恋愛において、女性の気持ちがわからないがために失敗してしまった経験はありませんか?

我々男たちが思う以上に女性の心は非常に繊細です。

我々男たちが自分で想像して対応するだけではどうにもならないところがあります。

では、そんな彼女たちの心に近づけるような方法体のあるのでしょうか?

やはり1番手っ取り早いのは女性に話を聞いてみることです。

女友達がいれば1番なのですが、なかなかそのような女友達がいない方も珍しくありません。

では、そんな人がいなかったらあきらめないといけないのかというとそんなことは絶対にありません。

そのために、本があるのです。

本は自分が体験しないことでも、文章によって疑似体験ができる素晴らしいツールです。

女心の難しさも小説で勉強していきましょう。

恋のためには、恋愛小説を読もう

我々男たちに想像がつかない事は自分たちで考えてもどうにもなりません。

でしたら、女性が書いた恋愛小説などを見ることで、女心がわかることもあるかもしれません。

ですので、まだ未経験な事に関しては小説などの知識で補いましょう。

その他にも、恋愛がマンネリしているときに恋愛小説を読むことで気持ちが蘇ってきたり、普通に漫画とかアニメを見るよりかはずっと想像力を掻き立てられるところがあります。

また、恋愛をしていない人であっても、もしかしたら同じ恋愛小説を読んでいる女性と気が合うなんてことも出てくるかもしれませんよ。

最近は、小説もすぐにドラマ化されたり、スマホやタブレットなど便利なものが出てきましたが、やはり活字という点で非常に新鮮さがあります。

恋愛小説を読むメリット

出会いのために出会い小説を読む事は非常にオススメではあるのですが、では、この恋愛小説を読むことによるメリットをもう少し掘り下げて考えてみましょう。

やはり、恋愛小説というと女性が好みそうなところがあるので、男性が読むとなると少しハードルが高く感じるかもしれません。

だけど、女性の複雑な女心を理解するには、やっぱり恋愛小説のようなものが手がかりになることもあります。

色々と恋愛経験を積み立ててきた男性なら体験によって肌で女心の動きを感じることが出来るのかもしれないけれど、皆が皆そのような体験ができるわけではありません。

では、そういう人はどうしたら良いのかと言うと恋愛小説で疑似恋愛をすることです。

疑似恋愛であっても、全くそのような知識を入れないよりかはずっと実践に活用できます。

心のトキメキを再燃できる

恋愛小説の良いところは、心のときめきを再燃することができるところにあります。

ですので、もし今の恋愛がマンネリしてると言うことであれば、恋愛小説を読むことがオススメです。

意外にも、このような恋愛小説を記事体験することで、出会った時のような気持ちを取り戻せるということがあります。

色々な人の体験談によると、熟年で夫婦の中は冷め切っている人でも、恋愛小説を読むことでスイッチが入り、またラブラブな夫婦に逆戻りしたような例もあるようです。

やはり、関係性が安定してくると少々マンネリするところがあるのですが、ずっと仲が良い方が良いに決まっていますよね。

ですので、マンネリとしてきた恋人関係の方はもちろんのこと、ときめきなんて遠の昔にどこかに行ってしまったというような熟年夫婦にも大変オススメです。

恋の良さが分かる

やはり、物事の良さを知るには、実際に体験しないとその良さには気づけないものです。

ですので、恋愛経験があまりない人は「女になんて興味はない」、「恋愛なんてめんどくさい」ということで片付けてしまうことがあります。

でも、体験しないことには本当の良さというのはわからないものです。

だけど体験してみようと言ってすぐに体験できるようなものでもありません。

そんな時にこそ恋愛小説がお勧めです。

たとえ実際に体験することができなくても疑似体験をすることができるのです。

主人公になりきってドキドキとしたり、主人公が女性であれば相手の男性の立場に立ってドキドキするなどいろいろな楽しみ方があります。

こんな時、どういう風に振る舞うのがいいのかも勉強になりますので、これから恋愛にチャレンジしたいのであれば、小説を読んでみるのは非常にオススメです。

