今も昔も変わらずに存在するのが「傍若無人」な人ではないでしょうか?

細かい意味はこのあとからじっくりとみていく事に致しますが、とにかく自分の周囲に一人でもこのような人がいると場の空気はドッチラケ。

楽しいはずの時間が本当に嫌なムードに変わってしまいます。

それではそのような皆からの嫌われ者、「傍若無人」についてみていくことに致しましょう。

尚、今回はテーマがテーマなだけに少々手加減せずに且つ、表現が荒っぽくなる感じで書いてしまう事を前もって付け加えておきます。

傍若無人の意味

まずは傍若無人の意味から見てまいりましょう。

尚、傍若無人は「ぼうじゃくぶじん」と読みますからね。

他人を無視し無遠慮な言動をする

「傍若無人」の意味の1つ目は「他人を無視し無遠慮な言動をする」です。

確かに学校の時はこのような人、いましたねえ。

皆の空気を読まずに自分の思った事を執拗に言い聞かせようと必死になっている輩が。

こういったタイプが最も多いのは小学校の時だと思うのですが、いかんせん相手はまだ小学生。

言ったもん勝ちの世界のようなところもありますから、この時代は仕方ないのかもしれません。

問題はもっと高学年になった時です。

私が高校の時、クラスにこういったタイプが2名、いましたね。

「お前一体何歳なんや?」と思える程言動は小学生並み、そして粗野で乱暴者。

成績は、残念ながら欠点組です。

彼らは結局進級できなかったのではないでしょうか?

