「大切なあの子と喧嘩してしまった」「喧嘩した友達と以前のように戻りたい」なんて考えていても、なかなか喧嘩のあとはどのように接すればいいのかわからないですよね。

大切な友達だからこそ、相手のことを思ってキツく言葉を発してしまった人もいることでしょう。

大切な友達と仲直りしたい…そんなあなたのために、この記事では大切な友達と喧嘩してしまった時の対処方法をご紹介しています。

それぞれ詳しくどのように行動すればいいのかをお伝えしているので、今後に役立ててください。

大切な友達と喧嘩してしまったときの8個の対処法

「親しき中にも礼儀あり」という言葉がありますが、親しい仲だからこそついつい相手の優しさに甘んじて強気な姿勢で接してしまうこともありますよね。

あなたは今、大切な友達と喧嘩してしまってつらい思いをしているのではないでしょうか。

しかし、大切な友達だからこそ仲直りするためにどのようにしたらいいのか分からない、どのように接していけばいいのか分からないという方もいると思います。

下手に行動してしまい、さらに2人の関係に溝を作るようなことをしたくないですよね。

ということで、ここでは大切な友達と喧嘩してしまった際にどのように対処していけばいいのかをご説明しています。

8つの対処方法をお伝えしているので、あなたが挑戦しやすいものから行っていきましょう。

自分から素直に謝る


あなたと友達が喧嘩してしまった原因にもよりますが、あなたに喧嘩の原因があるとわかっているのであればあなたから素直に謝りましょう。

時には、あなたの言い分として「相手が一方的に悪い」と思われることもあると思います。

しかし、第3者の目線から見てみると友達よりもあなたに非があるという場合もあるものです。

だからこそ、大切な友達と喧嘩してしまった際には「相手が悪い」と決めつけるのはやめましょう。

あなたにも何かしらの原因があったからこそ、2人で意見が衝突することになったのです。

謝罪は先手必勝です。

どちらかが早めに謝ることができれば、早めに仲直りすることができるのです。

「謝ったら負けだ」と感じる人もいますが、そうではありません。

最初に謝るほうが先見の明を持っていることも自覚しましょう。

直接顔を見て謝る

素直に謝る…といっても、謝り方によっては相手からの怒りを鎮めることができるかが変わります。

一番におすすめする謝罪方法は、直接相手の顔を見て謝る方法です。

メールや電話で謝罪することもできますが、相手に謝罪の誠意が一番に伝わる方法としては相手の顔を見て面と向かって謝罪する方法なんです。

とはいえ、直接顔を見て謝罪するなんて心苦しいものがありますよね。

あんなに喧嘩をしたのに顔を見るなんてできれば避けたいことかもしれません。

しかし、面と向かって謝罪したほうが相手に言い分がしっかりと伝わり、お互いの誤解が溶けやすいという点でもおすすめの謝罪方法です。

さらに2人の関係に溝を作るようなことをしないように、直接顔を見て謝るようにしましょう。

LINEやメールで謝る

直接顔を見て謝罪するのが一番良い方法ではありますが、喧嘩した相手の顔を見るだけでさらに腹が立ってしまうこともあります。

それに出来れば相手には会うことなく、関係を補修したいと考えている人もいるのではないでしょうか?

