皆さんは「とりま」という言葉の意味、お分かりでしょうか?「それは日本語?」「それともどこかの他の国の言葉?」「ネギマの一種?」などなど、いろんな疑問が湧いてくることでしょう。

実はこの「とりま」、若い人達の間では当たり前のように使われている、若者用語のようなのです。

一体、何歳までを「若い人」としているのかもこの頃はあやふやですが、とにかく最近の若者用語は次から次へと新語、造語が誕生しては消えていっています。

若者用語について見ていく事に致しましょう。

若者用語とは?

若者用語とは、若者層のみが頻繁に、且つ好んで使う言葉であり、スマホを用いてSNS系によく使われる言葉、とでも言ったらいいのでしょうか。

しかしながら若者用語というのは今に始まったものでもありません。

映画やテレビ、CMなどを通して流行になった言葉や時代の最先端を行く最新ファッション文化から生まれてきた言葉も無数にあります。

よって、今の時代に使われている若者用語も長い目で見れば50年、100年よりも前から綿々と続いてきた若者層の社会や固定観念に対する反抗意識から生まれてきたもの、と取ることもできるでしょう。

増え続ける若者用語。


とにかく今2017年。

平成29年です。

平成担って早や29年が過ぎているのです。

10年ひと昔とよく言ったものですが、もはや以前の10年とここ最近の10年とでは比べものにならないほど新しいモノや情報が生まれてきています。

スマホが定着するのに携帯電話ほどの時間はかかりませんでした。

このスピード感が若者用語の増殖にも大いに関わっているような気もします。

言葉というのは誰かと誰かが意思を取り合うためのツール。

その中にあってこれだけ意思伝達するための機器が発達すればそれに伴って新しい言葉が誕生しても無理ないかもしれません。

ある意味、政治家もよく分からない英単語を会話や談話の中に盛り込んでいる時代です。

そう思えば若者用語の方がまだ、注意してきいていたら、他愛もないかわいい言葉に聞こえてしまいそうに感じるのは私だけでしょうか?

とにかく、若者用語はこれからもどんどん大繁殖していきそうな気配ですね。

「とりま」の意味とは?

では、そのような分かりにくい若者用語の中から一つ、ピックアップしてみましょう。

「とりま」です。

とりまというのは一体、どういう意味なのでしょうか?

