別居婚の10個のメリットやデメリットを紹介します!のイメージ写真

結婚とはどのようなものだと思っていますか?

入籍をして、結婚式をして、それから二人で素敵な新婚生活を送るというイメージを抱いている人もいるのではないでしょうか。

新婚生活というと甘いイメージを抱いている人も多いでしょう。

ですが、結婚生活が必ずしも一緒に暮らせるような楽しいものになるとは限りません。

まず、二人で一緒に暮らせるとは限らないのが実際の結婚生活というものです。

世の中には、結婚したからと言って一緒に暮らしているわけではない夫婦もいるのです。

これがいわゆる「別居婚」と呼ばれるものですね。

結婚生活を続けているとしても、一緒に暮らしているわけではない夫婦もいるのです。

確かに、芸能人の夫婦などを見ていると、一緒に暮らしていなくても楽しそうにしているところを見ることなどができますよね。

ですが、それが一般人でも行われているとは想像できない人もいるのではないでしょうか。

それでは、実際には「別居婚」とはどのようなものなのでしょうか。

一般人で別居婚をしている夫婦などは、どのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。

別居婚が実際にどのような影響を及ぼすのかということについて見てみることにしましょう。

別居婚とは

別居婚とはそもそもどういったものなのでしょうか。

別居というと、どうしても不仲のイメージを持ってしまいますよね。

芸能人でも別居している夫婦はいますが、それが一般人でも普通に行われているというようなイメージが持てない人も多いでしょう。

何となく、一般人で行われる別居婚では、不仲というイメージになってしまっているのではないでしょうか。

ここでは、別居婚をしている理由などについて見てみることにしましょう。

実際に、慈雨分も同じような状況に陥ってしまうこともあります。

夫婦としての関係を続けるためには、別居婚が一般良いという結論に至ることもあるでしょう。

別居婚の実際について見てみることにすれば、別居婚というものについて理解を深めることができるはずです。

お互いが一緒に居たくても居られない場合

別居婚と言っても、離婚寸前の夫婦ばかりがなるわけではありません。

例えば、お互いが一緒にいて喰てもいられない場合というのもありますよね。

例えば、仕事の勤務地がそうでしょう。

二人とも遠い勤務地の場合には、別居婚をしなければいけないということも良くあります。

単身赴任というものですね。

実際に別居婚という言葉を当てはめていいのかは分かりませんが。

理由があって離れていて、夫婦としての生活を同じ家で行うことができないというシチュエーションは別居婚に当てはまるでしょう。

これは結婚生活の初めから続くこともありますし、途中から別居婚になってしまうこともあります。

離れていたいから離れて結婚生活を送っているのではなく、離れていたいわけでもなく、お互いが一緒にいたいという意持ちはあるのに、一緒にいられないということも実際にはあり得るのです。

お互いが別居したい場合

お互いが一緒にいたいと思っている場合ももちろんありますが、お互いが「別居上等」と思っていることもあります。

これの理由の大きなものとしては、やはり「不仲」でしょう。

不仲になってしまい、お互いの顔も観たくないために別居を決めるという夫婦は少なくありません。

ただ、離婚するにはお互いに支障があるというようなときには、実際にはほとんど夫婦として機能していない別居ということもあるのではないでしょうか。

また、夫婦仲があまりにも悪くなってしまったために、お互いに頭を冷却するという理由で別居することもあるでしょう。

お互いが別居したいと思っているときには、それは、お互いに合意しているということで、それはある意味ではとても楽な別居婚だと言えるかもしれませんね。

少なくとも、二人とも一緒にいたいのに別居しなければいけなくなってしまったケースよりも、切なさや寂しさと言ったものは全く見られないでしょう。

様々なケースがある

ここまで見てきて分かったのは、別居婚と一口に言ってしまったとしても、様々なケースがあるということです。

必ずしも遠距離恋愛のような結婚生活を送らなければいけないわけでもなく、必ずしも離婚寸前の夫婦が別居婚を選んでいるというわけでもありません。

別居婚には様々にケースがあります。

別居している夫婦を見ても、すぐに理由を決めつけてはいけないということが分かるでしょう。

また、様々なケースがあるということはつまり、いつ自分たちが別居婚に陥ってもおかしくはないということです。

不仲ではなくても別居婚になる可能性もあるのです。

全ての人に、近い将来で別居婚を考えなければいけなくなる可能性があるということを覚えておきましょう。

近年、増加傾向にある

別居婚は、近年は増加傾向にあります。

特に、女性が結婚生活や家庭に縛られなくなってきてからは、別居婚を選びやすい状態になってしまっているということになるでしょう。

今までは女性は男性が帰ってくるのを家で待っているというようなイメージでした。

最近では、それは古い考えになってきました。

つまり、古い結婚生活のイメージはもう、既に壊れてしまっているということです。

別居婚といって皆様が持っていたイメージも古いものになってきています。

さらに、女性側に自立傾向が生まれ、女性が自分の稼いだお金で生きていけるというような条件が合わさると、別居婚という選択肢がおかしなものでもないというように考える人が増えるでしょう。

