仕事ができない人なんて言われたくない!仕事ができる人になりたい!
働く人なら誰だってそう思いますよね。

仕事ができるというのは、生きる能力の高さを証明することでもあります。

男性なら、それがモテることにもつながりますよね。

女性でも、女性の活躍が叫ばれる今こそ、「女だってできる」ってところを見せつけてやるチャンスです。

だけど…もしかしたらあなたの口癖が、自らの価値を下げてしまっているかもしれません。

仕事ができない人には、共通する口癖があると言います。

つまり、無意識に使っている口癖によって、仕事ができないことを露呈してしまっている可能もあるかもしれないんです。

つい口をついて出てくる言葉が、「私仕事ができない人間です!」って発表しているようなものだとしたら、自分で自分の価値を下げていることに。

仕事ができるように見せるどころか、仕事が出来ないように見せてしまっているかもしれないんです。

それでは元も子もありませんよね。

口癖は無意識だからこそ、本音も現れやすいのです。

気を引き締めて、意識しておきたいところですよね。

仕事ができない人の口癖15個!

今回は、仕事が出来ない人特有の口癖を集めてみました。

あなたの口癖が、仕事ができない人の口癖と同じになっていたら…周りの人からは、仕事が出来ない人だと思われているかもしれません。

それに、言霊といって、言葉には魂が宿るとも言われていますよね。

つい使ってしまっている口癖で、自ら自分を「仕事ができない人間だ」と洗脳してしまっているのかもしれませんよ?
また、同じように周囲にも、悪影響を与えているかもしれません。

仕事ができないから、愚痴が口癖のようになって出てきているのではなく、口癖があるから、自分の士気も職場の士気も高まらないのでは?

自分の口癖が“仕事ができない人”特有のものになっていないか、仕事が出来ない人の口癖と照らし合わせてみましょう!

もし「同じ口癖があるなぁ」と感じたら、今すぐ辞めるべき!
仕事ができない人の口癖を辞めて、仕事ができる人になりましょう♪

「でも…」

仕事ができない人の口癖の代表格「でも…」

「でも…」この言葉に続くのは、ほどんどが言い訳、もしくは反論の言葉ですよね?

「でも…知らなかったから」「でも…〇〇だと思ったから」「でも…〇〇だから」と、相手に言われた言葉に対し、「でも…」と切り替えす。

続いて言い訳や反論を述べるパターンが多く見られます。

こういった返しをするのは、誰かから指摘や注意を受けた時ですよね?
その指摘や注意に対して「でも」と切り返すのは、とても感じが悪いのです。

「でも」というのは、否定語です。

「でも」を発する前の話を否定していることになるんです。

つまり、「でも」と切り返すのは、相手をまず否定したことになります。

相手の話を素直に受け入れずに「でも」と否定し、“言い訳や反論”を述べて自分を正当化しようとする…。

これの感じの悪さ、わかりますよね?

本人にとっては、言い訳や反論を述べる前置きとして、何気なく使ったのかもしれません。

でもそれは、“まず相手を否定する”という、大変失礼な言葉なんです。

「でも」を多用する人は、自己主張をしないと気が済まないタイプとも言われていますし、否定や言い訳を考え始めるマイナス思考の持ち主とも言えるんですよね。

また、「自分は悪くない」という過剰な自己防衛の気持ちも、「でも」という言葉を多用させているようです。

しかし、本人の気持ちがどこにあろうが、それを聞く相手側の立場からすれば“否定+言い訳・反論”という最悪の組合せ。

「素直に人の話を聞けない人」「言い訳の多い人」「ネガティブな人」という印象を与えてしまうのです。

「でも」と切り返してくる時点で印象が悪いので、その後の言い訳も反論も、相手に届くことはないでしょう。

もちろん仕事では、時に自己主張も必要です。

相手の言っていることが間違っていれば、反論もしなければなりません。

だけどそこに、相手を否定する必要はないし、過剰に自己防衛する必要もありません。

自分への自信の無さから「でも」という言葉が出てしまう場合も多いようですが、反論があるなら堂々と言うべきです。

こんなところからも、「でも」を多用する人は、“仕事ができない人”に見えてしまうのです。

堀江貴文氏曰く、「“でも”が口癖の人は一生ダメ」なんだそうですよ!
「でも」は相手も否定しますが、自分がやらない言い訳としても出てきてしまうんです。

「でも…忙しいから」「でも…そんな時間ないから」と。

そうやって「でも…でも…」と自分を否定し、言い訳をし続けたら一生なにも変わりませんよってことです。

筆者だって、「でも」って言いたくなる時は多々あります!だけど、ぐっと堪えて飲み込む言葉のひとつです。

「でも」が口癖の人は、今から意識して「でも」を辞めてみませんか?