調べてみましたら元々はギャル語の一つとのことで(「ギャル」という言葉も昔の若者用語だったのです)、「とりあえず、まあ…」という意味のようなのですね。

調べる前までは一体、どういう意味なんだ?と、かなり興味津々で調べたのですが…。

何てことはない、ただの短縮語でした。

「とりあえず、まあ」の最初の2文字と濁点の次の言葉の頭を取ってつなげただけ。

これが「とりま」の正体なのです。

「とりあえず、まあ…」はほとんどの人が会話やメールや手紙などの類で使った事はあるでしょう。

話し始めの会話の冒頭にくっつける言葉ですよね。

これを付ける事によって会話の流れを中断せず、相手に対して多少の譲歩と謙遜感を漂わせる、といった感じになるでしょうか。

「とりま」使い方例文


それでは実際に若者言葉である「とりま」がどんな風に使われているのか、例文で見てみましょう。

「とりま~する」

とりま、の後に動詞や何らかの行為や行動を続けます。

「とりま、メール送っとくね」
「んじゃ、とりまメール送っとくから」

こんな感じになります。

何かの行為を起こしたことを相手に伝えるために、話の語調を柔らかくするような雰囲気を出すために用いられている感じですね。

あなたに対する信頼感が私にはありますよ、という意味合いも強調している事が伺えます。

「とりま+名詞」

とりま、の次にいきなり固有名詞や一般的な名詞を続ける使い方です。

「とりま、部活がんば」

「とりあえず、部活動、頑張ってね」という意味合いになるのでしょう。

「とりま」はその後に続く言葉もそれに見合った若者言葉でないと文の全体の印象が不自然になってしまいます。

例えば、

「とりま、部活動、頑張ってくださいね」

といった感じで丁寧な印象を受ける言葉を後ろに続けると物凄い違和感を感じる文章になってしましますね。

やはり、若者言葉には最初から最後まで若者言葉で統一した方がスッキリするという事でしょう。

若者用語の一部をご紹介

それでは次におじさん世代にとっては頭が割れそうな感じになってしまいそうな、若者用語のほんの一部をご紹介致します。

何を隠そう、この記事を書いている私も、昭和世代の立派なおじさん世代。

ここに出てくる言葉の過半数以上は宇宙語のような感覚がするだけで、とても理解できません。

皆さんと一緒に学習したいと思います。

「とりま」

既にご紹介致しましたね。

何々をする前につける言葉です。

「とりあえず、まあ…」という意味です。

親しい間柄でよく使われるでしょう。

そうでない関係の場合でも使われます。

相手を説得したい時などにも使います。

使用範囲が非常に広いのが特徴でしょう。

最初、私はすっかり焼き鳥の一種かと思っていました。

「ねぎま」と似たような焼き鳥の一種だろう思っていました。

今度、居酒屋に行ったらメニューを見て注文してみようと思っていました。

とんだいっぱい食わせ物の言葉でしたね。

これで居酒屋に行っても恥をかかずに済みそうです。

「ディする」

英単語のdisrespectの頭のdisのみを残して日本語の「…する」にひっつけただけの言葉です。

意味は「批判する」「悪く言う」です。

尊敬を意味するrespectに反対の意を表すdisをつけているのをヒップホップ系のラッパーが好んで使いだしたのが事の発端だとかそうでないとか。

とにかく最近はネット用語的にもちょくちょく見かける言葉であることは間違いありません。

私もネットの文を読んでいるとポツポツと何回も出くわしました。

「ディする」一体どういう意味じゃ?文章の前後から判断するに、あまりいい印象を受けない言葉なのか?ぐらいの想像まではしていましたが。

そうですか、批判したり悪口を言うという事ですか。

皆さん、余計なお世話でしょうが批判や悪口、嘘はいけませんよ。

そう言っている本人自身がそのような状態に陥りますよ。

これらは全てネガティブな言葉。

自分自身をネガティブ思考にしているだけですからね。

どうせやるなら否定ではなく「肯定」しましょうね。

余計なお世話ですいませんでした。

「KY(ケーワイ)」

私が理解できていた若者用語の一つです。

意味は、場の雰囲気や状況を読まずに自分勝手な行いや発言をする人の事をいうのでしょう。

要はその場の状況が即時に理解できない人の事ですね。

「空気を読めない」の空気の「く」と読めないの「よ」をアルファベットにしてひっつけた用語です。

この用、初めてテレビか何かで聞いた時は、なるほど、よくできた言葉だなあ、と感心したものです。

場の雰囲気を察する事もなく傍若無人な振る舞いをする人は確かにいます。

どんな業界にも職場にも学校にもいます。

そういう人の事を面と向かって言うのも憚られるから「KY」という名文句が生まれたのでしょうか?

