日本の文化といば、たくさんの文化がありますよね。

例えば、食であったり、生活習慣、そして日本ならではの製品、伝統、文化などなど…。

たくさんの日本ならではの伝統がある中で、人気があるものはたくさんありますよね。

例えば、漫画なども日本では非常に伝統的で、人気があるようなものがたくさんあるのではないでしょうか?

日本の漫画は非常に人気であり、世界で見てもかなりの人気を誇っています。

それと同じように、日本の文化で世界で人気があるのは忍者なのではないでしょうか?

忍者は日本が誇る昔の文化であり、実際に存在した集団です。

暗躍し、隠密行動をとったりするかっこいい集団のイメージを持っているかと思います。

アニメや漫画、映画などでもかなりとりざたにされている存在になるかと思います。

忍者には男性もいますし、女性もいます。

女性の場合にはくのいちと表されることが多いかと思いますが、今回はくのいちについてご紹介していきたいと思います。

くのいちブームが始まっている!

今、 くのいちブームがきているという事が判明しており、非常に関心が高まっている状況にあるといえるでしょう。

くのいちという存在を知らないという日本の方はおそらくあまりいないかもしれませんが、くのちいについてそこまで深くは知らないという方ももしかしたら中にはいらっしゃるかもしれませんね。

なので、まずはくのいちという存在についてのご紹介から始めていきたいと思います。

あまりくのいちという存在について知らないという方にはまずは見て頂きたい内容となっています。

1. くのいちとは?


くのいちと聞いて何を思い浮かべますか?

恐らく、基本的には皆さん同じことを思い浮かべるかと思いますが、忍者の女性のバージョンを想像されるのではないでしょうか。

その通りで、女性の忍者である場合くのいちと表現される事が一般的です。

なので、女性の忍者は全員くのいちという風に表現できるといえるでしょう。

なので、忍びの世界では、女性はくのいちと表現しておけば女性の忍び全体を指し示す言葉になるという事を覚えておけば、間違いはないかと思います。

知らなかったという方は覚えておいてくださいね。

2. 「くノ一」と書く

中には、気づいた方もいらっしゃるかもしれませんが、なぜ女性の忍者をくのいちという風に表現しているのでしょうか。

気づいた方には簡単かもしれませんが、気づけない方には難しいかもしれませんね。

くノ一という表現になってしまうのはある事に関連しているんです。

適当にくのいちと名付けられているわけではなく、しっかりと表記方法があり、それも昔の日本だからこその名付け方になっているのかもしれませんね。

なぜこのように書くのか、なぜこのように呼ぶのかはしっかりとご説明させていただきたいと思います。

3. 何故くのいちと言うの?


くのいちという表現方法ですが、これは名前をそのまま読んでいるからです。

たとえば、くのちいという表現は女性の忍者なので、女ですよね。

この女を分解してみてください。

女を分解すると、書き方としてはくのいちになるのではないでしょうか。

説明すると、くをまず初めに書き、そのあとにカタカナのノ、そして漢字の一を書きますよね。

これを読み仮名だけをかくとくのいちになりますよね。

これがくのいちと呼ばれる所以になっています。

なので、けっこう実は単純な意味だったりもされるという事を覚えておいていただければと思います。

ちなみにこれと同じように実は男性の忍者も表記方法があったりするんです。

知らない方もかなり多いのではないでしょうか?

くのいちとが違い、なかなかメジャーではないので知らない方が多いのも無理はないですね。

ちなみに男性の場合は、男は田力と分解できますよね。

なので、そのまま読んでタヂカラという風に呼ばれる事があるようです。

これにはけっこう驚きがあるのではないでしょうか?

一般的には忍者と呼ぶと男性のイメージを持つ方もいるので、わざわざこのように表現されることは少ないかもしれませんね。

4. いつ頃から出てきた?

忍者という存在、そしてくのいちという存在がいつ頃に活躍していたのか、いつ頃からその存在が出始めたのかという事ってなかなか理解していない方が多いかと思います。

実際に恐らく活躍していた時代などは周りでも知らないという方は多いのではないでしょうか?

