CoCoSiA(ココシア)

関係をシャットダウンしたくなる嫌な友達・同僚の20個の特徴


人にはそれぞれ個性や感性といったものがありますが、これは他人が介入することの出来ない他者との境界線です。

個人による考え方は、その人が生きてきた環境や経験してきた出来事によって大きく変化します。

個々の価値観や感受性によって、ものの感じ方は違うということなので、同じことを見たり学んだりしても頭の中にインプットされる内容や捉え方が違うということ。

こうした価値観が合わない人とは、どうしても相容れず互いに理解し合う事は難しいでしょう。

仲が良い友達や家族の間でも、全ての価値観が一致する事はなかなかありません。

シャットダウンしたくなる友達はいませんか?

人付き合いとは、非常に複雑なもので、いつも円満に築いていけるものではありません。

「この人とは全く考え方が違う」「この人の意見には全く共感できない」と思うような相手が身近な所にいる人も少なくないでしょう。

相手の気持ちや考え方がどうにも理解できず付き合い方が分らなかったり、話をするだけでイライラして疲れてしまうようなこともしばしば…。

「もうこの人とは付き合いきれない!」「この人と一緒にいたくない!」など、一切合切の関係を絶ちたくなるようなこともあるのではないでしょうか。

時にはイライラした感情が一周回って「もしかしたら、こんな考えを抱いてしまう自分は心が狭いのだろか…」なんて落ち込むことありますし、「周りの人はこういう人をどうやって対処しているのだろう」と気になることもありますよね。

こんな感情に悩むのは決して珍しいことではなく、多くの人が抱えている問題です。

皆さんがこんな風に“シャットダウンしたいと感じる人達”には、きっと共通点があることが多いんです。

シャットダウンしたい友達・同僚の特徴20個

多くの人が快く思わない人のタイプはおおよそ、苦手だと思う要素が共通しています。

大多数の人から見て、厄介だと思われる人にはごく一般的だと思われる常識や礼儀が不足しているものです。

例えばどんな人が当てはまるか一例を見ていってみましょう。

マウンティング野郎

最近良くネットで話題に上がるようになったの“マウンティング女子”や“マウンティング野郎”という言葉。

これは一体どんな人を表しているかというと、言葉から連想する状況を思い浮かべると歴然です。

格闘技の試合のワンシーンを想像してみてください。

マウントポジションをとっている人は、相手をガッチリ押さえ込んでいますよね。

自分に優位な状況を作り出して、相手を見下ろしているのは強者として力を誇示していることになります。

マウンティング女子or野郎と言うのは、これと同様に相手より常に優位な状況に立って、力をアピールするような振る舞いをする人のことです。

こういう人は自分のことを人とは違う秀でた存在だと思っているところがあり、いつでも人より優れたポジションにいなければ気が済まず、他人を自分より劣る存在としてしたに見ています。

一見なんてことない会話ややりとりの中で、相手の言葉の端々に嫌味や変な含みを感じてモヤっとすることってありますよね。

マウントをとりたがる人は、物理ではなく言葉で相手を殴りつけてきます。

特にこれは女性同士の間で起きることが多く、人が言葉巧みに自分の優位性をアピールしてきます。

「〇〇ちゃんはもっとお洒落したら可愛くなるのに〜、もっとこういうメイクしてみたら?」なんていう言葉も、なんてことない一言に感じるかもしれませんが裏を返せば「今はお洒落でもないし可愛くない」ということです。

相手を褒めつつも自分が上であることを示しているわけですね。

言われた側からすると嫌な気持ちになるでしょう。

こうした女性特有の服装やメイクに対して、相手の個性を否定し、求めてもいないアドバイスやスタイルを強要することを“おしゃれレイプ”ということもあるらしい…。

話をしていて「あ、なんか今マウント取られてるな」「もしかしてバカにされてる?」と思ったことがある相手はマウンティング野郎かもしれませんね。

【マウンティングについては、こちらの記事もチェック!】

自慢大好きなやつ


何かにつけて自慢話をしてくる人は、会話をしていてウンザリしますよね。

聞いてもいないのに自分の話ばかり…こういう自慢大好き&自分大好き人間は“謙虚さ”や“思いやり”という類のものが少々かけているところがあります。

仮に自慢するにしても、話の内容やその人自体に魅力があって面白いのであれば良いのですがただただつまらない話していてだと聞いている側としては苦痛でしかありません。

気のない相槌をしても全く勢いが衰えないともなると本当に厄介ですよね。

新しいものを買ったことをアピールして、やたらお金を持っているアピールをする人。

学歴自慢や家族自慢、過去の武勇伝などなど、どんなことも自慢に繋げられるというのはある意味才能です。

特に人が話している話題に便乗して「そうなんだ〜、実は私も〇〇なんだよね」と言ったように必ず自分に変換した話題にすり替えてくる人は、先程紹介したマウンティング野郎と同様に“自分のほうが凄い”というアピールをしているんです。

お返ししない人

何かをもらって当たり前、してもらって当たり前だと考えている人は人から貰うことはあってもそれに対してお返しをすることがありません。

お土産をもらったけど、人には買ってこない。