「オケマル~」と言う言葉を知っていますか?
現在の若者用語で、「オッケ~マルだよ~」と了解する時に使うようです。

少し前には了解した時には「りょ!」と略して言う言葉が流行っていました。

時代が進むと、その時に使われる用語も変わっていくのですね。

じゃあ、もっともっと昔はどんな流行り言葉があったのだろう?と気になります。

自分のお父さんやお母さん世代に流行していた若者用語のようなものはあったのでしょうか。

今回はそんなバブル世代の流行りの用語とドーンと紹介します。

バブル世代の人に使ってみたら、喜ばれること間違いなし!でしょう。

️平野ノラで話題のバブル世代用語

今やテレビで見ない日はないというくらいに大活躍している平野ノラ。

平野ノラの芸風と言えば、バブル世代の格好や持ち物でその時の用語を言うことです。

ひらがなの何をお題にしても、バブル用語で返せちゃう!なんていうのが面白くて火がつきました。

このギャグはバブル世代の人にとっては、懐かしく笑えるんですよね。

しかしそれだけでなく、バブルを知らない現代の若者にもうけています。

よくわからない昔の言葉だからこそ、逆に新鮮で面白いのです。

平野ノラの活躍により、今バブル世代用語が熱い!
流行は一周すると言われ、昭和レトロなファッションが流行ることもありますが、それと同じです。

言葉も一周して、バブル世代のものが今流行り出しているのです。

バブル世代ってどんな時代?

平野ノラは「バブル世代」というのをテーマにしていますが、このバブル世代って具体的にはいつなのでしょう。

またどんな時代だったのでしょうか。

バブル世代とは

バブル世代といわれるのは1986年~1991年。

日本でこのバブル景気の時期に就職した世代のことをいいます。

とにかく景気の良く、就職もしやすい時代でした。

バブル世代の特徴

このバブル世代の人には共通している特徴があります。

まずコミュニケーション能力が高いということ。

世渡り上手で人当たりも良いです。

ただプライドが高く、劣等感も持ちやすい傾向があります。

時代が良いというだけで、実力がなくても良い会社に就職できた世代。

根拠のない自信を持っていたり、勘違いしている人が多いのです。

苦労を知らないまま大人となってしまったので、気に入らないことがあると機嫌が悪くなってしまうような子どもな一面も・・。

バブル世代は、とにかくバブルを引きずっているんです。

「あの頃はね~」
「私の時代はね~」
「俺が就職した時はね~」
なんて昨日のことのようにバブル時代のことを振り返っては話したがります。

よほどいい時代だったのですね。

バブル世代用語とは、そんな時代にそんな人達が使っていた言葉です。

幸せな時代を生きてきた人が、その時どんな言葉を使っていたのか。

今とは違う時代だからこそ、気になるところです。

【バブリーだった人の特徴については、こちらの記事もチェック!】

  • バブリーだった人の10個の特徴

️ケツカッチンとは?

まずは代表するバブル世代の用語から!
ケツカッチンって言葉を聞いたことはありますか?今はなかなか使う人はいませんが、バブルを引きずっている世代の人は今でもケツカッチンと言っているでしょう。

