ソウルメイトは、言葉の意味が示すとおり、魂の友、仲間を意味しています。

日常生活の中で、ソウルメイトのことを考えている人の心の奥には、『生まれ変わり』や『前世』、『輪廻転生』を意識している人も居ます。

全くの他人同士が何かのキッカケで知り合い、良き理解者になったり、異性同士であれば恋の虜になったりすることがあります。

全くの見ず知らずの他人同士が知り合いになることは偶然ではなく、『何らかの必然が働いた』と受けとめることができる人は、『ソウルメイト』を意識している人と言えます。

日々の生活の中で織りなされる様々な人間模様の中で、特に心を惹かれる人との出会いには深い感動を呼び起こされることがあります。

深い感動により、『魂を揺さぶられる』意識状態に包まれると、『ソウルメイトでは』という想いに心が包まれることがあります。

『soul=魂』が持つ意味には、人の生死に関わらず普遍的に存在し続ける不滅な『魂』の存在があります。

『前世』を意識する人の中には、『前世で縁のあった家族や伴侶など身近だった人が、今の人生で再び目の前に現れて知り合いになることができた』と考えることがあります。

再び目の前に現れた人が『ソウルメイト』です。

ソウルメイトとは?

日々の生活の中で、全くの見ず知らずの他人同士が出会って、一瞬にして『フィーリングが合う』感動を味わい意気投合するとき、『ソウルメイト』との出会いと言えます。

ソウルメイトとの出会いは、コトバでは表現しきれない潜在意識の奥で『深い共感』を呼び起こし、『魂を揺さぶられる』感動に包まれます。

ソウルメイトとの出会いの瞬間に、大きな『なつかしさ』を感じて、心の奥の潜在意識のレベルで『深い縁』を味わうことがあります。

ソウルメイトとの出会いの根底には、人の『魂の輪廻転生』という流れがあるといえます。

『魂の輪廻転生』は、人の肉体が死を迎えても、魂は不滅という考えです。

『魂』の存在や『輪廻転生』の考えに共感を抱くことが出来ない人は、ソウルメイトとの出会いを実感することは難しいといえます。

『ソウルメイト』の存在は、精神世界の分野では、世界の共通意識になっています。

ソウルメイトは、『魂』の存在を前提にした考えですので、ソウルメイトについての話しが展開していくとき、『魂の存在ありき』が前提になっていることが少なくありません。

魂の仲間


魂の仲間との出会いは、コトバでは表現ができない理屈の領域を超えたところの感性やインスピレーションのレベルで実感を味わうことが出来ます。

そこには、人の想いの範囲を超えた、深い精神的な繋がりや人との『縁』を感じさせてくれる奥深さがあるのです。

日々の生活で様々な人との出会いにより織りなされる人間関係がもたらす多様な感動や、『魂の仲間』との出会いは、心の奥に染みわたる特別な深い味わいを呼び覚まします。

初めての人との出会いで感じる外面的な印象とは全く異なる次元で味わう、内面的な深い感動が呼び覚まされるとき、魂の仲間との出会いを物語っているのです。

日常生活の中で、想わぬ人との初めての出会いが偶然のものではなく、必然の賜であることを感じることがあります。

心に深く染みわたる温かい感動に身体全体が包まれたとき、ソウルメイトとの出会いであることに気づかされます。

コミュニケーションの手段が言葉を中心とする理屈の領域を超えた深い潜在意識の領域において、言葉を介することなく『心が通じ合える』関係がソウルメイトと言えます。

同性なら「魂の友」

魂の仲間との出会いは、コトバでは表現ができない理屈の領域を超えたところの感性やインスピレーションのレベルで実感を味わうことが出来ます。

そこには、人の想いの範囲を超えた、深い精神的な繋がりや人との『縁』を感じさせてくれる奥深さがあるのです。

日々の生活で様々な人との出会いにより織りなされる人間関係がもたらす多様な感動や、『魂の仲間』との出会いは、心の奥に染みわたる特別な深い味わいを呼び覚まします。

初めての人との出会いで感じる外面的な印象とは全く異なる次元で味わう、内面的な深い感動が呼び覚まされるとき、魂の仲間との出会いを物語っているのです。

日常生活の中で、想わぬ人との初めての出会いが偶然のものではなく、必然の賜であることを感じることがあります。

心に深く染みわたる温かい感動に身体全体が包まれたとき、ソウルメイトとの出会いであることに気づかされます。

コミュニケーションの手段が言葉を中心とする理屈の領域を超えた深い潜在意識の領域において、言葉を介することなく『心が通じ合える』関係がソウルメイトと言えます。

異性なら「運命の人」


異性との出会いの中で、コトバの域を超えて、『運命の人』との出会いを経験する人がいます。

異性同士の間で、お互いの外面的な見え方を超えたレベルで、出会って一瞬にして心が通じ合えるフィーリングを体感したとき、『運命の人』と巡り会えた実感を味わうことができます。

