どんな人でも、大なり小なり間違いを犯すものですね。

大きな間違いを犯す人もいますし、些細な間違いで済む人もいます。

間違ったとき素直に自分の非を認めることは思いのほか難しいものです。

自分のことはよくわからないのですが、私は人を見ていて間違いを認めない人って本当にみっともないなと思うのです。

そして人のふり見て我がふり直せ、といわれているように感じることもけっこうあります。

仕事や日常生活における間違いであれば間違いに気づいたときに、今度は同じ間違いを犯さないようにするために何ができるのか考える必要があります。

そしてもっと大きな間違い、たとえば人生上の間違いをやらかしたと思ったときはどうしたらいいのでしょうか?誰にも自分の非を突かれることがない間違いはかえって自分を苦しめるのかもしれないですね。

間違いかどうかなんて誰にもわからないという場合も多く、自分だけが「人生を間違った、選択を間違った!」と思いこんでいる場合もあるのではないでしょうか?

今回は間違いを認められない人の特徴をまとめてみました。

️間違いを認められない人の15個の特徴

プライドが高い

プライドが高いのです。

自分の非を認めたら自分が負けたような気持ちになる、もしくは自分の評価が下がると思えるのです。

でもこれは逆にますます自分の評価が下がることになる態度ですがそれになかなか気づけません。

ただ、誰にとっても自分の非、間違いを認めることは難しいことだといえます。

自分の無能さ、弱さをさらけ出すような気持ちになるからです。

プライドが高い人にとって大切なものは「自分の評価」です。

自分の評価が下がることは受け入れがたいことなのです。

強そうに見えて実は傷つくことにおびえているのかもしれません。

自分が間違いを犯して、その非を認めないだけでなく、自分より優秀な人や恵まれた人の間違いやあらを見つけて批判することも見受けられます。

そしておもしろいことに、自分より劣った人のあらを見つけても批判するのです。

結局批判の多い性格といえます。

自分より優秀な人も自分より劣っていると思える人も批判するのであれば、自分と同等だと感じられる人に対してはどうなのでしょうか?
何をもって優劣を決めるのかは今は横に置いておいて、すべてにおいて同じくらい出来る人、劣った人というのは存在しないですよね。

そして微妙な優劣はあくまで主観的なものです。

プライドの高い人はその微妙な違いを見つけ出すのも長けています。

プライドの高い人は「人との比較」が心の寄り処になっていますので比較できない状況が嫌だという深層心理があります。

そして比較、競争においては常に自分が勝者でなければいけないのです。

「プライド」というのはいい意味でのプライドはその人を魅力的に見せることがあると思うのです。

本当の誇りに満ちた人は男性であっても女性であってもある種の輝きに満ちているものですが、見栄からくるプライドほど人を安っぽく見せることはないですね。

【プライドが高い人については、こちらの記事もチェック!】

完璧主義


自分の間違いを認めたくないという人は往々にして完璧主義です。

完璧主義というのはどういう人のことをいうのかというと、ウィキペディアでは、「万全を期すために努力し、過度に高い目標基準を設定し、自分に厳しい自己評価を課し、他人からの評価を気にする性格を特徴とする人のこと」とあります。

または、「定められた時間、限られた時間の内にて完璧な状態を目指す考え方や、精神状態のことであり、このような思想を持ったものや、そのような心理状態の者」とあります。

このような人が何か間違いをしてしまったときにはそれを認めることは自分自身を否定するように思うのでしょうね。

完全主義は気をつけないと健康をも蝕んでしまいかねません。

グータラに生きよとはいえませんが、鷹揚さも必要です。

ただ性格は変えられないですから、いかに良い方へ発揮するかですね。

保守的なスタンス

間違いを認められない人は従来からの考え方ややり方、伝統を尊重する傾向があります。

いわゆる保守的な人たちである場合が多いです。

急激な変化や改革などを疎ましく思う傾向もあります。

改革派は、むしろ間違いを犯しつつ前進していきたいという気質があるかもしれません。

新たなこと、伝統や従来のやり方を少しずつ壊しながらでないと改革や変革はできないものです。

保守性と間違いを認められない性格の間には一見、関係性はないように思えませんか?
でも実はあるのですね。

変化すること、壊していくことにどこか恐怖心がある頑固者というわけです。

指摘されるのを嫌う


指摘されるのが嫌いなのです。

誰でも人からの指摘は受けたくないものですよね。

人からの指摘が嬉しくて仕方ないというのは逆におかしいです。

指摘されることによって何か他に目的や利益がある場合などではないでしょうか?たとえば好きな人と話ができるなどです。

人に指摘をされずに済むのであればそれにこしたことはないですね。

自分の間違いを認められる人は指摘をアドバイスととらえることができます。

アドバイスは次に活かそうとできるのですが、自分の間違いを認められない人たちは指摘は人から怒られた、責められたと受け止め、ひどい場合には自分を攻撃してくる!とまで思いこむ人もいます。