過去の文献や書物などで確認されているのは、江戸時代にその活動などが書かれていることは判明しています。

忍術書などが存在してあり、こちらの書物を確認するとその活躍であったり、実態などがかかれているという事になります。

主な任務だったり、実際にどういう事をしていたのかという事が詳しく記載があったりもされているようです。

実際にどういう事をしていたのかについては後ほど詳しく記載させていただきたいとおもいます。

5. 時代ものの映画や小説に頻繁に登場する

やはり忍者として存在しているので、登場するシーンなどはある程度限られている状態がほとんどであるともいえるのではないでしょうか?

やはり時代的なドラマであったり、歴史に関する場合での映画、そして小説などで登場する事が多いようです。

現代的なドラマや映画などで登場してもちょっと違和感を感じてしまったりもしますよね。

そういった背景があるので、登場するとなるとどうしても過去のものに限定されてしまうのではないでしょうか?

アニメであれば特に問題はないかもしれませんが、現代的な部分で登場するとなると、どうしてもコスプレチックな感じになってしまうのではないでしょうか。

歴史をかんじさせる物語には物語を盛り上げる存在として忍者の存在があると、やはり一気に歴史を感じさせてくれるような雰囲気にもなりますので、非常に素晴らしい存在であるといえるのではないでしょうか?

6. 外国人にもファンが多い

日本の伝統なので、日本にファンが多いという固定観念をもっている場合があるかもしれませんが、それは間違いです。

近年では、その忍者などの存在はなんと外国で非常に人気だったりするんです。

これはけっこう以外な方もいらっしゃるかもしれませんが、今ではわりとメジャー的な存在になりつつあるかと思います。

よく番組でも外国人が日本の伝統を知りたい、体験したいというような趣旨の番組を見たりすることも近年は増えてきたのではないでしょうか?

そういった番組でも日本の伝統であり忍者という存在が外国にとっての憧れであり、忍者になりたいという方が多いからこそ、外国では忍者スクールなんていうものも存在はじめたという事を知るきっかけになるのではないでしょうか?

実際に手裏剣などをつかってアクションを行ったりなどもしているようで、かなり本格的なスクールになっているようです。

最近では、外国の映画などでも、日本が登場し、その日本の忍者が登場したりするなどの活躍もあり、かなり認知度に磨きがかかっているのも要因の一つになるのではないでしょうか?

7. くのいちの魅力とは?

魅力的に感じてくれるのは非常に嬉しい事でもありますよね。

ただ、実際にどういう部分に魅力を感じてくれているのかという事は非常に気になる部分でもあるかと思います。

実際にくのいちの魅力ってどういう部分なのか考えた事はありますか?

ここからはくのいちの魅力についてご紹介していきたいと思います。

直感でいいなと思っている方もかなり多いかもしれませんが、つきつめていくと、魅力の理由なども判明してくるかと思いますし、ここからは割と魅力に関して多い順番でご紹介していきたいと思います。

それではみていきましょう。

1. 神秘性がある

くのいちの魅力を考えてみると、まずはその神秘性に感じるのではないでしょうか?

忍者って誰もが秘密裏に活動していますし、なかなか表舞台に立っているイメージがないですよね。

実際に諜報活動など、暗躍している部分が多いですし、陰に隠れて生きるもの、しのぶものというようなイメージなので、実際にその存在が神秘的な感じがするのです。

神秘性があるという事と、女性であるくのいちが合わさると非常に魅力的に感じますよね。

確かになんでもかんでもオープンにしてくれるのは嬉しいですが、ちょっとした秘密があると一気に魅力ってましますし、もっと知りたいと思ってしまいますよね。

この秘密、神秘性が非常に魅力をかきたててくれるような存在になるのではないでしょうか?

この神秘性が惹かれたという方もかなり多いかと思いますので、確認してみてくださいね。

2. 美女にイメージが強い

くのいちというと、綺麗な女性をイメージされる方もかなり多いのではないでしょうか?