初めて聞く人は、お尻が硬いの?なんて思ってしまいそうな意味不明な用語ですが・・実際ケツカッチンには、どんな意味があるのでしょうか。

ケツカッチンの意味

ケツカッチンとは、「後ろの予定がある」という意味で使われる用語です。

また納期など動かせない最終期限のことをいいます。

ケツカッチンは元々は芸能界の業界用語で、終了時間は決まっている中で時間が迫っている状態などのことを表現するために使われていました。

それが一般の人も同じような状態の時に使うようになったのです。

ケツカッチンの由来

カチンコを知っていますか?
ドラマや映画で使用される道具のことです。

ショットなどの情報を記載するボード部分と音の鳴る拍子木の部分で構成されています。

白と黒の二色の物が多いです。

カチンコが鳴ると、それ以上続けたくてもやめなくてはいけません。

このカチンコが鳴る状況から由来して、終わり(ケツ)が時間がないのでという意味で使うようになりました。

ケツカッチンの使い方

ケツカッチンは実際そのように会話の中で使うのか。

例文も出しながら、その使い方をみていきましょう。

「〇〇さん、ケツカッチンなので次のカットでラストにします」
これは芸能界で使われる言い方です。

〇〇さんは売れっ子で、次の収録が入っています。

次の収録に間に合うためには、今の撮影をそろそろ切り上げなければいけないのです。

・・という時に、もう後があるから強制終了ですー!とカチンコを鳴らす意味で言われたのです。

では業界ではなく、一般的にはどう使われるのでしょうか。

「会議資料できた?もうケツカッチンだから、早く用意して配布しておいて!」

まもなく会議の時間。

その資料作りも会議の時間なので強制終了となります。

会議の時間はずらすことができないので、時間通りすぐに配布してー!とカチンコが鳴ったわけです。

バブル世代の上司がいたら、こんな使い方をされるかもしれませんね。

️平野ノラのネタで登場するバブル用語

平野ノラは五十音のすべてでバブルネタをできると言っています。

「あ」と言えば、「あ」から始まるバブル用語。

「な」と言えば「な」から始まるバブル用語。

なんでも言えるんです。

きっとバブル用語は100個以上ネタとして把握しているのではないでしょうか。

ではケツカッチン以外に、平野ノラのネタで登場するバブル用語にはどんなものがあるのか。

またそのネタの意味も一緒に紹介していきましょう。

これを知れば、平野ノラのネタを数倍楽しく見ることができるはずです!

ドロン

「ケツカッチンなんでお先にドロンさせていただきます」
なんてネタで使われるドロン。

先ほど紹介したケツカッチンち一緒に使われるんですが、どんな意味かわかりますか?

ドロンとは、姿をくらますことや逃げ隠れすること。

由来は歌舞伎で幽霊が消える際に使わる効果音からきています。

忍者が姿を消す時にもドロンという音が使われていて、両手を組んで人差し指を立てるというドロンポーズまであります。

都合が悪くて逃げる時に「もうドロンしまーす」なんてその場から消えてしまうような時に使われるようになりました。

「帰りまーす」と言うよりもなんとなく笑って許されてしまうような言葉ですね。

ただ!浮気が発覚した時なんかにドロンしたい気持ちは大きいと思いますが、そんな時にはドロンせずに向かってくださいね!

肩パッド

平野ノラの衣装といえば赤いスーツが定番ですが、気になるのがその肩幅ですよね。

当時はファッション雑誌でも必ず肩パッドが入っていたんです。

それがお洒落の主流だったのです。

肩幅を広く見せて、ウエストはギュッと絞るようなスタイルが女性らしいと流行りでした。

逆三角形がかっこいい!なんて思われていたようです。

とにかく上半身は大きく見せたいというような時代でした。

今の時代細くて華奢な女性が可愛いですし、肩幅なんで小さければ小さいほどいいですよね。

それをわざわざ肩幅を広げてガッチリ見せるなんて・・と驚愕してしまいますが、それがバブル世代の流行りです。

当時は商社に秘書として就職して、平野ノラのような肩パッドありの赤いスーツで通勤するのが女性の憧れでもあったのです。

ワンレン

「ワンレン、ボディコン、舘ひろし」これは平野ノラの鉄板ネタで、よく聞きますよね。

この最初に登場するワンレンについて説明します。

ワンレンとは、ワンレングスカットの略であり、長い髪の全体を同じ長さに切りそろえる髪型のことをいいます。

まさに平野ノラがしているような髪型で、前髪はなく、全て同じ長さでそろえられています。

前髪がなくデコ出しになることで顔がほっそりと大人っぽく見えることで人気でした。

バブル世代はこのワンレンが一世風靡し、女性たちはこぞってワンレンにしていたのです。

今でも仲間由紀恵はワンレンですね。

黒髪の落ち着いたワンレンであれば、今っぽくて美人が強調される髪型であるといえるでしょう。

ただ平野ノラのように古いソバージュをかけてしまうと、一気にバブル感が出てしまいます。

ちなみに舘ひろしさんは石原軍団に所属している俳優です。

かなり渋めでかっこいい俳優で、平野ノラのネタにはよく登場します。

これはバブル時代に流行っていた「あぶない刑事」というドラマで舘ひろしさんが活躍していたことで、バブル世代の人の憧れ的存在であるからといえるでしょう。

ソバージュ

ウェーブヘアのことをソバージュといいますが、ここでいうバブル世代に流行ってソバージュはかなり細めのロッドを使って根元から細かいパーマをかけた髪型のことをいいます。

