あの人はいつも明るくて悩みがなさそう!と思えても・・実は心の闇を持っている人は多くいます。

闇とは光のない世界のことです。

つまり心の闇とは、心に光がなく真っ暗で機能していない状態のことをいいます。

じゃあ心の闇があると人にどんな影響を与えてしまうのか!?そんな具体的なことが気になりますよね。

そこで今回は、心の闇とはどんなものなのかを紹介していきます。

周囲の人や自分自身に心の闇があるかもしれないと危惧している人は、ぜひ読んでみてくださいね!

心の闇を持っている人が増えている現代

心の闇を持っている人は増えてきています。

それは現代の「社会」がそうさせているのか。

それとも現代の「人」がそうさせているのか。

これはどちらともいえるでしょう。

ストレス社会の中、弱い心の人が生きていくのは難しいことです。

それでも生き抜こうともがいてしまうと、心の光を失っていくのかもしれません。

1. 皆、何かしら心に闇を持っている


どれくらいの人が心に闇を持っているのだろう・・と疑問に感じます。

心の闇は目に見えるものではないので、なかなか判断ができませんね。

しかし答えは簡単です。

全員なのです。

生きている以上は皆何かしらの心の闇を抱えているのです。

闇の深さや大きさは人それぞれ。

光を取り戻せないくらい深くて大きい闇の人もいれば、心の一部に闇を持っている人もいます。

ただ闇が広がる可能性は誰しもが持っているのです。

心に闇があるのは、ある意味では一生懸命に生きている証拠なのかもしれません。

2. 心に闇を抱える理由とは

では人が深く大きい心の闇を抱えてしまうのは、なぜなのでしょうか。

何かきっかけや原因があるのでしょうか。

まずは心に闇を抱える理由をここで3つ紹介していきます。

1. 人に理不尽にいじめられた


まずは「イジメ」の経験です。

イジメとはそのほとんどが理不尽である場合が多いでしょう。

自分は何も悪いことをしていないし、人を傷つけていない。

それなのに、人から体や心に危害を加えられてしまうのです。

なぜ?なぜ?自分だけなぜ?
そんな思いから自信をなくしてしまい、そして心を閉ざしてしまうようになるのです。

一度理不尽にいじめられた経験のある人は、またいついじめにあうかわからないとビクビクして生きていくことになります。

その恐怖もまた心の闇となっていくのです。

2. 人に騙されたトラウマ

いじめられたことと同じくらい騙されたことも大きなトラウマになります。

・友人にお金を騙し取られた
・恋人に浮気をされた
・家族に大きな嘘をつかれていた
このように特に身近な人から騙されてしまうと、それは一生の心の傷となり、同時に闇の一部分となるのです。

人は一度騙された経験をすると、なかなか人を信用することができなくなります。

どんなに仲の良い人でも信用することはできず、最終的には裏切られてしまうのではないかという恐怖と戦っていくのです。

3. 健康を失ったことをきっかけに

「健康が全てではないが、健康を失うと全てを失う」という言葉を聞いたことはありますか?
今あなたが毎日を不自由なく生きているとすれば、それはすごく恵まれていることです。

