「ストイック」って言葉、良く聞きますよね。

意味を調べてみると、「自分の欲望を抑制し、情念に動かされることなく、賢者としての幸福を得ようとするさま」を言うのだそうです。

だから、スポーツマンや学者にこの言葉が似合う人が多いのでしょうね。

「ストイックに練習(研究)する」人や「ストイックな生活を送る」人って尊敬できる人であったり、見ていてカッコいいと思えます。

皆さんも「チャラいな~」と言われるより、「ストイックだね」と言われた方が気分はいいでしょう。

そこで、今回はストイックな人、ストイックに生きる人ってどんなタイプの人なのか考えてみることにしました。

もし、皆さんが「ストイックな人」を目指しているなら、もしくは、そんな人とのつきあい方が知りたいのなら、是非参考にしてもらえたらと思います。

ストイックな人になりたい!

とは言いましても、「ストイック」というものが、どんなものなのか知らなければ始まりませんよね。

それでは、これからもう少し「ストイック」について掘り下げてみましょう。

1. ストイックとは?


昔、「ストア学派」とか言う哲学者の集まりがあって(今もあるのかな?)、「克己禁欲主義」とか「厳粛主義」とか言うのを唱えていたそうです。

日本の仏門に近いかもしれません。

ですから、もともとはこのストア学派の人やこの主義に生きる人のことを「ストイック」と呼んだそうです。

現在では一般的に「自分に厳しく、欲に流されないさま」や「禁欲的」といった意味として使われます。

しかし、そういった活動や生活の中で、ただ何かを我慢してがむしゃらになるのではなく、最終的には「幸福」を見いだすことを目標としているのが、「ストイック」という言葉の本当の使い方であると言えます。

2. ストイックになるとメリットがある?

もちろんあります。

「俺ストイックなんだよね」と、自分に対し使うとなんだか変に感じると思いますが、それは、この「ストイック」という言葉がポジティブな言葉のため、自分自身には使わない方が良いからです。

つまり、「ストイック」という言葉が良い意味で使われるのは、実際にストイックになって得したことが多かったからでしょう。

メリットがなければ禁欲したり、自分に厳しくしたりしたくないですよね。

ではどんなメリットがあるのか、考えてみましょう。

1.人生の目標、生きがいができる。


これは「目標があるからストイックになれるんじゃないの?」と、卵が先か鶏が先かの話になるかもしれません。

しかし、いずれにせよ、人生や生活の中には大なり小なり目標みたいなものは自然に生まれて来るはずです。

それらにストイックに取り組むことによって、小さな目標が、大きな目標となり、それをクリアしていくことが生きがいになります。

そして、最後の目標が達成できてしまっても、その道をストイックに極めた人は、今度は後進の指導に生きがいを感じるようになります。

こうなると、その人はその一生を全うするまで生きがいを持っていることができます。

生きがいのある人生って素晴らしいですよね。

2.精神的な強さが身につく

上記の目標や生きがいを達成するためにストイックに努力するとともに、努力を続けていくと、目標を達成できた時の喜び(幸福)をイメージするようになり、目先の楽しさ(誘惑)に流されなくなる。

どちらかを選べと言われれば、絶対に自分の目標を選ぶはずです。

こうして、人は忍耐強くなり、集中力も身につきます。

こういった精神面の強さを持つようになると、自分の目標を置いていない分野でも、活躍できるようになり、人から頼られる存在になります。

また、精神的な強さは外見や言動にも現れ、しっかりした人、自立した人といったイメージを持ってもらえます。

異性からも同性からも憧れの存在となります。

3. ストイックになるとデメリットもある?

あるでしょうね。

人間ってどっかで「楽したい」「怠けたい」と思っている生き物ですから、何事にもストイックでいると、いずれ自分のそういう部分とはもちろん、他人のそういう部分とも戦わなければならないときも来るはずです。

そんなとき、少なからず苦しい思いや、嫌な気持ちになることもあるでしょう。

では、どんなデメリットがあるのでしょう。

1. 一緒にいる人は疲れる

別に「チャラい」は「ストイック」の反義語ではありませんが、冒頭でポジティブな言葉であるストイックに対しネガティブな要素があるこの形容詞を使いました。

あまり物事を真剣に考えすぎないところ、楽観的に考えるところ、堅苦しくしない言動、適当さ、こういった性格を「チャラい」と形容できると思うのですが、だいたいの人はこのキャラクターも持ち合わせています。

適度なチャラさをもつ人にとっては、ストイックな人は、1度は憧れるかもしれませんが、ある意味自分の事(目標)以外、興味が無いこのストイックなキャラクターに、ゆくゆく付き合いづらさを感じるかもしれません。