かなりバブル感が出てしまい、今やるのは勇気のいる髪型ですね。

しかしこのソバージュが実は再ブームにもなっているんです。

明るめの髪色でエアリー感を出したソバージュならスタイリッシュな今風の髪型になります。

似合う人を選びそうな髪型ですが、バブル世代の人は二人に一人がソバージュをかけていたほどマストなあ洒落ヘアだったのです。

ボディコン

ワンレンの後に続く、バブルネタのボディコンです。

ニットなど体に密着する素材で体のラインを強調している洋服です。

ボディ・コンシャスの略でボディコンといいます。

バブル世代が通っていたディスコは、今でいうクラブのような場所で流行に敏感な若者の集まる場所でした。

このディスコに入ると女性は9割がボディコン。

ジュリアナ扇子を手にして踊っている人が多かったわけです。

今ボディコンなんか着てしまうと、かなりセクシーすぎて恥ずかしいですよね。

しかし当時はこのセクシーさが当たり前の時代だったのです。

土地を転がす

あまり聞き慣れない土地を転がすという用語。

平野ノラのネタでは「土地と一緒に転がしてやろうか!」なんて使われています。

この土地を転がすとは、バブル時代の価格変動が関係しています。

この時代は土地の価格変動が大きく、短期間で急に土地の価格が上がっていました。

買った価格よりも高い値段で売る人が多く、そのような転売が盛んにあり、それを「土地転がし」と呼んでいたのです。

ただバブル崩壊後は高い値段で買ってものの価値が急激に下がり、大損した人も多かったのです。

ネタで使われているように人に対して使う時には、「売り飛ばしてやろうか!」なんて喧嘩を売っているような時に使っているようですね。

おったまげー

おったまげるという言葉の活用形です。

おったまげるとは、非常に驚くことです。

どうやら茨城の方言でもあるようです。

この使い方は簡単。

もう驚いた時に言えば良いのです。

「この人参こんなに安いの?おったまげー!」
「え?今日会えないの?おったまげー!」
「美味しい!おったまげー!」
もうどこでも使えますし、とりあえずおったまげておけばその場も明るくなるでしょう。

