あなたは一重ですか?それとも二重ですか?
どちらの目元にもそれぞれの魅力がありますが・・アイプチやプチ整形が流行っているように、一重の女性は懸命に二重になろうとします。

しかし本当にそれで良いのでしょうか。

一重ならではの魅力を消してしまうなんて、もったいないことではないのでしょうか 。

一重美人はたくさんいます。

今回はそんな一重の魅力についてをギュッとまとめて紹介します。

もしあなたが一重であることに悩んでいるのであれば、まずはここを読んでみてください。

きっと自分の目に自信が持てるようになるはずです。

一重美人の魅力を分析しよう!

二重はパッチリで大きな目元が印象的で可愛いのが魅力です。

では一重であることの魅力って何だと思いますか?
自分が一重で悩んでいると、なかなかその魅力に気が付かないものです。

でも客観的に見てみると、その魅力はたくさんあるのです。

まずはそんな一重美人の魅力を分析していきましょう。

1. 日本人女性の一重率は?


最近は二重の女性が多いような気がしますが、実は日本女性の一重率は7割!大半の女性が一重なんです。

恐らくメイクや整形で二重にしている人が2割以上はいるので・・なんとなく二重女性が多いイメージがついているのかもしれません。

ちなみに世界でみると日本は一重が多い国のようです。

アジア系の韓国や中国も一重の方が割合が多い国です。

反対にアジア系以外はほぼ二重です。

白人や黒人で一重の人って見たことがないですよね?
日本を含むアジア系はまぶたの皮膚が厚いので、一重の方が多いようです。

まぶたは遺伝の確立が高いのです。

二重は優勢遺伝であり、一重は劣勢遺伝です。

つまり両親のどちらかが二重であれば二重になる確率が高いということです。

ただこれには様々な遺伝の法則があるようで一概には言えず、一重の両親から二重が生まれたりその逆もあったりします。

2. 二重ブームは終わった?

どうしても女性は二重のパッチリ目に憧れを持ちます。

どうにかして二重にして、更につけまつげ、アイライナー、アイシャドウとあらゆるメイクを駆使して大きな目元にしようとします。

大きくて印象的な目は女性の可愛い武器になります。

しかし、今はちょっと時代が変わってきているんです。

大きくてパッチリした目元よりも、爽やかで涼しい目元が今風なんです。

わざわざアイプチや整形で一重を二重にするなんて、古い!一重だから出せる爽やかで涼しい目元を作る方が日本人らしい美人顔を作ることができます。

二重の人もわざわざ二重の幅を強調させないメイクをしたり、つけまつげもマスカラもしない自然な目元を作っている人が急増しています。

今や二重にすればいい!という二重ブームは終わったのです。

一重ブームというわけでもありませんが、自分の顔を最大限に引き出すのが一番であり、そこに一重も二重も関係ないという時代になってきたのかもしれません。

3. 今、一重がモテる!