『運命の人』との出会いは、予期しないときに突然訪れるものです。

全く心の準備ができていない時に、出会った瞬間に『閃き』を感じて心が通じ合ってしまうのは偶然ではないと言えます。

『運命の人』は、自分の将来を託す人であったり、共に運命を切り拓いていく伴侶であったりします。

『運命の人』は、他の人が代わりを務めることの出来ない、掛け替えのない『深い』存在といえます。

『運命の人』を結ぶ『赤い糸』は、ソウルメイト同士を結ぶ糸なのです。

『赤い糸』は、異性同士の『魂』を固く結びつける役割をもっているのです。

ソウルメイトの特徴

誰もがソウルメイトと出会える訳ではありません。

ソウルメイトと出会うためには、目の前に現れた人が自分にとってのソウルメイトであることを感じ取れる敏感で繊細な感性を備えていなければなりません。

ソウルメイト同士の関係は、『心が通じ合う』、『フィーリングが合う』というコトバが表しているように、自分と相手との価値観や考え方に共通点が多いことが挙げられます。

ソウルメイト同士は、お互いに解り合うための言葉を駆使する会話は必要としないくらい、相手との距離感を感じません。

お互いの間には、言葉による関係づくりは必要ないのです。

言葉による手段を使わなくとも、お互いに心が通い理解し合える関係ならば、ソウルメイトと出会えたと言えます。

ソウルメイトとの関係は、自分と似た人間が『もう一人居る』という状況になります。

心の奥の潜在意識レベルで通じ合っている関係は、『魂』レベルで通じ合っていることを意味しています。

ソウルメイトとの出会いは、『無二の理解者』との出会いとなり、心の奥から実感できる感動を呼び起こします。

『無二の理解者』であるソウルメイトとの間には、様々な共通点が存在することに気づかされます。

価値観や好きなものが共通している

お互いに全く異なる生活環境で育ってきたにも関わらず、ソウルメイト同士には、お互いに似た共通点を多々もっているものです。

共通点として挙げられるものに、『価値観』があります。

日常生活の中で起きる様々な出来事で選択を迫られる場面において、複数の選択肢の中から、お互いに同じものを選択することがあります。

このことは、お互いに物事への判断基準や価値観に共通点があることを物語っています。

また、食べ物の好みや、身に付けるオシャレな服装などの趣向に共通することが多いものです。

食べ物の好みは、身体の体質や健康状態に左右されることがありますので、食べ物の好みに共通点があることは、お互いの体質も似た面があることを意味します。

オシャレをするときの服装に共通する点があることは、着る物を選ぶときの色の好みやデザインの好みなど感性の面で共通する点を持っていると言えます。

また、スポーツや趣味の分野でも、お互いに興味を抱いている点に多くの共通点があることに気づかされます。

全く異なる環境で人生を送ってきた他人同士が様々な面で共通点を見出せることは、ソウルメイト同士であることを物語っています。

気性が合う

気性が合う間柄では意見の相違や衝突をすることがほとんどありません。

意見の食い違いが生じないのは、物事の捉え方や考え方の面で共通点が多いことを意味します。

お互いに一緒の時間を過ごしているときも、お互いに相手の気持ちが分かるほど近い関係になっていると言えます。

意思疎通のための言葉のやり取りを必要としない、気性の合うソウルメイトの関係になっているのです。