平野ノラも色んな場面で有効活用していますよね。

ぶっとびー

ぶっとびーは吹っ飛んでしまうくらいに驚いたということです。

これは「おったまげー」と同じなのでは?と思いますよね。

どうやら驚きのレベルによって使い分けるようです。

驚き★
ちょっと驚いた時には「ぶっとびー」です。

日常でそれほど驚いてもいないけど、新発見をした時なんかに使う感じですね。

驚き★★
さらに驚いた時には「おったまげー」です。

ぶっとびーよりも驚き度合いが高い場合に使います。

〇〇と〇〇が付き合っている!とか、自分にとって衝撃的なことがあった時に使います。

驚き★★★
更に驚いた時の最上級には「ぶったまおったまげー」と混ぜてしまうのだとか。

もうこれは一年に一度の驚き情報を入手した時なんかに使います。

バブル世代はこのように驚いた時には、その度合いによって言葉を使い分けていたんですね。

これは現在でも流行りそうな使いやすい言葉です。

しもしも〜

大きな黒い電話機を耳に当てて「しもしも~」と言うのもよく見るネタですね。

これはご存知「もしもし~」を反対に言ったという単純なバブル用語です。

当時は今のように誰でも携帯電話を持っている時代ではありません。

持ち運べる電話を持っていることは一つのステータスだったのでしょう。

そのため敢えて電話をアピールするために、髪の毛をかき上げて格好つけて「しもしも~」と大きな声で電話に応答していたのかもしれませんね。

ゲロゲロ〜

これはかなり色んな用途で使えるリアクション用語のようなものです。

今で言う「やばーい」「なにそれー」「うそー」なんてリアクションの時に使えるもの。

ちょっと難しいので例をあげてみますね。

「明日は朝早いから遅刻しないでね」
「明日何時集合なの?」
「朝6時には着くように」
「ゲロゲロ~」
なんて感じです。

リアクションを面白く流せるような一言なので、その場を明るくできますね。

リアクションに困った時には平野ノラも「ゲロゲロ~」を活躍させています。

ショルダーフォン

先ほど紹介した「しもしも~」で登場する大きい電話のことです。

当時は自動車から離れても利用できる車載の携帯兼用型自動車電話でした。

重量はなんと3キロもあり、平野ノラのように肩から下げて持ち運ぶようなものでした。

充電に8時間もかかるのに、通話できるのはたったの40分。

なんとも不便ですね。

でも持ち運べる電話だなんて、その当時には衝撃的なもので、重くても持ち歩くことがステータスだったのかもしれませんね。

ディスコ

ディスおとコは、今でいうクラブです。

若者が集い、お酒を飲んで踊る場所。

ではディスコとクラブは違うのか?ってところです。

ディスコの定義とは、お店が所有する業務内容に、お酒を作ってお客に出すことです。

またDJを雇い、お店の方で曲をかけてお客に踊ってもらうことです。

ナイトクラブという扱いになり、24時で閉店します。

ディスコはお店側がお客を楽しむために、音楽や照明をトータルで考えて提供しているのです。

一方でクラブは、お店が用意したものではない音楽のもとで踊ります。

暗い照明で、下にお客がいてお酒を飲みながら踊ります。

定義でいうと、音楽を楽しむことができるBARといったところでしょう。

その日のDJによっては曲のジャンルや雰囲気も違うので、その日のイベントをお客側が選んで楽しむのです。

お立ち台

お立ち台とは、その名の通り立つための台になっている場所です。

これがバブル世代のディスコにあるお立ち台となると、もうその略奪戦争です。

お立ち台のないディスコはディスコじゃない!なんて言われるくらいにこの世代の人にとってお立ち台で踊ることは大切なことでした。

ただフロアの中の数カ所にあるお立ち台は、その上で踊れる人数も限られています。

人気のある曲はお立ち台で踊りたいと思っても、なかなか上に立つことができいのです。

そこで場所を確保するために女同士の大乱闘が起きるわけです。

まぁでも上に立てるのは容姿端麗で、女性の勝ち組ばかりなのだとか。

きっとディスコの中でも上下関係があったのですね。

またお店側も綺麗な女性をお立ち台に上げることで男性客を集めることができるのと意図していたようです。

アッシー

アッシーは「アッシー君」なんて愛称でも呼ばれています。

何時でもどこでも車で送迎する役割の男性のことをいいます。

由来は女性の足として使われているからです。

このようなアッシーは、見返りを求めているわけでも下心があるわけでもありません。

奉仕することが生きがいのような男性なんです。

バブル世代で少し美人な女性であれば、アッシーが3人ほどはいたはずでしょう。

メッシー

メッシー君は、レストランで食事をご馳走する男性のことです。

その名の通り「飯」を提供してくれる男としてメッシーと呼ばれています。

アッシーと同じくメッシーもお金があり奉仕するのが好きな男性するもので、メッシーも3人ほどは常時いたという女性も多いでしょう。

景気が良かったので、今よりもお金をたくさん遣って奉仕ができたのですね。

ちなみにミツグ君という、ただ貢ぐだけの男性もいたようです。

羨ましい時代ですね。

鉄骨飲料

鉄骨飲料とは、バブル時代に人気だったサントリーの鉄分やカルシウムが入ったトクホ飲料のことです。

当時流れていたCMも人気があり、商品も大流行したのです。

平野ノラのネタとしては「もう一本飲ませてよ。鉄骨飲料。」と言います。

もうこれだけで鉄骨飲料を知っている人にとってはツボなわけです。

グレープフルーツ味で、今でも少しだけ流通している?なんて噂もあります。

気になりますね。

吉田栄作

「誰?私の吉田栄作のTシャツ洗ったの!」
なんてネタで舘ひろしの次に名前が出てくる人です。

吉田栄作といえば、長身のイケメン俳優。

多数のドラマに出演しており、歌手として紅白に出場もしています。

このバブル世代の人であれば吉田栄作にはまった!なんて人も多いのではないでしょうか。

トランプマン

トランプマンは、1990年代に放送されていた「なるほど!ザ・ワールド」でブレイクした謎の多いマジシャンです、本名や素顔や年齢はいっさい公表されてなく、今でも謎のままです。