「だって…」

「でも」という口癖と同じく、「だって…」も言い訳の言葉。

仕事ができない人の口癖です。

「でも」という言葉が、言い訳だけではなく反論の気持ちや自信の無さの表れだとして…「だって」には言い訳の気持ちしか無いと言えます。

何でも他人のせいや、何かのせいにしてしまう。

言い訳がましい性格の持ち主の人に多い口癖と言われています。

遅刻の理由を「だって…昨日〇〇があって寝るのが遅くなっちゃったから(仕方ないんだもん)」とか、ミスした理由を「だって…〇〇さんが〇〇って言ってたから(私は悪くないもん)」と、“自分は悪くない”“自分には責任はない”ということを主張しようとする時に出てしまうのが「だって」。

「だって〇〇だもん」って、子供がよく使う言い訳や言い逃れの話し方です。

大人になっても「だって」という口癖が抜けない人は、大人になりきれなかった人とも言えるんですよね。

このように、言い訳や言い逃れをする人に、仕事を任せることが出来るでしょうか?
まかせてミスをしても、「だって」と言い訳ばかりで話にならない人には、仕事を任せる方も怖いんです。

仕事を任せてもらえなければ、仕事を覚えることも出来ず、成長していくこともできませんよね。

それに、「だって」と言い訳すること自体も、そこで自分の成長を辞めてしまっているようなものです。

仕事の場で「だって…」なんて子供っぽい言い訳を始める人は、周囲からは“仕事ができない人”というレッテルを貼られている可能性が大!
言い訳ほど、相手に与える印象として悪いものはありません。

仕事ができる人になりたいのなら、「でも」と同様に、「だって…」という言葉が出てきそうになっても、ぐっと飲み込んでください。

「だって」を言わなければ、自然と言い訳も言えなくなるはずですよ。

言い訳をせずに、そろそろ自分の責任で仕事をしてみませんか?

「めんどくさい」

仕事ができない人は、「めんどくさい」というのも口癖だったりするようです。

仕事には確かに、面倒くさいと思うような仕事もあります。

でもみんな、そういった面倒な仕事をこなした先の充実感を求めて、仕事をしているのだと思います。

面倒くさい仕事に対して努力をせずに、目標が達成できるはずもないのですから。

「めんどくさい」が口癖の人は、面倒な仕事を避けたがる…努力嫌いの傾向があるようです。

“努力に勝る天才なし”なんて言葉も嫌いな、冷めた人とも言えそうですね。

「汗水垂らして働くなんてバカバカしい」「無駄に体力を使いたくない」と、努力の末掴みとった成功の価値を知らない人なのでしょう。

ただ、「めんどくさい」と思ってしまうのには、単に努力嫌いなだけでなく、頭の回転が良すぎるせいでもあるようです。

目の前の仕事をやるのに、どれくらいの時間がかかるか、どれくらい大変か、この仕事をこなして得られるものは…と、瞬時に考えられるため、面倒なことを、より「めんどくさい」と感じてしまうようです。

どれだけ面倒なことか分かっていればいるだけ、それに立ち向かうには勇気が必要です。

ですので…結局はそこで自分に負けてしまうのでしょう。

“努力嫌い”な一面が出てしまって、「めんどくさい」と言葉に発してしまうんですよね。

でも、その言葉を発することでの周囲への影響を考えて欲しいです。

「めんどくさい」というネガティブワードを連発するような人と一緒に居て、気持ちよく仕事ができると思いますか?
自分がめんどくさくてテンションが下がっていても、周囲の人のテンションまで下げる権利はありません。

「めんどくさい」が口癖の人は、周囲からは“仕事にやる気がない人=仕事ができない人”と認識されているんです。

中には、“努力しないほうがカッコイイ”なんていう、学生の思想のまま大人になっている人もいるようですが…カッコよくも無ければ、会社のお荷物なだけ。

特に周囲への影響もある「めんどくさい」は、自分の価値を下げるだけに留まらないので注意が必要な口癖です。

「疲れる」

仕事ができない人は、「疲れる」という口癖も多いようですね。