現代人の生活に会うフレキシビリティあふれる結婚生活を求めている場合には、別居婚が増加傾向にあってもおかしくありませんよね。

これから別居婚を考えている時には

別居婚を考えている人

別居婚を実際にするとなったら、どのような感じになるのでしょうか。

別居婚が必ずしも不仲というわけではありませんが、やはり夫婦として必要な分だけのコミュニケーションを取ることができるわけではないというのが問題ですよね。

別居婚を考えているような場合には、どのようなことをすれば良いのでしょうか。

別居婚が実際に自分にとって良い選択肢であるのか、別居婚を始めるにあたってはどのようなことを決めておかなければいけないかなど、別居婚を始めようとしている人に向けての情報を洗い出しました。

別居婚を考えているという夫婦にはぜひ確認しておいてほしいことばかりです。

ぜひ、別居婚をするにあたっては、確認してみてください。

別居婚の前にきちんと考えているかどうかで、その後の対応も、その後への影響も変わってくるでしょう。

お互いによく話し合おう

別居婚を求めているような場合には、まずは、お互いにきちんと話し合うということが大切です。

どちらか一方が別居したいと思っているからと言って、それがすぐに別居婚につながるわけではありません。

軽い気持ちで、相手の了承を得ないままに別居婚を始めてしまうと、それは別居婚というよりは「家出された」ということになってしまいかねません。

別居婚をするときには、その理由や結婚生活の形態についてきちんと話し合ってください。

別居してからはコミュニケーションも取りにくくなってしまいます。

お互いに、どのような結婚生活を求めているのかということは、きちんと考えておかなければいけませんね。

お互いにとってのメリット・デメリットを洗い出そう

別居婚をしたいというのは、必ずそこにメリットやデメリットがあるはずです。

それがお互いに何であるのかを、きちんと洗い出しておきましょう。

メリットよりデメリットの方が大きいのなら、わざわざお金ののかかる別居婚をする必要もありませんよね。

現在は別居婚も増えているからと言って、必ずしもみんなが別居婚に理解があるわけでもありません。

別居婚を選ぶののなら、お互いのメリットデメリットをきちんと洗い出しておきましょう。

そして、「理由のある別居婚」「そうした方が良いから別居婚にするのだ」ということを、自分たちの仲で明確にしておいてください。

そうでもなければ、誰かから聞かれたときに応えることができずに、悪い噂を立てられてしまうこともあるのです。

期間や費用などをあらかじめ決めておく

別居婚をする場合に問題になるのが、その期間や費用です。

仕事の勤務地の問題で別居婚をしているのなら良いですが、そうではない理由で別居婚をするのなら、気管はあらかじめ決めておきましょう。

別居婚はお互いにとって独身の頃に戻ったようで楽であることには違いありません。

楽だからこそ、いつまでも別居しているという選択肢になってしまう人もいるのです。

いつか普通の夫婦に戻ることができるように、気管は決めておいた方が分なんです。

また、費用も問題になりやすいですね。

別居婚をしていると、家計が二つになるという印象ですから、一つの財布で暮らしているよりもずっと費用が掛かります。

その費用をどうするのかは事前に決めておきましょう。

例えば、夫と専業主婦の別居婚をする場合には、女性側の費用が今まで通りで良いのかなども決めておく必要があります。

きちんとお金の問題をはっきりさせておかなければ、別居婚でも生活が破たんしてしまう可能性がありますよ。

お互いの家族の理解を得ておこう

別居婚を選ぶ現代人が増えているとはいえ、それに理解を示してくれる人ばかりとは限りません。

特に古い世代の人にとってはべ許婚というのは理解しがたいものであるというのは確かなはずです。

昔にはそのようなことは常識はずれでしたからね。

だからこそ、きちんと家族に理解を得ていなければ行けません。

家族に何も言わずにいつの間にか別居婚を始めていたということが知れると、ひどく非難されてしまうこともあります。

理由があって、夫婦二人で話し合って決めた別居婚なのだということは、しっかりと家族に理解を得ておくようにしてくださいね。

もちろん、両方の家族に許可を得ておくことが大切です。

別居婚の25個のメリットやデメリットを紹介します!