異性の理想像が理解できる

やはり、異性の理想像は性差によってギャップがあったりします。

例えば、よく「女の子のかわいいは信頼できない」と言う事はよく言われますよね。

女性の方が同性をかわいいと言う人の中には、性格がかわいいとか化粧の仕方が可愛いと言うものがあるのです。

ですので、「男性の女性に対するかわいい」と「女性の女性に対するかわいい」にはギャップがあります。

それは、逆の立場でも言えることです。

その性差による違いは埋めようがありません。

そんな時、恋愛小説を読むことによってその異性の理想像というのが、理解できるところがあります。

だけど注意点としては、最近「壁ドン」とか流行っていますよね。

あれはかっこいい男の人や、好きな人がやるからこそ良いのです。

もし何とも思っていない人にやられたら、DVと同じで非常に怖いところがあります。

確かに恋愛小説によって、異性の理想像はわかりますが、それを丸々鵜呑みにして実践するのは大変危険です。

教養を身に付けることができる

小説が漫画やアニメと違うところは、漫画やアニメはもう視覚でも見ることが出来るために想像するということをしなくても済みますが、小説に関しては活字から全てを頭で想像しなくてはなりません。

ですので、漫画やアニメを読むよりずっと想像力が必要なのです。

ですので、小説を読むことで教養を身に付けることができます。

また、やはり漫画やアニメを読んでいるよりかは、小説読んでいる方が教養のある人に見える一面があります。

想像力を養うと言う意味でも小説はひと役買ってくれます。

小説のように、実際の恋愛も見えない心の内を想像する力が必要になってきます。

全く違う性別の、全く考え方が違う人の心を想像するというのは非常に大きな想像する力がいるのです。

ですので、その想像力を恋愛小説を読むことで養いましょう。

おすすめ恋愛小説:『冷静と情熱のあいだ―Rosso』

『冷静と情熱のあいだ―Rosso』は、前に映画化されたことで非常に話題になりました。

特に当時は、男性版と女性版、青と赤の小説と言うことで大変話題になりました。

それは、男性目線と女性目線頭でどちらも書かれており、少々交わるところもあるからです。

もちろん、この2つの小説を1人で書いているわけではなく、女性版の江國 香織さん、男性板の方を辻仁成さんが書いています。

簡単なあらすじを説明すると、主人公のアオイという女性はミラノのジュエリー店でアルバイトをしながら、容姿も社会的地位も完璧なアメリカ人の彼氏と穏やかに生活している、この話の主人公です。

その彼が非常に完璧な人で、女性の理想像と言われるほどの人で、アオイは女友達にも恵まれています。

ですが、この生活に物足りなさを感じていて、ふと昔の恋人思い出すような話です。

特に、アルバイトと言うことで生活に厳しいって言うわけでもなく、完璧な彼氏がいて、友達にも恵まれているというのに恵まれない物足りない感じがするという、何とも複雑な女心が描かれています。

イタリアを舞台に燃え上がる恋

この小説は主にイタリアが舞台です。

そんなイタリアで穏やかに生活している主人公のアオイは、穏やかに暮らしながらもどこか満ち足りない気持ちで生活しています。

そんな時にふと昔の恋を思い出し、順正という男性に思いを馳せるようになります。

我々男性から見ると、どちらに感情移入をするかということによって見方は変わってきます。

過去のことであっても、ここまで思いを馳せてもらえる順正と言うキャラクターになりきると幸せに感じるかもしれませんが、現在のアオイの恋人マーヴに感情移入すると少々イラつきを覚えるかもしれません。

こんなにも愛しているし満ち足りた生活をしているはずなのに、その生活に満足できず自分を傷つけ、さらには違う男性に思いを馳せていると言うことで、マーヴに感情移入をして読むと大変複雑です。

でも、こんなにも恵まれているのに物足りなく感じると言う女心は複雑さはよくわかるかもしれません。

読者の口コミ

読者の口コミは、非常に大きく分かれるところです。

特に評判の良い口コミはどちらかと言うと女性に多いようです。

女性も、同じような思いをしたことがあるのかもしれませんね。