やはり綺麗な女性というだけでその魅力なども倍増されるのではないでしょうか?

かなり単純な理由になりますが、やはりそれだけ魅力に感じるという理由にもなり得るかと思います。

実際にくのいちなどは諜報活動などをしているので、太った人がいるイメージがないですし、もちろん映画やアニメ、歴史ドラマなどにも見た目が悪い人も登場する機会などはないかと思いますので、自然とこのようなイメージになりえるのではないでしょうか?

怪しい美女っていうだけでかなりゾクゾクしてしまいますよね。

非常に魅力的な美女たちばかりが登場するので、魅力を持ってしまうのもしょうがない事であるといえるのではないでしょうか。

3. セクシーな色仕掛けをするイメージ

綺麗なイメージは先ほどお伝えした通り、誰もが持っているかと思います。

そして、妖艶な美女といえば、色仕掛けを行うイメージがありますよね。

実際にその魅力を武器として使っているシーン等もたくさんあるかと思います。

これは男性にはできない武器ですし、テクニックにもなるかと思います。

色仕掛けを行い、相手を油断させた所で、一気に落としにかかるという方法ですが、かなり有効であるといえるのではないでしょうか。

ただ、歴史の文献などによると、色仕掛けを行って任務を行う、もしくは推奨されていたというような事実は文献などによれば確認できていないため、実際はそういう事は行っていなかったという事もあるかもしれませんね。

ドラマや映画などでの話だけになってしまうのかもしれませんが、今はどちらかといえばこういう媒体からイメージを持つ事が多いようにも感じるので、これが一般的に浸透しているという考え方の方が大衆的な考え方になるのかもしれませんね。

くのいちの仕事内容とは

くのいちの仕事内容が実際にどういう事をしているのか気になる方もかなり多いのではないでしょうか。

これに関して言えばくのいちだけというよりは、忍者などが実際にどういう任務についていたのか、どういう行動を行っていたのかがかなり気になる方が多いかと思います。

なかなか知れる機会などないですし、実際に忍んでい者なので、その行動などが謎に包まれているという事からもかなり好奇心がわいてしまうのもしょうがないかと思います。

仕事内容についてはここから詳しくご紹介していきたいと思います。

1. 情報収集

やはり忍んでいるので、目立った行動よりかは、隠密活動の方がメインになっているのではないでしょうか。

そう考えると、派手に何かを起こしたりするよりかは、隠密活動による情報収集がメインであったとされることが多いようです。

実際に隠れながら仲間に得た情報を発信していたようであり、そこから重大な情報などを抜き取っていたのではないでしょうか。

たとえばくのいちの場合、ターゲットとなった人の屋敷や家に忍び込む事から始まっています。

昔でいう、下女や女中などとして送り込まれて、そこからスパイ活動、諜報活動を行っていたことが一般的であったようです。

普段は働きながら、姿を隠し、実際は秘密裏に活動して仲間に情報を発信するという風に事が一般的であったそうです。

2. 諜報活動

諜報活動なども行っており、情報収集、そして諜報活動のふたつがメインであったという風にされています。

元々女性は休みの時には親元に帰るという習慣などがあり、この時を狙って情報を伝達していたようで、そう考えると、怪しまれずに情報を盗み、伝達する事が出来るという状況にあるので、非常に隠密活動、諜報活動がしやすい状況にあったのではないでしょうか。

そういう意味では、男性よりも女性の方が有利に立ち回れるという事もあり、こういった活動には重宝されていたのではないでしょうか。

実際に女性だからと気を許して喋ってしまうような人も存在するでしょうし、女性だからという理由で親しみやすいという事もあったかと思います。

そういった所も含めて、女性の立場を最大限利用した活動ができるのではないでしょうか。

3. 色仕掛けで敵を殺すことも?