ですから、一緒の時間を共にする中で、お互いに気遣うこともなく自然体で振る舞うことができるため、安堵感を共有できるのです。

精神的な繋がりを感じる

精神的な繋がりは、言葉の介在を必要とせずに他人同士の関係を深めることが出来ます。

『魂』と表現できる領域で深い繋がりをもっているのです。

しかし、誰もが『精神的な繋がり』を感じることができる訳ではありません。

『魂』の存在を、日々の生活の中で意識できる人は、他者との間に精神的な繋がりを感じ取ることができます。

一方、『魂』の存在を意識できない人にとっては、精神的な繋がりを感じることが出来ないため、ソウルメイトとの出会いを経験することは難しいといえます。

精神世界の分野に興味があり、その方面の書物を読んだりして、『魂』の存在に興味を抱いている人は、精神的な繋がりを敏感に感じ取ることが出来ます。

深い縁を持つ

ソウルメイトとの出会いは、意図的に引き寄せることが出来るものではありません。

人智の領域を超えたところで、『お膳立て』されるものと言えます。

人の生活レベルを超えた次元で『お膳立て』された出会いが、絶妙なタイミングで他人同士の感動的出会いの場面を創りだしてくれるのです。

ソウルメイトとの出会いに感動したとき、心の中で『深い縁』を感ずることができます。

深いところで準備されていた『お膳立て』が『深い縁』となって、ソウルメイトと出会った人の心に、人智を越えた感動を与えるのです。

『深い縁』は、我々人間が意図的に設定出来るものではありません。

日々の生活の中で、『魂』レベルの存在を意識できる人は、深い縁を持つソウルメイトとの出会いを実感できるのです。

相手の欠点が気にならない

ソウルメイト同士の『フィーリングが合う』関係になると、相手との間に違和感を感ずることがほとんどありません。

ですから、相手の言動や仕草から、相手の欠点を見出すことが難しくなります。

相手の言動や振る舞いから不愉快感や嫌悪感を抱いたとき、欠点として映ることになります。

しかし、ソウルメイト同士は『似たもの同士』の関係になっていますので、相手の言動や振る舞いから不愉快感や違和感、嫌悪感を抱くことは殆どありません。

ですから、ソウルメイト同士は相手の欠点が気にならないのです。

ソウルメイトか見分ける10個の判断基準

ソウルメイトかどうかを見分けるためには、『魂の友』や『魂の伴侶』との出会いが日常生活の中で起こり得ることとして考えることができるなら、ソウルメイトを見分ける『眼』を備えていると言えます。

人生の目標もなく惰性に流された無気力な日々の生活を繰り返しているなら、ソウルメイトとの出会いは起こり得ないと言えます。

『魂』レベルでフィーリングの合う人との出会いは、日々の生活の中で、『感性のアンテナ』を高くしながら生活することで出会いのチャンスが訪れるのです。

惰性に流される生活を送っていると、感性が『眠った』状態になるため、ソウルメイトと出会う機会があっても気づかずに見過ごしてしまうことになります。

ソウルメイトとの出会いは、日々の生活に『新鮮な風』と『快いエネルギー』を運んできてくれます。

自身の人生と真摯に向き合いながら、自分の人生を今まで以上にステップアップさせたい希望を心に抱くことで、ソウルメイトとの出会いの『お膳立て』が高次のレベルで着々と進められます。

日々の生活で起きる様々な出来事から逃げることなく真摯に向き合うことで、結果の成否に関わらず、ソウルメイトと出会う『お膳立て』を自身に引き寄せることができるのです。