そんな大昔の事を思い出させるほど、傍若無人な人というのは他人を無視し無遠慮な言動を平気で行えるのです。

本当に強烈なインパクトはありましたけどね。

身勝手な振る舞いをする


傍若無人の意味の2つ目は「身勝手な振る舞いをする」です。

先の私の体験なのですが、当時の私の高校はむさくるしい男子校。

クラス40名は皆、男子です。

今の時代のようにゆとり教育の時ではありません。

落ちこぼれる人は容赦なく落としていく一種スパルタ式の教育だった時代です。

そういった背景だったから傍若無人な人間が生まれるとは限りませんが、昔も今も変わらずそういった人間が誕生するのは本当に分からないものです。

これだけ教育が行き届いた時代なのに。

まあ、身勝手な振る舞いは教育というよりも「躾」の世界の問題でしょうね。

ということはその人間の育った家庭環境が大きな要因を持つでしょう。

いずれにしても身勝手な人間というのは立派に「傍若無人」な人間に分類されるという事です。

周囲を気にせず好き勝手する

傍若無人の意味の3つ目は「周囲を気にせず好き勝手する」です。

周囲を気にせずに好き勝手する。

いますねえ、こういったタイプ。

よくコンビニの前で買ったものをその場で座り込んで、ゴミを散らかしながら飲み食いしている輩が。

彼ら彼女たちには羞恥心というものは恐らくないのでしょう。

だから凡そやるべきではない、公共の場で想定できない行動を取る人間が増えてきたのでしょう。

駅の通路を堂々と自転車で突っ走る人間。

人目もしのばず堂々とキスできるカップル。

満員電車で分厚いリュックを平気で背負う人間、などなど。

確かに30年前と今とでは傍若無人の質は変化してきているようです。

しかし、大勢の人間に迷惑をかけている事には何の変化もありません。

本当に困った者です。

傍若無人にならない為7個の対策


では次に、自分自身が傍若無人な人間にならないようにするための対策を考えてみましょう。

全部で7個、紹介致します。

1、自分に都合が良い解釈をしない

傍若無人にならない為の対策の最初の1つ目は「自分に都合が良い解釈をしない」という事です。

これは組織において問題にされてしまう問題点でしょう。

自分に都合の良いように解釈する。

つまり役割から逃げる、という事が言える訳です。

組織というのは大勢の人間から成り立っているわけです。

それを逆手にとって「じゃあ自分一人くらいが勝手な事をやっても全体には迷惑はかからないな」という発想です。

とんでもない大馬鹿野郎発想ですね。

どのような組織であってもその役割の持ち合わせはあります。

でないと「不公平」や「えこひいき」という事態が発生し、組織全体の士気に関わってきてしまうからです。

協調性を身に付ける

ハッキリ言って、例え100人いる組織であっても、一人だけが都合の良い勝手な判断をして役割を放棄するような人間はいりません。

例えその人間が、抜群の成績を残すような人間であっても、です。

まあ、そういった人には「協調性」という言葉は欠片も脳裏にないのかも分かりませんが。

人間の能力なんてたかが知れています。

今、素晴らしい成績を上げる人間も、来年になったらどうなっているか分かりません。

いえ、どんな手を使って実績をあげていたのかも怪しいものです。

結局、人間の生涯の成績というのは、長い目でみたらあまり変わらないのですよね。

なので管理職の人はそのあたりをよく察知して、組織を円滑に回してもらいたいものですね。

とにかく協調性の身につかない人というのは、どこのどのような会社に行っても、長く腰を据えて仕事をしていない、という事は言えるでしょう。

2、他人を貶めようとしない

傍若無人にならない為の対策の2つ目は「他人を貶めようとしない」です。

会社や企業を含むあらゆる組織は競争の世界です。

互いの力を認め合いながら切磋琢磨して、お互いの共通の目標を達成していく。

こういう姿こそが強い組織の代表だと思うのです。

しかし、現実はなかなかそうはいかないようです。

いつの時代にも、相手のスキャンダルや不祥事を見つける事に躍起になっている悲しい輩は後を絶ちません。

これでは自ら敗北宣言をしているのも同様だという事に気づかないのですからね。

永遠に「お目出たい」人達です。

自分の立場は努力して上げる

人間として本当にやってはいけない事は、ライバルや同僚を「貶める」ことです。

正々堂々と互いの技量を正しい方法で競わせてこそ、互いの成長が図れるのです。

それを傍若無人な人間は、罪の意識もなく汚い手を使ってライバルを蹴落とそうとします。

言われも根拠もないようなあの手この手の作戦で、ライバルを貶めにかかります。

そうじゃないんですよ。

世の中はそんなに単純には回らないのですよ。

例えここで卑怯な作戦が功を奏して自分に栄光が転がり込んだとしても…。

必ずやどこかでしっぺ返しがやってくるのですよ。

自分の立場というものは、正当に努力して掴み取るからこそ価値があるのです。

そのような立場は、嘘の上に成り立っていないので微動だにしないのですよ。

傍若無人な人は早くその辺の論理を悟ってほしいものです。

3、他人の意見を聞き入れる

傍若無人にならない為の対策の3つ目は「他人の意見を聞き入れる」です。

傍若無人な人間は、他人の意見を全く聞き入れる事ができません。

人間のコミュニケーションというのは、言うのと聞くのが半分半分でようやくバランスが保たれます。

いえ、むしろ聞き役に徹する方があなたの成長力は格段と上昇するのです。