別居婚をする夫婦

別居婚にはそれぞれ、メリットやデメリットがあります。

あまり良いイメージを持たれない別居婚ですが、きちんと良いところもあります。

やはりデメリットと言われてしまうほどに悪いところもあるでしょう。

別居婚を選択肢にするとしても、それぞれの良いところや悪いところがなければ、選ぶこともできませんよね。

ですが、別居婚は実際にしてみないと、なかなかそのデメリットやメリットについて想像することができないはずです。

そういった場合には、きちんと下記のことについて話し合ってみてください。

別居婚のメリットやデメリットをきちんと理解しているか、していないかでは、別居婚を実際に始めてから後悔するかどうかにかかわってくるでしょう。

メリット

別居婚の生活のメリットを考えてみましょう。

別居婚というと嫌なことばかりのイメージがありますが、実際に嫌なことばかりであれば、別居婚を選ぶ人が増えるはずがありません。

何か理由があっての別居婚なのです。

別居婚で生じるメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。

それは、別居婚で生じるデメリットよりもずっと大きなものとなることはあるのでしょうか。

別居婚のメリットについて考えてみましょう。

1.自由になる

別居婚のメリットはやはり、自由になることができるという点でしょう。

自由な生活をすることができるのです。

それは、独身の頃に戻った気にもなることができるかもしれません。

そもそも、結婚生活とは妥協の産物であるということもできるでしょう。

お互いに他人だった人間が新しい生活を作るのですから、それまでの習慣を改めなければいけないところも多くなります。

家庭生活の中では、どこか窮屈な思いをしていた人も多いのではないでしょうか。

別居婚ではは、結婚しているというステータスはそのままに、自由に暮らすことができるのです。

もちろん、結婚しているのは確かですから、不倫などをしていけないのはもちろんです。

結婚生活の中で守らなければいけないモラルがあるというのは当たり前でしょう。

ですが、やはり、どこかで自由な気分になることができるというのは確かですね。

お互いを気にすることなく生活ができる

お互いに気にすることがなく生活をすることができるというのも、本当でしょう。

お互いを気にすることがないというのは、別居婚を始めた最初のころには、何よりもうれしいことのように思えるかもしれません。

例え好きな人であったとしても、お互いをいつでも気にしていなければいけないのは大変ですよね。

家族サービスもしなければいけません。

今までは一人の時間があったのに、それがなくなってしまうというのも結婚生活のデメリットと言えるかもしれません。

別居婚をすると、それがなくなって、お互いがお互いを気にしなくても良い時間を取ることができるというのは、とても魅力的ですよね。

2.会いたい時に会える

別居婚の中では、会いたいときに伴侶に会うことができるというのもメリットですね。

会いたいときに会えるというのは、恋人同士のようで楽しいですよね。

結婚生活の中ではマンネリ化に陥ってしまう可能性がありますが、別居婚の夫婦なら、なかなかそんな風にはならないでしょう。

会いたいときに会える夫婦というのは、何となくおかしいような気がします。

それで夫婦生活が円満に行くのなら、それはそれでよいのではないでしょうか。

一緒に暮らしていることで離婚に繋がってしまうほどに険悪な夫婦仲になるよりは、会いたいときに会って二人で楽しい時間を過ごすことができる夫婦というのも、楽しくて良いかもしれません。