色仕掛けで相手を殺したりすることがアニメや映画などでもかなり採用されている場合がおおいようです。

実際にあなたも映画などアニメ、漫画などで色仕掛けを行って相手を殺すシーンなどを見たことがある方もかなり多いのではないでしょうか?

確かにこれはけっこう採用されていますし、なんとなくイメージの中にも持っているかもしれませんが、実際はこれは確認できていないようです。

これは今の時代で、忍者の活動をフィクションとしてとらえた結果生まれたものである場合が多く、実際過去の文献などでもこのような活動を行っていたという事はかかれていないようです。

実際はあったのかもしれませんが、確認できていない以上あるとはいえないので、かなり難しい所になるかと思います。

4, 仕事内容の性質上、詳しい史実があまり残っていない

元々忍者という存在、くのいちという存在自体が忍んだ世界の者なので、基本的には明るみに出ていない場合が多いのです。

だからこそ、神秘的なイメージを誰もが持っていますし、実際にあまり情報として世の中に出ていない事にもなるのです。

だからこそ、あまり詳しい史実などが世の中に出ていない以上、確かな情報として存在しているものが少ないのです。

普遍的に情報が出ている事もあるようですが、詳しすぎる情報があまりないのも事実なので、それが原因で先ほどのフィクションのような事も生まれてきたりしやすいのではないでしょうか?

くのいちが登場する作品

くのいちという存在についてご紹介していきましたが、実際にくのいちが活躍している映画、小説、ドラマ、漫画などについてもご紹介していきたいと思います。

くのいちが好きだという方には非常に面白い内容になっているかと思います。

暇な時などにも見て楽しめるような楽しい作品ばかりとなっていますので、興味があるものがあれば、購入してみたり、レンタルしてみてみたりしても楽しいかと思います。

これを機会に興味をもっていただけると幸いです。

1. 映画

まずは映画に関してご紹介していきたいとおもいます。

映画として登場する際には、やはりダイナミックに描かれている事もあり、その神秘的なイメージ、そして妖艶な姿などが華麗に演出されている事が多いかと思いますので、くのいちの魅力を存分に感じる事が出来る内容になっているのではないでしょうか?

映画好きな方には見て頂きたいですし、その魅力をまずははっきりと感じていただきやすい媒体になるのではないでしょうか。

ちょっぴりフィクションなども混じっている要素があるかもしれませんが、それはご愛嬌という事で、多少は大目に見て、リアルよりも、ファンタジーとして楽しんでもらうような要素なども大事にしていただけると見やすいかもしれませんね。

それでは見ていきましょう。

1. 『RED SHADOW 赤影』

RED SHADOW 赤影は2001年8月11日に初公開された中野裕之監督の日本の映画です。

もともと東映創立50周年記念作品として制作された映画であり、人気忍者漫画を原作として描かれている映画になります。

赤影のトレードマークである仮面をなくして描き方などを行っていたりなど、監督の大胆なアレンジを施した現代風のアクション映画となって生まれ変わっているので、非常に現代でも見やすいような、斬新な描き方になっています。

主題歌を布袋寅泰が歌っており、キャストは安藤政信などの有名な俳優が演じています。

奥菜恵であったり、竹中直人なども登場しており、有名なキャストなども多数登場している作品になるので、映画好きで忍者好きで、まだこちらの映画を見たことがないという方には必見の内容になっているので、みてみてくださいね。

2. 『女忍 KUNOICHI』

女忍 KUNOICHIは2011年3月19日に公開された日本の映画です。

戦乱の世の中を描いた作品であり、名前の通りくのいちが主人公となっている映画になります。

甲賀と伊賀の争いを描いた作品内容となっており、非常に魅力的な映画となっています。

主演は武田梨奈が演じており、非常に見た目が可愛らしい女性なので、魅力的にも映ります。

女性としての魅力を感じながらも、かっこよいくのいちという存在について知る事が出来る映画となっていますので、くのいちが好きな方には見て頂きたい内容となっています。

気になる方は一度ご覧になってみてはいかがでしょうか?