いずれにしても「KY」は迷惑です。

協調性が欠けた自分本位でエゴ丸出しの言動は周囲の反感を買うばかりでその人にとって、何らいいことはありません。

しかも、「KY」な人は自分の事を「KY」だと認識できないところが尚更、悲劇を生み出しますね。

ミクロとマクロの発想。

この2つを使い分ける人が仕事でも人間関係でも上手くやっていける秘訣だと思いますがね。

「ヤバい」

これも私が理解できていた若者用語の一つですね。

「ヤバい」にはその状況に応じて意味が変わってくるのが特徴です。

通常は、「危ない」とか「不都合な状況」「具合が悪い」といったように自分にとっては好ましくない状況を意味しています。

また、「ヤバい」は違う観点からも使われます。

80年代によく使われていた意味合いが「カッコ悪い」というもの。

そして90年代になってくると「凄い」という肯定的な見方にも使われるようになっていきます。

つまり「ヤバい」は否定的にも肯定的にも使われてしまうややこしい若者用語なのです。

使用されている状況に鑑みて言葉の意味合いを判断しなければならない用語でしょう。

私がこの「ヤバい」という表現に初めて接したのは、80年代の私がまだ20代だった頃。

恐らくテレビの影響で皆が使い始めたのではないか?と記憶しています。

私も当時はよく使っていたかもですね。

やはり若者用語というのは使用する旬の時期というのがあるからでしょう。

逆に中高年齢層になった今になっても「ヤバい」を誰彼構わず頻発していたら良識を疑われてしまいそうです。

加齢と共に確実に若者用語は自身の中から消滅していきますね。

「りょ」

全く私が理解できなかった若者用語です。

「りょ」って一体なんじゃい?というのが素朴な思いです。

びっくりした時の感嘆符のようなもの?と思っていたのですが…。

答えは「了解」だそうです。

「り」とも使うようです。

こうなってくると若者用語というよりも、何かの暗号のようです。

でも、了解の頭の「りょ」をそのまま抜いているだけですから暗号というには安直すぎますね。

天邪鬼な私にとってはとても「りょ」は使いたいと思いません。

やはり私の頭の中は「昭和のおじさん臭」でプンプンのようです。

でもスマホで「了解」と打つのも「りょ」と打つのもさして作業の手間は変わらないと思うのですが…。

そう考えてしまうから「昭和」なのでしょう。

「わず」

私が全く分からない若者用語です。

どこからどう分析してみても答えのヒントがありませんでしたから。

正解は「何かをし終わった事を表す表現」という事になります。

由来は英単語の「was」から来ています。

~が終了する、という意味の英単語をそのまま日本語読みにしただけの用語でした。

同じ意味の用語として「だん」もあります。

これも英単語の終わりを意味する「dan」から来ています。

「わず」も「だん」もいきなり昭和世代のおじさんに見せられたらギブアップですね。

頭から煙が湧いてきそうになります。

もはや昭和の思考回路から遠く何万光年も離れています。

お手上げですね。

大体、「わず」は別にして「だん」は私が子供の頃に大熱中した特撮ヒーロードラマ「ウルトラセブン」に登場する主人公の「ダン隊員」としてインプットされています。

まあ、しかし平成生まれの若者が「ダン隊員」の事を知っているわけありませんからね。

約50年の歳月の差は大きいという事です。

他の若者用語の意味と例文をご紹介

それでは次に「とりま」以外の若者用語について、その意味を例文を添えて改めて紹介していきたいと思います。

「ディスる」とは。

「ディする」とは、批判されたりとか悪く言われるなど、自分自身の事を第三者から批判、悪口、悪意に満ちた論調で罵られる、などといった意味合いを持つ若者用語です。

概ね、相手に対して論戦を展開したり真っ向から相手の意見に服従せずに戦おう、という攻撃的な思惑が垣間見えますね。

元々の語源は英単語の「disrespect」から来ています。

リスペクト(尊敬)の反対を意味する「dis」をそのまま日本語読みで「ディス」と簡略化したつもりで使っているのでしょう。

それでは「ディスる」の例文を見てみましょう。

「友達にディスられた。」

普段から仲良くしている友人と話をしていたら、時には意見の食い違いや主張の違いが起こったりもするでしょう。

そんな時に、相手の友人が自信たっぷりにあなたの意見を真っ向から否定し、あそこが悪い、ここも悪いと、徹底的にあなたの方に非があるかの如く理論武装でやっつけてくる様相を表します。

要するに相手に対する尊敬の念(リスペクト)が全く存在していない状況ですね。

だから、あなたの友人はそこまで言う必要もないのに自分の主張を押し付けて勝ち誇っているわけです。

「ディする」は赤の他人からやられた場合は、まだそんなに気に留めるほどもないのですが、親しい友人からやられたらこたえます。

心にグサッときます。

それくらい、人間関係を壊しかねない破壊力を持っているのです。

「ディする」なんて言い方だと、かなりスマートな感じで聞こえはいいですが、中身は相手への攻撃です。

ちっとも後味のいいものではありません。

もし、あなたの友人がこんなことを度々するようになってきたならば、あなた自身の振る舞いもよく考えてみる必要があるでしょうね。

知らず知らずのうちに友人の事を傷つけていたかも知れませんからね。

「KY(ケーワイ)」とは。

その場の雰囲気、状況を読めない人の事を言います。

「くうき」と「読めない」のそれぞれの頭文字を抜いてアルファベッㇳで表現したものです。

確か2000年代に入ってから誕生した用語だと思います。

今や完全に若者用語というよりも世の中の多くの人に浸透した言葉だと思いますね。

KYな人というのは恐らくコミュニケーション能力に少々、自身がない方がやってしまうのではないでしょうか?場の雰囲気を察したり、場の空気感を読むためには、相手がどのような気持ちになっているかを掴み取らなければなりませんからね。