少なくとも、他の夫婦に比べて恋人同士であるという気持ちを忘れずにいることができるのは別居婚の形態でしょう。

ずっと一緒に居るということがない

ずっと一緒にいることがない夫婦生活の中では、きちんとお互いに時間を決めて会おうとすることが大切です。

ですが、一緒にいないからこそ、一緒にいるときの時間が盛り上がるというのは良いかもしれませんね。

いつも一緒にいると、嫌なところばかりが目に付くようになってしまいますよね。

いつも一緒にいるわけではない夫婦なら、少しの欠点は見逃せるようになります。

恋人同士の関係の時と同じですね。

ずっと一緒にいることで雰囲気が悪くなってしまっている夫婦なら、少し恋人同士の時の距離感に戻してあげた方が、良い関係を築くことができるのかもしれません。

3.何かに打ち込むことができる

一人の生活の中では、他の誰かに煩わしいことを言われる必要もありません。

だからこそ、何かに打ち込むような時間を取ることができるのです。

結婚生活の中では、一つの物事に集中することは難しいでしょう。

何かに打ち込見たいと思ったら、一度別居してみると良いですね。

この場合には、期間限定の別居という形にすると良いでしょう。

仕事や趣味などを集中して行える

仕事や趣味などを集中して行うことができるというのが別居婚のメリットです。

その時間を手にれることができれば、普段はできないようなことができます。

仕事のために集中しなければいけないような時間が必要なら、期間限定の別居が必要です。

ただ、趣味のために別居するというのは理解されにくいかもしれませんね。

もし、夫婦が二人とも趣味に没頭する時間が必要だとしたら、それを原因として別居することができるかもしれません。

ただ、どちらか一方の趣味のためにというのは難しいかもしれません。

また、それを目的とするのは難しいかもしれません。

ですが、別居をしたことで結果的にそのようなメリットを楽しむことができるというのは、別居の魅力的なのではないでしょうか。

4.相手の大事さが分かる

失ってから始めて大切なものを知ることができるとは、よく言われる言葉ですよね。

結婚生活でも、離婚してから初めて相手の大切さがわかるということもあるかもしれません。

相手がいない生活になってみると、いかに一緒に過ごしている生活が素晴らしいものだったかを理解することができるようになるでしょう。

相手が大切な存在であり、このまま一生離れているというのは寂しいとまで思えるようになるかもしれません。

失ってからでは遅いですが、別居婚ならまだ戻ることができます。

相手が本当に自分に必要な存在であるのかどうかが分からなくなってきたという方は、一度別居してみると大切さが身にしみるのではないでしょうか。

お互いの苦労を知る良いきっかけになることも

別居婚の中では、全ての物事を自分で取り仕切らなければいけなくなります。

一人暮らしをしていた時には当たり前のようにできていたことが、結婚生活の中では分担するようになります。

そして、一人で生活することの大変さを忘れてしまっているという夫婦もいるでしょう。

ですが、お互いに別居してみることで、お互いが結婚生活の中ではどんな苦労をしていたかが分かるのではないでしょうか。

特に、男性は女性に家事を任せっきりになってしまいがちです。

別居してから初めて、家事をしてくれる妻の大変さに気づくと言こともあるようです。

お互いへの尊敬や感謝の気持ちをなくしてしまっているような夫婦は、ぜひ、別居を機会にお互いの苦労を知ってみるのが良いですね。

5.気持ちの整理がつく

別居を選ぶ夫婦の中には、気持ちがすれ違ってしまっている夫婦もいるでしょう。

お互いに一緒にいるとイライラして、どうしようもなく気持ちが荒んでしまっている人もいるでしょう。

ですが、そういった夫婦に時間を与えることができるのが別居婚の形態なのです。

神経がとても高ぶってしまっているときには、何をしてもイライラして喧嘩になってしまうでしょう。

そういった夫婦に気持ちの整理をつけるためには、一度、一人で過ごす時間が必要なのです。

もちろん、離れてしまうことで、余計に離婚に繋がってしまうという可能性も考えられます。

しかし、それでも自分の気持ちを見つめ直すことができるということは間違いないでしょう。

また、離婚を目の前にしている夫婦が、一度別居をするということもありますね。

これも、気持ちの整理をつけるためです。

