今回取り上げる”鈍感力”。

皆さんはどんなイメージがありますか?

「鈍感な人」と言われて、うれしいとは思わないかもしれません。

それに、人に対しても「鈍感」という言葉をプラスの意味ではあまり使ったことがないかもしれませんね。

今はプラスのイメージがある

しかし!

今はこの「鈍感」に対して、マイナスのイメージが変わってきています!

確かに、空気が読めないとか、人の気持ちが全然わからないということは、マイナスになってしまうかもしれませんが、鈍感であることによって、このストレスの多い社会を力強く生き抜いて、そして自分の力を最大限発揮できる強さを持つこともできるのです。

鈍感=空気が読めない?

「鈍感」と言われると、なんだか空気の読めない人、みたいなイメージがある人もいると思います。

その場の空気が読めなくて、今言っちゃいけないことを言っちゃっていたり、今それじゃないでしょ、ということをしていたり・・・。

そうゆう人は、人に嫌な思いをさせたり、イライラさせることや、鈍感さゆえに呆れられてしまっていたり、とあまりいいイメージではありませんね。

「鈍感」を言葉の意味としても調べてみると「感じ方がにぶい人」「気がきかない」といった意味が出てきます。

人の気持ちや意図していることを汲み取ったり察知したりするのが苦手、というイメージでしょうか。

鈍感と言われたら腹が立つ?

だから「あなたって鈍感よね」と、呆れ果てた顔をして言われたらすごくショックですよね。

「あの人鈍感だよ」っていうのは、悪口にも取られたりします。

全然空気が読めない人、気が利かない人、人よりも空気や人の気持ちを汲み取れない人として弱点ととられがちです。

だから、「鈍感」って言われたら言ってきた人にも、自分にも腹が立つかもしれませんね。

そして、その対義語である「敏感」な人になれるように努力したいと思うことでしょう。

「敏感」とは、「感覚や感度の鋭いこと」と定義されています。

どんなときもくよくよしない

「鈍感力」というのは、どんなときにもくよくよして力を無くしてしまうことなく、力強く生きていく力のことです。

わたしたちは、確かに完璧に物事をこなせたらうれしいですよね。

勉強も、仕事も自分の思った通りに、さらに理想通りに進んだらそれは最高。

でも、現実はそんなにうまくいきません。

失敗もするし、壁にぶち当たるほうが多いのではないでしょうか。

立派でいよう、完璧にミスをすることなくしよう、そのような心がけは素晴らしいものかもしれません。

しかし、その自分の中の完璧主義や人から完璧を求められる圧力は、ときにその人を押しつぶしてしまうほどに、大きなプレッシャーやストレスになってしまいます。

しかし、鈍感力があれば周りの人がどういおうと、どんな失敗をしようと、それで落ち込んで立ち直れなくなるほど、自分を責めたり、くよくよしすぎることなく、自分のペースで自分の道を進む強さを持つことができます。

へこたれずに前向きに物事を考えられる力である

ときに、自分の力不足による失敗などもあります。

しかし、そんなときに鈍感力があれば、へこたれずにまた前に向かって進むことができます。

あまりにも、敏感すぎると何も手につかなくなります。

カラダもそうではないでしょうか?
例えば、除菌について。

確かに、清潔さは大事。

でも、あまりにもそれに敏感になりすぎると、周りのものはすべて汚く見えて、生きていくのがすごくストレスになるほどになります。

過敏症って言葉もありますけど、あまりにもなんでも敏感になって真正面から受け止めていては体も心も持ちません。

少しぐらい鈍感になって、物事をより積極的に捉えられるほうが、人間関係も仕事も、この世界で生きることも楽になるかもしれません。

自分の失敗も、人からの批判的だったり否定的だったりする目や言葉も、神経を細かくしていつも自分のストレスにしてしまうのではなく、それにもヘコたれずに、前向きに取り組み続ける強さが欲しいですね!

今こそ鈍感力

真面目でいつも一生懸命な人にこそ今必要なのは、”鈍感力”なのかもしれません!

鈍感力を身に着ければ、もうちょっと心の余裕をもって物事に取り組めるかもしれません。

そして、余裕があればミスも少なくなったり、もっと前向きに生活ができて、今よりももっと毎日が楽しく感じられるようになるかも!
ストレスの多いこの時代だからこそ、大切な”鈍感力”。

今回は、その”鈍感力”とはいったい何なのか?
そして、鈍感力を身に着ける方法について調べて行きたいと思います!
鈍感力を身に着けて、今よりももっとストレスに強く、そして前向きな人になっていきましょう!