その場合には、無理に面と向かって謝罪するのではなくLINEやメールで謝りましょう。

とはいえ、LINEやメールでは打ち込む内容によって相手に誤解を与えることもあります。

そのため、送信する言葉はしっかりと選ぶことが重要です。

また、LINEで謝罪しているようなスタンプを押すのもやめましょう。

それだと誠意が伝わらず、仲直りするどころか2人の関係に溝を作ってしまう可能性もあります。

絵文字等を使わず、誠意の伝わるような落ち着いた文章で送るようにしましょう。

電話で謝る

LINEやメールでは相手に気持ちが伝わらないように感じるけど、相手に会うのは嫌だな…と感じているなら、電話で謝るようにしましょう。

実際に面と向かうほどではありませんが、あなたの声をじかに相手に伝えることができるため、相手にあなたの謝罪の気持ちをしっかりと伝えることができます。

とはいえ、電話だからといって喧嘩前のテンションで連絡するのはやめることです。

謝罪の気持ちを伝え、落ち着いた声で相手に謝罪の言葉を伝えましょう。

また、急に相手に電話をするのではなく「この時間に電話してもいい?」などと相手の事情も考えて電話するようにしましょう。

そうすると相手のことを考えてくれているのだと、相手はあなたを許したくなります。

手紙で謝る


直接会って謝罪するのは難しく感じるけれど、LINEのような電子的な文章で謝罪するわけにもいかないな…なんて考えているあなたは、手紙で謝るのがおすすめです。

スマホが当たり前となっている現代では、なかなか手紙を書く機会がないものです。

そのため、手紙ってどのように書いたらいいのかわからないと思われるかもしれませんが、相手には直接会う方法の次にあなたの謝罪する気持ちの誠意を伝えることができるようになります。

あなたの手で文字を書き、あなたの謝罪する気持ちを相手に伝えませんか?

書いた手紙は直接渡すのもいいですし、それも厳しく感じるようであれば郵送してもOKです。

反省して悪い部分を直す

あなたたちは、どうして喧嘩することになってしまったのでしょうか?

おそらくどちらかに何かしらの問題があり、その点について言い争う形になったのではないでしょうか。

相手に非がある場合もありますが、相手から見るとあなたに非がある場合も十分にありえます。

あなたには、どこか悪い点はなかったでしょうか?その悪かった点を探し出し、悪い部分を少しずつ直していきましょう。

悪い部分を認め、そして直せる”反省”をすることによって相手に対して謝罪の気持ちが生まれることもあります。

そのおかげで仲直りできることもあるので、反省してあなたの悪い部分を探し出すのは重要です。

紙に書いて整理しながら考える

「自分の悪いところはどこだっただろう」と考えても、なかなか思い浮かばないこともあります。

しかし、それでは何も解決しません。

まずは、どうして喧嘩が起こってしまったのかその原因を紙に書き出してみましょう。

そしてどうしてその喧嘩が起こってしまったのかの原因について深く掘り下げていきます。

あなたは、その点に対しどのような気持ちをしていたのか?相手にとってその問題はどのように感じるものだったのか…?それらを深く掘り下げていくと、あなたにも何かしらの非があったことがわかるでしょう。