辛いことや悩みはあると思いますが、それでも息をして歩くことができる。

それだけで何でもできるんですよね。

健康を失うと、辛いことも悩みも何もありません。

ただ健康でないことだけが自分を苦しめることになるのです。

それは何よりも苦痛です。

生活も感情も楽しみも幸せも・・色んなことを失ってしまうのです。

そんな健康であることを失ってしまうと、常に心には深い闇があります。

それは健康である他人への嫉妬。

自分への無力感や絶望感。

そして未来への不安。

様々なマイナスの気持ちからできる闇です。

よくある15個の心の闇

心に闇を抱えている人には、具体的にどのような症状が出てくるのでしょうか。

ここからはよくある心の闇を具体的な症状として紹介していきます。

思い当たる項目がある人は、自分でも気付かないうちに心に闇を抱えている可能性もありますのでチェックしてみてください。

1. 虚言癖から解放されない

虚言癖とは、日常的に嘘を重ねてしまう人の性質のことをいいます。

なぜ嘘をついてしまうのかというと、自分もより良く、より大きく見せたいという虚栄心があるのです。

つまりは本当の自分には自信がなくコンプレックスの塊であるのです。

そのコンプレックスを人に知られたくない!見られたくない!というプライドが高いために、嘘をついて偽りの自分を作り上げます。

この虚言癖が癖となり、もう解放されない状況というのは、もう自分自身でも嘘と真実の境界線がわからなくなっている状態です。

空想の世界に半分入り込んでしまっているのです。

これは心の闇を隠そうとするあまりに出てしまうものであり、虚言癖の人は深い心の闇があるのです。

2. 実際の言動と心の中の思いが一致しない

人は言動を起こす時、まず心と頭でその予測を立てます。

例えば、今日は食事会だから皆で美味しいご飯を楽しもう!と心の中で自分のあるべき姿を予測して食事会に向かいます。

しかし楽しみたいという心の中の思いとは裏腹に、なぜか嫌な態度をとり、暴言を吐いて、食事会を退席してしまうのです。

そして後になり「なんであんなことをしてしまったのだろう」と後悔して泣いてしまうのです。

自分の言動を自分で操作することができなくなっている状態です。

そして体と心が一致しないことで、更にバランスを崩してしまうのです。

これは心の闇の部分と光の部分とが自分でもわからないうちに戦ってしまって、コントロールができなくなっているのです。

心の闇が侵食してしまい、自分の心の中の思いとは裏腹に自分でも理解できない闇が言動を起こしてしまうのです。

3. 心の底から一生かけてある人を恨む

一生をかけて人を恨むのは、実は大変なこと。

どんなに許せないことであっても、どこかで恨む気持ちを捨てて許してしまった方が心が楽になるものです。

それでも心の底から一生をかけてある人を恨んでいるという場合。

その人には相当な心の闇が存在しているといえます。

まず心の底から人を恨むということは、それだけの仕打ちをされたということになります。

自分が一生のうちで絶対に許すことができないような経験をしたという事実が、その人の心を闇にしているのです。

・絶対許さない
・一生恨んでやる
・心の底から憎んでいる
このような黒の感情が心を埋め尽くしていくことで心に闇ができるのです。

4. 他人からどう思われているか気になってしょうがない

心に闇がある人ほど、表面上は明るく元気に振る舞う傾向があります。

これは自分の闇を隠して、「いい人」「明るい人」「楽しい人」「優しい人」といいイメージを持ってほしいために取り繕ってしまうのです。

自分の闇が人に気付かれていないか。

自分は他人からどう思われているのか。

それが気になってしょうがないのです。

とにかくエゴサーチ。

エゴサーチ。

「自分」というものに対して検索をします。

そして少しでも悪く思われているように感じると、どうにかしてそのイメージを取り払いたくなり、必死に良い人アピールをします。

どこかで自分には闇の部分があると感じているからこそ、それを人に知られてしまう恐怖があるのです。

その恐怖が他人からの見られ方を異常に気にしてしまうようになるのです。

5. 常にネガティブ思考で眠れない

表面上は明るく振る舞っていても、基本的な考え方は全てネガティブです。

一人夜に考え事をすると、全ての物事をネガティブに捉えすぎていつも眠れなくなってしまいます。

不眠症である場合も多いでしょう。

例えば、仕事で内勤から営業に異動を命じられたとします。

この異動辞令をどう受け止めますか?ポジティブに考えれば、内勤の成果が認められて営業としての可能性を感じてもらえたのかもしれない!と思うことができます。

しかしネガティブに考えれば、内勤で使いものにならないから営業にされたんだ・・!と考えてしまうでしょう。

どんな事柄でも考え方次第ではプラスにもマイナスにもなるのです。

それを常にネガティブ思考でマイナスに考えてしまうのは、心の闇の表れであるといえるでしょう。

6. 我慢や怒り、不満が蓄積され吐き出す先がない

人は生きていく中で、我慢や怒りや不満を少なからず抱えてしまいます。

しかし抱えてしまったものを上手に自分で発散させて心の整理をしていくことで、バランスを保っています。

ストレス発散の方法は様々ですが、人に聞いてもらうことで吐き出すという人も多いでしょう。

またはカラオケや買い物をすることでストレス発散をさせる人もいるかもしれません。

この発散方法が自分で持つことができずに、日頃の我慢や怒りや不満が蓄積されるとどうなってしまうか。

それは心にどんどん積もり、気が付くと心の大部分を黒い感情だけで埋め尽くしてしまうようになります。

心の整理ができずにバランスを崩し、心の闇だけが大きく残ってしまうのです。

7. 電車が怖くて乗れない

当たり前のように使用している電車。

心に闇を抱えると、この電車に乗ることが怖くなってしまうのです。

では、電車に乗るのが怖いとは、どのようなことなのでしょうか。

電車を怖いと感じる理由として、心の中でパニック状態を引き起こしている可能性があげられます。

電車に乗ると以下のようなことがあります。

・大勢の人と一緒の空間になる
・地下やトンネルなど暗い所に入る
・自分の知らない所に連れていかれる感覚
・人に見られているような感覚
このようなことが電車で起こると想定すると怖くて乗ることができないのです。