マジシャンといえば、トランプマン!っていうくらい誰でも知っている存在で、トランプを巧みに操るパフォーマンスがかなり話題になっていました。

MCハマー

「MCハマー通りま~す」
でおなじみのMCハマー。

1990年代頃にとてつもない人気があったラッパーなんです。

とにかくダンスがキレキレ!そしてラップもキレキレ!バブル時代の若者たちは皆MCハマーに夢中になっていたんです。

この頃ダンスブームが到来したのもMCハマーの影響です。

ネタの中でMCハマーが通る・・ということにどんな意味があるかは不明ですが、その人物名を聞いただけでもバブル世代は笑ってしまうような感覚があるのですね。

ランディーバース

「ランランララ、ランディー・バース」
野球選手のランディー・バース。

神様仏様バース様!なんて言われるくらい抜群の勝負強さを持っていました。

バースは阪神タイガースの助っ人とし1985年に活躍していました。

打率350、54本塁打、134打点で三冠王を獲得。

とにかく人気のある選手でした。

この伝説バースの名前を聞くだけでテンションが上がるのは、バブル世代の男性の方かもしれませんね。

このバースというン名前にリズミカルなネタが、面白さの元になっているのでしょう。

W浅野

W浅野とは、バブル世代を代表するような二人のこと。

80年代のトレンディドラマを中心に活躍した浅野温子と浅野ゆう子の二人をW浅野といいます。

まさに今の平野ノラのような格好なんです。

肩パッドのスーツを着て、ワンレンでソバージュで、ディスコにいたら一番目立つような人です。

多くの女性がW浅野に憧れれその身なりを真似したまさにバブルのカリスマです。

️バブル世代用語は他にもたくさん!