ところが傍若無人な人はこれが出来ないのです。

コミュニケーションとはこっちが言いくるめた方が勝ち、という意識なのです。

「自分は正しい」と思い込まない

とにかく組織の中では「自分が一番正しい」という発想をしてはいけません。

これは傍若無人な人のみを対象に言っているのではなく、全ての人に当てはまる事なのです。

しかしながら、やはり傍若無人ぶりが目立つ人というのは他人の意見を聞こうとしませんね。

あまりに露骨に若いうちからそういった姿勢を貫いてしまうと、必ずや組織内で衝突が起こります。

ましてやその相手が自分の上司だったら、間違いなくあなたは人事異動で不本意な他部署に回されるでしょう。

花形の部署から左遷のような部署に回される屈辱は想像以上ですよ。

だから組織内では賢く振る舞うのが得策なのです。

自分の意見を押し通すではなく相手の意見を否定しないことです。

特に自分よりも上の立場の人に対しては。

これ、簡単そうで案外分かっていない処世術なのですよ。

4、感情をコントロールする

傍若無人にならない為の対策の4つ目は「感情をコントロールする」です。

とにかく自らの本能的な言動を大衆の面前ではコントロールする事です。

「公」の自分と「私」の自分を厳密に区別する努力をすべきなのです。

あなたの家の中ならば何をやっても何を言ってもいいでしょう。

誰にも迷惑はかけていませんから。

しかし、一歩外に出ればそこは公共の場です。

この事をよくよく認識する事です。

公共の場は決してあなたが支配する世界ではない、という事をで。

感情のまま動くのは滑稽に映る

感情の赴くままに行動する人間というのは、ある意味では、自然体で嘘偽りのない純な生き方をしている人間ともいえるかも分かりません。

しかしそれは百歩譲った意見であって、少なくとも自分以外の人間のいる場所で自分のやりたい放題の行動を取れば、大ヒンシュクを買う事は間違いありません。

人と人とが交わるためには、お互いが最低限のルールやモラル、マナーといったものを守らなければたちまち争いに発展してしまうでしょう。

そりゃ誰でも自分の思い通りに事が運べばいいのに、と本音では思っているかも分かりません。

しかしもしそんな事を世界中の人間がやってしまったら、もう取り返しのつかない事態が発生してしまうでしょう。

ルールやモラルは顔も名前もものの考え方も違う人間同士が争う事をせず、仲良く生きていくための規律・規範として長い年月をかけて出来上がっていったものです。

それを自己のワガママな感情で破るものは、ツマハジキにされてしまうのはやむを得ないことなのです。

子供ではありませんからね。

20歳過ぎたら立派な大人です。

感情の赴くままの行動は、他者から憐れみを受けるか迷惑がられるか、滑稽な人間、といった人間にしか映りませんからね。

【感情をコントロールする方法は、こちらの記事もチェック!】

5、良い人間関係を築く

傍若無人にならない為の対策の5つ目は「良い人間関係を築く」です。

いかなる組織であっても自分自身と全く同じ考え・意見を持っている人間はいないでしょう。

人間は100人いれば100通りの意見を持つ生き物です。

よってそんな人間同士の関係性を保ち、良好な関係に発展させていこうとすれば「本音」と「建て前」を上手に使い分けるしかないのです。

少々、卑屈な意見のように思えるかも分かりませんが、こうもしないと100通りの意見を持つ人間同士が仲良く手を取り合ってまとまりを見せることなどないからなのです。

都合の良い人ばかり集めない

例えばなのですが、ちょっとまた私のかつての体験を例にして紹介させてもらいます。

私はかつてペット業界で店長をやっていた時代がありました。

ハッキリ言って私もかなり我を曲げない偏屈な人間だったことは否定致しません。

人の意見を聞くのが大嫌い。

自分の意見を一方的に押し通そうとするかなり傍若無人な人間が実は私だったのです。

それで私が店長になった当時の話です。

自分の頑張りが認められたのですからそりゃあ、張り切りました。

売り上げを上げてグループ1のお店にしようと燃えました。

ところが肝心のスタッフがまるきりついてきてくれません。

それどころか、完全に反目されてしまい、店長である私に従順に従ってくれるスタッフは本当に皆無状態でした。

絶望感に浸ったのもこの当時ですね。

原因は、私がスタッフの意見も聞かずに一方的に自分の行動を押しつけたからです。

これでは総スカンを喰らうのも仕方ない事を、当時30代私はやっていたのです。

本当にお恥ずかしい事をやってしまいました。

で、表題のテーマに戻りますが、組織というのは意見の違う人間が集まるから強固なものになるのです。

よって自分にとって都合の良い人間ばかりで集めた組織など全く脆いものである、という事を重々知っておくべきなのです。

私の例に少し戻りますが、それから約3年時間をもらって、私はようやく会社からも一目置かれる店長に成長できました。

勿論、そこにはこんなへぼ店長についてきてくれた優秀なスタッフのお陰があったのです。

傍若無人な振る舞いでは、決して見つける事が出来なかった人を動かすコツを見つける事が出来たからなのですよね。

本当に感謝しています。

6、常識やマナーを守る

傍若無人にならない為の対策の6つ目は「常識やマナーを守る」です。

今更かも分かりませんが、「常識」や「マナー」は人間社会を争いごとなく治め信用と信頼といったものを人々の心に根付かせるために、最低限必要なものであることを強調しておきます。