でもこれって普通の感覚ではないことですね。

自分の中に世の中に対する様々な恐怖が潜んでいるからこそ電車に乗ることができないのです。

この世の中に対する恐怖心こそが心の闇となるのです。

8. シングルで孤独死する恐怖

独身でも毎日を楽しく充実して過ごしている人はたくさんいます。

しかし、夜一人になるとどうしても今後のことを考えて怖くってしまうことが多いのです。

それが「孤独死」です。

年を取って病気になった時、入院をした時、歩くのが困難になった時、何か助けが必要になった時。

パートナーや子ども、孫がいれば、誰かを頼ることができます。

そして家族に見守られて死を迎えることができます。

しかしシングルであると、老後も一人です。

頼るところもなければ、見守ってくれる人もいません。

誰に気付かれることもなく一人で死んでいくことに恐怖を感じてしまうのです。

「シングルでも幸せ!」と言っている人に限って、このような恐怖が大きく心の闇が深いかもしれません。

9. ギャンブル依存症

ギャンブル依存症とは、ギャンブルに対する欲を抑えることができず、借金を原因に日常生活に問題が生じ、心身を害してしまう症状のことをいいます。

ではなぜギャンブル依存症になってしまうのでしょうか。

ギャンブルは元々スリルや刺激を楽しむためのものです。

また自分でも想定していなかったお金を手にできた時の興奮が忘れることができずに、再び足を運んでしまうようになります。

それがいつしか頭から離れられなくなり、ギャンブルのことしか考えられなくなり、気が付くと強迫的にギャンブルに没頭してやめることができなくなってしまうのです。

この状態になってしまうと、他人が何を忠告しても意味がありません。

冷静な判断をすることができず、多額の借金を背負うことになります。

そして借金を返すために、またギャンブルを行う・・という悪循環になっていってしまうのです。

「次は勝てるから大丈夫」なんて強気なことばかり言っていても、心理状態はもう闇の中です。

自分でも何も見えない闇に入ってしまっているのです。

10. 買い物依存症

買い物依存症は、常に「何を買うか」ということで頭がいっぱいになり、日々買い物をすることで心を満たしている状態のことをいいます。

買い物依存症はストレス発散のはけ口として、買い物をしてしまう傾向があります。

つまり心にストレスを多く抱えている状態であり、それを買い物でしか発散することのできない人なのです。

しかし本当に欲しい物ではないために、買っても袋を開けないまま部屋に放置しておくなんてこともよくあります。

またお金の限度を考えないため、気が付くと貯金は底をつき、カードの請求ばかりが届くようになってしまうのです。

いつも新しい洋服を着て、新しいバッグを持って、常に買い物ばかりしているような人。

このような人は羨ましいように思われますが、心身も金銭面でも多くの闇を抱えている場合があるのです。

11. 極度の人間不信

心に闇がある人は、極度の人間不信である人が多いです。

人間不信である人は、とにかく自分と人との間に壁を作ろうとします。

笑顔で接してはいるのだけれど、踏み込めない壁を感じるのです。

例えば「ゆっくり食事でもしようね」と笑顔で言ってくれるのに、いざ連絡先を聞こうとすると「また今度ね」と言って教えてくれません。

「どこに住んでいるの?」と深い質問をすると「たいした所じゃないよ」と言ってはぐらかそうとします。

このような人間不信は生い立ちや過去の経験からなり、それはなかなか消すことのできない心の闇となってしまうのです。

12. 恋愛依存症

恋愛依存症とは、すぐに恋に落ちるような恋愛体質の人とは違います。