以前職場にいた女性で、上司からちょっとした指摘を受けるたびに、会社をやめたいという人がいました。

その人は指摘を受けたことがやめたくなる理由だということに自分でも気付いていたのでまだ救いがあったのですが。

年をとってくると周囲には自分より年下の人が多くなってきます。

年齢や立場は自分より下の人たちが増えるに従って、自分はその中で指摘される立場に甘んじたくないという気持ちにもなるようです。

そしてもし若い時からその傾向にあるのであれば、もともとそういう気質があると考えてよさそうですね。

また、もう1人は、自分がした仕事を人に一通りチェックしてもらわなければいけない立場にありました。

チェックしてもらわなければいけないということは間違いを指摘されることも多くなるということは仕方のないことです。

チェックが必要なのですから精度を望まれている職種でもあるのです。

人間がすることですからどうしても間違うこともあり、チェックする人から指摘されることも出て来ますが、それがどうしても受け入れられない様子でした。

こまるのはチェックをしているほうの人間です。

仕事だからチェックをしているのに指摘されることが受け入れられない同僚に気を使いながらの指摘になってしまいます。

人間関係にも支障が出て来るのです。

言い訳する

言い訳する姿って本当にみっともないなと、人を見ていて思うのですが、ついついやってしまいがちです。

「でも」「だって」が口癖

「でも」「だって」という言い訳としての口癖がいつも出て来ます。

でも、だって、は間違いをしたのだけれど、〇〇な理由があったため仕方なくそういうことになってしまった、ということが言いたいのです。

そしてだから自分はさほど悪くない、もしくは全然悪くない、ということまでも言いたいのです。

周囲からは言いわけがましい人だという目でみられるようになります。

人の言いわけを聞く方も嫌ですよね。

ドラマや映画の2枚目役の主人公や、シンデレラストーリー役の主人公がセリフで「でも」「だって」を連発するのを想像できるでしょうか?
それらのセリフひとつで2枚目が台無しになってしまいますよね。

責任転嫁する

でも、だってという言葉で自分の非を認めず、周囲に自分には非はないということを認めさすためには間違いの責任を人や他のもの、出来事に転嫁しなければいけません。

いつも巧みにそういったことを行う人がいますが、責任転嫁しているということはすぐわかってしまいます。

周囲にいる人への迷惑もたびたびになってきます。

責任転嫁しようとする真理とはどういうものかというと、自分が罪悪感でとても苦しんでいるのでくるしいのです。

苦しくて苦しくて仕方がない、誰かに手渡してしまいたいのが罪悪感というものです。

ある老人の話です。

人は年をとると物忘れが激しくなったり、若いころにはなんなくできていたことが上手くできなくなるようになることがあります。

そのことを一番よくわかり、気付くのは自分自身なのです。

どうしてできないのだろうと悲しく思うのも自分自身です。

年をとると強情になり人のいうことを聞かなくなるのは自分が老いて変わっていく姿を認めたくなくて、そしてその苦しい思いをどこかへやってしまいたいからなのかもしれませんね。

素直になれない

結局素直になれないのですね。

人が幸せに生きていくためにはこの「素直さ」がとても大切になってくるのではないでしょうか?
でも素直とは人のいいなりになることではありませんね。

ありのままを掛け値なしに見ることができるということです。

何をありのまま見るということなのかといえば、周りの出来事も、自分自身の言動も、そして自分の気持ちもです。

何かを変えようとするのではなく、そのものをあるがままにしておけるということには強さが必要です。

素直な人は強い人です。

謝罪ができない

人に謝ることができないという人がいました。

その人は言い訳もしないかわりに謝ることもできませんでした。

素直になれないと人に謝るということができません。

確かに間違いが何度か続いたときには謝罪したくなくなります。

その気持はとてもよくわかります。

「またか~」なんて人に思われるのが嫌で、誤ると自分の非を認めてしまうことになるので苦しいのです。

できれば出来た人間だと思われたいというのは誰でも持っている気持ちなのではないでしょうか?
ただ、あまりにも謝罪が出来ない人というのは、謝ると次からもっと責められるのではないかという気持ちも働いているのではないでしょうか?それだとますます謝罪できない人間になっていきます。