短い結婚生活の中だったら良いですが、長いこと結婚生活をしていた夫婦の場合には、すぐに離婚へと気持ちの整理をつけることはできないでしょう。

そうした夫婦に気持ちの整理をつけるための時間を与えることができるのが別居婚の役割だと言えるでしょう。

冷静に考えることができる

冷静に考えるための時間を作ることができるのは、別居婚の良いところですね。

気持ちの整理をつけるということももちろん必要です。

その間に冷静に客観的に自分の結婚生活について見つめ直すことができるというのも良いところでしょう。

冷静になった頭で考えてみると、意外と結婚生活を続けたいと思えるようになるかもしれません。

冷静な視点を結婚生活の中で持つことは大変ですよね。

実際には主観的な視点ばかりになってしまって、冷静な視点で自分の結婚生活を見ることはできないものです。

ですが、一人になってみると客観的な視点を得ることできるでしょう。

別居婚は離婚への一本道ではありません。

冷静に考えるための期間だと考えると、離婚を前にした夫婦であったとしても、別居婚が全く悪いものではないのではと思えるのではないでしょうか。

6.お互い家事が出来るようになる

一緒に暮らしていると、どうしてもどちらか一方が家事をやってしまうということもよくあることです。

家事は折半と約束をしていても、結果的によく気が付く人の方が多く家事を負担するということもあり、決して家事を半々にするということはできません。

ですが別居婚であれば、家事はお互いの家で発生していることですので、やらざるを得なくなり結果的にどちらも家事ができるようになります。

7.結婚してもカップルのようにときめきを保つことができる


確かに結婚をして一緒に暮らすことで安心感が生まれるところがあります。

ですがその一方で、恋愛関係と一緒に暮らすことというのを両立させるのは、たやすいことではありません。

ですが、別居婚であれば、多くの人は会えた喜びを感じることができ、カップルのようにときめきを保つことができるのが別居婚の特徴です。

会うたびに新鮮な気持ちになれる

やはり常日頃、手元にあったりするものや、毎日のように会う人となると、だんだんと新鮮な気持ちは失われていくところがあります。

特に結婚をして夫婦になり、一緒に暮らすとなおのこと、その傾向が顕著になります。

ですが別居婚であれば、会う回数が限られてくるので会うたびに新鮮な気持ちになれるというのが特徴の一つです。

相手の嫌なところを見る機会自体が減る

なぜときめきを保つことができるのかと言うと、機会が少ないと、すなわち相手の嫌なところを見る機会が減ると言うのです。

例えば、一緒に暮らしていると、片付けが苦手な配偶者の方であれば、散らかった家を見ればイライラすることが増えてきます。

ですが時々会って一泊や二泊するという感じであれば、このようなところも目をつぶるところができるようになります。

8.お互い仕事をしていればお金をあてにされることがない

結婚でお互いが嫌に感じているところとしては、経済的な面をあてにされるということです。

最近は専業主婦に対しても厳しい見方をされるように、男女共に自分のお金をあてにされることを嫌がる人が増えてきています。

ですが別居婚であれば、それは避けることができ、お互いに自立をした暮らしをすることができるのです。

9.再婚相手に子供がいる場合、徐々に相手になれることができる

もし初婚同士ではなく、お互いに再婚であるとか、どちらか一方が再婚という場合であれば、お子さんがいることもあるでしょう。

近くで暮らすようになるけれど、その一方で関係性は遠いところがあります。

ですので子供がいる人との再婚は難しいところがありますが、別居婚だと徐々に相手に慣れることができますので、お子さんもそこまで負担を感じないところがあります。

10.女性は家事が楽


多くの家庭では、家事が主に女性が負担をしているところが多いです。

ですので別居婚で大人一人の家事を負担せずに済むというのは、意外と負担が少ないものです。

お子さんがいないのであれば、一人だけの家事で済みますし、そうでなくても自分と子供のことだけをやっていれば良いということから、負担は非常に軽いところがあります。

11.自分が環境を一から変えなくてすむ

もし再婚するというようなことであったり、初婚であっても、もし結婚してから一緒に住むとなると仕事を辞めないといけないということになったら、やはりどちらか一方が大きく環境を変えることになります。