その為に口を使って質問を行い、耳で相手の答えを聞いて判断するのです。

では、KYを使った例文を見てみましょう。

「今日KYな発言をしてしまった。」

どうでしょうか?通常、KYという用語を発するのは、当事者というよりもそれを周りで聞いたり見ていた人が、「あの人、KYだね」という具合に使うのが一般的ではないでしょうか?

とにかく、場の空気を読めない人はビジネスシーンにおいては劣勢を否めないでしょう。

場の雰囲気をますます悪くしてしまうだけですからね。

ただ、意識的にKYを装って場の緊張感を解く、というテクニックもあります。

場の雰囲気を凍り付かせずに一瞬の笑いに変えられる能力ならば多くの人から支持を獲得できるでしょうね。

「ヤバい」とは。

「ヤバい」とは、自身の置かれている状況が危なくなったり、不都合になったり具合が悪くなる事が予想されるさまを言い表した若者用語です。

「ヤバい」も結構、世の中に浸透した言葉といえるでしょう。

事実、私もこれまでの就業経験中に何度も使った記憶があります。

「ヤバい」は、多くの場合は、自身の危機的状況を一言で言い表した意味合いの言葉なのですが、最近では「カッコいい」「凄い」といった褒め言葉的な意味合いでも使われだしてきています。