私は「バカで不出来な人間だと思われるととてもうれしい」という人はちょっとおかしいです。

だからこそ謝罪できる人は強いのですね。

それと、これは私の場合なのですが、間違いをしたとき最初は素直に非を認め反省もでき、謝罪もできるのですが、そこで性懲りもなく同じ間違いをまたしてしまったときに愚かさが出るなと感じます。

最初こそは素直になれるものの何度か目には「もう素直に謝罪するのは嫌だ!」になってしまうのです。

結局1回ならいいけど、続いてやってしまうと、「なんて愚かなんだ」と思われるに違いないと思って素直になれなくなるのです。

何度も間違いを犯すこと自体愚かなのにそれを認めることができないとなれば本当の愚か者ですね。

被害妄想しがち

間違いを認められない人は被害妄想しがちです。

指摘するほうは相手の人格まで否定する気などないのに間違いを指摘されることを自分自身を否定されているように感じるのですね。

犯してしまった間違いと自分自身を同一視してしまっているということです。

そして人が自分を攻撃してくるように思っているのかもしれません。

強情な性格ゆえ間違いを認められないということには間違いないですが、本来は被害妄想に陥っている気が弱い人なのかもしれません。

被害妄想の気がある人は、些細なことでも自分が被害を受けている、と大袈裟に考えてしまうようです。

「人はみんな自分を嘲笑っている」「自分間違えたことで人は自分を軽く見る」「どうせ自分はとるにたらない人間だ」「自分は本当にダメな人間だ」「何の才能も無い」。

もしかしたらその先に「自分など生きている価値がない」などとのたまうかもしれません。

ある女性で、「いいことを考えない」という人がいました。

自分に起こることはすべて悪い結果へと転がるとでもいいたげです。

その人の後輩がなにげなく「先輩のいないときに先輩の話をした」と言ったときでした。

するとその女性は烈火のごとく怒り始めたのです。

自分がいないときに悪口を言われたと勘違いしたようです。

話しをしたといっても悪口ではなかったので、後輩は驚きました。

でも問題なのはその後です。

その女性も自分が悪口をいわれていたのではなかったとわかりだしたようなのですが、後に引けなくなってきたのです。

意地っ張り

意地が張っている、意地っ張りです。

折れたら負けだとばかりにずっと意地を張った状態かも知れません。

気が強いということと意地っ張りは少し意味合いが違います。

気が強くても素直で意地っ張りでない人はいます、そして気が弱くておとなしく見えるけれど意地っ張りという人もいます。

自分の間違いを認められない人というのは、内心では間違いに気付いているにもかかわらず、意地を張って認めないという場合がほとんどです。

意地はいったん張り出すともとにはなかなかもどれないです。

ちょっと話はオーバーになりますが、喧嘩でも戦争でも、始めるより終わらせる方が難しいといわれています。

意地は張りすぎると自分が損をするだけです。

極端な自己評価

間違いを認められない人は自己評価が極端な人が多いようです。

自己評価は他人と比較、照らし合わせた自己評価と自分を尊ぶ気持ちを持ってどんな自分でも受け入れられるという意味のものがありませす。

後者の場合は自己評価は高ければ高いほどいいのですが、問題は前者の場合です。

自分の価値を他人と比較することでしか認められなくなると、その人といる周囲の人も疲れ、本人も疲れるはずです。

高すぎる自己評価

前者の意味で自己評価が高いと、自分より何かで劣った人を見下したりしがちです。

でも実際は他の部分で自分の方が劣っているところがあるものです。

高すぎる人は劣っている部分があることを認めたくないのかもしれませんね。

ある自己評価の高すぎるA人さんは、自分はどんな仕事でもこなせるという自信があります。

新しい仕事に取り組む際、きちんとした手順を踏むことが面倒くさくなるのです。

一見重要ではないようなところを飛ばして仕事を進めるので、手際も良く仕事も早いのですが、いつもいつもそう上手くはいきません。

手順を飛ばしたために大きな間違いを起こすことがあるのですが、その間違いをなかなか認めることができないという典型的なタイプです。

低すぎる場合もある

自己評価が低い人はいつも劣等感を持ち、自分のダメさ加減に嫌気がさしているかのようです。

自己評価が低い人はたとえそれが失敗ではなくても失敗だと思いこみます。

誰のせいでもないことを自分のせいだと思ったり、どうでもいいことを重大な過ちで取り返しがつかないことになったと悩んだりもします。

挙句の果てには自分の運命そのものが上手くいくはずがないものだとでも言いたいようです。