鈍感力を身につける10個の方法

人間は完璧ではありません。

自分も、周りの人も。

でも、社会は完璧や理想を求めるし、それを強要してこようとすることもあります。

しかし、そんなのは現実問題無理なんだし、それに応えたいのはもちろんなのですが、完全無欠にやろうとするとストレスが増えてしまいます。

それで、敏感な人ほどストレスを抱えて、心や身体の病気を抱えてしまうこともあるかもしれません。

だから、細かいことにくよくよしないで、打たれ強くならなくてはいけませんし、自分で自分や周りからくるプレッシャーや圧力、ストレスというものをコントロールする術を身につけなくてはいけません。

”どんなときにもくよくよしない”、”へこたれずに前向きに物事を考えられる力”、という、私たちにとってプラスに働く「鈍感力」を身に着けていきたいものですね!

では、どうしたら身に着けていけるのでしょうか??

そのポイントをいろいろと調べてみました!

1.たくさんの情報の中から自分に必要なものだけを取り入れる

世の中には情報が溢れかえっています。

一つのことに対しても、情報をネットで調べれば大量すぎるほどの情報が手に入るでしょう。

それに聞きたいと思っていなくても、人と接している以上いろんな情報が耳に入ってきます。

でも、そのすべてが自分を積極的にならせてくれるわけではありません。

自分を落ち込ませるような内容もたくさんあるでしょう。

それで、私たちは情婦を処理する能力を身につけなければいけません。

つまり、すべての情報を真に受けるのではなく、自分に本当に必要なもの、プラスになるものをそこから選び出して抜き取るわけです。

都合の良いことを聞くだけではない

もちろん、それは自分にとって都合のいいことだけを聞いて、あとは無視するということではありません。

自分を戒める情報や自分の見方や考え方を調整してくれる信頼できる情報は大切にしていきたいものですが、それは信頼できる確かな情報だからです。

それに、その情報が自分を向上させたり、自分を改善するのに役立つとわかるからです。

それ以外のマイナスな情報、つまり勝手な悪口、根拠のない批判やネガティブな情報に対しては、それに抵抗し、過度にそれに振り回されない強さを持つことです。

さらに、それが真実の情報であったとしても、自分に今必要のない情報で、過度に自分を乱されるほど影響されてはいけないということです。

感情面や行動面でマイナスの影響を与えることを自分で阻止する必要があります。

実は敏感で強い意志を持たなければならない

なので、鈍感であるということは感受性が働かないということではありません。

何を言われても反応しないとか、問題点に気付かないということではありません。

世の中にある様々な情報において、感受性は強く、敏感に察知するけど、その中のネガティブな情報に振り回されず、それを許容するくらいの強い意志を持つ、ということです。

つまり、ネガティブな感情が沸き起こってきてもそれを制圧し、コントロールできるくらいの自分の中の強い意志を持つ必要があります。

ありとあらゆる情報によって振り回され、それによって自分の感情をいつも乱されていては、疲れ切ってしまいます。

だから、これは今自分にとって必要で重要な情報なのか、それとも自分にとってただマイナスの影響しか与えない情報なのかを識別して、必要のない情報は受け流す、という判断力を持つのです。

2.自分で自分を評価する習慣をつける

いつも人からの評価で自分を評価している人は、落ち込むこともよくあるでしょう。

人からうれしい評価をしてもらえているときは、満足できるかもしれませんが、そうじゃないときはどうなるでしょうか?

きっと、本当は別にそんなことないのに「自分はダメな人間なんだ」といて落ち込んだり、逆に評価してくれない人たちへの怒りの気持ちが沸いてくるでしょう。

そのように、他人からの評価だけで自分を評価している人は、常に人の態度とか、人の言葉、人からの反応を気にして生きていくことになりますので、疲れるし、人の評価を気にしすぎて自分が思っていること、能力を発揮できなくなってしまうかもしれません。

それで、自分で自分を評価する習慣をつけましょう。

そうすると、他人の言葉一つで自分の価値を上げたり、下げたりすることもないし、人の意見にすべて左右されたり、人の目を気にしすぎて自分の意見を言えなかったり、自分の能力を発揮できなくなる、ということは少なくなるかもしれません。