その点に関して反省していきましょう。

友人や家族に相談をしてみる

自分自身で自分を見つめてみても、どこに悪い点があったのかわからないこともあるでしょう。

その場合は、いくら自分で自分自身を見つめてみてもあまり意味がありません。

だからこそ、あなたの友人や家族に相談してみることをおすすめします。

「このような喧嘩があった」「どの点が自分の悪いところなのか」と第3者の意見を聞くのです。

そうすることによって、あなたが注目することのできなかった点を見出すことができ、反省することができます。

人は自分自身のことは一番に理解しているように感じるものですが、実は自分こそが自分自身を一番見えていないこともあります。

反省を友達に伝えられると尚良し

悪いところを反省した…でも喧嘩した相手に謝罪するだけでは、その気持ちを伝えることはできません。

だからこそ、できれば謝罪の気持ちを伝える際にあなたが何に関して反省しているのかまでも伝えることが重要です。

そうすれば「この子は自分の言い分をわかってくれたんだな」と納得して許すことができるからです。

とはいえ、喧嘩してしまった友達に謝罪するだけでも精一杯の際には無理して反省したところを伝える必要はありません。

それならば、日常生活の中で反省した点を繰り返さないように気を付けるようにしてください。

喧嘩した友達は仲直りした後も、あなたの生活態度等をいつも見ています。

いつもの態度で反省していることを伝えるようにするといいでしょう。

ちょっとした贈り物をする

喧嘩をしてしまった相手に普通に謝罪をしてもなんだか許してくれなさそう…。

そんな気持ちを感じると、謝罪する気持ちがあってもどうしても謝罪に踏み出せないこともあります。

それでは、あなたが心に持っている”謝罪したい気持ち”を無駄にすることになってしまいます。

そんな時には、謝罪とともにその気持ちを示すちょっとした贈り物をするようにしましょう。

そして、そのプレゼントに免じて相手のご機嫌をとり、許してもらえるように仕向けていきましょう。

相手が喜ぶプチギフトを添えて謝る

相手に謝罪とともにプレゼントを贈る―それだけでも許してもらえるような気がしてしまいますよね。

しかし、あなたが贈るプレゼントによって相手の反応が変わってしまうこともあるので注意が必要です。

それに相手にどのようなものをプレゼントすればいいのか分からないという方もいるものです。

その場合には、相手の立場に立って”相手が喜ぶプチギフト”を添えて謝るようにしましょう。

相手が喜ぶものでも、ちょっとした気持ちを添えるプチギフトにすることによって、相手もあなたが自分のことをご機嫌をとろうとしているのではないと感じ、許すことができるようになります。

あくまでお互いに負担にならないもの

プレゼントを渡す際には、お互いにとって負担にならないものを選ぶようにしましょう。

どういうことかというと、プレゼントの金額的に「こんな高いものを買ってくれるなんて申し訳ないな」と思わせない価格帯のものを選ぶことです。

あなたは謝罪する気持ちをメインに伝えるべきですが、ブランド物をプチギフトとして贈ってしまう方もいます。

それでは、プレゼントがメインとしなってしまいますよね。

プレゼントの受け取り手によっては「嬉しい」と思ってくれる人もいますが、たいていは「こんなものを渡してご機嫌をとるつもりなんだな」「この後に何か見返りを求めているのかもしれない」なんて悪い方向にとらえてしまう人もいます。

だからこそ、価格を気にして相手にもあなたにも負担にならないようなものを選ぶようにしましょう。

とことん話し合いをする

喧嘩をしてしまった原因は相手にあるに決まっていると感じていませんか?

しかし、相手の言い分を聞いているとあなたが悪いと言い張っています。

その場合、どうしても自分が悪いと認めて謝罪なんてするような気持ちになれないですよね。

相手が悪いからこそ自分が謝罪する必要がないと思ってしまいます。

これは相手も同じようなことを考えている可能性があります。

それだと、いつまでたっても喧嘩を終わらせることができず、冷戦状態に突入してしまうことも考えられます。

そうならないように、とことん喧嘩した相手と話し合いをしていきましょう。

話し合いをするのは電話でも、直接会うようにしてもどちらでもかまいません。

お互いに都合よくお互いの本当の気持ちを打ち明けられるスタイルを選びましょう。

お互いが納得いくまでしっかり話す

話し合いをいざしてみると、相手の言っていることが正しいとわかることもあります。

その際は、自分が悪かったのだと非を認めることができますよね。

そんなときには、お互いに納得がいくまでしっかりと話すようにしてみましょう。

相手が「それは違う」などと主張してきてもあなたが納得できない場合には、相手に納得できるように話してもらいます。

また、あなたの言い分を相手が否定する場合、相手が納得できるようにあなたも話すようにしましょう。

お互いに納得いくまでしっかりと話すことによって、お互いについての考え方の相違を知ることができるため、互いに深く知ることができます。

この世界には同じ考えの持ち主は誰一人としていません。

十人十色という言葉があるように、人それぞれ考え方は違うものです。

そのことについて友人との話し合いの中で感じ取ることができるでしょう。

時間はかかっても理解は深まる

友達と喧嘩をしてしまった…すぐにでも仲直りしたいという気持ちに反して、長い間仲直りできないこともあります。

しかし、その中でもしっかりと互いの本当の気持ちをぶつけ合い、話し合い、伝えることでお互いの考え方に関する理解が深まるのは間違いありません。

時間がかかって仲直りすることになったとしても、確実にお互いの理解を深めることができるのです。

途中で「仲直りできないのではないか」とあきらめたくなることもあるかもしれません。

それでも諦めずに相手の気持ちを知ること、そしてあなたの気持ちを伝えることに努めてください。

必ずお互いについての理解を深めることのできる機会が待っています。