CoCoSiA(ココシア)

別居婚の25個のメリットやデメリットを紹介します!

別居婚の10個のメリットやデメリットを紹介します!のイメージ写真

結婚とはどのようなものだと思っていますか?

入籍をして、結婚式をして、それから二人で素敵な新婚生活を送るというイメージを抱いている人もいるのではないでしょうか。

新婚生活というと甘いイメージを抱いている人も多いでしょう。

ですが、結婚生活が必ずしも一緒に暮らせるような楽しいものになるとは限りません。

まず、二人で一緒に暮らせるとは限らないのが実際の結婚生活というものです。

世の中には、結婚したからと言って一緒に暮らしているわけではない夫婦もいるのです。

これがいわゆる「別居婚」と呼ばれるものですね。

結婚生活を続けているとしても、一緒に暮らしているわけではない夫婦もいるのです。

確かに、芸能人の夫婦などを見ていると、一緒に暮らしていなくても楽しそうにしているところを見ることなどができますよね。

ですが、それが一般人でも行われているとは想像できない人もいるのではないでしょうか。

それでは、実際には「別居婚」とはどのようなものなのでしょうか。

一般人で別居婚をしている夫婦などは、どのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。

別居婚が実際にどのような影響を及ぼすのかということについて見てみることにしましょう。

この記事の目次

別居婚とは

別居婚とはそもそもどういったものなのでしょうか。

別居というと、どうしても不仲のイメージを持ってしまいますよね。

芸能人でも別居している夫婦はいますが、それが一般人でも普通に行われているというようなイメージが持てない人も多いでしょう。

何となく、一般人で行われる別居婚では、不仲というイメージになってしまっているのではないでしょうか。

ここでは、別居婚をしている理由などについて見てみることにしましょう。

実際に、慈雨分も同じような状況に陥ってしまうこともあります。

夫婦としての関係を続けるためには、別居婚が一般良いという結論に至ることもあるでしょう。

別居婚の実際について見てみることにすれば、別居婚というものについて理解を深めることができるはずです。

お互いが一緒に居たくても居られない場合

別居婚と言っても、離婚寸前の夫婦ばかりがなるわけではありません。

例えば、お互いが一緒にいて喰てもいられない場合というのもありますよね。

例えば、仕事の勤務地がそうでしょう。

二人とも遠い勤務地の場合には、別居婚をしなければいけないということも良くあります。

単身赴任というものですね。

実際に別居婚という言葉を当てはめていいのかは分かりませんが。

理由があって離れていて、夫婦としての生活を同じ家で行うことができないというシチュエーションは別居婚に当てはまるでしょう。

これは結婚生活の初めから続くこともありますし、途中から別居婚になってしまうこともあります。

離れていたいから離れて結婚生活を送っているのではなく、離れていたいわけでもなく、お互いが一緒にいたいという意持ちはあるのに、一緒にいられないということも実際にはあり得るのです。

お互いが別居したい場合

お互いが一緒にいたいと思っている場合ももちろんありますが、お互いが「別居上等」と思っていることもあります。

これの理由の大きなものとしては、やはり「不仲」でしょう。

不仲になってしまい、お互いの顔も観たくないために別居を決めるという夫婦は少なくありません。

ただ、離婚するにはお互いに支障があるというようなときには、実際にはほとんど夫婦として機能していない別居ということもあるのではないでしょうか。

また、夫婦仲があまりにも悪くなってしまったために、お互いに頭を冷却するという理由で別居することもあるでしょう。

お互いが別居したいと思っているときには、それは、お互いに合意しているということで、それはある意味ではとても楽な別居婚だと言えるかもしれませんね。

少なくとも、二人とも一緒にいたいのに別居しなければいけなくなってしまったケースよりも、切なさや寂しさと言ったものは全く見られないでしょう。

様々なケースがある

ここまで見てきて分かったのは、別居婚と一口に言ってしまったとしても、様々なケースがあるということです。

必ずしも遠距離恋愛のような結婚生活を送らなければいけないわけでもなく、必ずしも離婚寸前の夫婦が別居婚を選んでいるというわけでもありません。

別居婚には様々にケースがあります。

別居している夫婦を見ても、すぐに理由を決めつけてはいけないということが分かるでしょう。

また、様々なケースがあるということはつまり、いつ自分たちが別居婚に陥ってもおかしくはないということです。

不仲ではなくても別居婚になる可能性もあるのです。

全ての人に、近い将来で別居婚を考えなければいけなくなる可能性があるということを覚えておきましょう。

近年、増加傾向にある

別居婚は、近年は増加傾向にあります。