激昂とは、一般にひどく感情が高ぶること、ひどく怒ることを指します。

激怒、憤怒、逆鱗に触れるなどとならび、怒りの感情を表す表現の中でも、もっとも上位のグループに入ります。

実生活のなかでは、歓迎されない、できれば追い出してしまいたい負の感情です。

いつも激昂しているように見えるアメリカのトランプ大統領は、実際のところどうなのでしょうか。

マスコミ報道によると、いつも誰かとやりあっています。

敵を作りそれを非難することで、目的を達しようとする手法は外からでもわかります。

しかしどこまで計算をしているのかは全くわかりません。

マスコミをはじめ、多くの人が戸惑っているようですし、ひょっとすると本人も戸惑っているのかも知れません。

彼は、激昂さえも政治手法としてしまう類まれな政治家なのでしょうか。

やっぱり公職経験のないただの政治素人なのでしょうか。

いずれにしろ目の離せない人ではあります。

ここでは家族などのドメスティックな範囲に限定せず、アメリカ大統領とまではいかずとも、もう少しパブリックなシーンまで検討する範囲を拡げて、激昂しやすい人の特徴とその対策について考察してみたいと思います。

激昂しやすい人の12個の特徴

よく怒りまくる人は、その他の手段では他人に影響を及ぼす、つまり人動かすことができないと見られています。

本人もそのことがわかっていて、いつもそういう不安を抱えながら生きているように見えます。

組織のなかでは権限を持っていても、部下が本当に指示通り動いてくれるのか、どうにも確信を持てない人です。

その種の自信のない上司は本当によく見かけます。

こういう人たちは、不安を怒りで打ち消しているイメージです。

それで精神の平衡を保っているのです。

そこには頼りにされるリーダーの風格は、どこを探しても見当たりません。

能力以上のポジションについてしまい戸惑っているのかも知れません。

以下、ビジネスシーンだけに限らず、いろいろ考えられるケースを示してみます。

1. 自分の感情をコントロールできない


いったい喜怒哀楽の感情はどう扱うのが正解なのでしょうか。

解放した方がいいのでしょうか。

それとも抑制した方がいいのでしょうか。

喜や楽そして哀は、解放しても構わないでしょう。

もちろん人を不快にさせない範囲内でという制約はついて回ります。

コントロールすべきなのはやはり「怒」できまりです。

信頼される上司と呼ばれる人々は、これを出したり引っ込めたり、巧みに部下をコントロールするためのツールに利用できています。

こういうとき本当に激昂してしまっては、まったく台無しになってしまいます。

感情をコントロールできる人とできない人では、やがて大きな差がついてしまうでしょう。

2. 自分が絶対正しいと思っている

ビジネスシーンにおいては、少々の批判や雑音にびくともしないメンタルの強靭さは必須です。

いちいち批判に細かく反応していては、身も心も頭も持たないからです。

ぶれない人と評価されるか、頑迷固陋な人と非難されるかは、本人のパーソナリティーとシチュエーション次第で大きく変化します。

それはともかく自分は絶対正しい、という信念を持つことは大切なことです。

ただし自分が常に正しいと思い込むのはNGです。

信念にも適宜に変更は加えていくべきです。

人間は一神教の神様のように絶対的存在にはなれません。

人間なのですから人間らしいたたずまいでかまわないと思います。

正義や悪で割り切るのではなく、多少どっちつかずで、輪郭のぼやけているた方が、周囲の人たちにとって安心できるからです。

3. 熱しやすく冷めやすい


すぐに激昂する人に対しては、感情の起伏が激しい、熱しやすく冷めやすい人、ということで周囲の評価は一致しているのに違いありません。

そしてこれは高い評価とは言えないでしょう。

内外の人たちが、あの人に仕事を頼もうかと考慮しているとき、こういう性格は人を躊躇させます。

これはいい仕事が回ってこない大きな原因となります。

仕事においては、安定して高いテンションを保てる人には、かなわなでしょう。

こうした温度差の大きいという評判は、少しずつ修正していきましょう。

4. ナルシストである

すぐに激昂してしまう人は、ナルシスト的な傾向も強く持っていそうです。

ナルシズムは鏡に映った自らの姿にうっとりと酔いしれてしまう、古代ギリシャの美青年ナルキッソスに由来する有名な症状です。

ところが美青年とは見た目では対極にある、大相撲の横綱、大関たちもこの傾向があるといいます。

出番前に自らの姿を大鏡に映し、ほれぼれと陶酔しているらしいのです。

しかしこれには、こんなに立派で強そうなオレが負けるわけがない、と自らを暗示にかけている意味もあります。

言うならば、ナルシズムを積極的に、正のエネルギーに転化し、うまく利用しているのです。