これは相手に依存し、常に相手の行動や気持ちを把握しておかなければ不安になってしまい、その人がいないと生きていけなくなるような状態のことをいいます。

この恋愛依存症は、自分に自信のない人がなりやすい傾向があります。

自分自身には自信を持つことができないため、誰かに愛されて必要とされることでしか自分の存在価値を確かめることができないのです。

心に闇がある人は人に心を開きません。

人間不信であるとも紹介しました。

この人間不信と恋愛依存症は真逆のようにも思えますが、実は人間不信であるからこそ恋愛依存症になるのです。

恋人すらも信用することができず、自分を見せることも相手を受け入れることもできないのです。

だからこそ絆を感じることができずに、余計に多くの愛情を求めてしまう結果、恋愛依存となってしまうのです。

13. 二重人格

心に闇がある人は、その闇を隠そうと明るく振る舞います。

しかし100%闇を隠すことはできずに、時折自分の闇の部分が表に出てしまうこともあるのです。

周囲の人はいつもニコニコしていて明るいあの人が、急に鬼のような形相をしていることがある・・とそのギャップに驚くことでしょう。

そしていつしか二重人格なのではないかと噂されてしまうのです。

心に闇がある人は、残っている光の部分と闇の部分で戦っているのです。

しかし自分でもその戦いのコントロールができなくなることも多くあり、光と闇のある二重人格者となります。

14. 突然発狂してしまう

誰でも「うわーーー」と大声で叫びたくなることってありますよね。

蓄積されたストレスを口から出したくなるという衝動はよくあること。

でもそれを抑えて生活するのが通常の人です。

それが自分でも抑えきれなくなり、突然発狂を始めてしまうのは心に闇があるからです。

いつも心の闇を隠して生活しているからこそ、人一倍ストレスをためています。

それが突然爆発してしまう時があるのです。

その爆発は自分でもどうにもならずに発狂として出てしまうのです。

15. 赤面恐怖症

人と話す時や緊張した際、顔が赤くなってしまうことがあります。

この赤面してしまうことを常に気にして悩んでしまうと赤面恐怖症となります。

赤面恐怖症は、「人から自分がどう思われているか」「赤面して変だと思われていないか」という周囲の反応を過剰に気にする人がなりやすいものです。

一度このような不安を持ってしまうと、何をしていても赤面の恐怖が離れません。

「今あの人に話しかけて赤面したらどうしよう・・」そんな不安を持つと、人に話しかけることすらもためらってしまい、人に心を閉ざしてしまうようになるのです。

心の闇を改善させるために出来ること

心に闇がある人は、少しでも闇をなくして光の灯った明るく前向きな気持ちで生活していきたいですよね。

しかしその闇をなくすのは、なかなか難しいものです。

ではどのようにしたら、心の闇を改善させることができるのでしょうか。

ここからは心の闇を改善させるために出来ることを紹介していきます。

1. 自分の気持ちをきちんと言葉にして相手に伝えましょう

心に闇を持つ人の多くは、自分の気持ちを言葉にせずに飲み込んでしまっています。

それは自分のことも相手のことも信用していないからということが原因でしょう。

自分の気持ちを伝えたところで、どうにもならない、何も変わらない、恥ずかしい。

そんな気持ちが先行し、伝えることをやめてしまっているのです。

しかし自分の気持ちを言葉にして相手に伝えることは、心の闇を改善させる第一歩です。

1. 黙っているのは一番ダメ

「もっとこうすればいいのに」
「本当はこうしたいのに」
自分の意見や希望があるのに、それを心にためてはいませんか?自分では何も言わないのに、人のやることを心の中で不満に思っているだけでは、あなたのストレスがたまるだけです。

