CoCoSiA(ココシア)

ソウルメイトか見分けるための10個の判断基準


ソウルメイトは、言葉の意味が示すとおり、魂の友、仲間を意味しています。

日常生活の中で、ソウルメイトのことを考えている人の心の奥には、『生まれ変わり』や『前世』、『輪廻転生』を意識している人も居ます。

全くの他人同士が何かのキッカケで知り合い、良き理解者になったり、異性同士であれば恋の虜になったりすることがあります。

全くの見ず知らずの他人同士が知り合いになることは偶然ではなく、『何らかの必然が働いた』と受けとめることができる人は、『ソウルメイト』を意識している人と言えます。

日々の生活の中で織りなされる様々な人間模様の中で、特に心を惹かれる人との出会いには深い感動を呼び起こされることがあります。

深い感動により、『魂を揺さぶられる』意識状態に包まれると、『ソウルメイトでは』という想いに心が包まれることがあります。

『soul=魂』が持つ意味には、人の生死に関わらず普遍的に存在し続ける不滅な『魂』の存在があります。

『前世』を意識する人の中には、『前世で縁のあった家族や伴侶など身近だった人が、今の人生で再び目の前に現れて知り合いになることができた』と考えることがあります。

再び目の前に現れた人が『ソウルメイト』です。

ソウルメイトとは?

日々の生活の中で、全くの見ず知らずの他人同士が出会って、一瞬にして『フィーリングが合う』感動を味わい意気投合するとき、『ソウルメイト』との出会いと言えます。

ソウルメイトとの出会いは、コトバでは表現しきれない潜在意識の奥で『深い共感』を呼び起こし、『魂を揺さぶられる』感動に包まれます。

ソウルメイトとの出会いの瞬間に、大きな『なつかしさ』を感じて、心の奥の潜在意識のレベルで『深い縁』を味わうことがあります。

ソウルメイトとの出会いの根底には、人の『魂の輪廻転生』という流れがあるといえます。

『魂の輪廻転生』は、人の肉体が死を迎えても、魂は不滅という考えです。

『魂』の存在や『輪廻転生』の考えに共感を抱くことが出来ない人は、ソウルメイトとの出会いを実感することは難しいといえます。

『ソウルメイト』の存在は、精神世界の分野では、世界の共通意識になっています。

ソウルメイトは、『魂』の存在を前提にした考えですので、ソウルメイトについての話しが展開していくとき、『魂の存在ありき』が前提になっていることが少なくありません。

魂の仲間


魂の仲間との出会いは、コトバでは表現ができない理屈の領域を超えたところの感性やインスピレーションのレベルで実感を味わうことが出来ます。

そこには、人の想いの範囲を超えた、深い精神的な繋がりや人との『縁』を感じさせてくれる奥深さがあるのです。

日々の生活で様々な人との出会いにより織りなされる人間関係がもたらす多様な感動や、『魂の仲間』との出会いは、心の奥に染みわたる特別な深い味わいを呼び覚まします。

初めての人との出会いで感じる外面的な印象とは全く異なる次元で味わう、内面的な深い感動が呼び覚まされるとき、魂の仲間との出会いを物語っているのです。

日常生活の中で、想わぬ人との初めての出会いが偶然のものではなく、必然の賜であることを感じることがあります。

心に深く染みわたる温かい感動に身体全体が包まれたとき、ソウルメイトとの出会いであることに気づかされます。

コミュニケーションの手段が言葉を中心とする理屈の領域を超えた深い潜在意識の領域において、言葉を介することなく『心が通じ合える』関係がソウルメイトと言えます。

同性なら「魂の友」

魂の仲間との出会いは、コトバでは表現ができない理屈の領域を超えたところの感性やインスピレーションのレベルで実感を味わうことが出来ます。

そこには、人の想いの範囲を超えた、深い精神的な繋がりや人との『縁』を感じさせてくれる奥深さがあるのです。

日々の生活で様々な人との出会いにより織りなされる人間関係がもたらす多様な感動や、『魂の仲間』との出会いは、心の奥に染みわたる特別な深い味わいを呼び覚まします。

初めての人との出会いで感じる外面的な印象とは全く異なる次元で味わう、内面的な深い感動が呼び覚まされるとき、魂の仲間との出会いを物語っているのです。

日常生活の中で、想わぬ人との初めての出会いが偶然のものではなく、必然の賜であることを感じることがあります。

心に深く染みわたる温かい感動に身体全体が包まれたとき、ソウルメイトとの出会いであることに気づかされます。

コミュニケーションの手段が言葉を中心とする理屈の領域を超えた深い潜在意識の領域において、言葉を介することなく『心が通じ合える』関係がソウルメイトと言えます。

異性なら「運命の人」


異性との出会いの中で、コトバの域を超えて、『運命の人』との出会いを経験する人がいます。

異性同士の間で、お互いの外面的な見え方を超えたレベルで、出会って一瞬にして心が通じ合えるフィーリングを体感したとき、『運命の人』と巡り会えた実感を味わうことができます。

『運命の人』との出会いは、予期しないときに突然訪れるものです。

全く心の準備ができていない時に、出会った瞬間に『閃き』を感じて心が通じ合ってしまうのは偶然ではないと言えます。

『運命の人』は、自分の将来を託す人であったり、共に運命を切り拓いていく伴侶であったりします。

『運命の人』は、他の人が代わりを務めることの出来ない、掛け替えのない『深い』存在といえます。

『運命の人』を結ぶ『赤い糸』は、ソウルメイト同士を結ぶ糸なのです。

『赤い糸』は、異性同士の『魂』を固く結びつける役割をもっているのです。

ソウルメイトの特徴

誰もがソウルメイトと出会える訳ではありません。

ソウルメイトと出会うためには、目の前に現れた人が自分にとってのソウルメイトであることを感じ取れる敏感で繊細な感性を備えていなければなりません。

ソウルメイト同士の関係は、『心が通じ合う』、『フィーリングが合う』というコトバが表しているように、自分と相手との価値観や考え方に共通点が多いことが挙げられます。

ソウルメイト同士は、お互いに解り合うための言葉を駆使する会話は必要としないくらい、相手との距離感を感じません。

お互いの間には、言葉による関係づくりは必要ないのです。