CoCoSiA(ココシア)

間違いを認められない人の15個の特徴


どんな人でも、大なり小なり間違いを犯すものですね。

大きな間違いを犯す人もいますし、些細な間違いで済む人もいます。

間違ったとき素直に自分の非を認めることは思いのほか難しいものです。

自分のことはよくわからないのですが、私は人を見ていて間違いを認めない人って本当にみっともないなと思うのです。

そして人のふり見て我がふり直せ、といわれているように感じることもけっこうあります。

仕事や日常生活における間違いであれば間違いに気づいたときに、今度は同じ間違いを犯さないようにするために何ができるのか考える必要があります。

そしてもっと大きな間違い、たとえば人生上の間違いをやらかしたと思ったときはどうしたらいいのでしょうか?誰にも自分の非を突かれることがない間違いはかえって自分を苦しめるのかもしれないですね。

間違いかどうかなんて誰にもわからないという場合も多く、自分だけが「人生を間違った、選択を間違った!」と思いこんでいる場合もあるのではないでしょうか?

今回は間違いを認められない人の特徴をまとめてみました。

️間違いを認められない人の15個の特徴

プライドが高い

プライドが高いのです。

自分の非を認めたら自分が負けたような気持ちになる、もしくは自分の評価が下がると思えるのです。

でもこれは逆にますます自分の評価が下がることになる態度ですがそれになかなか気づけません。

ただ、誰にとっても自分の非、間違いを認めることは難しいことだといえます。

自分の無能さ、弱さをさらけ出すような気持ちになるからです。

プライドが高い人にとって大切なものは「自分の評価」です。

自分の評価が下がることは受け入れがたいことなのです。

強そうに見えて実は傷つくことにおびえているのかもしれません。

自分が間違いを犯して、その非を認めないだけでなく、自分より優秀な人や恵まれた人の間違いやあらを見つけて批判することも見受けられます。

そしておもしろいことに、自分より劣った人のあらを見つけても批判するのです。

結局批判の多い性格といえます。

自分より優秀な人も自分より劣っていると思える人も批判するのであれば、自分と同等だと感じられる人に対してはどうなのでしょうか?
何をもって優劣を決めるのかは今は横に置いておいて、すべてにおいて同じくらい出来る人、劣った人というのは存在しないですよね。

そして微妙な優劣はあくまで主観的なものです。

プライドの高い人はその微妙な違いを見つけ出すのも長けています。

プライドの高い人は「人との比較」が心の寄り処になっていますので比較できない状況が嫌だという深層心理があります。

そして比較、競争においては常に自分が勝者でなければいけないのです。

「プライド」というのはいい意味でのプライドはその人を魅力的に見せることがあると思うのです。

本当の誇りに満ちた人は男性であっても女性であってもある種の輝きに満ちているものですが、見栄からくるプライドほど人を安っぽく見せることはないですね。

【プライドが高い人については、こちらの記事もチェック!】

完璧主義


自分の間違いを認めたくないという人は往々にして完璧主義です。

完璧主義というのはどういう人のことをいうのかというと、ウィキペディアでは、「万全を期すために努力し、過度に高い目標基準を設定し、自分に厳しい自己評価を課し、他人からの評価を気にする性格を特徴とする人のこと」とあります。

または、「定められた時間、限られた時間の内にて完璧な状態を目指す考え方や、精神状態のことであり、このような思想を持ったものや、そのような心理状態の者」とあります。

このような人が何か間違いをしてしまったときにはそれを認めることは自分自身を否定するように思うのでしょうね。

完全主義は気をつけないと健康をも蝕んでしまいかねません。

グータラに生きよとはいえませんが、鷹揚さも必要です。

ただ性格は変えられないですから、いかに良い方へ発揮するかですね。

保守的なスタンス

間違いを認められない人は従来からの考え方ややり方、伝統を尊重する傾向があります。

いわゆる保守的な人たちである場合が多いです。

急激な変化や改革などを疎ましく思う傾向もあります。

改革派は、むしろ間違いを犯しつつ前進していきたいという気質があるかもしれません。

新たなこと、伝統や従来のやり方を少しずつ壊しながらでないと改革や変革はできないものです。

保守性と間違いを認められない性格の間には一見、関係性はないように思えませんか?
でも実はあるのですね。