相手が悪いわけではないのに、全てを相手のせいにして勝手にイライラしてしまうのですから、周囲の人も困ってしまいますね。

黙っていることは一番ダメです。

自分の意見や希望が正しいのか。

またそれが通るのかはわかりませんが、まずは伝えてみる必要があります。

伝えた上で話し合うのです。

意見がぶつかってもそれで良いのです。

黙っていては何も始まりません。

何も変わりません。

まずは思っていることを言葉にして伝えるようにしましょう。

2. 言葉にしないと相手には理解できない

よく彼女が彼氏に「言わなくてもそれくらい察してよ!」なんて言うことがあります。

でもこれって凄く難しいことですよね。

家族であっても恋人であっても、人の気持ちは誰にもわかりません。

言わないとわかりません。

それを言わなくても理解してもらうというのは、できないことだと思いましょう。

どんなに自分では当たり前のことだと思っていても、人からすると当たり前でないこともあります。

人の価値観は様々です。

自分では当たり前のことでも、必ず言葉にして伝えてください。

また自分に嫌なことがあり、あなたが暗い顔をして元気ないオーラを出していても、相手はそれを見抜くことができないかもしれません。

そんな時には「実は今日こんなことがあって落ち込んでいる」ということを伝えてください。

そこで初めてあなたの気持ちが相手に理解されるのです。

2. 人の目を気にしないようにしよう

心に闇がある人は、過剰に人の目を気にしてしまう傾向があります。

・自分が人からどう思われているか
・自分は良い人だと認識されているか
・自分は変な人だと思われていないか
そんなことばかり気にしてしまうので、余計に闇ができてしまうのです。

