CoCoSiA(ココシア)

友達と喧嘩した時の8個の対処法。自分が悪いなら特に!


「大切なあの子と喧嘩してしまった」「喧嘩した友達と以前のように戻りたい」なんて考えていても、なかなか喧嘩のあとはどのように接すればいいのかわからないですよね。

大切な友達だからこそ、相手のことを思ってキツく言葉を発してしまった人もいることでしょう。

大切な友達と仲直りしたい…そんなあなたのために、この記事では大切な友達と喧嘩してしまった時の対処方法をご紹介しています。

それぞれ詳しくどのように行動すればいいのかをお伝えしているので、今後に役立ててください。

大切な友達と喧嘩してしまったときの8個の対処法

「親しき中にも礼儀あり」という言葉がありますが、親しい仲だからこそついつい相手の優しさに甘んじて強気な姿勢で接してしまうこともありますよね。

あなたは今、大切な友達と喧嘩してしまってつらい思いをしているのではないでしょうか。

しかし、大切な友達だからこそ仲直りするためにどのようにしたらいいのか分からない、どのように接していけばいいのか分からないという方もいると思います。

下手に行動してしまい、さらに2人の関係に溝を作るようなことをしたくないですよね。

ということで、ここでは大切な友達と喧嘩してしまった際にどのように対処していけばいいのかをご説明しています。

8つの対処方法をお伝えしているので、あなたが挑戦しやすいものから行っていきましょう。

自分から素直に謝る


あなたと友達が喧嘩してしまった原因にもよりますが、あなたに喧嘩の原因があるとわかっているのであればあなたから素直に謝りましょう。

時には、あなたの言い分として「相手が一方的に悪い」と思われることもあると思います。

しかし、第3者の目線から見てみると友達よりもあなたに非があるという場合もあるものです。

だからこそ、大切な友達と喧嘩してしまった際には「相手が悪い」と決めつけるのはやめましょう。

あなたにも何かしらの原因があったからこそ、2人で意見が衝突することになったのです。

謝罪は先手必勝です。

どちらかが早めに謝ることができれば、早めに仲直りすることができるのです。

「謝ったら負けだ」と感じる人もいますが、そうではありません。

最初に謝るほうが先見の明を持っていることも自覚しましょう。

直接顔を見て謝る

素直に謝る…といっても、謝り方によっては相手からの怒りを鎮めることができるかが変わります。

一番におすすめする謝罪方法は、直接相手の顔を見て謝る方法です。

メールや電話で謝罪することもできますが、相手に謝罪の誠意が一番に伝わる方法としては相手の顔を見て面と向かって謝罪する方法なんです。

とはいえ、直接顔を見て謝罪するなんて心苦しいものがありますよね。

あんなに喧嘩をしたのに顔を見るなんてできれば避けたいことかもしれません。

しかし、面と向かって謝罪したほうが相手に言い分がしっかりと伝わり、お互いの誤解が溶けやすいという点でもおすすめの謝罪方法です。

さらに2人の関係に溝を作るようなことをしないように、直接顔を見て謝るようにしましょう。

LINEやメールで謝る

直接顔を見て謝罪するのが一番良い方法ではありますが、喧嘩した相手の顔を見るだけでさらに腹が立ってしまうこともあります。

それに出来れば相手には会うことなく、関係を補修したいと考えている人もいるのではないでしょうか?

その場合には、無理に面と向かって謝罪するのではなくLINEやメールで謝りましょう。

とはいえ、LINEやメールでは打ち込む内容によって相手に誤解を与えることもあります。

そのため、送信する言葉はしっかりと選ぶことが重要です。

また、LINEで謝罪しているようなスタンプを押すのもやめましょう。

それだと誠意が伝わらず、仲直りするどころか2人の関係に溝を作ってしまう可能性もあります。

絵文字等を使わず、誠意の伝わるような落ち着いた文章で送るようにしましょう。

電話で謝る

LINEやメールでは相手に気持ちが伝わらないように感じるけど、相手に会うのは嫌だな…と感じているなら、電話で謝るようにしましょう。

実際に面と向かうほどではありませんが、あなたの声をじかに相手に伝えることができるため、相手にあなたの謝罪の気持ちをしっかりと伝えることができます。

とはいえ、電話だからといって喧嘩前のテンションで連絡するのはやめることです。

謝罪の気持ちを伝え、落ち着いた声で相手に謝罪の言葉を伝えましょう。

また、急に相手に電話をするのではなく「この時間に電話してもいい?」などと相手の事情も考えて電話するようにしましょう。

そうすると相手のことを考えてくれているのだと、相手はあなたを許したくなります。

手紙で謝る


直接会って謝罪するのは難しく感じるけれど、LINEのような電子的な文章で謝罪するわけにもいかないな…なんて考えているあなたは、手紙で謝るのがおすすめです。

スマホが当たり前となっている現代では、なかなか手紙を書く機会がないものです。

そのため、手紙ってどのように書いたらいいのかわからないと思われるかもしれませんが、相手には直接会う方法の次にあなたの謝罪する気持ちの誠意を伝えることができるようになります。