CoCoSiA(ココシア)

別居婚の25個のメリットやデメリッ...(続き7)

これが別居婚の大きなデメリットです。

2.一人が辛くなる

結婚生活を長年送ってきた夫婦では、一人が辛く感じることもあるようですね。

常に誰かがいるということが当たり前だったはずなのに、その誰かがいないということが寂しくて仕方なくなるのです。

一人で過ごすというのは、想像以上に寂しいものです。

誰も話し相手がいませんし、美味しい料理ができたとしても、食べてくれる人がいません。

基本的に自由で自己責任な生活を送ることになりますが、これが逆に大変だと打人もいるでしょう。

一人で暮らすということの寂しさや虚しさを実感することになるのは、別居婚のデメリットでしょう。

3.生活費などが重なる


別居婚のデメリットの一つとしては、とても現実的な問題ではありますが、生活費などが重なってしまうということです。

家賃はもちろんに倍になりますし、光熱費も二倍になるでしょう。

食費もある程度は増えるに違いありません。

財布を二つに分けることで、生活費が笠間市になることは間違いないのです。

その分だけ交通費などは減るかもしれませんが、やはり家計を圧迫してしまうということは間違いないでしょう。

だからこそ、別居婚を始める前に、お互いにきちんと話し合っておく必要があるのです。

趣味や仕事などお互いの生活費も増加する

生活費が増加するというだけではなく、趣味に掛かるお金も増えるかもしれませんね。

結婚生活の中では、お互いがお互いを監視しているような状態です。

相手が結婚生活を圧迫するようなことをしないように、きちんと注意してみているのです。

ですが、別居婚というとお目付け役がいなくなるということですから、趣味にどれだけお金をかけても怒ってくれる人がいません。

そのために、そういった出費も増加するというのがデメリットの一つです。

4.相手の浮気などの可能性が高まる

別居婚のデメリットは、相手の浮気などの可能性が広がるということです。

基本的に離れて暮らしていると、相手の生活状況が分かりません。

相手が隠そうと思っていれば、簡単に隠すことができるでしょう。

浮気をされてしまう可能性が高まってしまうかもしれません。

そうなると当然、離婚につながる可能性も高くなります。

夫婦の仲が悪くなってしまう可能性も高くなるということですよね。

寂しさを自分以外で埋められるかも

別居婚では寂しさを感じる瞬間が良くあります。

その寂しさを他の人で埋められる可能性があるのです。

寂しさを自分以外で埋められるかもと考えてみると、別居婚がそれほど良いものではないと思えて来ますよね。

5.子供がいる場合


子どもがいる場合には、別居婚はかなりの問題になりますね。

子どもがいるのに、普通の家庭を築くことができないというのは、デメリットの中でもかなり大きなものだと言えるでしょう。

子どもの寂しさや、子どもの生活の中に影響を与えることを考えると、そう簡単に別居ということができないでしょう。

子供が辛い思いをしてしまう

子どもが辛い思いをしてしまうというのは、親にとっては一番つらいものでしょう。

別居をすれば自分たちは楽になるかもしれません。

しかし、子どもにとってはそれが最善の選択肢だとは限らないのです。

子どもがいる場合には、子どものことを一番に考えなければいけません。

子どものことを考えても別居婚が最高だというシチュエーションもあるので、一概にいうことはできませんが。

別居婚が子どもにとって悪影響の可能性も十分にあります。

6.離婚に繋がりやすい

別居婚は基本的に一緒に暮らしていませんので、ともすればお互いに心が離れてしまう可能性もあります。

やはり日々忙しさのあまりに、だんだんとマメに連絡を取ることが難しくなることもあるでしょう。

やはり距離があると離れてしまうのも、また人の心です。

遠距離恋愛がうまくいかないのは、そのようなところにあるとも言えるでしょう。

それは結婚をしていても同じです。

7.心配性の人には向かない


配偶者の行動がすごく気になるとか、もし離婚になったらどうしようと不安になっているような人には、このような別居婚の制度は向きません。