうがいいです。

5.自己中心的

メンツを保とうとする人は、いつも自分に注目してもらいたいと考えがちです。

その思いが、意識的か無意識かは分りませんが、いつの間にか自分の話ばかりしようとします。

メンツを保とうとする人は、ワガママに見えるタイプもいますが「世話焼き」な人もいます。

自分の評価を上げようと誰かの助けになろうとするのです。

でもそれはたいがい「お節介」な場合が多くて、周りはうんざりしていることもあります。

世の中の役に立つことなら良いのですが、自分のやりたいことでメンツを保とうとする傾向があります。

6.自信がない

自信満々で人生を楽しんでいる人はあまりいません。

でも自信がなければ、生きていくのが辛くなる時もあるでしょう。

それはどんな人なのでしょうか。

その人はメンツやプライドを最も大事にしている人です。

メンツもプライドも大事にしているので、見た目は強そうで取っ付きにくそうな感じの人なのですが、中身はそうでもないのです。

自分に自信がないために、何かで自分を支えようとしているのです。

それがメンツやプライドだったりします。

なので、ちょっとでもメンツが汚されたり、プライドが傷つけられると自分の存在価値に文句を付けられたと思ってしまいます。

あと、自信がない人は、自慢話ばかりする傾向があります。

それも自分自身の自慢ではなくて、自分の子供・夫・親・車・自分の身近にある人や物をまるで自分であるかのように自慢することもあります。

7.自分に厳しい

メンツを重んじている人は、周りからどう見られているかとても気にしています。

だから身なりにはとても気を遣っています。

髪型や化粧、体型は基本中の基本で、健康にもこだわり、自分を律するタイプが多いです。

暴飲暴食、友達とのブッフェなんてもってのほかで、仮に食べたとしても次の日からは太らないように、しゃかりきに運動をします。

メンツを保つ人、プライドが高い人は自分にも厳しいですが、自分以外の人にも厳しい場合があります。

特に家族に厳しいこともあります。

「家族は自分の一部」と思っているのです。

この思いは間違いではありませんが、パートナーや子供が自分の好みや理想に合わない服装や行動をしていると厳しく指摘してきます。

自分の意に沿わないことを家族がしていると自分の価値が下がったように思うのが理由です。

「厳しい」という言葉も使えますが、別な言い方をすれば「押しつけがましい」とも言えます。

もし心当たりがあるなら、今一度見直した方がいいでしょう。

8.完璧主義

皆さんの周りに完璧主義の人はいますか?彼らのこだわりに、付き合いきれず「もうそのへんでやめておきなよー!」と思わず言いたくなりますよね。

でも彼らは完璧主義をやめられないのです。

完璧に!というよりは、自分が納得するまでやりたいのです。

周りが自分をどう見ているか、もし自分に何か落ち度があったら非難されると思っているので、完璧にしたいと思っています。

完璧主義なのは構わないのですが、時に人を巻き込んで自分が思い描いている「完璧」を完成させようと手伝わせる人もいるから厄介です。

完璧主義になってしまう原因は人それぞれですが、少々気の育てられ方が大きく関係しています。

勉強や運動、習い事、親が納得するまで何度も何度もやり直しをさせられて、泣きながら親の言うことを聞いてきた人たちです。

完璧に仕上げてほっと安心できるならそれで良いですが、いつも何か脅迫されているかのように完璧を求めてしまうようなら、一度病院で見てもらうことをおすすめします。

9.実力主義

上でメンツを重んじる人は完璧主義でもあるとお伝えしました。

一見厄介な部分もありますが、完璧主義なゆえにデメリットだけでなくメリットもあります。

完璧主義の人は、それなりに実績を上げてきているので、「実力」があります。

料理も家事も、仕事も恋愛も、一度手を付ければ完璧にこなそうとするので、成果を残せる人でもあります。

完璧主義な彼らにも出来ること出来ないことがありますが、たいていのことはそつなくこなす場合があります。

確実に積み上げてきた経験がさまざまな実力へと繋がっているのです。

10.失敗すると分かっていても実行することがある

人によっては「勝てない戦はしない主義」という人もいるでしょう。

たいていの人はそうなのかもしれません。

