CoCoSiA(ココシア)

小説が好きな人にオススメの恋愛小説14選!本を読んで心を癒そう


「好きな恋愛小説はありますか?」と聞かれた時にパッと思い浮かぶ小説はありますか?

学生の頃に読んで以来、何度も何度も読み返しているお気に入りの小説があるという方もいるかもしれません。

恋愛小説を読む醍醐味と言えば、やはり 恋愛の疑似体験ができる ことではないでしょうか。

主人公になった気持ちで読み進めると、本当に恋愛をしているかのようなトキメキが得られますよね。

そこで今回は、恋愛小説が好きな人にオススメの14個の恋愛小説をご紹介します。

女性心理を理解したい人にとっても女性の心理が知れる恋愛小説はぴったりかもしれないので、ぜひ気分転換の一環として読んでみてくださいね。

恋のためには、恋愛小説を読もう


我々男たちに想像がつかない事は自分たちで考えてもどうにもなりません。

でしたら、女性が書いた恋愛小説などを見ることで、女心がわかることもあるかもしれません。

ですので、まだ未経験な事に関しては小説などの知識で補いましょう。

その他にも、恋愛がマンネリしているときに恋愛小説を読むことで気持ちが蘇ってきたり、普通に漫画とかアニメを見るよりかはずっと想像力を掻き立てられるところがあります。

また、恋愛をしていない人であっても、もしかしたら 同じ恋愛小説を読んでいる女性と気が合う なんてことも出てくるかもしれませんよ。

最近は、小説もすぐにドラマ化されたり、スマホやタブレットなど便利なものが出てきましたが、やはり活字という点で非常に新鮮さがあります。

恋愛小説を読むメリット


出会いのために出会い小説を読む事は非常にオススメではあるのですが、では、この恋愛小説を読むことによるメリットをもう少し掘り下げて考えてみましょう。

やはり、恋愛小説というと女性が好みそうなところがあるので、男性が読むとなると少しハードルが高く感じるかもしれません。

だけど、女性の複雑な女心を理解するには、やっぱり 恋愛小説のようなものが手がかり になることもあります。

色々と恋愛経験を積み立ててきた男性なら体験によって肌で女心の動きを感じることが出来るのかもしれないけれど、皆が皆そのような体験ができるわけではありません。

では、そういう人はどうしたら良いのかと言うと恋愛小説で 疑似恋愛 をすることです。

疑似恋愛であっても、全くそのような知識を入れないよりかはずっと実践に活用できます。

心のトキメキを再燃できる

恋愛小説の良いところは、心のときめきを再燃することができるところにあります。

ですので、もし今の恋愛がマンネリしてると言うことであれば、恋愛小説を読むことがオススメです。

意外にも、このような恋愛小説で疑似体験することで、 出会った時のような気持ちを取り戻せる ということがあります。

色々な人の体験談によると、熟年で夫婦の中は冷め切っている人でも、恋愛小説を読むことでスイッチが入り、またラブラブな夫婦に逆戻りしたような例もあるようです。

やはり、関係性が安定してくると少々マンネリするところがあるのですが、ずっと仲が良い方が良いに決まっていますよね。

ですので、マンネリとしてきた恋人関係の方はもちろんのこと、ときめきなんて遠の昔にどこかに行ってしまったというような熟年夫婦にも大変オススメです。

恋の良さが分かる

やはり、物事の良さを知るには、実際に体験しないとその良さには気づけないものです。

ですので、恋愛経験があまりない人は「女になんて興味はない」、「恋愛なんてめんどくさい」ということで片付けてしまうことがあります。

でも、 体験しないことには本当の良さというのはわからない ものです。

だけど体験してみようと言ってすぐに体験できるようなものでもありません。

そんな時にこそ恋愛小説がお勧めです。

たとえ実際に体験することができなくても疑似体験をすることができるのです。

主人公になりきってドキドキとしたり、主人公が女性であれば相手の男性の立場に立ってドキドキするなどいろいろな楽しみ方があります。

こんな時、 どういう風に振る舞うのがいいのか も勉強になりますので、これから恋愛にチャレンジしたいのであれば、小説を読んでみるのは非常にオススメです。

異性の理想像が理解できる

やはり、異性の理想像は性差によってギャップがあったりします。

例えば、よく「女の子のかわいいは信頼できない」と言う事はよく言われますよね。

女性の方が同性をかわいいと言う人の中には、性格がかわいいとか化粧の仕方が可愛いと言うものがあるのです。

ですので、「男性の女性に対するかわいい」と「女性の女性に対するかわいい」にはギャップがあります。

それは、逆の立場でも言えることです。