ですが別居婚ということになると、お互いに関係を変えなくて済むということから、そのような負担が減るところがあります。

友人関係

友人はいつでも連絡が取れるから大丈夫だと思いがちです。

ですが、やはり会う頻度が少なくなると初めはマメに連絡をしていても、だんだんと疎遠になってしまうところはよくあります。

やはりそれは遠くの親戚より近くの他人というように、環境が近くである程に関係性を築きやすい所があります。

ですが環境を変えずに済むとしたら友人関係は大抵はそのままになることが多いので、引っ越して友達ができずにホームシックになるということはありません。

仕事

そして仕事は人生において、非常に大きなウエイトを占めるものです。

特に結婚を考えている女性は、これからご主人の仕事先についていかないといけないとなった時に、仕事を辞めててもついていかないといけないことはよくあることなのです。

ですが別居婚ということになると、この仕事を辞める事をしなくても良くなることがあり、結果的に人生を大きく変えずにすむところがあります。

美容室や病院など行きつけの場所

美容院や病院などは、別に行った先で買えたらいいじゃないかと思うところもあるでしょう。

ですが美容院に関しては、腕もありますし、美容師の人柄もあります。

ですので合う合わないは結構あるのです。

病院にしても同じことで、先生との相性があります。

それを変えなくても済むというのは、新しくこのような自分に合うところを探すという苦労しなくても済むということです。

12.子供が転校しなくてすむ

子供は柔軟性があるから大丈夫とも言われていますが、やはり子供にとっては大きな変化の一つです。

それはなぜかと言うと、人間関係も大きく変わります。

学校だと人間関係が非常に限られていて狭いところがあります。

ですのでいじめが起きると、それだけで非常に追い詰められてしまうところがあるのです。

せっかく今の環境でうまくいっているのであれば、転校させずにこのままでいたいと思うのが親心です。

この変更せずに済むというのは、学校生活がうまくいっているお子さんにとっては非常に大きなメリットです。

13.実家にいることもできる


実家依存と言われてしまうような傾向があるにはありますが、やはり実家が近くにあるとか実家に住むことができるというのは非常に助かることです。

やはり子育てにおいては、人手は多ければ多いほどに良いです。

ですので別居婚で実家にいながら仕事に家事に子育てにということを、助けを借りながらすることができます。

子育ても楽

先ほども触れたように、やはり子供世代は子育てがあると子育てが非常に楽になります。

人の目が多くありますので、常に母親がアンテナを張り続けるということも、そこまでしなくても良くなります。

もちろん完全に目を話すのは良くないのかもしれないけれど、たくさんの人の目があることによってお子さんの変化にもいち早く気づくことができます。

両親の介護が必要な場合、ずっと近くにいることができる

実家に行ってメリットがあるのは、何も子供世代ではだけではありません。

もし親御さんに介護が必要になったとしたら、そばにいられるというのは非常に大きなメリットです。

やはり介護が必要になった状態だと、ヘルパーさんに頼むことは出来るにはできますが、やはり家族のきめ細やかな目があるというのも非常に良いことです。

14.お互いの生活リズムを崩さずにすむ


そしてお互いに生活リズムを崩さずに済むというのは、非常に大きなメリットです。

生活リズムが崩れても、だんだんと慣れていくということは出来るにはできます。

ですがやはり、それには大きなストレスがかかります。

もし別居婚を選択するということであれば、その生活リズムを崩す必要性がなくなるのも非常に良いところです。

15.自立できる

そしてお互いに仕事に家事にということをやっていくことにより、自立をしていくことができます。

確かにどちらか一方が仕事をして、どちらか一方はかずや子育てをしていくというスタイルも非常に助かるところがあります。

ですが家事や子育てを負担している側は、パートしかできなかったりするというような問題点もあります。

ですが女性側は、家事の負担が減ることから仕事の両立を図ることができます。

16.仕事をしたい女性にはいい環境

結婚して何が問題かと言うと、女性にとっては家事と仕事の両立です。

最近は共働きで家事は折半というような家庭も多いでしょう。

ですが家事という労働には何をもって半分かというのを定義するのは難しいところがあります。

一般的に言うと、食事を作るというのは非常に負担が大きい傾向にありますが、好きな人にとっては何ともないことでしょう。

このように人によって違うところがあります。

ですが別居婚であれば、お互いに家事をするような環境です。

自分さえよければうまく手抜きをすることもできるということから、仕事をしたい女性には非常にもってこいの環境です。

デメリット

別居婚には、もちろんデメリットもあります。

それでは、別居婚のデメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。

1.居てほしい時に居ない

別居婚のデメリットというのは、いてほしい時にいないということでしょう。

別居しているですから当たり前ですが、必要な時にいないというのはとても寂しいですよね。

別居をしていると自由を味わうことができるのですから、普段はとても楽しいかもしれません。

ですが、結婚生活がいつでも楽しいのではないのと同じように、別居婚もいつでも楽しいというものではありません。

どうしても寂しくなってしまったときに、すぐそばに相手がいない生活というのは、結婚している意味がないようにも思えるのではないでしょうか。

助けてほしい時にも誰もいないのです。

もちろん、結婚しているときから助けにならなかったのなら話は別ですが。

相手が助けてくれた時のことなどを考えると、別居婚の虚しさを痛感するでしょう。

落ち込んだ時や病気をしたとき

いてほしい時というのは、具体的には落ち込んだ時や病気の時です。

誰かが傍にいてくれるというだけで救われるようなときに相手がいないというのはダメージが大きいですね。

それでも、離婚を前にした夫婦なら「あんな奴はいない方がマシだ」と思うことができるかもしれません。

ですが、別に一緒にいたくないわけではないのに、離れて暮らさなければいけなかった夫婦の場合には、相手がいないということがひどく寂しいものに思えるのではないでしょうか。

