「あの人、黄昏れているね」なんて言葉を聞いたことありますよね。

一般的に黄昏れは孤独や考え事をしている、寂しげな印象を持つ方も多いと思います。

寂しそうで孤独感がありつつも、その姿は大人っぽく好感が持てるものでもあります。

人間は単純にはしゃいで騒いでいるよりも、少し寂しげでネガティブな人を見ると守ってあげたくなるものです。

黄昏れる人を見ると放置しておけない雰囲気が漂っているのです。

黄昏れは単純に暗いというイメージとは異なります。

性格が根暗という意味よりも、何か考えているからこそ1人の世界に入り込むのです。

これは暗いという性格ではなく、黄昏れていることを邪魔されたくないのです。

人生で壁にぶち当たっている時も恋愛で誰かを好きになっている時も1人の世界に入り自分で答えを導き出すことが黄昏れる人の特徴です。

黄昏れるという言葉は落ち着いた人間らしさが込められた言葉でもあります。

黄昏れる人のイメージは若い男女ではなく大人。

黄昏れという意味を知れば知るほど、黄昏れたくなるかもしれません。

黄昏を使いこなそう!

黄昏れていると言うものの、意外と黄昏れとは?と言われるとよく知らない。

言葉のほとんどは日常的に何気なく使っているけれど本来の意味を考えないことが多いと言えます。

黄昏れとは?答えることができる人の多くは時間を示すことでしょう。

たしかに黄昏時という言葉があるので時間を示すものでもありますが、感情的なものを意味することもあるのです。

もし、黄昏れという言葉を使うのなら間違った場面では使いたくないものですね。

ただ単純に時間を示しているのか?それとも背景や感情的なものを表しているのかで黄昏も意味ある言葉になるのです。

黄昏とは?

黄昏とは2つの意味があります。

1つは黄昏時という時間を示すものです。

「もう、黄昏時だね?」なんだか少し色っぽい感じのニュアンスです。

何時と明確に示さなくても空の色を見て判断できるのも黄昏時の特徴です。

2つ目は物事の説明や描写に黄昏という言葉を使うものです。

「どうしたの?1人で黄昏て・・・」物思いにふけっている相手に声をかけるときに黄昏手いるという言葉を使います。

黄昏ている風景は1人をイメージしがちですが、2人でも黄昏ることはできます。

2人で物思いにふけり、ぼんやりとしている姿は黄昏ていると言えます。

人数的なものよりも、そのときの表情や状況を表しているのが黄昏です。

時間帯について

では、黄昏時と言われる時間は何時なのでしょう?

一般的には太陽が落ち始める夕暮れの日没間際を言います。

実は黄昏の言葉の意味は「相手の顔がよく分からない」「誰(た)そ彼(かれ)」という意味から一部では、黄昏と言うようになったそうです。

冬であれば17時位、夏であれば19時位を黄昏時と言うイメージがあります。

天気の良い日は夕焼けでほんのりと赤く染める。

そんな光景もまた季節を感じる時間の表れです。

黄昏は明確に時計を見て何時から何時と言うことではなく、空の色で判断するもの。

ほんのり赤く染まって風景が見えにくくなった時間を黄昏時と言うのかもしれません。

比喩として状態について表わす

黄昏を比喩として状態について表わせば「黄昏るには早すぎる」という言葉もあります。

「最高とは言えないけれど、まだ落ち込む時期でもない」。

黄昏を比喩として考えると物事の説明や描写を示すことです。

相手の状況や背景を見て黄昏という言葉を使います。

例えば、外をボンヤリと眺めて何かを考えているような姿も黄昏ている様子に見えます。

また、落ち込み言葉が少なくなった状況も黄昏ていると言うでしょう。

黄昏ている状況は楽しい状況とは言えない、少しネガティブな状況を言います。

読み方は?

黄昏は江戸時代以降は「たそがれ」と言われていますが、古くは「たそかれ」と
言われたそうです。

その語源は「誰 (た) そ彼 (かれ) は」これだけ聞くと何のことか分かりませんが、人の見分けがつきにくい時という意味があるそうです。

また、類語では黄昏は「こうこん」と言われることもあります。

読み方は多少異なりますが、言葉の意味としては夕方の薄暗い時間や夕暮れ。

または盛りを過ぎて終わりに近づく頃を意味しています。

語源は「誰そ彼」

黄昏の語源は「誰そ彼」と言います。

意味は薄暗い夕方に人の顔が見分けることができない、見分けにくいことで「誰だ?あれは?」という意味からきています。

「たそがれ」は盛りを過ぎた頃で人生の盛りを過ぎた年代をたとえる言葉でもあります。

また別の説では、農夫が田んぼから退き、家に帰る時刻から「田退、たそかれ」の語源もあるそうです。

同じ「黄昏」でも語源を辿ると「誰そ彼」「かはたれ」「たそかれ」「たそがれ」と言い方は変化し、意味も変わります。

人の見分けが付きにくい時間帯

黄昏をイメージすると時間帯を思い描く人が多いと思います。

「黄昏の頃」「黄昏時」「黄昏色」という言葉があります。

黄昏色は夕暮れ時、空が黄色や赤に染まる頃を言います。

夏であれば日が落ちる19時前後で冬なら16時前後が黄昏時です。

黄昏時は淡い色から人や風景が同化しやすく、見えにくくなる時間です。

朝や日中は青い空と太陽で風景も人間もクッキリ見えるものですが、黄昏時は日も落ち見えにくいです。

「前から歩いてくる人は誰だろう?」という意味もあり「黄昏」と言われます。

実際には、そこまで歩いてくる相手が分からなくなることはありませんし、夜に比べれば充分に相手の顔や風景が見えます。

視界がゼロではないことからも、黄昏は「全盛期は過ぎたけれど力を無くす必要はない」という意味で使われることもあります。

明確な時間を示すものではないですが、日が落ちて空が染まる時間を黄昏と言います。

万葉集に出てくる

黄昏は万葉集にも出てきます。

「誰そ彼と われをな問ひそ 九月の 露に濡れつつ 君待つわれそ」これは万葉集10巻2240番という句になります。

意味は「誰だあれはと 私のことを聞かないでください 。