CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

「形勢逆転」とはどういう意味?形勢逆転するための16個の方法


形勢逆転という言葉を聞いたことはありますか?

この記事では、形勢逆転の意味や、形勢逆転の方法についてご紹介していきたいと思います。

「形勢逆転」の意味は?

日常で形勢逆転は、なかなか簡単には起こりません。

なぜなら形勢逆転は、努力して起こすものだからです。

たまに奇跡が起きて、形勢逆転になることもありますが、それは稀です。

奇跡と思われることも、その人の日頃の努力の賜物で起こることが多いからです。

ここでは、形勢逆転の意味やどんな場合に使うかをお伝えします。

形勢逆転がなんなのかを知れば、どん底にいる人でも「よし!頑張ってみよう」と思えてくるかもしれません。

形勢逆転は誰だって起こせる奇跡ですから、ぜひみなさんにも知ってもらいたいです。

優劣の状態が逆転すること

形勢逆転は、必ずしも良い意味合いの場合ばかりではありません。

形勢逆転は自分が上位になることもあれば、その逆になることもあります。

できれば誰もが優位に立ちたいと思っているはずです。

今まで「優」の立場でいたのに、ちょっとしたことがきっかけで「劣」になるなんてこともよくあることです。

劣から優になる場合とはどんな状況なのでしょうか。

それは、どん底にいた人が、「もうダメかもしれない、でももう少し頑張ってみよう」と動いたときに、劣から優になります。

ここで大事なのは、諦めず目標に向かって進んできて、最後の踏ん張りどころで頑張っていたからです。

しかし、優から劣の場合は、優位でいられる立場でいられる努力を怠ったからだといえるでしょう。

または偶然なんてこともありえます。

形勢逆転の理由は様々ですが、どちらに転がるかは自分の行動と運次第と言えるでしょう。

攻と守が逆転すること

攻と守が逆転と聞けば、イメージするのはスポーツですよね。

相撲なんか、土俵際ギリギリまで追い込まれて、もうだめだーと思いきや、くるりと体勢を変えて投げ飛ばすなんてこともあります。

でも形勢逆転はスポーツだけの話ではありません。

人生のあらゆる場面でも使われています。

攻と守が逆転の場面はさまざまで、ドラマでよく見るのが一発逆転で大金持ちになるストーリー。

貧乏の頃が守なら、大金持ちが攻と言えるでしょう。

でも守っている側だからと言って、ただじっと堪え忍んでいるわけではありません。

相手の様子を伺い、チャンスを狙う。

これが守りに入っている時の大事な動きです。

攻は一気に攻め込むイメージがありますが、こちらも優勢になったからと言って油断していてはいけません。

優勢になったら、劣勢にならないように現状をキープする努力が必要です。

つまり、攻守どちらも気は抜けないというわけです。

不利な状態から挽回すること

不利な状態から脱するのも形勢逆転と言います。

不利な状態というのはなかなか脱するのが難しいです。

不利な状態というのは、結構長く続くものです。

先が見えないくらいトンネルの中にいるようで、気が滅入ってきますし、可決する策なんてあるわけがないと思ってしまうでしょう。

しかしよく聞く言葉ですが、「やまない雨はない」とあるように、何事にも解決策はあるものです。

今自分がどん底にいるなと思っている人は、自分自身が形勢逆転のチャンスを持っていると自覚しておきましょう。

負けたくない!形勢逆転を狙いたい状況

人によっては、今こそ形勢逆転のチャンスだと自覚していない人もいることでしょう。

なのでここでは、形勢逆転を狙いたい状況とは、どんな時なのかをお伝えします。

仕事での成績や評価


仕事のライバルはいますか。

ライバルはいつも良い成績を取っていて、周りからの評価も高い。

羨ましいし、悔しいですよね。

ましてや、周りからその人といつも比べられていたら、怒りさえ覚えますよね。

ページトップ