ある自己評価のとても低いBさんは、休みの日に友人と一緒に食事がしたいと誘いました。

その日はたまたまその友人の都合が悪くて断られてしまったそうです。

Bさんはそんなときいつも自分といると人は楽しくないのではないかと考えてしまうというのです。

誰でも都合が悪いときがありますがBさんはいつも原因は自分にあると考えてしまうそうです。

先に被害妄想のことをお話ししましたが、自分の劣等感のせいで被害妄想へと陥ってしまうのですね。

自分が好き

自分のことが好きという人も嫌いという人も結局のところ、自分のことを好きになりたいという気持ちは同じだと思います。

自分のことが嫌いということと自分のことが好きということには大きな差があるようである意味表裏一体です。

いい意味で自分のことが好きだというのはいいのですが、悪い意味で自分が好きというのはちょっと困りものですね。

いい意味で自分のことが好きな人は本当の自尊心があるのだと思います。

天上天下唯我独尊とお釈迦さまも言いましたが、これは自分という存在は他に代わることができない命であり、この命のまま尊いものなのだ、という意味です。

誰と比べるものではなく、自分の命がこれほど尊いのであれば、自分と同じように人の命も他に代わることができない尊いものになります。

本当の自尊心のある人はそのことがわかっている人、悪い意味で自分のことが好きな人は、人を蹴落してでも自分が優位に立ちたい、優位に立てる自分が好きな人といえます。

責任感がない

自分の考えや行動が間違っていた場合、それを認めるということは最後まで責任をもつということにつながります。

行動を起こして、それが正しいのみ認めて間違いなら認めないというのはおかしいと思いませんか?
どんなことでも結果まで引き受けてこそ責任があるといえます。

責任感がない人というのはほかにどういう特徴があるのでしょうか?
自分がしなくても面倒なことは他の人がやってくれるだろうという人任せ、言いわけばかりで失敗は人のせい、手柄は自分のものといったところがあります。

また、人から言われたことはするが言われないとしないという人もいます。

こういう人はたとえば仕事などは、人からいわれて自分がやるべきことだけをするので、やることで目いっぱいということが少なく失敗も少ない傾向にあります。

それでも人間ですから間違うこともあるでしょう。

そんなときは、平然とその場からいなくなったりします。

視野が狭い

それはどういうことかというと自分の目の前のことしか見ようとしない視野の狭さがあるのです。

視野を広げてみることができれば、間違いを認めることのメリットや認めてこそ自分の気持ちもすっきりして、成長もできるということがわかるはずです。

視野のせませは世間の狭さ、そしてこれからの人生の明るい展望も遮るおそれがあります。

人に嫌われるというおおきなデメリットを考えられないのですね。

まあ、人から嫌われようが好かれようが構わないという開き直りもある意味必要ではあるのですが、それを間違った方向に使わないようにしたいものです。

本当は少し気付いている

そして本当は少し気付いているものなのです。

気付いているからこそ認められないのです。

できればちょっと気付き始めたのなら自分で対処したいですね。

️間違いを認めないデメリット

間違いを認めないデメリットはいくつかあります。

間違いを認めてこそ先にすすめるはずなのにそれをしないということは成長ができない、人からの評価が受けられない、自分で本当は気付いているので、こころのどこかにすっきりしない物を隠し持つことになる、などがありますね。

その他にもいろいろあります。

具体的にお話します。

成長できない

「失敗は成功の母」といわれます。

エジソンだって何百回もの失敗を経て成功した実験がたくさんあります。

仕事でも何でもどこがおかしかったのだろう、次はどうしたらいいのだろうかと試行錯誤を重ねることで前に進むことができるのですが、間違いを認めない人にはそれができません。

たとえばゴルフやテニスを始めたばかりの人のことを考えてみてください。

上達したいとがんばっているときは自分より上手い人や先生の言うことを一生懸命聞こうとしますよね。

指摘されることがむしろ嬉しかったりもするものです。

「ああそうなのか」「そういうふうにすればいいのか」などと感心してみたり、どうしたら自分も上手くなれるのか試行錯誤を繰り返したりするのではないでしょうか?
それがだんだん上手くなってきて少しばかりの自信がついてくるとまず自分と同等レベルだと思える人からの指摘を鬱陶しく感じ始めます。

