CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

キャパオーバーとはどういう意味?よく使う用語を解説!


よく使われるキャパオーバーですが、英語の意味をよく知らなくても「キャパ超えてる」「キャパオーバー」と聞くだけでイメージとして実感できるほど身近な言葉になってきています。

キャパオーバーの意味は?

キャパオーバーの意味はというと、受け入れる範囲を超えているという意味ですね。

キャパシティ

キャパシティ(capacity)は保持、受け入れという意味です。

【キャパシティについては、こちらの記事もチェック!】

オーバー

オーバーは超えること(越えること)です。

合わせてキャパシティオーバー

合わせてキャパシティオーバーになっています。

その略語がキャパオーバー!


キャパオーバーはその略語ですね。

英語の意味をはっきり知らなくても私たちはこの言葉を聞くだけでニュアンスとしてなんとなくわかりますね。

ちなみに英語での正しい表現はover capacityです。

つまり許容量を超えていることを表す

キャパオーバーとはつまり許容量を超えていることを表しています。

自分が「キャパオーバー」になりやすいかどうか、診断してみたい人はこちら →

キャパオーバーの使い方を学ぼう!

キャパオーバーという使い方はたとえば、
あの会場はキャパが1000人なのに2000人集まってる、完全にキャパオーバー!
仕事を抱え過ぎてキャパオーバー!
エレベーターに最後に乗ると、ブザーが鳴って、ああキャパオーバー!
などでしょうか。

️キャパオーバーなときって?


キャパオーバーなときってどういうときでしょうか?
私もよく「これってキャパオーバーかも?」と感じることがありました。

今は反省して、キャパオーバーにどうしたらならないか、もしなってしまった場合はどうしたらよいかということを考えるようになりました。

自分が「キャパオーバー」になりやすいかどうか、診断してみたい人はこちら →

仕事の抱えすぎ

一番多い場面が仕事の抱えすぎですね。

そしてその一番の原因は 「好い人でいたい、好い人になりたい」というものでしょうか。

でもハッキリそれを意識しているわけでも計算しているわけでもないのですが、キャパオーバーをしてしまう自分のことをよくよく考えてみるということをしてみた結果、ああそういうことなのね、とわかったことです。

この原因は一番底の底にあるものです。

頼まれると断れない、つい引き受けてしまうという態度になって表れていました。

残業しても残業しても仕事が終わらないという状態の人、テンパってしまってどこから、何から手をつけていけばいいのかわからないという状態の人はまさにキャパオーバーですね。

キャパオーバーになってしまっている人は一生懸命やっているのはわかるのですがその割に効率が悪かったり、周りからの評価も得られないのです。

デスクの上は書類の山、そこへ誰かがまた仕事を持ってきます。

断ればいいのに、「そこに置いておいて!あとでやっておくわ」と答えていたのです。

どうしてひと言、「すぐには無理よ」「出来ないは」といえないのか、自分でも不思議でした。

平気で人に仕事を振れる人もいるのにどうして自分にはそれができないのか、不思議でした。

ある人はあまりの激務のために胃潰瘍が悪化、入院と退職を余儀なくされて人生観が変わったといいます。

そこまで行きつくまえに対策を練ることが必要ですね。

悩みが頭を占拠

仕事のキャパオーバーであれば仕事量というはっきりしたものが目の前にありますから、キャパオーバーだということへの自覚がもてますが、悩み事や解決しなければいけない人生上の悩みや生活上の問題などが、自分で解決できるレベルを超えていた場合はキャパオーバーだということにすら気づきません。

ページトップ