社会人になれば、仕事をする時間が生活の大半を占めてきます。

それに伴い、悩みの大半は「仕事に関することと」いう人も多いのではないでしょうか?

特に社会人1年目は、その環境の大きな変化に戸惑うことも多いでしょう。

“できない”という現実を突きつけられ、夢と希望に満ち溢れた気持ちから、一気に自信を無くしてしまうこともあるかもしれませんね。

でも、仕事を始めたばかりなら、出来なくて当たり前です。

仕事に慣れ、成長していけば、仕事は出来るようになるのです。

ただ、中には何年経っても仕事が出来ないという人もいます。

それは、実際に出来ていないのかもしれませんし、出来ている実感が持てずに思い込んでいるだけかもしれません。

では、「仕事ができない」とはどういうことなのか…?

「仕事ができない」とはどういうこと?

この記事が目に留まったあなたは、自分が「仕事ができない」と悩んでいるのかもしれませんし、

自分の周りの誰か…例えば部下が仕事が出来なくて悩んでいるのかもしれませんね。

どちらにしろ、「仕事ができない」ことによって、悩みを抱えているのでしょう。

仕事は基本的に、チームで行うものです。

ひとりひとりに責任があり、仕事ができないということは、個人の問題だけに留まりません。

今、自分が仕事ができないことに悩んでいるのなら、自分の社会的責任について理解しているからでしょう。

だからこそ、仕事ができないことに焦りを感じたり、悩みを抱えたりしているのです。

一方で、仕事ができないことによって、周囲が悩まされていることに気づけない人もいるのです。

そういった人は、自分の社会人としての責任が、理解出来ていないと言えます。

この責任感があるかないかで、仕事ができるようになるかどうかも変わってくるのです。

自分で仕事ができないことに気付いているのなら、大丈夫!

これまでは、やり方が分からなかっただけではありませんか?

原因を知り、対策をすれば、仕事のデキル人間に生まれ変われるはずですよ♡

特徴1.スケジュール管理ができない

まず仕事ができない人の特徴として挙げられるのが、“スケジュール管理ができない”ということです。

あなたはスケジュール管理ができていますか?