でもメンツを重んじる人の中には、失敗するかもしれないと分っていても実行する人がいます。

本当ならメンツが大事に思っている人は、失敗なんてコレっぽちもしたくない人が多いはずです。

それでも失敗の可能性があっても立ち向かうのは何故か…。

その理由は、周りのみんなに押されてと言うことがあります。

メンツを守る人は実績があり完璧に仕事をこなすので、周りが「あの人ならできるどうろう」とお願いしてくるのです。

メンツが大事な人は、信頼されたり頼られることを望んで要るので思わず「はい」と返事してしまうこともあるのです。

11.自分のミスを認められない

人は自分のミスをなかなか認められません。

自分でも気づかないうちにいろんなミスをしているものです。

そして人に言われて初めてハッと気づく物でもあります。

しかしメンツを気にする人は、人にミスを指摘されると腹を立てたりと感情の起伏が激しくなってしまいます。

このような人は普段、誰かに指摘されるのが慣れていないのです。

だからちょっと言われただけでも、まるで自分の存在を拒否されかのように思い怒り出します。

ミスを認めてしまうと、自分の存在価値が低くなってしまうと思っているのです。

当然そんなことはないのですが、彼らは命に関わるほどにメンツを気にしているのでミスを認められないのでしょう。

なので、面倒くさいかもしれませんが、そんな彼らにミスを伝えるときは慎重に言うか、返り討ちにあってもへっちゃらな顔をしていられるメンタルがこちら側にも必要なのかもしれません。

12.ハプニングが起こったときに臨機応変に対応できない

完璧主義者で実力主義者でもあるメンツを守る人たちは、一見万能そうに見えますよね。

どんなときでも臨機応変に対応できそうですが、意外とそうでもなかったりします。

とっさのハプニングに動けなくなることもあるのです。

自分が対応できる範囲内のハプニングなら、自信満々に動けます。

それは自分のメンツを保つことが出来るし、自分の株も上がるからです。

でもそのハプニングが自分では対応できないと分ればオロオロしてしまい、見て見ぬふりをすることも。

それくらい失敗してしまうのが怖いと思っているのです。

やってみて「あちゃー間違えたちゃった!ごめんねー!」と言えないのがメンツを大事にしている人なのです。

しかし、そうはいっても、自分には無理だと思っていても、ハプニングに頭を突っ込んでくる人はそうそういません。

メンツを保とうとする人の方が、無駄に問題に巻き込まれていいのかもしれませんね。

13.負けるのが嫌い

自分のメンツを保つ人は、負けるのが嫌いです。

中には「大」が付くくらい負けるのが嫌いな人がいます。

負けることは自分の存在価値が低くなると信じているからです。

「負けるが勝ち」なんて言葉もありますが、彼らには通じません。

でも彼らは、負けるのを嫌う代わりに負けない努力もします。

その努力は並外れたもので、自分の為にナンバーワンでいようと躍起になるのです。

仕事やスポーツ、勝負のステージはそれぞれですが、万が一負けたとしても敗因を調べてまた勝負に挑もうとするのが、メンツを重んじる人なのです。

負けてただ悔しがり、ライバルを悪く思ったり恨んだりする人もいます。

これではタダの負け犬です。

でもしっかりと自分を振り返り、また勝負に挑むこれこそが本当にメンツを保つ人だといえるでしょう。

14.自分の中でこだわりがある

メンツを保とうとする人は自分の中にこだわりがあります。

別な言い方をすると「こだわりが強い」です。

こだわりを強くしないと自分を保っていられないからです。

こだわりを少しでも緩めてしまうと自分がかっこ悪くみえたり、存在価値が崩れてしまうのではないのかと恐れているからです。

こだわりが強い人は、いわゆる「自己肯定感」が高い人でもあります。

そして自分なりの正しい知識を他の人にも知ってもらいたいとも思っています。

教えてもらっている相手が喜んでもらえると、自分の自己肯定感がどんどん膨らんでいくからです。

普通に生活して、普通に人付き合いする分には、こだわりが強い人が近くにいてもいいのですが、こだわりが強い人と結婚すると色々と大変なことが多いようで、食べ物のこだわり、洗濯のたたみ方などなど口うるさく言われることもあります。