2. 小説

ここまではくのいちの映画についてのご紹介をしていきましたが、小説についても併せてご紹介していきたいと思います。

小説なので、なかなか画像などでの表記がなかったりもするので、イメージがつきにくいという方もいらっしゃるかもしれませんが、活字だからこその自分自身で想像できるという事にも繋がるので、実際はこちらの方がより細かく自分自身でイメージしやすい内容になるのではないでしょうか?

とも自分自身でよりくのいちをイメージしたいと思っている方には読んでいただきたい内容となっています。

1. 『くノ一忍法超』山田風太郎

くノ一忍法超は1960年9月~1961年5月まで連載された時代小説です。

もともとは講談倶楽部で連載されていた小説になるのですが、オリジナルビデオ、映画などでも存在しています。

あらすじとしては、豊臣家の命運が尽きようとしていた時に、真田幸村の命で5人の女忍者が豊臣秀頼の子種をもらう受けるように指示を受け、そこからそれぞれが任務を遂行するために行動し、徳川家康なども登場し、様々な出来事が起こっていくという物語となっています。

呼んでいく毎に段々と歴史についても詳しくなっていきますし、自分自身の創造を駆使しながら楽しむことができるので、非常におすすめの内容となっています。

興味がある方には見て頂きたい内容となっていますので、参考にしてみてくださいね。

2. 『関ヶ原』司馬遼太郎

関ヶ原は週刊サンケイにて1964年7月から1966年8月にかけて連載された作品になります。

歴史小説であり、徳川家康と石田三成の対立を描いた作品となっています。

名前の通り、関ケ原の戦いがメインとなっており、天下の決戦の分け目を描いたような作品となっていますので、忍者が好きな方以外にも、歴史自体が好きだという方には非常に慣れ親しみやすい作品になっているのではないでしょうか?

興味がある方は実際に読んでみる事をおすすめ致します。

読み進めていくうちに、どんどんページをめくる手が止まらなくなっていくかもしれませんよ。

3. ドラマ

次はくのいちが出演するドラマについてご紹介していきたいと思います。

ドラマなので、映像作品なのでかなりイメージはしやすい作品になるかと思いますので、くのいちを知る機会になる良いきっかけになるのではないでしょうか?

くのいちという存在をある程度確立させるきっかけにつながるので早い段階で知っていただけると良いのではないでしょうか?

くのいちをまだ詳しく知らないという方には見て頂きたい内容となっていますので、参考にしてみてくださいね。

1. 『水戸黄門』

もはや日本人であれば、知らないという方はいないであろうこの有名な作品ですが、こちらは1969年8月4日から2011年12月19日まで放送された時代劇です。

こちらは見たことがないという方でも名前くらいは知っている方は多いのではないでしょうか?
メディア作品としては、歌舞伎や演劇、小説、映画、ドラマ、漫画など多岐に及ぶ作品ともなっていますので、知る機会としてはかなり多いのが特徴になっているかと思います。

水戸黄門という名前は、水戸藩主である徳川光圀の別の名称であり、世直しの為に活動している行動を題材にした作品になります。

見たことがない方でもある程度の流れというものは知っているのではないでしょうか。

こちらの作品にもくのいちが出演しており、なんとなくここからくのいちのイメージが定着していったという方も中にはたくさんいるのではないでしょうか?

こちらの作品を見て頂き、楽しんでいただければと思います。

2. 『女忍かげろう組』

女忍かげろう組は1990年から1991年にかけて放送されたテレビドラマになります。

松平伊豆守の陰謀に対して、くのいち軍団が対抗していく様が描かれている作品になり、主人公は忍者として有名な服部半蔵の孫として登場しています。

多岐川裕美が演じる主人公ですが、こちらがまた綺麗な方なので非常に見栄え、楽しい作品となっています。

きっとくのいちという存在をより詳しく知ることが出来るきっかけになるのではないでしょうか?