先ほども書きましたが、人間100人いれば100通りの違った考え方が存在してきます。

それらの考えが好き勝手にああだこうだとやり始めたら、社会の秩序はたちどころにして崩壊してしまうに違いありません。

だから常識やマナーが求められるのです。

人間、若いうちは権威や社会の常識といったものに反感を持ちがちです。

まあそれが若さの特権、とおっしゃる方もいます。

小さくこじんまりとまとまってしまうより、人間的には魅力がるようにも映ります。

しかし、やはりそれは儚い妄想に過ぎないことを悟る時がやってくるでしょう。

常識やマナーは小賢しいものではなく、最終的には自分自身を守ってくれる貴重なものであるという事がいずれ分かるはずです。

守れない人は嫌われる

社会規範を守れない人は、今の世の中では犯罪者という枠組みに入れられかねない危険性も備えています。

これは笑い事ではない本当の話です。

時代の変遷はどんどん早くなっています。

20~30年前は平気で出来た事も今の世の中ではご法度になっている事が山ほどあるのです。

例えばタバコのルール。

昔は会社の中でも喫茶店でも駅の構内でも平気でプカプカやっていました。

それが今はどうでしょう(2017年11月現在)。

会社の中ではオフィスで吸うなどという行為は全くありません。

完全に分煙化されました。

駅でも喫煙していい場所でしか吸えません。

これだけ10年単位で世の中の価値基準が大変化しているのです。

勿論、守れない人は嫌われるどころか警察沙汰になりかねないでしょう。

常識やマナーが人を守るための構造に変わっていっている構造を早く理解すべきでしょうね。

7、自分の非を認める

傍若無人にならない為の対策の7つ目は「自分の非を認める」です。

自分の非を認める。

中々出来ない事です。

大の大人でもなかなかできない事です。

しかし、時と場合によって潔く、自分の間違いや行き過ぎを謝らなければならない時は、人生の中において必ずや来ます。

その時に素直に非を認めて謝れれば、あなたは立派な社会人の1人です。

反対にその千載一遇のチャンスを逃してしまうと、以後もう二度とあなたは人前で頭を下げる事が出来ない人間になってしまうでしょう。

認めないと何度も同じ事を繰り返す

人間には「プライド」というものも存在します。

他者から侮られたり罵られたりしても、最後の一線まで守り通すべくその人の「核」ともなるべき部分です。

私もプライドを持つことは悪い事とは思っていません。

いえ、むしろ一つぐらいは確固としたプライドを持っている方が、物凄く人間らしい生き方が出来る、とも思っています。

しかし、本当のプライドの持ち主は他者に対して、非礼な行動に出たならすぐに謝るだけの度胸や勇気を持ち合わせています。

そんな事ぐらいで揺らぐ脆いプライドではないからです。

問題はそこまでのレベルに達していないひ弱なプライドを後生大事にしている人です。

自分自身が完全だと疑いもなく思っているので、頭を下げるなどという事は全く行えません。

だから哀れな人間だと思われてしまうのですよね。

また、タチが悪い事に傍若無人な人が懲りずに同じ事を繰り返すのも、このおかしなプライドが邪魔をしているのです。

何せ全地球上で最も偉いのが自分だ、と迷うことなく思い込んでおられる方たちですから。

人に迷惑をかけない。

かけてしまったのなら素早く心から謝る。

これ、人が生きていく上でなくてはならない常識なんですけどねえ。

まだ身についていない方がいるのなら、今からでも遅くはありません。

意識を変えてくださいね。

周りにいませんか?傍若無人な人

それでは次に、あなたの周りにいるかもしれない傍若無人な人の特徴をあぶりだしてみましょう。

こんなポーズやあんな態度。

あなたも見られているかもしれません。

十分、気をつけましょうね。

感情のまま生きている

傍若無人な人の特徴の1つ目は「感情のまま生きている」人です。

特にこの場合の感情は「喜怒哀楽」のうちの「怒」の部分です。

「喜」や「楽」「哀」の感情をストレートに出す事は、相手にとってみたら違和感どころか逆にその相手に対して非常に好感も持つでしょう。

自分と話している相手が笑ってくれたり喜んでくれたりしたら、それだけで相手もハッピーな気分に浸れます。

哀しい眼差しも相手の気持ちを射抜く表現です。

心がストレートに出ているのですから、相手も武装することなく相手が出来るわけです。

しかし、怒りの感情だけはだめです。

「何で私がこの人から怒られなければならないのか、理由が分からない」

といった感じで、以後の人間関係が修復不可能になるのは目に見えています。

それほど「負」のイメージそのままの怒りの感情は、簡単に出してはいけないのです。

トラブルを起こし易い

怒りの感情のままで生きていれば、人生、トラブルの連続です。

私が初めて店長になった時も、怒ってばかりでスタッフのいいところを全然見抜けていませんでした。

「怒り」はいい事を何も生み出しません。

逆によくない事ばかりを招き込んでしまいます。

感情をコントロールする術を早く会得することが、社会に出てからいかに有利になるか。

私自身が身を持って会得した教訓なのですよ。

話が通じなくてイライラ

傍若無人な人の特徴の2つ目は「話が通じなくなるとイライラする」です。

いませんか?