人は自分が思うほど、あなたのことを見ていません。

自意識過剰になりすぎてしまっているのでしょう。

少しくらいワガママを言っても、愚痴を言っても、本音でぶつかっても、悲しい顔を見せても・・それでも良いのです。

その方が人間らしくて良いのです。

人の目を気にしてこれらの人間らしい感情を全て隠してしまう方が、人は心の闇の深さを感じてしまうことになるのです。

3. あなたより苦しい人は世界にたくさんいる

辛いことがあった時に「どうして自分だけ?」と思うことがあるかもしれません。

どうしても悲劇のヒーロー・ヒロインになってしまいますよね。

でも辛いことや苦しいことを経験しているのは、決してあなただけではありません。

もっともっと苦しい人は世界にたくさんいます。

もしかするとあなたの「苦しい」という気持ちなんて甘えであるかもしれません。

もしかすると、そう思えることじたいが幸せなことかもしれません。

苦しいことがあると視野が狭くなり、周りが見えなくなるかもしれません。

でも世の中で苦しいと感じているのは自分だけではないこと。

もっと苦しい思いをして頑張っている人がいることも覚えておきましょう。

4. 個性として活かすことが出来るかも知れない

心に闇があると聞いて、思い浮かべる人はいますか?周囲の人でも、テレビに出ている芸能人でも、なんとなく心の闇を感じる人っていますよね。

その人を思い浮かべた時にどのような印象を感じるでしょうか。

どこから心の闇を感じるでしょうか。

例えば女性であれば、いつも明るくてニコニコしている。

・・けれど時折儚い顔をするところがミステリアスな雰囲気を出していたりしますよね。

仲良くなっても、最後の一歩を踏み込ませてくれないオーラを感じます。

男性であれば明るく人気者。

・・なのにどこか人を信用せずに、裏で何を考えているのかわからないような不思議な部分を感じます。

このような人は、周囲からすると不思議で興味がわきます。

つまり心に闇があることが逆に人を引き寄せているのですね。

自分は闇のある暗い人間だと思わずに、それも一つの個性だと前向きに捉えてみましょう。

5. 信頼できる人にとことん話を聞いてもらおう

心に闇を持つ人は、あまり人を信用していません。

そのためなかなか信頼できる人に話を聞いてもらうということはないでしょう。

しかし誰も信用せず、心を開かないままでは、本当に一人ぼっちの人生になってしまいます。

人との間に壁を作ってしまうのは仕方のないことです。

ただその壁を少しずつ薄くする努力をしてみてください。

「この人なら壁を外しても良いかもしれない」と思える人も一人でも二人でも見つけてみましょう。

そして信頼することのできた人には、自分の心の闇の部分も含めて話を聞いてもらってください。

人に自分の思いを吐き出すことで、少しずつその闇の深さは浅く変わってくるはずです。

6. 配慮はしても遠慮をしない

配慮することと遠慮することを同じことだと思っている人がいますが、この二つは大きな違いがあります。

まず遠慮とは、自分が主体のもので自分の願望や欲望を人に対して我慢することをいいます。

一方で配慮とは、他人が主体のもので人に気を配りそれに応じた対応をすることです。

人が今どうしてほしいのかを考えて配慮することは、人付き合いをする上で大切なことです。

配慮する気持ちは常に持っていた方が良いでしょう。

ただ遠慮は人のためにはなりません。

ただ自分の気持ちに蓋をして、相手との間に壁を作るものになってしまうのです。

例えば相手が「これやっておくね」と言ってくれた時。

「私の仕事だから大丈夫」と遠慮してしまうと、言った方も良い気分はしないでしょう。

そこは遠慮せずに「助かる!お願いしてもいい?」と頼ってしまった方が喜ばれるのです。

そうして遠慮しないことで、人との関わり方が変わります。

あなた自身も楽になり、心の闇も少しずつ改善されていくでしょう。

7. 無理に自分を作らない

誰でも本当の自分の上に作られた自分の仮面を被っています。

どこかで本当の自分を隠して偽りの自分を演じてしまうのです。

これは誰にでもあることで、自然にそうなってしまうのであれば問題ないでしょう。

しかし無理に自分を作り過ぎてしまうと、だんだんと自分でも本当の自分がわからなくなってしまいます。

嫌なのに笑顔を作ったり、悲しいのに明るく振る舞ったり・・心と身体のバランスがとれなくなると心が置いていかれてしまいます。

もう少し本当の自分を出してみましょう。

自分の赴くままに行動してみましょう。

心の声を聞いてあげましょう。

無理に自分を作らず、ありのままの自分を受け入れることで解放されることがたくさんあることを忘れないようにしましょう。

8. 完璧主義をやめてみる

心に闇がある人ほど、完璧主義者である傾向があります。

なんでも完璧にしようとする。

完璧でない自分が許せない。

人から完璧だと思われたい。

このような完璧主義であることが、自分を身動きとらないように縛ってしまっているのかもしれません。

時には完璧でないことも必要です。

完璧にやる必要がないことだってあります。

中途半端なことがあっても良いのです。

それも含めて自分の経験です。

何でも完璧を求めるという完璧絶対主義は一度やめてみると、毎日の生活が少し肩の力を抜いて楽しめるでしょう。

9. スルースキルを身に付ける

スルースキルや鈍感力は生きて行く上でとても必要なものです。

例えば、「いい大学出ていると考え方が違うわね」と言われたとしましょう。

この言い方は褒め言葉のようにも思えますが、少し嫌味を言ってるように捉えることもできます。

この時に「嫌味を言われた」と真っ先に捉えて、その後もその人と距離を置いてしまう人はスルースキルのない人です。

なんでも真っ直ぐに受け止めてしまうのです。

そんな時でも「褒められた」とプラスに考えて言われたことの真意まで考えない人はスルースキルのある人です。

このスルースキルがあると余計なことで悩まなくなります。

なんでも表面の良い部分だけ見て楽しく過ごすことができるからです。

なんでも真実を探れば正解というわけではありません。

考えすぎず深読みしすぎず、スルースキルを身に付けて楽しく生活できるようにしていきましょう。

まとめ

心の闇ってどんなもの?よくある15個の闇を紹介しました。

自分には関係ないと思っていても、実は心に闇を抱えているかもしれません。

その闇は少しのきっかけで深いものになってしまう可能性もあります。

もし今回紹介したような闇の部分を感じた時には、少しでも自分の闇を浅くできるように改善してみてください。