一つの言葉がいい意味と悪い意味の2つを兼ね備えるというのは珍しい事だと思いますが、これも世の中の時流なのでしょう。

日本語が乱れているのは事実でしょうが、あんまり簡単に物事を表現する手段として使いすぎるのも「どうかな?」と、思ってしまうわけなのです。

では、「ヤバい」の例文を紹介致しましょう。

「ヤバい忘れ物した。」

この場合の「ヤバい」は、「しまった」という意味合いが大きいでしょうね。

その忘れ物がどの程度、その人の評価に結びつくかは分かりませんがいずれにしても本人にとったら顔面蒼白ものに忘れ物なのでしょうね。

自分にとって、かなり重い痛手の場合だからこそ思わず「ヤバい」が出るのでしょう。

「りょ」とは。

またまた不可解な若者用語です。

「りょ」とは一体、どういう意味なのでしょうか?と、何度見てもそう思わずにはいられない、インパクトのある用語ですね。

答えは「了解」です。

「りょうかい」の頭の「りょ」のみを使用しているだけです。

何とも言えない、超簡単な略語です。

更に最近では「りょ」に飽き足らないのか「り」でも「了解」と言う意味にとってくれるそうです…。

いやはや、どこまで日本語を壊したら気が済むのか、それとも「了解」という漢字が書けないからなのか…。

何とも言えない空しい気持ちです。

スマホでLINE送るのなら漢字検索で一発で「了解」くらい出ますけどね。

「りょ」なんていう言い方、ビジネスの世界で後輩が上司や先輩に使ったら、一生ケチョンケチョンに言われますよ。

「お前、何考えとんじゃ!」っていう感じで。

この言葉は友達通しの間だけに限定して使いましょうね。

では、「りょ」の例文です。

「~しておいてね。」 「りょ。」

こんな感じです。

仲のいい友人同士とならば、まあ気兼ねなく使えるのでしょう。

何度も言いますが会社や組織内においては、とても怖くて使えません。

特に社内の空気が重い会社でこのようなメールを発見されてしまったら…。

一瞬にして辺りは凍ってしまうでしょう。

くれぐれも使用用途は間違えないようにしましょうね。

「わず」とは。

「わず」も全く意味不明な用語です。

意味は何かを行った行為の終了を表す表現のようです。

これは英単語の「was」が元の語になっています。

これはbeの1人称及び3人称の単数過去形を表すものです。

つまり終わった事、という意味になります。

この言葉、ハッキリ言って、高校生用語です。

社会人になったらbe動詞やらwasやらはさっぱり使いません。

現役バリバリの高校生のうちくらいしか使う機会はないでしょう。

どうりで昭和世代のおじさんには分からないはずでした。

でも、私が高校生の時、確かに勉強したはずなんですが…。

全然、覚えていませんでした。

では、余談はそのへんにして「わず」の例文を紹介致しましょう。

「ショッピングわず。」

「ショッピング、終わりました」といった意味合いになるのでしょう。

本当に何も知らない人がこの文章だけ見たら、全く分かりませんね。

意味不明です。

それにしても、よく英単語を日本語の中に組み入れて使えるものです。

頭の固くなったおじさん世代にとったら、ある意味羨ましい柔軟な発想力ですね。

でも、この「わず」も思いっきり日本語を破壊しています。

壊れ行く日本語。

日本語の運命はどうなるんでしょうか?

状況と場合によって使い分けよう。

ここまで若者用語の特徴と例文をご紹介して参りました。

聞いただけで分かる若者用語とさっぱり分からない若者用語。

この2つの差は想像以上に大きかったですね。

さて、この若者用語。

いついかなる場面、局面でも気にせずに使っても、いいものなのでしょうか?使う事によって相手の人に不快な気持ちを起こさせないものでしょうか?いえいえ、やはり時と場所によっては、若者用語の使用を控えた方がいい場面もあるでしょう。

では、どのような場面、相手の場合は控えたらいいのでしょうか?ざっと見ていくことにしましょう。

目上の人や、仕事上では使わない。

さて、若者用語というものは、手あたり次第に誰に対して使っていっていいものでしょうか?

そんな事はないでしょう。

若者用語というくらいですから、時と場合によってしっかり使い分けないと、あなたはとんでもない常識知らず、というように見られてしまうかも分かりませんからね。

まず、基本的に若者用語というのは同年代の友達同士の間が最も使う頻度が多いでしょう。

気さくに何でも言い合える人が、若者用語の使用に際しての限界線となるのです。

そうなってくれば、「目上の人」や「仕事上」の場面には「使えない」と頭の中に置いておかないといけないでしょうね。

もしあなたが高校生くらいの年齢であるならば使える範囲は友人同士、あるいはクラスメートぐらいまででしょう。

クラスメートであってもあまり気さくに話をしたことのない相手だったたら、若者用語を使いにくくなるのも自然の理です。

気の置けない相手だからこそ使えるのだ、という意識を忘れないようにすることですね。

若者用語嫌いの人には使わない。

次に若者用語がNGと思われる人は、「若者用語が嫌い」な人たちです。

これは範囲が目上、先輩、仕事上を超えてあなたの周りにいる人全てが対象になってきてしまいます。

考え方がほぼ同じはずの同学年のクラスメートの中にも若者用語で接せられるのを拒否したい人もいるでしょう。

勿論、あなたの親や兄弟の間であっても若者用語の使用を認めない、という方もいらっしゃると思います。

よって、若者用語は、むやみやたらに誰彼関係なく使うものではない、という一種の法則のようなものが見て取れる事に気付いてほしいのですね。

若者用語の乱発はあなたの人間性や常識度を著しく下げてしまうように見えてしまうき可能性があるからなのです。

あなたは親近感をもって好意の感情を表現しているつもりかも分かりませんが、受け付けた方は、自分の事を馬鹿にしているような気分になってします可能性も十分あるという事だけは忘れないようにしておきましょうね。

何もかもを略すのは良くない。

若者用語の実態は「略字」という事です。

つまりちょっと長めの単語や言葉を頭文字のみピックアップして使っているだけ、というのがほとんどのようですね。

まあ、若者用語というものは今の時代に突然的に生まれたものではありません。

私の若かった頃(1980年代)あたりからポツポツと生まれてきていたのです。

私が記憶している限りで思い出してみると、

・新宿→じゅく

・警察→さつ、あるいは「マッポ」(何故、「マッポ」と呼ばれていたのか?何でも警察制度が出来た明治時代当時、ほとんどが薩摩藩出身者で占められていたそうです。

それでサツマにポリスのポをくっつけて「マッポ」になっていったようです。

80年代の頃、このような言い方をする人というのは俗に言う「不良グループ」と決めつけられていましたね。

考えたら「不良」という言葉も一種の「若者用語」だったのでしょうか?今や死語の域に入ってしまってますが…)