ソウルメイトとの出会いを体験できるかどうかは、今まで歩んできた人生の集大成によって左右されます。

自身の人生から逃げることなく正面から向き合ってきた積み重ねの集大成が、絶妙なタイミングでソウルメイトとの『出会い』をもたらしてくれます。

ソウルメイトとの出会いは、人智を越えたレベルで『お膳立て』されるのです。

『お膳立て』の引き金は、あなたのひた向きな人生が『握っている』のです。

ソウルメイトとの出会いは、あなた次第と言えます。

1.一緒にいると自然体でいられる

人同士が知り合って人間関係を創っていく中で、相手との関係を壊したくない一心で相手に『合わせる』ことに神経を注ぐことがあります。

『合わせる』ことに神経を注ぐことで外見は良い関係に見えても、相手と会う度に心が疲れるものです。

一方、相手と一緒にいると自然体でいられる関係は、お互いに相手の人格を認め合っている域に達していることが裏付けになっています。

見ず知らずの他人同士が知り合いになっていくとき、相手の人柄や価値観、言動をどれだけ理解できるかが大きなポイントになってきます。

この点、ソウルメイト同士の関係であれば、相手の人柄や価値観、言動に違和感を抱くこともなく、無理せずに自然に理解できる領域に達することができます。

相手と一緒にいると自然体でいられる間柄は、意図して出来るものではありません。

言葉のレベルを超えた『魂』のレベルで、お互いに相手の全人格を認め合っていることで、自然体で居られるのです。

自然体で居られることは、お互いの心の奥で温かい思いやりの気持ちが交わされているのです。

つまり、『自然体』は『温かい思いやり』に裏打ちされていると言えます。

安心感がある

様々な人間関係の中で、安心感を感得できる関係が築かれていることは素晴らしい関係と言えます。

相手と居ることで安心感を味わえる時間を過ごすことができる関係は、意図的な関係づくりでは無理といえます。

お互いに本心を包み隠さずサラケ出す時期を乗り越えてきたことで、達成できるのが『安心感』です。

安心感は、相手の人柄を認めて信頼し合える関係が築かれていることが前提となりますので、誰もが安易に築けるものではありません。

お互いにソウルメイトの関係にあるからこそ築けるものです。

『魂』のレベルで深く結ばれている人同士は、共に落ち着いた時間を過ごす中で安心感を交わし合うことができるのです。

2.雰囲気や感性が似ている

ソウルメイト同士は、相思相愛の関係、フィーリングが合う関係とも言えます。

ですから、他者から見ると似たもの同士と見られます。

その人のもつ雰囲気は、日常生活における価値観や考え方から導き出される言動や振る舞いによって創られるものです。

ソウルメイト同士は、価値観が共通し、フィーリングが合う関係にありますので、自ずと雰囲気や感性が似てくると言えます。

人が持つ雰囲気は一朝一夕にして身につくものではありません。

日々の生活の中で直面する様々な課題に真摯に向き合うことを繰り返すことで結果の成否に関わらず、その人のもつ雰囲気が出来上がっていくのです。

ですから、ソウルメイト同士の雰囲気が似ているのは、今まで歩んできた人生の積み重ねに共通点があるからです。

その共通点とは『真摯さ』だと言えます。

人生を諦めずに、日々積み重ねることを繰り返すことで、絶妙なタイミングでソウルメイトと出会える機会が訪れるのです。

自分らしくいられる

惰性に流された無気力で安易な人生を過ごしてきた人は、『自分らしさ』を持ち合わせていません。

つまり、個性を『置き忘れた』日々を繰り返すことになり、無個性で自分らしさのない人間になってしまうのです。

一方、自分の人生から逃げずに責任を持ちながら歩んできた人は、人生の積み重ねの賜として『自分らしさ』を持ち合わせています。

ソウルメイト同士は、お互いに相手の人格を認め合っていますので、相手に包み隠さず自分をさらけ出すことができます。

ですから、ソウルメイトと居るときは、ありのままの自分で居られるのです。

つまり、安心して自分らしく居られるのです。

言葉や見た目のレベルを超えて、『魂のレベル』で深くつながっているため、相手の一挙手一投足を気にすることなく、自分らしく自然な振る舞いで居られるのです。