とはいえ、男性はやっぱり可愛らしい二重が好きなんでしょ?なんて思ったら大間違いです。

今はモテるのも一重なんです。

二重の女性は可愛いです。

でも可愛いだけ。

そこに奥深さはありません。

しかし一重の女性は奥深さがあるんです。

一重の女性は、黙っているとクールな印象があります。

ちょっと怒っているのかな?なんて不安になることもあります。

そんな一重女性が笑うと目がクシャッとなり、最高に可愛い笑顔になるのです。

クールな表情から変わる、可愛い笑顔。

このギャップに男性はキュン!となります。

また一重女性は日本人女性の代表です。

和の雰囲気がとても似合います。

着物や浴衣。

緑茶や和室が似合うんです。

この日本の文化に似合う女性というのは品があり、また癒し効果もあります。

ストレス社会で疲れている男性にとって、一重美人は日頃の疲れを癒してくれる存在なのですね。

ということで、今モテるは一重!一重女性のモテ期がきているのです。

4. お目目パッチリは見飽きる

女性であれば誰もが憧れるパッチリお目目。

なれるものならなりたい!と思う女性は多いでしょう。

このパッチリお目目は、第一印象は「可愛い~」と見る人を惹きつけます。

でもそこで終わりなんです。

可愛い以上のものはなく、見飽きてしまいます。

可愛いと思った一週間後には、「まぁまぁかな?」なんて評価が落ちていくのです。

その点一重は見飽きません。

変化があるからです。

第一印象は「特に・・」と思っていたのが、二回目に会うとメイクの変化で印象が変わり「可愛いかも?」と。

そして三回目、四回目と会う度に、色んな魅力を発見できるのです。

こんな笑い方をするのか。

こんなメイクが似合うのか。

こんな格好もするのか。

そして気になる・・気になる・・。

気が付くと気になる存在になっているのです。

見れば見るほどに味が出る。

それが一重美人です。

5. 一重と奥二重の違い

一重と二重の他に、奥二重という目元も存在します。

この奥二重は一見一重のようにも見えるんですが、一重ではないんです。

その違いとは何なのでしょうか。

まず印象として一重の人は、目がキリッとしていてクールな印象です。

一方奥二重は、クリクリとした可愛い印象があります。

定義としては、まつげの付け根の状態です。

正面から見た時にまつげの付け根がまぶたに埋もれている状態であるのが一重です。

生え際のところが完全に見えない状態です。

奥二重はまぶたに一段線ができているために、まつげの付け根が見え隠れしています。

まつげの生え際ははっきりと見える場合が多いでしょう。

6. 男性はどっちが好き?

先ほど紹介したように、今は一重がモテる時代です。

とはいえ、一重が好きか二重が好きかは、もうタイプによりものが大きいでしょう。

イチゴが好きかリンゴが好きか・・そんなレベルです。

一目惚れされたり、第一印象で男性に「可愛い」と思われるのは二重の女性です。

お人形のようなクリクリした目に惹かれる人は多いでしょう。

しかし一重には見れば見るほどに可愛いと思える魅力があります。

合コンで人気があるのは二重だけれど、会社で人気があるのは一重。

場所や過ごす時間によっても男性人気に偏りがあるかもしれません。

7. アイラインを入れると映える

そのままではクールで、少し重たく見えてしまう一重。

だからこそ、メイク映えする顔だといえるでしょう。

ポイントはアイメイク。

アイメイクはまつげの際にいれるのが正解ですが、際が正面から見えていない一重の人にはこれでは意味がありません。

アイラインは全体的に太く長く書きます。

目を開いた時にアイラインがくっきりでるくらい太めに入れます。

そしてアイシャドウでアイラインをぼかすようにします。

すると切れ長で 重たいように見えていた目元が、すっきり爽やかになります。

大人の上品さが出てくるのです。

8.一重にも種類がある

二重にもその幅や形でいくつかの種類があるように、一重にも種類があります。

一つはすっきり一重。

まぶたの肉が薄く、すっきりとしてみえる一重です。

凛とした印象が強く、涼しげな目元が印象的です。

強さと優しさを感じることができるでしょう。

もう一つはボリューム一重。

まぶたに厚みのある一重です。

メイク映えのする目元で、そのメイクによって七変化できるのでしょう。

また欧米の人には人気のあるタイプの目です。

一重を可愛く見せる方法

せっかく綺麗な一重でも、その見せ方を間違えてしまうと一重美人にはなれません。

一重だからこそ似合う色や雰囲気を知り、最大限に一重を可愛く見せてみましょう。

1.どんな色のメイクが似合う?

