CoCoSiA(ココシア)

顔合わせを早い段階でやっておくと気持ちが楽!いつ両家の親を誘うのがいい?


『結婚はしたいんだけど、顔合わせとか色々めんどくさい・・・』こんな風に感じている方は多いでしょう。

しかし、『もう少し後でいいかな?』なんて考えていると、タイミングを逃して結婚ギリギリで顔合わせ!式の用意!など、スケジュールが立て込んでさらに大変なことになります。

事前に余裕を持って決めていきましょう。

結婚に向けての顔合わせ

結婚とは、姻族関係になるわけですから両家にとって重要なイベントで、初対面の印象はとても大切です。

最初に手抜きしてしまうと印象が悪くなり後で後悔することになってしまっては目も当てられません。

一回のイベントですが、一生の問題です。

しっかり準備や最低限のマナーなどは身に着けましょう。

普段はあだ名や××ちゃんなどと呼んでいても、この日は××さんと呼んでください。

下記に書いていますが、略式結納を含む食事会なのか、挨拶のみの食事会なのか、カジュアルなものなのか、服装は和装かスーツなのか、細かく決めることは山のようにあります。

顔合わせのお誘いはいつ?


『彼(彼女)と結婚意識してるけど、具体的に両親にいつ会わせればいいの?』こんなお悩みありませんか?初めてのことでしたら当然悩みますよね。

ただでさえ結婚前はその他のことで多大な労力や時間がかかります。

具体的なタイミング、誘い方などをまとめてみました。

順番に説明していきます。

顔合わせは式の4〜6ヶ月前

顔合わせは一般的に結婚式の4~6カ月前に行います。

さらに、その会場の予約もありますので、もっと前に決める必要があります。

人気のお店でしたら確実に場所を抑えるために顔合わせ当日の1~3カ月前には予約したいですね。

店ではなく女性側の家で顔合わせを行い場合でも早めに決めておくのがよいでしょう。

吉日を選ぶのがベスト!


若い人はそれほど重要視しない方も増えてきていますが、御両親が関わるイベントですので、できれば吉日を選びましょう。

大安(たいあん)、友引(ともびき)、先勝(さきがち)、先負(さきまけ)、赤口(しゃっこう)、仏滅(ぶつめつ)のいわゆる「六曜」と言われるもののうち、一番おすすめなのは『大安』、次いで『友引』『先勝』『先負』です。

大安は午前午後どちらでもよいとされていますが、友引は正午は凶とされ、先勝は午後が凶、先負は午前が凶などのルールがあるためしっかり守りましょう。

赤口に関しては正午のみ吉とされていますが、赤口と仏滅に関しては避けたほうが無難です。

しかし、どちらかの御両親が仕事などで非常に忙しく土日しか予定が合わない場合はその都合に合わせるなど、柔軟に対応して日取りを決めましょう。

だからそれより前にお誘いを

ギリギリでの日取りの調整は精神的にもよくありません。

店、両親、相手の御両親、自分及び相手の都合を合わせるのは当然、簡単ではないですよね?例えば、2月に顔合わせを行うのであれば全員の2月の空いてる日を全て教えてもらえば決めやすいですよね。

『お任せします。』なんて言われても、全員の都合をしっかり考慮して下さい。

当日の進行や、話す内容などは後回しでも大丈夫ですが、日取りだけはできるだけ早めに決めてしまいましょう。

顔合わせの誘い方は?

親子ですから、各自自分が両親に声をかけるのが一番気さくですね。

両親との関係性にもよりますが、かなり厳格な両親である場合には事前に彼(彼女)に『両親共々ご挨拶に伺ってもよろしいでしょうか?』など相手に手伝ってもらうのもありですね。

おすすめの方法は、メール、電話、直接の順を追って話をするのが混乱を招かず、すんなり受け入れられやすいでしょう。

直接伝える

一番ベストな方法です。

やはり、真剣に行うべきことは直接伝えたほうが誠意が伝わります。

上記にあげた厳格な両親である場合には直接伝えるのがよいでしょう。

フランクな関係性であれば、メールや電話のみで済ませるのもいいかもしれません。

メールで伝える

日取りなどは電話できめるよりもメールで決める方が忘れる心配もなく、簡単に確認できるのでメールで返事をもらうようにしましょう。

お誘いをした後は?

日取りを決めたはいいけど他に何を決めて具体的にどうすればいいのかわからない!なんて方のために費用、服装、マナー、注意点などをまとめてみました。

双方の親の意見を聞く

当事者間だけで勝手に決めるのは絶対NGです。

顔合わせはただの食事会ではなく、両家の親睦を深める目的がありますので、双方に不満のないように調整しましょう。

両者が納得できる顔合わせにする

『料亭以外はありえない』、『女性側の家に来るのが常識だろう!』など、人間ですから両家で意見の相違があって当たり前です。