ただし実力の伴わない人の場合、身を飾っている装飾品を確認するだけの意味しか持ちません。

5. 非常にプライドが高い

激昂しやすい人は、あちこちに譲れない一線を張りめぐらせています。

たいていの人はすぐどこかに引っかかってしまい、怒らせてしまうことでしょう。

古くから周囲にいる馴染みの人たちでも、すべてを避けきることはできないでと思います。

そして網にかかる度に、いちいち文句を言われることになります。

やがてプライドが高すぎる人、と誰もが感じるようになり、他人は次第に寄って来なくなります。

高すぎるプライドは孤立への道へ通じています。

プラスの要素は何もありません。

高すぎるものは、少しずつ削っていくべきです。

6. 臨機応変さが無い

激昂しやすい人は、動きにキレのあるキビキビしたイメージはありません。

臨機応変さが足りないと言い換えてよいでしょう。

またこういう人には、たいていの場合ユーモアのセンスも備わっていません。

誰も聞いていないのに、長々と話をするタイプが多いようです。

話の内容も冗長、散漫であることが普通で、KYで、話の出し入れがうまくいきません。

しかし話の腰を折ると、すぐに激昂されてしまうため、それもままなりません。

周囲の感性と自分のそれをシンクロさせることができないでいるのです。

面倒で困った人という評価で固まっているに違いありません。

7. 几帳面で細かい事が気になる

激昂しやすい人は、目先の出来事にこだわって、大局を見失っているイメージが強いものです。

木を見て森を見ずなどの言葉は、ビジネスではよく反省を込めて語られます。

几帳面で細かいのも長所には違いないが、度を超すとマイナスですよ、と戒めているのです。

筆者の経験では、例えば書類の修正カ所が2カ所以上になるともうがまんできず、最初からやり直さずにはいられない、というこまった人がいました。

このケースでは当の本人より、周囲の方が怒りっぽくなっていました。

うっとうしくて蹴とばしてやりたくなるのです。

彼がやり直している間、チームとしての仕事が途切れ、しばらくの間、停滞してしまうからです。

8. 実は小心者である

激昂しやすい人は、実は小心者であることが多いものです。

組織の中で威張り散らしている人たちは、みな例外なく小心者です。

これは地位が高くなればなるほどひどくなることも多いのです。

実際に責任を取らされたり、引きずり降ろされたりする可能性は増すからです。

小心さは社長になってさえ変わりません。

取締役で解任される恐れは常につきまといます。

そして部下が意に沿わない案件を持ち込むとすぐに激昂します。

能力ではなく、敵が少ないなどのバランスによって選ばれたトップに付きまとう病いです。

諫める人もなく、こうした会社の将来は危なくなります。

9. 一般常識や価値観を無視する

激昂しやすい人は、一般常識を持ち出され反論されるのをいやがります。

決してそれらに疎いわけでも、守る気がないわけでもありません。

それよりも自分を優先してくれ、と言外ににおわせているのです。

つまり正論をたたかわせる気はないのですから、ここでは一般常識や標準的な価値観は用を為しません。

それを意識的に無視しているからです。

意識を変えてそれらを重視することもできるはずです。

10. 自己顕示欲が非常に強い

激昂しやすい人は、人一倍強い自己顕示欲を持っています。

それを一定の期間発現できないでいると、ストレスがたまり始めます。

それがマグマとなってエネルギーを蓄積し、小爆発や大爆発を繰り返します。

活火山と同じです。

適当にガス抜きをしておけば、大爆発つまり激昂するまで至らずにすみます。

周囲の人たちである程度調整できれば理想的です。

しかし普通はなかなかそこまでは気が回らないでしょうし、そこまでする義理はありません。

手間のかかる人間です。

11. 周りの世話を焼くのが好き

激昂しやすい人は、意外と家庭的であることも多いものです。

実際の家族ではなく、周囲を自分の疑似家族として取り込んでいたいという欲求です。

そしてその中では主導的立場でいたいようです。

一見すると人のよい世話焼きのようにも見えます。

筆者の知っている例を一つ紹介します。

中国・上海にある日系工場での逸話です。

そこには4人の日本人が赴任していました。

20代の女性1人と後の3人は男性です。

ところが困ったことに、責任者の社長は毎晩、日本人4人そろって食事することを強要するというのです。

他の3人が嘆くことしきりでした。

社長の考えは、海外で暮らしているわれら4人は家族である、ということのようです。

しっかり部下の面倒を見ているつもりなのです。

男性たちはまだ仕方ないとしても、とくに20代の女性にとっては地獄だったことでしょう。

業界からはしきりに同情を集めていました。