一重の人は暖色系の色を目元に使うと、目が腫れて見えてしまうことがあります。

黄色やピンクなどは春に使いたくなる色ですが、ポイントで入れるくらいにしてアイホール全体に入れるのは避けた方が良いでしょう。

一重の人に合う目元カラーはブラウン、ブルー、オレンジ、グリーンの4色です。

立体的に見せるためにグラデーションで薄い色から濃い色へと目元に向かって色を作りましょう。

2.ベースメイクに力を入れる

一重の人は全てのパーツメイクに力を入れると厚化粧感が出てしまいます。

そこで一番力を入れるべきはベースメイク。

とにかく透き通るような綺麗な肌を作ることを意識しましょう。

ベースメイクが綺麗に決まれば、それだけで目も鼻も口も綺麗に見えるのが一重です。

可愛らしさを出したい時にはチークのみ少し濃いめに頬に入れると良いでしょう。

3.まつげはナチュラルに

一重の人はまぶたの重みから、まつげが下向きになっている人が多いです。

そのため目にボリュームを出すことができずにつけまつげをする人もいるでしょう。

しかし一重にはまつげの長さは必要ありません。

つけまつげをしない方がナチュラルで綺麗な目元になるでしょう。

気になる人はまつげカールをして、まつげを上向きにし、マスカラを塗るくらいの方が綺麗です。

4.黒髪ストレートロングでアジアンビューティー

一重の人は和の雰囲気が似合います。

和風顔、洋風顔で分けると断然和風顔なわけです。

そんな一重の人に似合う髪型は、黒髪ストレートロングヘアです。

これぞ日本人の美しさがもっとも際立つ髪型です。

一重の人がするとまさにアジアンビューティー!ヘアケアには力を入れて、サラサラでツヤツヤの黒髪ストレートロングを維持してみましょう。

一重美人がカワイイと思う10個の理由

なぜ今一重が流行っているのか。

一重美人が可愛いと思われる理由はどこにあるのか。

ここから一重美人が可愛いと思う理由をどんどん紹介していきます!一重の人も二重の人も読んで、可愛さを出す参考にしてください。

1. 化粧がナチュラルに見える

悪い言い方をすると二重は派手顔なのに対して、一重は地味顔です。

ただ地味顔はナチュラルでもあるといえるでしょう。

二重の人は目元が大きいのでアイライナーとアイシャドウをしただけでも、目が大きくて化粧している感が強くでます。

可愛いですが、お化粧が濃く見えてしまい、男性受けは悪いでしょう。

ケバイ印象を持たれてしまうのです。

一重の人はある程度化粧をしても目元の印象が強くならないので、ナチュラルに見えます。

このナチュラルさが美しさの秘訣です。

あまり化粧をしていないのに綺麗な透明感が出て男性受けも良いのです。

2. クールな笑顔がとても魅力的

笑顔が可愛い人は、それだけで魅力です。

一重の人は笑顔がとびっきり可愛い!というわけではありません。

しかし笑顔が涼しくクールで印象的なのです。

笑顔でない時には、少し近寄りにくい雰囲気のある一重女性。

一緒にいてもあまり楽しくないのかな?なんて不安になることもあるでしょう。

しかし笑うと切れ長の目元が、優しく柔らかい目元に変わります。

クールなのに可愛い。

そんな不思議な笑顔に引き込まれてしまうのです。

ただ可愛いだけではないその笑顔が魅力なのです。

3. 化粧が映えていろいろな顔が見られる

化粧次第で七変化できるのも一重女性の魅力です。

とにかく化粧が映えるので、どんなメイクでも似合うのです。

ブルーのアイシャドウをすれば涼しげでクールな印象の顔を作ることができます。

茶系のアイシャドウをすればキュートで可愛い印象の顔を作ることができます。

ピンク系のアイシャドウをすればセクシーな大人の目元を作ることができます。

濃いリップをしても下品に見えることはなく、上品な口元を作ることができます。

このようにどんなメイクをしてもそれぞれの顔を作り出すことができ、いろいろな顔を見ることができます。

それに合わせて服装も変えれば、自分も見る側も飽きることがありません。

二重の人は目は似合うメイクや服装がある程度限られてしまいます。

そのためワンパターンになりがちです。

いつでも同じメイクで同じ服装。

それが見る人を飽きさせてしまうのです。

4. 知的で凛としている

一重美人はなぜかそこにいるだけで凛とした力強さを感じます。

二重の人は小動物のようなクリクリした可愛いイメージがあり、守ってあげたくなるような弱さを感じます。

それに対して一重の人は弱さよりも強さを感じます。

芯があり、ぶれない強さを感じるのです。

そこから知的で凛とした雰囲気が出ているのでしょう。

守ってあげたくなる可愛さも女性として魅力的ですが、やはり一人でも生きていけるような地に足のついた女性には最終的には男性が選びたくなるタイプなのです。

強いというのは決してキツイわけではなく、柔らかさの中に強さを感じるところがまた魅力といえるのではないでしょうか。