結婚前は注意深くチェックしてみた方がいいかもしれません。

15.自分の考えは正しいと考えている

誰もが心の中で「自分は正しい」と思っています。

でも大抵の人は、口には出しません。

でもメンツを重んじる人は「自分は正しい」と信じ込んでいますし、口にも出します。

そこに疑いの余地はありません。

なぜ自分の考えは正しいと思っているのでしょうか。

それは自分なりの実績を持っているからです。

先ほども伝えましたが、彼らは努力に努力を重ねます。

苦労をしてきた人も要るでしょう。

確かな過去があるので、自分は正しいと思えるのです。

なのでプライド高くてメンツを保つ人の意見は、割と正しいいうことをアドバイスしてくれたりもします。

プライドが高くていけ好かないヤツと決めつけずに、意見を聞いておくのも良いでしょう。

16.ブランドが好き

メンツを保とうとしている人は、ブランド物が好きです。

ブランド物は「高級」だから、持っていると自分の価値も上がったような気持ちになれます。

ブランド物を持つ=自分の価値が上がる。

非常にわかりやすい構図で、周りの人はちょっとイヤミに思えるかもしれません。

ブランド物は値段が高いので、持っている人は「お金持ち」と思われることもあります。

もちろんそうではあるのですが、ブランド物は作りがしっかりしていているし、素材も良です。

そんなブランド物を持っている人は「目利き」でもあります。

物事の善し悪しを見ることもできる人だとも言えるでしょう。

ブランド好きは、イヤミに見えて嫌われることもありますが、ブランド物を買えると言うことは、それなりに収入も良いことを意味します。

もしくは普段節約して買っているとも考えられます。

プライドが高そうでメンツに拘っていたとしても、裏では努力している人もいるのです。

17.感情が表情に出る

メンツを重んじる人は、感情が表に出やすいです。

というよりは、感情を表に出します。

特に嫌だと思うことはハッキリ言うようにしています。

メンツを崩さないためにも、嫌なことは嫌だというのです。

逆に自尊心が低い人は、感情を表に出しません。

何故かと言うと、感情を出すことで相手に嫌われてしまわないかと気にしているからです。

相手に嫌われてしまうくらいなら、自分の感情を出さずにいようと思っています。

しかしメンツを重んじる人は自尊心が高い人です。

自分の自尊心を保つためなら、相手が傷ついても仕方ないと思っています。

日本人はどちらかというと、自尊心が低いです。

そのせいか、自己肯定を高くする方法や自尊心を保つためにネットで情報を調べたり、本を読んだりする人が多いです。

18.ライバルを作りたがる

メンツを大事だと思っている人は、ライバルがいるとイキイキします。

ライバルがいれば勝つ場面が出てくるからです。

いつでも何処でも、自分が一番、もしくは上にいたいと思っているので、周りの人と自分を常に比べています。

皆さんの周りにいる、メンツに拘る人もあなたを、いつの間にか「ライバル」にしているかもしれませんよ。

ライバルにされた人は迷惑かもしれませんが、実はライバル視されている人もメンツを保とうとしている人と同類の場合があります。

類は友を呼ぶではありませんが、似たもの同士でその人もプライドが高いこともあるのです。

「そんなことないよー」と思うかもしれません。

表面ではよく分らないかもしれませんが、もしライバルがいるならじっくりと自分と比べて見てください。

意外と似ているところがあるはずですよ。

19.他の人を下に見る

メンツを保とうとする人の一番いけないところは、人を見下してしまうところです。

他の人を下に見てないと自分のメンツが保てないからです。

プライドが高い人がこうなってしまうと、もうメンツを保つとか以前に人間性に関係してきます。

どんなにメンツが保ちたくても、プライドが高くても、人を下に見てしまうようでは人間としてダメです。

他の人を見下してしまうのは、メンツを保つこともありますが、そもそも見下してしまうのは自分の価値観は人に勝ってナンボだと思っているからです。

そのような思考になった理由は幼少の頃の育てられ方にもよります。

または人生の中で悔しい思いをしてきた場合も考えられまが、どちらにしても人を見下していると、いつのまにか自分も見下されていることも十分にあり得るので肝に銘じておきましょう。

20.自分の考えを相手に押し付ける

メンツを重んじる人は、頑固で自分の考えが正しいと思い込んでいるので、自分の考えを押しつけようとします。

誰かが悩み相談したとしても、「うんうん」と聞いていることができず意見をガンガン言ってくる場合が多いです。

本人は的確なアドバイスをしているつもりですが、聞かされている方はウンザリしてます。

またガンガンとアドバイスを言ってくる人は、実は「言える相手」を選んでいることが多いです。

言い返してくるような相手には言ってきません。

なぜなら、言い返してきて論破されたら自分の存在価値が下がってしまうからです。

厄介なことに相手は、良かれと思ってしているので困ってしまいますよね。

その場合の対処法としては、聞き流すことに限ります。

そして次からはその人に相談しないようにするのが一番です。

メンツにこだわるのはほどほどにしよう

いかがでしたか?

メンツの意味と、メンツにこだわる人の特徴を20個を紹介しました。

メンツにこだわることには、メリットもデメリットもあります。

メリットは、メンツを保つことは自己肯定が高くて嫌なことは嫌だとハッキリと言える・メンツを保つために努力を惜しまない・正確な判断を出来るなどです。

でもあまりにもメンツを気にすると、自分では気づかないうちに周りから「イヤミなヤツ」と思われていて、いつの間にか評価が下がっていることもあります。

また、頑固な考えの持ち主が多いので、知らず知らずのうちに自分で自分を縛っていることも。

もしかしたらデメリットの方が多いのかもしれません。

正しくメンツを保つのであれば、人の為にメンツを使えるといいですよね。

人の目ばかり気にするのではなく、人の為に行動できる。

これこそが一番大事なメンツの使い方でしょう。