あなたの周りにも。

自分の言った事が相手に理解されないと、途端に機嫌が悪くなってイライラしている人を。

性格的に短気な対応の人ともいえるでしょう。

その頻度が頻繁だったら、これはもうただの短気とも言えなくなってきてしまいますね。

傍若無人な人は、相手の気持ちを汲んだり配慮したりすることはまずありません。

一切が自分中心です。

自分の要望だけが会話なのです。

だから自分の言った事が相手に伝わらないと、イライラして怒りだすのです。

つまり相手を服従させないと気が済まないタチの人、とも言えるでしょうね。

衝突が起こり易い

イライラしやすい人は、誰と会話を行っても同じ結果を招いてしまいます。

自分よりも年齢が下の人や、後輩たちならばまだ多少なりと多めに見られるかも分かりません。

ですが、対お客様や対上司に対しても、同じ調子でやってしまうのでいけないのです。

これでは年がら年中、衝突の連続です。

だから人とのコミュニケーションを重視される営業の仕事には、傍若無人な人は向きません。

上司は1年中、その人のクレームのために謝罪に出かなければならなくなりますからね。

自分の言い分が通らなかったらすぐイライラする。

これは傍若無人な人間になっているかもしれない兆候です。

気をつけましょうね。

傍若無人な態度をとる理由

それでは次に、傍若無人な人がどうしてそういった態度・言動を取ってしまうのか。

その行動パターンを内面から探っていく事に致しましょう。

高いプライドを持っている

傍若無人な態度をとる理由の1つ目は「高いプライドを持っている」からです。

やはりそうですね。

傍若無人さの根底に流れるものは「プライド」だったのです。

それも相当強力なやつです。

傍若無人な人は決して無能な人間ではありません。

むしろ学力はそこらあたりの人間では、太刀打ちできない高学歴の人がほとんどかも分かりません。

小さい頃から「神童」と周囲からおだてられ、塾では勿論トップクラスの成績。

いい点を取れは無条件に親が褒めてくれる。

「何だ、こうやって高い点数さえ取っていれば世の中なんてどうってことないんだ」

と子供心に思ったとしても不思議ではありません。

この学力や超有名出身校などの「後ろ盾」が後押しをして、強烈で高いプライドが生まれてきたのです。

親の期待に沿って頑張ってきたのです。

本人も全く疑う様子もなく。

プライドが誕生した経緯は仮定の話ですが。

プライドというものは、相手をひれ伏せさせるために持っているものではない、という事が分かってくれた時点で、傍若無人さを卒業するチャンスが生まれるのですがねえ。

強い劣等感を感じている

傍若無人な態度をとる理由の2つ目は「強い劣等感を感じている」です。

プライドの高い人は同時に自身の劣っている部分を非常に隠したがります。

他者にもし知られようものなら生きていけない、くらいの切羽詰まったものなのです。

人間、何事も極端になり過ぎると、バランスが崩れて正常な平衡感覚を保てなくなるのでしょう。

高過ぎるプライドも、実は劣等感の裏返しと解釈すれば話は通ります。

自身の劣っている箇所を、逆に自分のアピールポイントに出来るくらいの気持ちの度量が欲しいものです。

劣等感はどのような人間でも持っています。

それを晒して生きていくのも良し、ひた隠しにして生きていくも良し。

それくらいの達観した意識を持った方が、人生、よっぽど楽しいともうのですがねえ。

人間、長く生きたとしても80年から90年。