ここまで平野ノラのネタで出てくるバブル用語を紹介しましたが、平野ノラが使用していない用語もまだまだたくさんあるんです。

・・またはこの先ネタに登場する可能性も高いかも!?
そんなバブル用語を一足先にチェックしてみましょう。

ミツグ君

さきほども少し紹介しましたが、ミツグ君とはその名の通り金品や品物を女性に貢ぐ男性のことをいいます。

バブル時代で景気が良く、その貢ぎ方も今とは異なります。

とにかく羽振りがいい!高級バッグはもちろん車や家まで貢いでしまう人もいたんだとか・・。

同類後にはメッシーとアッシーがありますが、ミツグ君が一番女性にお金を遣える人であったのではないでしょうヵ。

今となっては死語ですが、羨ましい時代ですね。

キープ君

このキープ君は割と今でも使われるかもしれません。

本命男性以外で恋人未満の交友している男性のことをいいます。

男性からの好意を逆手にとって便利屋として利用したり、次の恋人候補としておいている場合もあります。

「好きです」と告白された時に「ごめんなさい」と断ることはしないんです。

「ちょっと今は・・」なんて曖昧にしておいて、相手に期待を持たせておくのです。

そして寂しい時には呼び出して自分の心を埋めます。

キープ君も自分がキープであることを認識している場合も多く、それでも良いからと必死に本命になろうと頑張るのです。

てっぺん

夜中の12時を過ぎることをてっぺんと言います。

時計の針が一番上のてっぺんを指していることから言われたのです。

このバブル時代は、仕事で12時過ぎることも多く、タクシー帰りという人も日常茶飯事でした。

そんな時に「あー今日もてっぺんかー」なんて言っていたのです。

また芸能界の業界用語としては今でも使われているようで「今日の撮影はてっぺんだね」なんて現場ではヒソヒソつぶやかれているのです。

ザギン

この頃は逆さ言葉にするのが主流で、ザギンとはギンザのことをいいます。

今でもそうですが、銀座は高級店の多い街。

このザギンの高級店に女性を連れて行くのが男性としてのステイタスだったのです。

場所ではザギンの他にギロッポンも人気の場所。

そう・・ロッポンギのことです。

ザギンが女性を連れて行くところで、ギロッポン遊びくるって男女が出会うところ・・といったところでしょうか。

シースー

もう一つ逆さ用語として使われていたのが、シース―です。

寿司のことですね。

回転寿司なんて、もちろん論外!値段の書いていないような高級店に連れていくのが当たり前の時代でした。

シータクことタクシーに乗って、ザギンのシース―に行く。

なんていうのが、まさに鉄板のコースだったといえるでしょう。

なんともバブリーな用語ですね。

イタめし

イタ飯とは、イタリアンの飯を略した言葉です。

1990年頃に、イタリアのファッションや家具や雑貨がブームとなりました。

そしてそのイタリアブームの流れで、イタリア料理も人気になったのです。

ティラミスが流行ったのも、このイタめしブームの時です。

フランス料理よりも気軽に楽しめることが、このイタめしブームのきっかけになったようです。

シース―にイタめしに・・色んな流行がありますね。

ねるとんパーティ

ねるとんパーティーとは、カップリングおアーティーのことです。

結婚前提、もしくは恋人が欲しい男女が集って、カップル成立を目指すパーティーのことです。

今でいう婚活パーティのことです。

ねるとんパーティーというのは1980年~1990年にテレビで放送していた企画の名前から流行したものです。

20名前後の男女が自己紹介をして、フリータイムやゲームタイムで仲を深めていき、最終的に告白タイムがあります。

カップルになりたい相手を紙に書いて結ばれれば、電話番号を交換できるというシステムです。

テレビ番組で流行ったことから、ねるとんパーティーは婚活パーティーよりも少しフランクで軽いものだったようです。

華金

華金とは、華の金曜日の略です。

一般的には土日休みの週休二日制の会社が多いですよね。

あとは土日の楽しみを待つのみ!という金曜の仕事終わりのウキウキした気持ちを表している言葉です。

きっと華金には、ザギンやギロッポンに繰り出して遊ぶ人も多かったのでしょう。

今でいうプレミアムフライデーのような感覚です。

また金曜日に給料日やボーナスが当たった時にも華金という言葉が使われます。

プロデューサー巻き

セーターやカーディガンを肩にかけて袖口を緩く前で結ぶスタイルのことをいいます。

当時は花形職業であったテレビ局のプロデューサーの多くがこの格好をしていたことから、このファッションをプロデューサー巻きと呼びました。

今ではこの肩掛けファッションは若い女性がお洒落としてやっています。

白いブラウスの差し色に赤いカーディガンをプロデューサー巻きすると可愛いですよね。

おじさん達がしていた格好が、現代若者女性がしているなんて不思議で面白いですね。

朝シャン

今でも使われていますが、朝シャンプーをすることを朝シャンといいます。

このバブル期は、とにかく朝シャンをする女子が多く、砂ご飯を食べるよりも朝シャン!という人が多く話題になりました。

今でも女子高生や女子大生は朝食を食べずに朝シャンしている人の方が多いので、バブルの風潮は続いているようです。

おたく族

今使われている「おたく」という言葉の発祥はこのバブル用語からできたものです。

1970年代に日本で誕生したサブカルチャーのファンの総称として使われました。

このバブル景気に普及し、一般的におたくという言葉が認知されてきました。

️バブル時代の用語、覚えておこう!

ドドーンとたくさんのバブル用語を紹介しました。

知っている言葉はありましたか?
意味もわからずに聞いていた平野ノラのネタも理解して聞くとまた違った面白さがあることでしょう。

景気の良い時代ならではの、景気の良い言葉ばかりで面白いですね。

今とは異なる時代ですが、だからこそ不景気な現在に使うと元気が出そうです!ぜひバブル用語を抑えて使ってみてくださいね。