・ナウい→流行の最先端を行っていた人を総称してこう言ってましたねえ

・ギャル→若くて可愛くてイケてた存在の女性の総称。

この言葉も今や「死語」です

・アイスコーヒー→レイコー(これは関西方面独特の言い方です。

恐らく東京では言わないでしょう。

関西語のような感じもしますので若者用語とはちょっと違うかもしれまでんね)

・刑事→デカ(当時大流行だったテレビドラマ「太陽にほえろ」の劇中でよく使われていた言葉です。

何故、刑事の事を「デカ」と呼ぶようになったのか?何でも警察制度が出来た明治の頃の刑事さんの制服が角袖の和服だったようです。

それを犯人たちの隠語で言葉の最後と頭をくっつけて「デカ」と呼んでたようです。

とまあ、こんな感じでしょうか。

思い出せる語彙が少なくてすいません。

当時の若者用語は言葉を短くして使っているというよりは、テレビの影響の方が大きかったように思えます。

人気ドラマの中のセリフであったり人気芸人が使ったギャグが茶の間に受けて永らく使われていたように思えます。

あと、90年代初頭のバブルの頃に「業界人」と称する人たちが仕事で使う日常の言葉がそのまま若者用語として定着した部分もあると思いますね。

言葉を短縮して使うのはそのあたりから起こり始めたような気も致します。

そして世の中がどんどん軽薄化してきたようにも思えるのですね。

何度も申しあげていますが、日本語は美しい言語だと思います。

外国人の方たちが、覚えるのに最も難しい言葉が日本語だと言われています。

漢字一つとっても100や200の数では済みませんからね。

当用漢字だけでも2000以上ありますから。

四季の感性や微妙な感情の言い表し、豊かな色彩表現など、日本語だからこそ表現できる言い回しがあるのです。

だから、海外の人達も日本の文化に対して一種の協賛を送っているのです。

それなのにただ言葉を略しているだけの若者用語を頻繁に使うとは…。

知識は正しく覚えるからこそ役にたつのです。

欠けた状態の知識ではいつまでたっても不完全人間のままになってしまいますよ。

伝わる相手にのみ使おう。

若者用語の使用は出来るなら、若者用語がすぐに理解できる人のみに使いませんか?

ここまで結構、若者用語をあまり好意的な目で書いてきていませんでしたが若者用語にもいい面がちゃんとあります。

それは「新愛度」を表すバロメーターになっているからです。

今までずっと友達との会話やメールのやり取りに若者用語を当たり前のように使っていた人が、ある日から急に普通の言葉の表現に変えてしまったら、受け取った方はどう思うでしょうか?

非常にまごつくでしょうし、不安にもなるでしょう。

どうして急にこんな改まった言い方にかえたのだろうか?ひょっとして、私との関係に決別したいからか?なんていうあらぬ考えを起こさないとも限りませんね。

親密度を測るバロメーター的な役割で考えたら、若者用語の使用は互いの人間関係を近くするための便利な表現手段かも分かりませんね。

ですので今まで若者用語で親しい人とやり取りをしていた人達は、突然、若者用語の使用を止めたりしたら相手を驚かせてしまう結果になるかも分かりませんね。

まとめ

如何だったでしょうか?若者用語に関して、「とりま」や「ディする」など、いくつかの用語の特徴を例文も交えて紹介して参りましたが、お分かりいただけましたでしょうか?

これからも若者用語はどんどん増えていく事でしょう。

それも言葉の略字をこれでもか、というくらいに行って。

昭和世代のおじさんである私に至っては、今更、このような暗号的な意味合いのする若者用語を使おうという気持ちはありません。

もし、使ったらついに頭がおかしくなったのか、とも思われるのが関の山でしょうしね。

最後に年より臭い事を言いますが、あんまり言葉の簡素化で満足して欲しくはないな、と思います。

言葉も感じも正しく覚えてこそ、正しく使うことが出来るのです。

若者用語は若者同志のうちでしか通用しないでしょう。

そのあたりを考慮してなるべく正しい言葉を使用する癖をつけておいてほしいですね。