これができていない場合、仕事の効率が悪くなってしまい、やるべき仕事が終わりません。

また、スケジュール管理が出来ない人というのは、自分のやるべき仕事がわかっていない場合もあります。

やるべきことがわからないと、管理も出来ません。

新入社員の時は、与えられた仕事をこなすことから始まると思います。

最初はそれでいいのです。

でも、仕事ができる人は、慣れれば与えられる前に行動出来るようになります。

自分のやるべき仕事がわかるようになると、自分の仕事の時間の中で、どうこなすかを考え、自分で管理が出来るようになるのです。

スケジュール管理をする場合には、まず自分の仕事が何かを理解することが必要です。

計画を立てない

また、自分の仕事がわかってきても、仕事ができない人は、仕事に追われてただこなすだけになりがちです。

やるべきことに対し、きちんと計画をたてて行動することができないのです。

計画を立てて行動しないと、あれもこれもと中途半端に手を付けてしまい、仕事を終わらせることができません。

そして、どの仕事も中途半端になっていることに、さらに焦ってしまうのです。

また、ひとつの仕事を完了させることが出来ないと、仕事ができている実感は、いつまでたっても得られません。

できていない自分に自信を無くしてしまい、思い悩んでしまうのです。

仕事ができる人からみると、その思い悩む時間こそが無駄とも言えるのです。

時間の使い方が下手

計画を立てることができないと、時間を上手に使うことができません。

基本的に、仕事の時間は決まっています。

その時間内に終わらせるべき仕事を管理し、逆算して計画をたてないと、残業することになってしまいます。

最近では、違法残業も話題になりましたね。

この場合、与えられた時間内に終わらせられる内容、それ以上の仕事量があることも言えるのですが、

管理ができていれば終わらせられる場合もあると思っています。

私が以前管理職をしていた時には、残業をさせないように、仕事が終わる時間には自分も含め、強制的にでも全員を帰していました。

「終わりだよ。帰るよ」と、要求しなければダラダラを仕事をしているスタッフも、尻をたたけば帰れるのです。

終わらない仕事がある場合には、今日やるべきことなのかを確認し、今日やらなければならないことであれば、手伝って終わらせていました。

仕事は毎日のことで、キリがありません。

やろうと思えばやることはいくらでもあります。

だらだらと残業をしてしまう場合は、その日やるべき仕事がなんなのかがわかっておらず、区切りがつけられないことも多いのです。

【対策】計画をたてることで時間に追われテキパキとした行動になる

スケジュール管理ができるようになるためには、まず自分の仕事を把握すること。

次に、いつまでに終わらせなければいけない仕事なのかを、確認することです。

そして、一日、一週間、一か月単位で仕事を割り振って計画を立てるのです。

それを毎日、見直すことも大切です。

自分がしっかり先々まで計画を立てていても、イレギュラーな仕事が舞い込んでくることもあります。

仕事ができる人は、自分の仕事をこなしながら、イレギュラーな仕事にも対応します。

このように柔軟に対応できるようになるためには、スケジュールに余裕を持たせることも大切です。

日々計画を見直し、やるべきことを毎日確認して仕事をすれば、時間を上手に使えるようになっていきます。

どうしても対応しきれない仕事量がある場合には、それは上司や会社の問題である場合もあります。

物理的に無理な仕事量がある場合は、早めに報告と相談をしましょう。

ギリギリになって「終わらない」と報告をされても、対処のしようがありません。

特徴2.同じミスを繰り返す

次に仕事ができない人の特徴として挙げられるのが“同じミスを繰り返す”ことです。

同じミスを繰り返してしまうと、それは時間の無駄なのです。

ミスをすると、そのミスの修正や謝罪、上司への報告など対処することに時間が割かれます。

何度も同じことを繰り返してしまっては、時間が無駄になってしまうこともわかりますよね?

それに、ミスをするということは、直接的に“仕事ができない”ことを実感させられますし、

周囲にも“仕事ができない人”という印象を与えてしまいます。

そうなると、自信を喪失するのと同時に、周囲からの信頼も失っていきます。

同じミスを繰り返してしまうのでは、ミスから学び成長することが、できていないということです。

ミスは仕方ないこと

ただ、1度目のミスは仕方のないことです。

「失敗は成功の元」という言葉がありますよね?

そのミスによって、ひとつ学ぶことができたのですから、いつまでもくよくよと悩む必要はありません。

その経験があるからこそ、人は成長することができるのです。

仕事ができない人は、そのミスから学ぶことができていない場合が多いのです。

学んで成長しなければ、また同じミスを繰り返してしまいます。

これは、自分が仕事をする上での“責任”を理解できていないからでもあります。

新人には新人の責任があります。

責任をもって仕事に取り組んでいないと、自分のミスによる損失にも気づけません。

責任をもって仕事をしていれば、同じミスを繰り返すようなことは無いはずです。

【対策】ミスした原因をメモして次回見返す

同じミスを繰り返さないためには、ミスしてしまった事実を忘れないことです。

また、原因を追究しておくことも必要です。

その上で、メモに残して毎回見直せるようにしておくといいでしょう。

ここで、ミスしてしまった悔しさや恥ずかしさばかりに囚われてしまっては、成長は望めません。

上司に怒られてただ萎縮しているだけでは、また同じミスを繰り返してしまうのです。

ショックでも辛くても、原因を追究して、二度と同じミスを繰り返さないように、強く意識してください。

それでも心配な時は、上司や同僚に協力してもらい、同じ局面で一緒に確認をしてもらうといいでしょう。

かといって、上司や同僚に責任を持ってもらえるということではないのでご注意を!

特徴3.1つ1つの業務が遅い

また、“ひとつひとつの業務が遅い”というのも、仕事ができない人の特徴として挙げられますね。

業務をこなすスピード、仕事を覚えるスピードは、人によって違います。

早い人もいれば遅い人もいて、向き不向きももちろんあります。

それでも基本的に、同じ立場なら、同じ時間とお給料が与えられているはずです。

そうなると、仕事ができる人から見れば、不公平と思われるかもしれませんね。

こなせる量が違えば、いずれは立場やお給料にも差がついてくるとは思いますが、やはりある一定以上の業務をこなすことは必要になってきます。

業務を覚えるスピードは、人によって違いますが…

半年たっても一年たっても業務のスピードが変わらない場合、できる人との差は、向き不向きだけではないと思います。

パソコンやエクセルなどツールを使うのが苦手

仕事ができる人との差は、努力の差でもあるのです。

例えば、パソコンを使うのが苦手な場合…最初は向き不向きの差があると思いますが、それは最初だけです。

パソコンが必要な仕事であれば、パソコンについて勉強することも必要になってきます。

仕事ができない人は、苦手意識を持っていても、それを克服する努力をしていない場合が多いです。

苦手だからとあきらめてしまったり、向いていないからと自分を納得させてしまいます。

苦手を克服することが出来なければ、仕事ができる人との業務のスピードが、埋まることはありません。

【対策】わからないことがあったら、常にやり方を確認!そして慣れる!

業務スピードを上げるためには、ひとつひとつの苦手を克服し、わからないことをそのままにしないことです。

仕事ができる人は、もともと能力がある場合もあるかもしれませんが、影の努力も必ずしています。

パソコンが苦手なら、業務時間外で勉強して克服するのが、仕事ができる人のやっていることです。

一方で仕事ができない人ほど、仕事に必要なものは仕事中にやることとして、自分なりの努力をしていなかったりします。

それでもいいのですが…仕事ができるようになりたいのなら、慣れるまでは自分の時間も惜しまないくらいの覚悟も必要です。