それでも自分よりはるか上のレベルの人からの指摘には耳を傾けるでしょう。

結局、指摘されるということに耐えられないということは自分にへんな自信があることが多いものです。

でもそうなるとそれより先にはいけなくなります。

信頼度が減る

「ああこの人は言っても受け入れない人だな」と思われてしまうと人から信頼してもらえなくなります。

ちょっと考えればわかることですが、人の間違いを認めることは結構難しいことだとわかりますよね。

それでも人間的に成熟している人はしんどいことでもやらなければいけないと思ってするのです。

もしくはそうするのが人としてあたりまえだと認識しているからかもしれません。

だからこそ自分の間違いを素直に認める人を見るとちょっとした感動をおぼえるのです。

人はそういう人のことを信頼に値する人だと思えるのです。

人は間違いを認められる人を見ると、自分ができないことをしている人という目で見るようになり
人として尊敬できるのです。

評価が下がる

間違いを認められないと結局どんどん周囲からの評価が下がってしまいます。

評価が下がっていることに気付くとますます自分の評価を上げようとして見栄をはったり、間違いを認めず逃げようとします。

人はそういうところをちゃんと見ています。

人として嫌われる

なんか嫌な人だな、ということで人として嫌われます。

間違いを認めないということは、自分を実際より大きく見せたい、思われたいという深層心理があります、それはどういうことかというといわゆる自己中だということです。

若いときはまだ若さで何とか許してもらえることもありますが、だんだん相手にされなくなります。

人からどう思われるか、好かれるか嫌われるかなどを意識して生きるなとはよく言われることですが、人から嫌われることと好かれることはどちらがいいかといえばもちろん好かれることです。

問題なのは人から好かれる、嫌われるということを第一の目的としてなされる言動をすることはやめたほうがいいということであって、人から嫌われるようにしようということではないですよね。

社会で生きていく上では人から好かれることは大きなアドバンテージになるのですから。

仕事ができなくなる

あの人と一緒に仕事をするのは嫌だなと思われてきます。

自己中な人と仕事をすると疲れますよね。

仕事をまわしてもらえなくなり、評価も下がり収入も上がらないということになるかもしれません。

権利ばかり主張する人もいます。

まず果すべきものを果してからの権利ですが、最初から権利の話はおかしいのではないでしょうか?

トラブルが起こる

性格的にも周囲を苛立たせ、仕事面でも信用をなくし、トラブルへと発展するかもしれません。

間違いを認めない人は周囲を苛立たせたり、困らせたりして信用をなくしていく人と、人の怒りを買ってトラブルが起こる人、またはそのどちらにも当てはまる人がいます。

トラブルが起こると自分のモチベーションも下がり、トラブル処理で本来やるべきことができなくなります。

どんどん取り返しがつかなくなる

結果的にどんどん取り返しがつかなくなってくるのですね。

最初に自分の非を認めればそのときだけで済んだものが、雪だるま式に事が大きくなってきます。

そうなると最悪です。

人からの評価も最初のうちなら汚名挽回となるところを、いつまでたっても認めようとしなかったり、何度も何度も同じことを繰り返すと悪評価が周囲の人の脳裏に染み付いてしまいます。

取り返しがつかないことはしたくないですね。

時間の無駄になる

こんな時間の無駄はないですよね。

もったいないです。

小さなレベルの時間の無駄ならまだしも、もっと大きなレベル、たとえば社内の悪評価で希望していた仕事を手にできずキャリアに傷がついてしまい出世が遅れるとしたらどうでしょう?
誰もそんな大事になるとは思ってもみなかったのにといいます。

人生一度、無駄な時間は極力省きたいものです。

うんと若い時には自分が老いていくことなど考えもつかず、永遠に今の状態が続くかのような感覚を持って生きているのが普通です。

でも大人であるなら、時間の大切さも十二分にわかっているはずです。

️間違いを認めることで人間が大きくなる

社会で生きていくということは人として成長できる大きな機会といえます。

自分の間違いを認めることで人は成長できるのです。

間違ったときどういう態度がとれるかということがその人間の大きさを如実に物語ってくれているという場面に何度も遭遇してきました。

ある職場で実際に見たことです。

誰がミスをしたのかわからないが、誰かが間違えたからこそこうなったとわかることがありました。

しコンピューターのシステム異常が起きたのです。

1人の男性が「自分が昨日した操作のせいの可能性がある」と名乗りをあげました。

彼が原因かどうかはわからない状況でしたが、少しの可能性でも見過ごせないといいその男性は言います。

彼の言葉に沿って原因を追及して行った結果、やはり彼の操作上のミスだということが判明したのです。

周囲の人たちは驚きました。

「黙っていれば誰がやったかわからなかったのに」と。

しかし彼が報告したおかげで驚くほど速く原因がわかり対策を練ることが出来たのです。

そしてこのことはもう一つとても良い状況を引き起こすきっかけになりました。

彼の態度を見た若手社員たちは驚くだけでなく、自分の間違いを素直に認めることの効用を感じとったのです。

それはけっしてかっこ悪いことではないとわかったようです。