自分らしく居られる人は、自分の人生を主体的に考えながら歩んできた人にできることです。

ソウルメイト同士は、お互いに相手の『自分らしさ』を認めて理解し合った関係なので、自分らしく居られるのです。

3.言葉にしなくても相手の考えがわかる

ソウルメイト同士は、フィーリングの合う関係にありますので、心が通じ合っています。

『魂』レベルで通じ合っているソウルメイト同士は、言葉を介することなく相手の考えを理解することができます。

自分の考えを言葉で相手に伝える手段は日常の生活の場面で多くみられます。

様々な人間関係の中で、お互いに理解し合えていない関係ほど沢山の言葉を駆使して自分の考えを相手に伝えて、理解してもらうことに必死になるのです。

一方、お互いに理解し合えていて、心が通じ合っている関係が築かれているとき、多くの言葉を介さずとも、お互いに相手の考えがストレートに分かるのです。

気を遣わない

ソウルメイト同士は、心の奥で意思が通い合っているので、お互いに相手のことを『良き理解者』として信頼しています。

お互いに心が通じ合い信頼関係が築かれているとき、多くの言葉を駆使したり、気遣い合ったりする必要がなくなります。

ですから、お互いの関係を維持していくために気を遣わないのです。

4.人生の岐路で出会う

人の人生には、将来を左右する大切な節目の時期が必ず訪れるものです。

特に、様々な人生の課題を乗り越えてきた人にとっては、大切なターニングポイントになったり、ステップアップポイントになったりします。

日々の生活の中で直面する様々な『壁』に直面したとき、乗り越える突破口を無意識のうちに探すことがあります。

目の前の『壁』に立ち向かうか、または逃げるかは自分次第です。

『壁』から逃げる安易な道を選択した人には、『人生の岐路』は出現しません。

一方、目の前の『壁』に立ち向かう道を選択した人には、人生が好転するキッカケが予期しない絶妙のタイミングで訪れます。

好転するキッカケは、ソウルメイトとの出会いを『お膳立て』してくれた高次の存在からの計らいにより、もたらされます。

人生の岐路で出会う、ソウルメイトとの出会いこそが、人生を好転させるキッカケになるのです。

人生にとって大切な岐路で出会った、あなたの目の前のソウルメイトこそ、最適な岐路の選択ができるようにサポートしてくれる存在となります。

落ち込んでいるときや迷っているときに出会う

人は、日々の生活の中で、落ち込んでいるときや迷っているときには、苦しさのあまり、『手助け』を求めることがあります。

心の奥からの叫びが助けを求める行為、言動となって現れてきます。

ソウルメイトとの出会いを実感できるようになるためには、心の『アンテナ』を高くして敏感に反応できるように、自身の感性を繊細にしておくことが大切です。

自分が落ち込んでいるときや迷っているときは、自身のエネルギーが放電しっぱなしの状態なのでエネルギー欠乏に陥り、心身共に疲れてしまいます。

あなたが出会えたソウルメイトは、落ち込み迷っている状態から『手助け』してくれるエネルギーを与えてくれる存在になります。

5.共通点が多い

ソウルメイト同士の間柄では、コミュニケーションのためのコトバを必要としないほど、『魂』のレベルで通い合っています。

ですから、お互いの価値観や考え方、物事の捉え方に多くの共通点を見出すことができます。

共通点が多いほど、お互いの理解のためのコトバの駆使は必要なくなります。

ソウルメイト同士の間柄では、異性、同性に関わらず、性別の違いを乗り越えたレベルで、たくさんの共通点を見出すことができます。

そんなことまで⁉︎ということも

一般的な人間関係では、お互いに、相手のプライベートの領域に立ち入り過ぎないように、また干渉し過ぎないように気遣い合うことが多々あります。

ですから、『相手のことはよく分からない』という状況になっていくのです。

一方、ソウルメイト同士は心の深いところまで通じ合っている間柄なので、一般の間柄ではあまり起こり得ない、親の出身地が同じ、誕生日が一緒、血液型が同じなど、稀な部分が共通点になるケースがあります。

