CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

監視をすべきではない4個の理由。仕事でも恋愛でも家族でも。


あなたは、誰かに監視されている・・・と感じたことはありますか?

昔に比べれば、街のいたるところに防犯カメラが設置されるようになりましたね。

個人宅であっても玄関付近だけではなく、室内に防犯カメラを設置するお宅まで出てきています。

そう・・。

異常なまでに現代社会では”監視”される傾向があるということなんです。

監視している側は安心するためにしてるものですが、されている側にとっては”信頼されていないのか”なんてとても窮屈な人生を送ってしまうことになります。

しかし、この世界には監視すべき場面というものは確実に存在するのです。

それらについて学んでいきましょう。

また、あなたのいきすぎた監視行為によって誰かを傷つけないようにしたいですね。

監視をすべきではない場面を考えてみよう

あなたは、監視をするタイプですか?

それとも誰かに監視されていてとても窮屈な人生をいきているのでしょうか。

冒頭でもお話をしましたが、この現代社会にはあらゆる場所に防犯カメラなどが設置されていますよね。

どうしてそのようにカメラが設置されるような社会になってしまったのでしょうか?

また、逆に監視すべきではない場面とはどのようなところなのでしょうか?

それぞれ確認していきましょう!

監視とは?


あなたは、監視という言葉をうまく説明することができますか。

多くの方は、その意味をあまり深く理解せずに使用していることが多いんですよね。

まずは、監視とはどういうことをいうのかを確認していきましょう!

1.悪いことが起こらないように見張ること

この世界では、毎日のようにどこかしらで悪いことが起きていますよね。

そんな犯罪を抑制するためには、犯罪が起こらない社会を作っていかなければなりません。

誰かが悪いことを起こさないようにあらかじめ監視しておくことによって、何かの兆候がみられたら抑止するということなんです。

そのため、街のいたるところには防犯カメラが設置されているんですよね。

それに身の回りに危険な人や物事が近づいているとわかれば、すぐにでも対策をとることができるのではないでしょうか。

2.権力を利用して見張ること

監視というのは、ほとんどの人が”権力”を利用して誰かを見張ることに利用しています。

要するに監視をするということは、そこに上下関係が存在するということなんです。

平等な関係のなかには、絶対におこらないものなんです。

それを頭にいれておいてくださいね。

家族や恋人などの平等であるべきなかに、監視というものが存在してはいけないということなんです。

監視をする目的とは?


では、監視をする人というのはどうして監視をするのでしょうか?

監視をする目的を見極め、これからの記事の内容の理解を深めていきましょう。

1.事件を起こさないため

まずは、さきほどお伝えしたように日常にあふれてしまっている事件や犯罪をあらかじめ抑制するためです。

少しでも怪しい動きをしている人をあらかじめ監視しておくことによって、何かしらの兆候が現れたときにそれらの人々を逮捕することができますよね。

被害者を出す前に犯罪をおさえることができるんです。

そのように本当に監視することができれば、毎日のようにテレビに流れている不幸なニュースを見なくてすむかもしれません。

2.監視する側の思い通りにするため

これは権力を使って誰かを監視している場合です。

なんでも自分の思い通りになるものだ・・・そのように感じている人もこの世界には存在します。

そのような人は、対象とするものを監視し、少しでも自分の意向に反するものであればそこで注意をします。

そしてなんでも自分の思い通りになるようにするんですね。

ひどい場合は、暴力をふるうなんていうことも。

あなたはまさかそのような人ではないと思いますが、こういう人はいつか痛い目にでもあってほしいものですね。

監視をすべきではない4個の理由

監視をするべきなのは、犯罪がおきてしまうのを抑制するためだとお伝えしましたね。

ページトップ