CoCoSiA(ココシア)

ストレスフルになりがちな会社の20...(続き3)

人間関係がギスギスしている

やはり、仕事は1人ではできません。

会社では、例えば1人事務と言う事はあるかもしれませんが、たいていは人間がいて人間関係があります。

その人間関係がギスギスしていると、仕事が大変辛いものになります。

もし、人間関係がギスギスしてどうしても辛いのであれば、試してみてほしいことがあります。

それは、やはり人間として基本の挨拶、ありがとうと言うお礼の言葉、ごめんなさいと言う謝罪の言葉を徹底するのです。

著者の昔の先生が言っていましたが、夫婦仲が非常に悪くなったときに、そこを意識していることによって夫婦関係が再び良くなったと言っていました。

やはり、このような基本的なことが人間関係の改善に役立つのですね。

また、そのようなギスギスした職場であれば、悪口があるかもしれませんがそのような悪口を言わず、話し合うことが大切です。

また、できれば飲み会等の企画を計画することによって腹を割って話すような機会もありますし、ギスギスした人間関係が改善する可能性もあります。

そのようなことを色々とやってもどうしてもということであれば転職を視野に入れてもいいかもしれません。

争いが多い

争いが多いとまた、非常にストレスになります。

ですので、その争いの原因が何かにもよりますが、仕事上でどうしても譲れないことであればなるべく腹を割って話すっていうことが大切です。

ただ、どうにもこうにも話し合いも通用しないと言う人もいるかもしれませんね。

そのような時は上司など上の立場の人に相談すると良いでしょう。

その上司が問題と言うことであればさらに上の立場の人か、社長などに相談する手もあるかもしれません。

もちろん、社風によっては、気軽に社長に会えないような会社もあるかもしれませんし、一概には言えません。

ですが、どうしても直接言いづらいような立ち話で困った人がいる場合は上の立場の人に言ってもらうと良いでしょう。

クレームが多い

クレームが多いのもまたストレスが溜まります。

お客様からのクレームですので、こちらは謝罪するしかありません。

人によっては口汚く罵られるようなこともあります。

このような環境だと仕事が辛い傾向にありますね。

コールセンターの仕事の求人を見たことがありますか?
とても時給が高いにもかかわらず、頻繁に求人が出ていますね。

それはいったいなぜだと思いますか?
それは、そのようなお客様からの口汚い罵りなどがあり、精神的に参ってしまう人が多いからです。

ですので、クレームが多く辛い時に生き残る方法としては、コールセンターで長く働いている方の意見を参考にするといいかもしれませんね。

そのような方の話を聞いていると、例えば「今から殴りに行くぞ!」と言われても臆することなく口では謝罪をしながら、「来れるものなら来てみろ!」と心の中で舌を出すと言うのです。

そのような方は、「何か言われても所詮電話口だから何もできないし、専門職でもないのに看護師さん並みの時給が貰えて幸せ!」とまでおっしゃっています。

あまり、人の言われることに影響しない人に向いているようですね。

それは人のタイプにもよるので一概には言えませんが、クレームの多い会社で生き残るには、それぐらいの図太さが必要なようです。

意見を取り入れてもらえない

意見を取り入れてもらえないのもまた辛いものがありますね。

仕事より良くしようとして意見を出しているにもかかわらず、意見を取り入れてもらえないと何のために意見を言ったのか分からなくなることがあります。

意外と、そのような意見が衝突してしまうようなときは、ちょっとのことで改善することもあると言うのです。

それは、もし違う意見を言われたとしても、「なるほど。確かにそのような考えもありますね。」と言った人の意見を素直に聞き入れることです。

よく衝突してしまう原因としては、反対意見を言われたときに自分を否定されてしまったと思い込んで強く反論するところがあり、そこで激しくぶつかり合ってしまうという一面があるのです。

そして、人が意見を言っている時に話を折ってはいけません。

なるべく最後まで聞いてあげて、共感してあげることこそが大切なのです。

ついつい、相手が言いかけているところで自分の意見を言ってしまうところがある人は気をつけてみましょう。

そのようなちょっとしたことで、自分の意見も聞き入れてもらえる可能性も上がってきます。

仕事に追われ寝る時間がない

人間にとって睡眠は大切です。

仕事に追われて寝る時間がないのであれば、仕事が辛いものになるのも大変うなずけるものがあります。

もし、できれば仕事より効率よくできる方法などを上司に相談したりするのもが1番です。

やはり睡眠を削ってでも仕事となると、ミスも出てくるでしょうし、逆に仕事の効率を悪くしているところもあると思われます。

そうは言っても、会社勤めをしているとこのようなお願いを聞き入れてもらえるとは限らず、逆にもっとしんどくなるようなことを提案されるという事態もあり得ます。

もしどうしてもということであれば転職を視野に入れても良いでしょう。