完璧にチャラい人にとっては、住む世界が全く違うので、考え方や価値観の上ではストイックな人間とは共存できません。

しかし、職場や何らかのコミュニティでは、同じ世界で生きていかなくてはならないので、(お互い)非常に疲れる存在となります。

2.方向修正ができにくい

大袈裟に言えば、ストイックな人は自分が信じた道を目標に向かって脇目も降らず猪突猛進して行く人とも言えます。

しかし、一生懸命努していたとしても、それが間違った訓練方法や勉強方法であったり、目指す目標が気づかないうちに他人を傷つけてしまう種類のものになっていたりと、間違った道を進んでいることもあります。

まず、忍耐強いストイックな人は、それだけにこれに自分自身で気づけそうにありません。

間違った努力をしているのではなく、努力が足りないのだと思い込んでいます。

たとえ気づけたとしても、これまで頑張ってきた自分のためにも、それを否定するでしょう。

他人から言われるとなおのことです。

こういう部分が上記の一緒にいる人を疲れさせる要因の一つでもあります。

4. ストイックになり過ぎないのが大切

世の中、ストイックな人ばかりが成功しているわけではありません。

もって生まれた才能が勝敗を分けたり、時の流れが思わぬ方向へ流れ出し、思わぬゴールにたどり着くこともあります。

このように、自分の努力ではどうすることもできないことになった時、「こんなこともあるさ」と開き直れることも大切です。

または、「いや、逆にこうなってよかった」と思わぬ結果をプラスにとれることも大事です。

これらも「精神的な強さ」の1つと言えます。

また、ストイックになるのはある分野に関してだけにしておくのもいいかもしれません。

「いつもは適当だけど、ある仕事に関してはとことんやり抜く」ような人は、その普段とのギャップが魅力になります。

5. ハングリー精神とはどう違う?

例え話で解説します。

「あるところに貧しい親子がいました。毎日ろくに食べるものもありませんでしたが、両親は仕事で稼いできたお金のほとんどを高校生になった息子の学費に回し、食事も息子には三食食べさせていましたが、自分たちは朝と夕だけたべて昼食代は節約して、息子の大学の入学資金として貯蓄していました。息子はそんな貧しい自分の家を、いつか裕福にし、そして両親に楽させてやろうと必死で勉強し、見事医大に合格。在学中も勉強の手を緩めることなく、とうとう、開業医となることができました。
開業して間もなく結婚もし、両親と二世帯仲良く、なに不自由なく暮らすことができるようになりました。」

ここで、両親のとった行動、生き方が「ストイック」だと言えます。

一方で、息子の行動、努力の源は「ハングリー精神」と言えます。

つまり、「ハングリー精神」とは、ある意味、明日生きていけるかどうかまで追い詰められた状況をなんとか打開しようとする気の持ちようを言いい、「ストイック」はたとえ恵まれた環境にあっても、欲に流されず、先の幸せ(目標)に向かって努力する様を言います。

勉強に励んだ息子の日々をストイックとも言えるかもしれませんが、そうならざるを得ない現実がありました。

ストイックに生きなければ、勉強に励まなければ貧しい生活から抜け出せなかったのです。

ですので、ハングリー精神とはストイックな行いをするための原動力の1つと言ったほうがよいでしょう。

一方で両親は、息子には大学にもやらず、早くに適当な仕事を見つけさせ、その給料を家計の足しにさせておこうと思えばできたはずで、別に自分達も昼ご飯を食べることはできたかもしれません。

しかし、息子の将来のためを思って食費を学費に回していました。

もちろん、ストイックになるのは誰かの為にでなくてもいいのですが、ある目的を達成するために、自分の欲を断ち切り我慢(努力)しました。

この場合は息子が幸せになることが両親にとっての幸せと言っていいでしょう。

結果、そうして育てた息子が医者になり、自分達も幸せな生活を送ることができるようになったのです。

ストイックな人の13個の特徴

では、ここからは、ストイックな人、ストイックな生き方っていったいはどんなものなのか、その特徴を13個ご紹介します。

1. 目標のためなら我慢できる

何かを得るためには、何かを諦めなければならない時もあります。

ストイックな人にとって、今ストイックに取り組んでいる目標の達成こそが何よりも自分がやりたいことであり、天秤にかけるまでもなく、それ以外の関係の無いことは我慢する事ができます。

ただ、あまり我慢しすぎないように。

捨てるもの、あきらめるものの中にも、もしかすると目標達成へ肥やしとなるものがあったりします。

いわば、急がばまわれということもあるので、精神的に追い詰められるほど、何かを我慢する必要はないと思います。

2. 意志が強い

「意志が強い」とは思い立ったことを「やり通す」「思い続ける」ということです。

ですから、その気持ちをずっと持ち続けて、努力し続けられないのは「意志が強い」とは言いません。

また、上記のなんでも我慢するというのも意志が強くなければできません。