3. 『逃亡者おりん』

逃亡者おりんは日本の時代劇であり、テレビ東京系列で放送されていた作品です。

主演は青山倫子が務めており、くのいちとしての存在をしる良いきっかけにもなれる作品です。

もともとは暗殺組織として所属しており、闘いの日々を送っていた主人公ですが、ある事から、組織を抜けて、逃亡者となってしまいます。

そして、組織からの追ってであったり、刺客と戦う日々が始まっていくという内容となっています。

くのいちとしての強さであったり、魅力などを存分に描いている作品ともなっていますので
、気になる方は一度ご覧になってみてはいかがでしょうか?

4. 『妻は、くノ一』

妻は、くノ一はBS時代劇として放送されている時代劇作品です。

こちらは比較的新しい映像作品ともなっており、市川染五郎、そして瀧本美織などの現代の俳優が活躍している作品にもなります。

こちらの作品は最終的には妻であり、くのいちでもある織江が組織から抜けて、忍びをやめ、おきて破りを行い追ってから命を狙われる日々を描いている作品にもなります。

夫婦としての愛であったり、そこから起る様々な問題に立ち向かっていくという姿を描いた作品にもなります。

気になる方は一度実際に見て頂いた方がイメージもしやすいかと思いますので、確認してみてくださいね。

4. 漫画

くのいちを題材にした作品の中で、比較的漫画がかなりの影響力を誇っているのが事実だと思います。

特に、漫画作品は全国的にも人気であり、作品によっては世界でも読まれているような作品が多いです。

なので、外国人にも人気になり、そこから外国でも忍者にあこがれる方も出てきているほどの影響力を持っているといえるでしょう。

この影響力の高い漫画作品を実際に見て頂くと親しみやすいかと思いますし、一度知って頂きたい内容にもなっています。

それでは実際にご紹介していきましょう。

1. 『くノ一捕物帖 恋縄緋鳥』石ノ森章太郎

1973年6/27号から1974年3/9号まで連載されている作品になります。

くのいちである主人公である緋鳥が主人公となっている作品であり、殺しや始末などの必殺という演出がかなり多用されているような作品となっています。

気になる方は実際に見てみてください。

くのいちといえど、忍者であるゆえのクールな描写などもたくさんあるかと思いますので、こういう一面も知っていただけると幸いです。

2. 『さすがの猿飛』細野不二彦

さすがの猿飛は1980年から1984年まで連載されていた漫画作品です。

表向きは普通の私立高校ですが、実際が忍者を養成し、世の中に送り出しているという高校が舞台となっています。

主人公は転入生であり、ちび、でぶ、スケベと、あまり良い条件ではないですが、それでもヒロインである美少女に好かれているという面白い設定となっており、ヒロインがピンチの時には忍術を使用して助けるという面白い内容となっています。

忍者という存在をコミカルに知っていただけるきっかけになるかと思いますので、見てみてくださいね。

3. 『NARUTO -ナルト-』岸本斉史

NARUTO -ナルト-はもはや有名な作品であり、週刊少年ジャンプで連載されていた忍者漫画です。

1999年から2014年まで連載されていた作品であり、海外でもかなりの有名度を誇っています。

熱い主人公が困難に立ち向かっていく姿を見せてくれるような、元気が出る作品となっており、火影という夢に向かって突き進んでいく姿を見せてくれる漫画作品となっています。

様々な困難に立ち向かい、乗り越えていく主人公の姿に熱くなってしまう方は多いのではないでしょうか。

誰もがはまれる作品となっていますので、見てみてくださいね。

4. 『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』和月伸宏

るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-は1994年んから1999年まで連載されていた漫画作品です。

こちらもかなりの人気で、映画などでも実写化されているような作品になっています。

人斬りとして活躍していた背景を持ちながら、現在は不殺を誓い、生きている姿を題材にし、様々な人との出会いを描いた作品となっています。

自分自身の生き方を模索していく事をテーマにして描かれている作品であり、一度読んだら続きが気になってしまうような作品で、今でも非常に人気の作品となっています。

気になる方は一度読んでみてはいかがでしょうか?