ソウルメイト同士は、『似た者同士』と言われるとおり、相手との共通点が多いため、『そんなことまで共通している』という驚きを感じることがあります。

6.偶然何度も出会う

ソウルメイト同士が意図せずに偶然出会うことがあります。

ソウルメイト同士は、行動時間帯や行動範囲、行動場所が似てくることがあります。

このため、ソウルメイトが出会うタイミングは、偶然ではなく『必然性』を持っていると観られることがあります。

ソウルメイト同士は、趣味や興味を抱いている分野が共通していることから、行動場所が同じになることがあります。

また、ソウルメイト同士は『波長が合う』とも言われています。

同じ波長が同調し響き合うように、『引き寄せ合う』現象が働いて、偶然に何度も出会うことがあります。

待ち合わせた訳でもないのに

チョットした時間に一休みのつもりで喫茶店に入りコーヒーを飲んでいると、偶然にソウルメイトも喫茶店に入ってくることがあります。

お互いに『バッタリ出会う』場面に遭遇することになります。

お互いに意図した訳でもないのに、予期しない出会いに気持ちが一気に高まることがあります。

ソウルメイト同士の行動パターンには共通する部分があるため、『待ち合わせした訳でもないのに』出会えたことは、お互いに『共通する点』が引き起こした『必然的』現象とみることもできます。

無意識のうちに心の奥で相手と出会うことを求めていた結果の現れと言えます。

7.喧嘩しても嫌にならない

喧嘩には、日頃の人間関係の善し悪しによって様々なケースがあります。

日頃の人間関係が上手くいっていない者同士の喧嘩は、お互いの心を傷つけ合うほど激しくなり、関係修復が不可能になることもあります。

一方、日頃の人間関係が上手くいっている者同士の喧嘩は激しくなることもなく、お互いの誤解を解く程度の『ガス抜き』で収まることが多いです。

特に心の深いところで結ばれている関係にあるソウルメイト同士が喧嘩をすることは稀ですし、喧嘩をしても相手の心を傷つけることもなく、一見、日常会話のように静かな喧嘩で収まります。