これが別居婚の大きなデメリットです。

2.一人が辛くなる

結婚生活を長年送ってきた夫婦では、一人が辛く感じることもあるようですね。

常に誰かがいるということが当たり前だったはずなのに、その誰かがいないということが寂しくて仕方なくなるのです。

一人で過ごすというのは、想像以上に寂しいものです。

誰も話し相手がいませんし、美味しい料理ができたとしても、食べてくれる人がいません。

基本的に自由で自己責任な生活を送ることになりますが、これが逆に大変だと打人もいるでしょう。

一人で暮らすということの寂しさや虚しさを実感することになるのは、別居婚のデメリットでしょう。

3.生活費などが重なる


別居婚のデメリットの一つとしては、とても現実的な問題ではありますが、生活費などが重なってしまうということです。

家賃はもちろんに倍になりますし、光熱費も二倍になるでしょう。

食費もある程度は増えるに違いありません。

財布を二つに分けることで、生活費が笠間市になることは間違いないのです。

その分だけ交通費などは減るかもしれませんが、やはり家計を圧迫してしまうということは間違いないでしょう。

だからこそ、別居婚を始める前に、お互いにきちんと話し合っておく必要があるのです。

趣味や仕事などお互いの生活費も増加する

生活費が増加するというだけではなく、趣味に掛かるお金も増えるかもしれませんね。

結婚生活の中では、お互いがお互いを監視しているような状態です。

相手が結婚生活を圧迫するようなことをしないように、きちんと注意してみているのです。

ですが、別居婚というとお目付け役がいなくなるということですから、趣味にどれだけお金をかけても怒ってくれる人がいません。

そのために、そういった出費も増加するというのがデメリットの一つです。

4.相手の浮気などの可能性が高まる

別居婚のデメリットは、相手の浮気などの可能性が広がるということです。

基本的に離れて暮らしていると、相手の生活状況が分かりません。

相手が隠そうと思っていれば、簡単に隠すことができるでしょう。

浮気をされてしまう可能性が高まってしまうかもしれません。

そうなると当然、離婚につながる可能性も高くなります。

夫婦の仲が悪くなってしまう可能性も高くなるということですよね。

寂しさを自分以外で埋められるかも

別居婚では寂しさを感じる瞬間が良くあります。

その寂しさを他の人で埋められる可能性があるのです。

寂しさを自分以外で埋められるかもと考えてみると、別居婚がそれほど良いものではないと思えて来ますよね。

5.子供がいる場合


子どもがいる場合には、別居婚はかなりの問題になりますね。

子どもがいるのに、普通の家庭を築くことができないというのは、デメリットの中でもかなり大きなものだと言えるでしょう。

子どもの寂しさや、子どもの生活の中に影響を与えることを考えると、そう簡単に別居ということができないでしょう。

子供が辛い思いをしてしまう

子どもが辛い思いをしてしまうというのは、親にとっては一番つらいものでしょう。

別居をすれば自分たちは楽になるかもしれません。

しかし、子どもにとってはそれが最善の選択肢だとは限らないのです。

子どもがいる場合には、子どものことを一番に考えなければいけません。

子どものことを考えても別居婚が最高だというシチュエーションもあるので、一概にいうことはできませんが。

別居婚が子どもにとって悪影響の可能性も十分にあります。

6.離婚に繋がりやすい

別居婚は基本的に一緒に暮らしていませんので、ともすればお互いに心が離れてしまう可能性もあります。

やはり日々忙しさのあまりに、だんだんとマメに連絡を取ることが難しくなることもあるでしょう。

やはり距離があると離れてしまうのも、また人の心です。

遠距離恋愛がうまくいかないのは、そのようなところにあるとも言えるでしょう。

それは結婚をしていても同じです。

7.心配性の人には向かない


配偶者の行動がすごく気になるとか、もし離婚になったらどうしようと不安になっているような人には、このような別居婚の制度は向きません。

やはり配偶者の行動が気になるということであれば、できれば一緒に住んだ方がどんな行動をしているのかがよく分かるところがあるのです。

8.結婚する意味がわからなくなる

別居婚は確かに仕事もできるし、家事もお互いが好むようにやっていけばいいことから、負担が少ない傾向があります。

ですが、だんだんと「それだったら独身でも良いのではないか?」というような思いが生まれてきてしまうところがあります。

そのことから、結果的に離婚に繋がってしまうということはよくあるケースです。

9.周りの理解を得にくい

単身赴任などのやむを得ないような事情を除いては、周りからなかなか理解されにくいところがあります。