そのうちの前半生をくだらないプライドや劣等感で無理な生き方をするなんて、命がもいったいないと思いますよ。

でもまあ、それがあったから残りの後半生に生きるかもしれませんけどね。

自己中心的

傍若無人な態度をとる理由の3つ目は「自己中心的」です。

自己中心的な性格。

つまり自己チュー。

永遠に絶滅しないタイプの正確でしょうね。

自己中心的に陥ってしまう人は、他者から見たら信じられないくらい「自己愛」が強烈です。

「自分はこの世の他の人間よりも遥かに優秀で偉い人間である。そんな私だから周囲の者は私の言う事を聞け」とでもなるのでしょうか?

とにかく何をするにも最優先は自分。

恐ろしいくらいの徹底ぶりです。

まあ、確かにこういった性癖になってしまったら、人前で傍若無人な態度を取るようになるのもやむを得ないかな、と思いますね。

ただ多くの場合、子供の頃の躾に問題があった事は疑いようがないでしょう。

そういう意味では、性格が形成されだす時の3歳児以降の子育てというのは非常に大きな役割を負っているという事です。

他人の事を考えない

傍若無人な態度をとる理由の4つ目は「他人の事を考えない」です。

他人の事を考えない=自己中心的、という図式が成り立つ訳です。

傍若無人な態度を取る理由は、これまでに紹介して参りました理由や、特徴などが複雑に絡み合って形成された性格です。

単純に一つだけの特徴を突きつけても理由は説明しにくいでしょう。

ともかく、どうして他人の事を考えられない性格になるのでしょう?

生まれた時からそのような性格を持っていたのでしょうか?

いえいえそうではないでしょう。

やはり幼児期から少年期、少女期を迎えるに当たって、親から受けるものがそのほとんどを作り出してしまうのです。

親が事あるごとに家の中で人の悪口や文句を言いまくっていたら、それを聞いて育った子供はどう思うでしょう。

「他人の悪口は言っていいんだ」と単純に思う事でしょう。

反対に、家の中で両親が他者への感謝の気持ちや「ありがとう」といった言葉を頻繁に使っていたら。

それを聞いた子供は、成長すれば自然とそういった表現を行うのではないでしょうか?

このように大きくなってから傍若無人になってしまうかならないかは、幼少時の体験が大きくモノを言う、と私は思うのです。

よって大人になってから、他人の事を全く考えない人間になっているという事は、子供の時からそういう環境下において育ってきたから自然とそうなったのかもしれません。

まあ一生、誰の力も借りずに一人で生きていく自信があるのなら、それでもいいのかも分かりませんけれどもね。

傍若無人な態度は自分も他人も不幸にする

如何だったでしょうか?

傍若無人な人の特徴や、そうならないための対策を中心にご紹介して参りました。

今回は結構きつい表現で「傍若無人」な人の事を見てまいりました。

これは自己反省の気持ちもかなり籠っています。

自分自身に対して自責の念も込めて書いてしまったところが多分にあったことを申し訳なく思っています。

まあ、一般的にみて組織の中で傍若無人に振る舞ったら、損をするのは自分自身です。

おまけに周囲の人に対しても、多大な迷惑をかける事は間違いのない事実です。

自分も不幸にし、周囲も不幸にしてしまう傍若無人な行い。

百害あって一利もなしなのです。

もしこれをお読みになって、自分自身に思い当たりそうな要件があったなら、早急に自己反省を行って一刻も早く改善されることを望みます。

傍若無人な振る舞いは、あなたからいい運気を奪い去るだけですよ。