CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

友達いらない人の10個の心理


友達がいれば何かあった時に相談したり、辛い時にそばにいてくれたり、一緒に遊んだり、楽しいことはたくさんあります。

友達は多いに越したことはないのかもしれません。

しかし、なかには友達はいらないという人もいます。

人それぞれ価値観は違うので、本人がいらないと思えば無理に友達を作る必要はないでしょう。

今回は、友達がいらない人の心理と友達を作らないメリットについてご紹介します。

友達がいらないという人を覗いてみましょう。

友達がいらない人の心理


友達がいらないと思う人の最大の理由は、人間関係のわずわらしさからでしょう。

人と人とが関りを持つと、必ず違いが出てきます。

友好な友情関係を築く為には、その違いを埋める為に歩み寄る必要があります。

最近では、コミュニケーション事態を取る事が苦手と感じている若者が増えている事もあり、人に合わせる行為を面倒に感じる方も少なくありません。

いざこざが起きる前に、はなから友達をいらないと言い切ってしまう人も少なくないでしょう。

1.ひとりで居るのが好き


今の世の中は、昔とは違い一人で居たとしてもさほど困る事がありません。

人とコミュニケーションを取りたくなれば、インターネットの世界を通じていくらでもその場限りの出会いを楽しむ事が出来ます。

反対に、一人で居れば誰からも干渉される事無く自分の世界を満喫する事が出来るでしょう。

その為、一人で居る事は、ストレスを感じる事も無くよりリラックスした状態を維持する事が出来る事ともいえます。

2.馴れ合いがめんどくさい


友達がいらないと感じる人の多くは、人に気を使いすぎてしまうタイプなのではないでしょうか。

人との摩擦を避け、人に合わせてしまう事で自分を出す事が出来ず疲れてしまうのです。

特に女性の方は、一度仲良くなるとそのグループから抜け出せなくなったり、他の子と話をする事が出来なくなるなどの面倒な部分があります。

慣れ合いが大きくなればなる程、他の友情関係が希薄になってしまいます。

そのような関係が継続して行われる事がストレスの原因となり、面倒に感じてしまう原因となるのです。

3.恋人や家族が居れば十分!


最近では、友達は作らず家族と恋人だけ居れば十分と言う考え方の人も増えています。

学生時代には珍しい考え方かもしれませんが、大人になればなる程、自然とそのような形になる事が多々あります。その為、そういった思考は決して珍しいものではありません。

友達が居ないと言うと、どうしても寂しい印象を与えてしまいます。

しかし、家族や恋人と言う絶対的に信用する事が出来る相手が居れば、日々の生活に困る事は無いのかもしれません。

4.人間不信になっている

友だちがいらないという人の心理には、人間を信じられない人間不信に陥っている可能性があります。

その人の人生で、人間を信じられなくなるような出来事があったのです。

そのツラい出来事や、当事者に対する嫌悪感や不信感を他の人にも投影してしまっているのです。

そのため一人でいることを自ら選びます。

心の底では友だちが欲しくても、どうしても心を開くことが出来なくなるのです。

以下に代表的な人間不信になる原因について紹介します。

過去にいじめられたことがある

人間不信になる大きな原因はいじめです。

自分に何の落ち度もないのに理不尽にもいじめられてしまった場合、当然恐怖や孤独、絶望などを感じて、トラウマが生まれることもあります。

その苦痛を伴う記憶から、友だちに裏切られることを恐れて友達なんかいらないと感じてしまいます。

しかし、いつまでも一人でいてはトラウマも解消しません。

勇気を出して自分から心を開くか、専門家のカウンセリングを受けるなどして過去のツラい記憶を克服する必要があります。

仲間に表と裏の顔があることを知ってしまった

いじめとは別に、人間の醜い部分を見てしまい、人間不信に陥る場合もあります。

例えば、仲間が裏で友だちの悪口を言っていたり、普段は見せない暴力的な言動をするところを目撃したりと、仲間の裏の顔があることを知ってしまうことでショックを受け、人間不信に陥り、友達がいらないと感じるケースがあります。

ページトップ