ですから、喧嘩がキッカケとなり、相手を嫌になることはありません。

むしろもっと仲良くなりたいと思う

ソウルメイトとの出会いは誰にでも起こることではありません。

必然と偶然が織りなす希有な関係により導かれた者同士が出会うことになるのです。

特に異性同士の出会いでは、『運命の糸で結ばれた出会い』という深い感激や感動でお互いの心が包まれます。

お互いに引き合う感情が『もっと仲良くなりたい』という熱望へと発展することがあります。

相手のことをもっと良く知って、もっと仲良くなりたいという強い欲求を抱くようになります。

もっと仲良くなりたいと思う感情は、『私のことをもっと知って欲しい』という相手への強い欲求が心の中で渦巻いていることを物語っています。

異性同士のソウルメイトとの出会いは、『仲良くなりたい』感情が次第に高まり、深い愛へと進展することが少なくありません。

8.自分よりも相手の幸せを願う

ソウルメイト同士は心の奥の深いところで、お互いに相手を大切に想う気持ちで強く結ばれています。

相手を大切に想うあまり、相手が今まで以上に幸せになることを望んでいます。

相手が幸せになることで自身も幸せになるという『一心同体』の心理状態になっています。

特に異性同士のソウルメイトの関係では、心の深い結びつきに恋愛感情が重なってきますので、相手への強い想いは、深い『縁』の結びつきを彷彿とさせるものがあります。

ソウルメイト同士が相手を想う感情の特徴としては、自身のことよりも相手のことを優先して考える傾向が強いです。

様々な人間関係の中で、相手の幸せを優先する献身的意識を抱く関係は、ソウルメイト同士の『心が響き合う』ことで生ずる特徴と言えます。

相手を優先する

ソウルメイト同士の関係では、自分だけが幸せになっても心が満たされることがありません。

相手の幸せが最優先されて、その上で相手が幸せになっている裏付けがあってこそ、自分の幸せが訪れるという意識を抱いています。

相手とは『一心同体』という意識が根底にあるため、相手の幸せな姿を観ることで、自分が安堵感に包まれて幸せになれるという献身的心理状態にあるのです。

9.誕生日や血液型などが同じまたは近い

ソウルメイト同士の関係は、様々な人間関係の中でも特別な親密度を秘めた『つながり』があります。

『魂の兄弟』、『相思相愛』と言われる通り、精神的なレベルで通じ合っていますので、価値観や物事の判断基準などに共通点をもっています。

また、身体の面でもお互いに共通点をもっているケースがあります。

例えば、ソウルメイト同士の血液型が同じだったり、誕生日が同じまたは近い日付だったりします。

こうした共通点が偶然とは思えず、必然性を持っているという印象をお互いに感じ合うことになります。

全くの見ず知らずの人間同士が、あるキッカケで知り合いになり、多くの時間が経っていない段階で、お互いの繋がりがドンドン進展していく様は、『魂』レベルの『成せるワザ』と言えます。

誕生日が一緒とか血液型が同じなどの共通点が『見えない引き金』となり、お互いを引き合わせる『縁』の働きをしたことで、ソウルメイトとして出会うことが出来たのです。

自分が違う場合家族が同じ条件かも

ソウルメイトの関係は、当人同士に限られるものではありません。

お互いの家族など身近な人に少なからず共通点を見出すことができます。

当人同士には、共通点が少ない場合でも、お互いの家族にまで視野を広めて、父母世代や祖父母世代まで遡ると、出身の地元が同じ地域だったり、親族に同姓同名が居たり複数の共通点に気づかされることがあります。

このような共通点は、『偶然』の一言では片付けられない深い『縁』をソウルメイトの心に定着させます。

ソウルメイト同士は、お互いの家族世代の『縁』が導いた『必然』として、深い繋がりを改めて実感させられる心境になります。

10.長時間一緒にいても気を遣わない

ソウルメイト同士は、長時間一緒に居るトキを過ごしていても、価値観や考え方に違和感を覚えることがないため、お互いに気を遣うこともなく自然に振る舞うことができます。

人間関係の中には、お互いの関係を壊さないようにするために、相手に気づかれないように心の奥で様々な気遣いをして『関係維持』に努めることがあります。

職場の中の人間関係では、お互いに価値観が合わないときも、仕事をスムーズに進めるために関係を維持する努力にエネルギーを注ぎ込むケースは少なくありません。

一方、ソウルメイト同士は、お互いに『波長が合う』関係に裏打ちされていますので、相手への気遣いにエネルギーを注ぎ込む必要がありません。

お互いに長時間一緒に居ても、同じ波長で『同調し合って』いるため、気を遣わない自然な振る舞いのできる時間を共有することができます。

深い安心感がある

ソウルメイト同士の間には、お互いを気遣うためのコトバを必要としません。

『魂』レベルの心の奥深いところで『結ばれている』ことを感じ合うことができるため、お互いに一緒の時間を共有しているときも、深い安心感に包まれています。

お互いの価値観が一緒であることや『波長が合う』ことを日々の生活の中で実感できているため、お互いに『最高の理解者』としての関係が築かれています。

人間にとって、自分の最高の理解者が身近に存在することは、大きな安心感で心身が包まれるものです。

ソウルメイトに出会うためには

ソウルメイトに出会うためには、日々の生活で織りなされる様々な人間関係から逃げずに、自分が出来る最大限のコミュニケーションを駆使して真摯に向き合うことが大切です。

真摯に向き合った結果の善し悪しに関わらず、最良のタイミングにソウルメイトと出会うことが『魂』のレベルで『お膳立て』されます。

また、日々の生活を惰性に流されながら無気力に過ごすことはせずに、自身のレベルアップを何時も意識しながら生活を『進める』ことが大切です。

私生活の面や仕事の面で、自分の持つ『チカラ』を諦めずに信じて日々を一歩一歩『歩む』ことで、『絶妙』なタイミングでソウルメイトと出会うことができます。

絶妙なタイミングに出会ったソウルメイトは、あなたのレベルアップをサポートしてくれる最高の理解者であることに気づかされるのに多くの時間を要しないことでしょう。

あなたが意図的に、ソウルメイトとの出会いに奔走しても、出会えるものではありません。

あなたに備わっている感性が『曇らない』ように、日頃から『素直さ』を大切にした生活を続けることで、ソウルメイトとの出会いに気づく感性が磨かれて繊細になることができます。