おせっかいな人であれば、「一緒に暮らしたらいいのに。」というようなことを直接言われることもあるでしょう。

別居婚を選ぶときの注意点

結婚するからには一緒に住むということもあるにはありますが、場合によっては別居婚を選ぶこともあるでしょう。

別居婚をうまく継続させるにはどうしたらよいのでしょうか?
ではその注意点を見ていきましょう。

連絡はまめにとる


できるだけ連絡はマメに取るようにしましょう。

やはり距離があるからこそ、しっかりと密に連絡を取らないと心の距離感もできてきてしまいます。

仕事に家事に忙しいかもしれませんが、極力配偶者の方とのコミュニケーションを怠らないようにすることも大切です。

相手を思いやる

確かにマメに連絡を取るのは大切ではあるのですが、もしどうしてもそれが負担に感じていそうな時は、時には距離を保つようにしましょう。

そしてできれば、土日など時間に余裕がある時に連絡をするというような方法を取るのも一つです。

そしてLINEやメールなど、好きな時に見れるような方法で連絡を取るというのも良いでしょう。

このように相手の気持ちに寄り添うような態度も別居婚には非常に必要です。

あくまでも夫婦という意識をもつ


別居婚は、ともすれば独身とほぼ変わらないような生活ができてしまう事から、結婚していることをついつい忘れてしまうこともあるかもしれません。

ですがやはり別居婚であっても、夫婦であるとという意識を持つようにしましょう。

心の距離を感じたらしっかり言葉で伝える

やはり距離があると、どうしても心が離れがちです。

とはいっても、連絡で距離を縮めようと思っても、負担に思っている時に無理に連絡を取っても、逆に心が離れてしまうところもあり、そこが人間の心理の難しいところです。

ですが心の距離を感じたら、すぐに言葉で伝えるようにしましょう。

必要以上に心配したり疑ったりしない

確かに恋人や夫婦であれば、ある程度は心配をしたりすることもあるでしょう。

ですが、あまりにもそれが頻繁で負担に感じるほどということになると、段々とそれに嫌気がさしてしまうことがあります。

ですので、少し心配する気持ちを伝えたら、あとは心配をしたり疑ったりしないようにしましょう。

子供がいない場合、できたときのことを考えておく

もちろん別居婚だから子供がいるとも限りません。

よくお子さんがいるご家庭だと、子供の環境の変化を変えないために単身赴任を選ぶ方も多いです。

ただその一方で子供がいない方でも、別居婚を選ぶ方もまたいます。

そのような時でしたら、仮に子供ができたらどうするかということは、お互いに話し合っておきましょう。

会わない時間が長くなりすぎないようにする


確かに距離がある状態だと、会うことも大変になってくるところもあります。

ですがやはり、人間は会ってこそ距離が狭まるところがあります。

ですのでなるべく会うようにして、会わない時間は長くなりすぎないように気をつけましょう。

距離があると大変なのですが、やはり関係性を続けていくためには必要であるとも言えるでしょう。

子供がいる場合は子供の意見も聞く

別居婚と言うと、大抵はお子さんがいるケースが多いです。

そんな時はお子さんの意見というのは非常に重要です。

例えば学校が変えるのは嫌だということであれば、別居婚を選ぶことを考える必要も出てきます。

逆にお父さんと一緒に暮らしたいとかお母さんと一緒に暮らしたいということであれば、別居婚ではなく環境を変えてでも通常の同居婚を選ぶようにすることも非常に重要です。

まとめ

いかがでしたか?

別居婚というと、離婚寸前というような印象になってしまう方もいるかもしれませんが、実際には、そういうわけではありません。

きちんと話し合って別居婚をするのなら、それが夫婦のためになることだってあるのです。

ですが、何も知らずに別居婚を選んでしまってはいけません。

一緒にいてコミュニケーションを取ることができる時間が少ないというデメリットがあるからこそ、色々なトラブルに見舞われてしまうに違いありません。

別居婚をするためには、しっかりとした話し合いも必要ですし、きちんと情報を集めることも必要なのです。

別居婚をしたいと思っている方は、軽々しく始めるようにはしないでください。

ちょっと別居してみたくなったからという理由で別居を始めると、本当に離婚に繋がってしまう可能性もあります。

夫婦でいる理由が見いだせなくなってしまうこともあるのです。

別居婚が本当に自分たちに会ったスタイルなのか、それしか選択肢がないのかについてはきちんと話し合ってくださいね。

その上で、二人でやって行けると思ったのなら、別居婚も一つの方法としては良いのではないでしょうか。