人生において「やばい」と思う状況、あなたならこれまでにいくつほどあったでしょうか?

人は一生懸命に生きていけばいくほど、いくつものピンチが訪れてきたりします。

「やばい」にはいい事も含まれているのですが、ほとんどはピンチや危機的状況、あるいは絶望的状況が過半数を占めているでしょう。

それでは人生における「やばい」と思った瞬間を見ていきましょうね。

とにかく「やばい…」というシチュエーション34連発

とにもかくにも「やばい」と思われる瞬間や状況を次から次へ34個、ご紹介していきます。

ご自身の人生に反映させてみて「こんなことあったあった」とか「これはまだ私にはないな」とかいうように照らし合わせていくのも、生きていくうえでいい指標代わりになるんじゃないでしょうか?

デートに寝坊

いきなり痛いヤバさ加減ですね。

デートに寝坊をしてしまうというのは「やばい」を通り越して「致命的」な大失敗となり、ひょっとしたら二度とその異性の人と会える事がなくなるかも分かりませんね。

翌日が大事なデートだというのは何日も前から分かっていること。

この大事なデートを寝坊という理由で遅刻してしまう。

あなたがもし男性の場合であったならその彼女の事は諦めた方がいいかも分からないでしょう。

それほど女性にとってデートで待たされるという事はあり得ない事ですし、その理由が寝坊となったら、完全にどういう言い訳も通用しません。

「私の事など、所詮、その程度としか考えていないのね!」とお怒りに触れること間違いなし。

あなたは言い訳や弁明を言う前に謝って謝って謝り倒さなければなりません。

彼女の機嫌が多少でも和らいだ時に(和らいでくれたらいいのですが)名誉挽回するしかないでしょうね。

大事なアポの日に遅延

大事なアポを入れている日に、よりによってその用事をすっかり忘れていたのか、はたまた朝からの段取りが悪く、気がついたらアポの1時間前だった。

今から電車に乗っても間に合わない!「ええい、どうせ遅れるのならすっぽかしてやれ」と半ばやけくそになった経験はないでしょうか?

大体、アポを取っているという事は仕事関係の用事が多いと思います。

という事は、事態はあなた一人だけの問題では済まなくなってしまいます。

当然ながら会社を含めての責任となってきますね。

アポを入れた時はきちんとスケジュール管理しましょうね。

まさか、同じ日、同じ時刻に2つの訪問先の異なるアポを入れたりはしていませんよね。

笑って許してもらえるうちが花です。

何度もやっていたら、あなたは社会人として失格の烙印を押されますからね。

バイトを無断欠勤

バイトの無断欠勤も考え物です。

特にあなたがバイトスタッフの中でも中心的な役割を担う立場なら、大きくあなたの信用は失墜することになります。

まあ、バイトの種類にもよるかも分かりませんね。

別に自分がこのバイトを引き受けなくてもよいのなら、そしていくらでも代わりの人がいるのなら気は楽かも分かりません。

しかし、いずれにしても無断はいけません。

いくら嫌なバイトだったとしても電話連絡くらいは行わなければなりませんね。

世の中の仕組みに背いた行動をしてしまうと、今度は自分が同じような報いを受けます。

そう思うと、バイトを無断欠勤するのがどれくらいやばい事か、よく考える事ですね。

友達の約束を忘れてた

友達との約束を綺麗に忘れていた!などという経験はありませんか?忘れた相手が友達だからまあ、いいだろう。

何ていう考えを持っていたとしたら、それはとんでもない命取りになりますよ。

恐らく友達同士の間柄なので1回や1回くらいは大目に見てもらえるでしょう。

しかし、3度も4度もやっているのならあなたは確実に嘘をつく人間、というレッテルを貼られて友人関係から除外さえるでしょうね。

一旦失った信用を取り戻すのは並大抵の努力では挽回できません。

だから、人間は約束を必ず守ろうとするのです。

もしくは事前に何らかの連絡を入れるでしょう。

信頼を失う恐ろしさがどれくらい怖いモノか。

やってみる必要はありませんが本当に辛いものですよ。

恋人の誕生日を忘れてた

さてこれはえらい事を忘れましたね。

デートの寝坊に匹敵するくらいのやばさですよ。

女性にはいろいろなアニバーサリーデーがあります。

その中でも自身の誕生日はとっておき中の必須行事。

相手が恋人ならば心を込めて祝ってもらうのが恋人同士の鉄則です。

それなのに恋人の誕生日を忘れた、などという出来事は彼女の人生においてあってはならない最大の汚辱。

いくら彼が謝っても、どうしようもないでしょう。

一巻の終わりです。

デートの寝坊ならば、万が一でも特赦される可能性はあるかもしれませんが、誕生日を忘れられるという事は本当にあり得ません。

正真正銘のやばさを味わうしかないでしょう。

テストの最後に一個ずつ解答欄がずれてることに気づく

だからあれほど先生や塾の講師に注意されていたのです。

解答を書く時は慌てず落ち着いて書きなさい、と。

もしこのテストが大学入試のセンター試験だったらどうしますか?苦労した1年間がオジャンですよ。

やばいにも程があります。

まあ、やってしまったのは自分の「アホウ具合」が治らないからですね。

もし本当にそんな致命的なミスをやってしまったら人生、何のために生きているのか、分からなくなってしまいますよ。

何でもそうですが、慌てない事です。

ケアレスミスは自身の詰めの甘さによって起こるのですからね。

血を吐いた

血を吐いてしまったら「やばい」ですよね。

ドラマの世界でも病弱な主人公が喀血して病院に担ぎ込まれて衰弱して亡くなる、というのは一種のパターンですからね。

その血がどこから出て来たのか、が重要です。

歯茎から出たのか、舌を噛んで出したのか、それとも内臓からなのか。

いずれにしても血と共に咳もひどいのであればすぐに病院に行く事です。

イケメンに見つめられる

あなたが女性ならば、イケメン男性に見つめられたら、大いに「やばい」ですよね。

何で私の事をそんなに見つめるのだろう?という疑問も出るでしょうが、待っているのは「快感」だけです。

人生でそうそう、イケメンからじっと見つめられる事ってないですからね。

それもこれもあなたの魅力が満ち溢れているからでしょう。

その先に変なオチがない事を願っていますよ。

ライブの最前が当選した

かねてから応募していた大好きなアーチストのライブの席が何と最前列で当選した!もう天にも昇るような気持ちですね。

正月とお盆が一緒に来たような大騒ぎです。

後はライブ当日まで、チケットを大事に保管しましょう。

せっかくの幸運です。

ケアレスミスを犯さないように心掛けましょうね。

日にちと時間と開催場所。

カレンダーにしっかり記入しておきましょう。

ライブの日程を間違えた

やってしまいましたね。

何か月も前から手配してやっと手に入れたライブチケット。

確か来週の金曜日のはずだ。

と思って大事にしまい込んでいて、さて前日になって見てみたら何と、開催日が今日だった、なんて事、あり得ないと思っていないでしょうか?

嬉しさのあまり確認が上の空になる気持ちは分からないでもありません。

だからこそ、何度もしつこいくらいの確認がいるのです。

ライブは取り換えがききません。

今度、そのライブに当たろうと思ったらいつになることやら。

チェックの大事さを今一度、再認識しましょうね。