あなたの感性に『曇り』があると、ソウルメイトとの出会いがあっても、あなたは気づかずに見過ごしてしまうことになります。

ソウルメイトとの出会いは、何度も起きることではありません。

『魂』のレベルで『お膳立て』されて、絶妙のタイミングで目の前に現れるのです。

決して、意図してできる事ではありません。

ソウルメイトとの出会いは、あなた自身が今まで歩んできた人生の『姿勢』の集大成が『運んできてくれる』のです。

ソウルメイトとの出会いは、あなた次第です。

理想を追い求めすぎない

人は理想を追い求めすぎると言動が『浮き足立って』きます。

地に足の付かない浮き足だった日々の生活を過ごすことは、自分の人生が、周りの人々に振り回される『浮いた』人生になってしまいます。

自分の人生でありながら周りの人の考えに右往左往する『家主不在の家』のような状態に陥ることになります。

つまり、『自身不在の自分』になってしまうのです。

自分の将来の人生を考えるとき、『地に足の付いた』理想を描くことが大切です。

自分にとって実現しやすい身近な理想からスタートして、1つひとつ実現させながらステップアップさせて、同時に理想もレベルアップさせていきましょう。

地に足の付いた理想を描くことを繰り返していくことで、自分に自信が芽生えてくることを実感できるようになります。

自ら育てた自信は、人生の大きな課題に直面したときにソウルメイトとの出会いを『運んで来て』くれます。

このとき出会ったソウルメイトは、あなたと同じ価値観を共有できる最高の理解者であることに気づかされることでしょう。

前向きに生きる

日々の生活の中で直面する様々な『壁』から逃げないことが大切です。

人生の中で『逃げ癖』の安易さを味わうと何度も繰り返すことになります。

逃げの人生を繰り返すことで、惰性に流された無気力な人生に陥ります。

無気力な人生を送る姿では、自分にとっての良き理解者に出会うことはできません。

つまり、ソウルメイトと出会う『芽』を自ら摘んでしまっているため、良き理解者が目の前に現れることはありません。

あなたが、ソウルメイトとの出会いを待ち望むなら、自身の生活の中で起きる様々な『壁』に真摯に向き合うことが大切です。

真摯に向き合い前向きに生きることで、結果の成否に関わらず、自分の気づかないところで、ソウルメイトとの出会いが『お膳立て』されていきます。

そして、最良のタイミングでソウルメイトと出会うことになります。

日々の生活の中で、無気力な惰性に流された『自分不在』の人生を断ち切ることが大切です。

前向きに生きることで、自分自身がソウルメイトとの出会いを『運んで来る』のです。

常に感謝の気持ちを持つ

ソウルメイトとの出会は、日々の生活の中で織りなされる様々な人との出会いが下地になって、『お膳立て』されるのです。

私生活の場面や仕事の場面で繰り返される様々な人との出会いには必然性が伴うことが少なくありません。

様々な人との出会いにより『自分は成長できた』という、感謝の気持ちを常に持つことが大切です。

あなたの心に感謝の気持ちが根付いたとき、最高の理解者であるソウルメイトとの出会いを引き寄せるキッカケとなる『赤い糸』が結ばれます。

まとめ

ソウルメイトには、相思相愛、魂の兄弟、無二の間柄など様々な意味が込められています。

ソウルメイトと出会う機会を持てる人は、自分の今まで歩んできた人生の集大成が『出会うキッカケ』を創ってきたのです。

あなた自身が歩んできた、今までの日々の真摯な積み重ねが、ソウルメイトとの出会いを『お膳立て』したのです。

ソウルメイトとの出会いは、他力本願ではなく、『自力本願』なのです。

私生活の場面や仕事の場面で織りなされる様々な人との出会いや課題から逃げずに真摯に向き合うとき、絶妙なタイミングでソウルメイトとの出会いに歓喜することができます。

ソウルメイトとの出会いは、あなたが今まで歩んで人生の『映し鏡』です。