「ああ、今日の仕事…、早く終わらせて帰りたいなあ」とか「今日の飲み会、嫌いな部長が来てる。

何とかして脱出したい」と心にブザーを鳴らしながら参加している女性もいることでしょう。

「こんなつまらない集まり。何とか言い訳をつけて帰りたい!」とお思いの方は結構、いらっしゃるでしょうね。

そこで、取りあえず参加だけはしておいて、早々とその場を退散できる方法を考えてみましょう。

その方がストレスは溜まらないし、時間の有効活用にもなりますからね。

帰りたい時に帰れない・・・。

会社勤めの人間にとって、個人の都合はあってないようなもの。

最優先されてしまうのはお客さんの絡んだ仕事の要件。

その次が会社のイベント、行事、飲み会への強制参加。

「ああ~。かなわん。こんな面白くない飲み会。セクハラ部長が接近してこないうちに何とかして逃げなければ!」

と思ってもそこなは悲しい宮仕え。

上司や周りの勢いに押されて、結局いいように扱われるのがオチ。

あああ、憂鬱!と嘆かれている方は本当に多いでしょう。

そもそも帰りた時に帰れないとは、一体どういう事?この国の社会規範は狂ってる!とお怒りになるのもごもっともです。

では、シーン別にみた上手く切り上げて帰る方法を見ていくことに致しましょう。

シーン別!上手く切り上げて帰る方法

私たちは、ただ手をこまねいて会社や組織の成すがままにされていればいいのでしょうか?

まあ、社会人にとって自分の思うように帰りの時間をコントロールできないのは世の常です。

時間制で働いている方たちは、時間が来たら早く帰れ、みたいな雰囲気でしょうが、

営業系や総合職系となると周囲の雰囲気に押されて帰りにくいムードが出来上がっていることでしょう。

そのような状況を踏まえながら、何とかして帰る理由を見つけるための方法をご紹介して参りましょう。

〜会社編〜

会社の中は多くの社員たちによって成り立っています。

ならば自分一人くらいがサッサと帰ったとしてもそんなに大きな穴を開ける訳じゃない、そういう風な考えを巡らせている方もいらっしゃるでしょう。

しかし、果たしてそんな風に鼻をくくってしまっていいものでしょうか?では、まず早く帰るための方法の会社編から紹介して参りましょう。

①事前に早く帰ると伝えておく

まず、手を打っておきたい手段は、上司に直接「本日、所要のため、早く帰らせてもらいます」ときっぱり伝えておくことです。

これを言っておけば、よほどのブラック系企業でない限り願いは叶うはずです。

但し、それなりの正当な理由は必要になります。

特に会社関係で早く帰ろうとするときは誰が聞いても納得できるようなまともな理由を考えておくことです。

ただ、まともな会社であれば個人情報に関わるような理由までは聞き出すことはできないはず。

しつこく理由を聞いてきた場合はこちらとしてもそれなりの対応力が試されるかもしれません。

本当にまともな理由がある場合はいいですが、ズルで早く帰ろうとするときには後々で尾を引かない理由を考えるべきです。

でないと、上司はその理由をいついまでも覚えていますから、辻褄が合わない事態となり、結局あなたの首を絞める事になってしまいますからね。

②具合が悪いと嘘をつく

シーン別、上手く切り上げて帰る方法の二つ目は、「具合が悪い、と言って嘘をつく」です。

昔から「嘘も方便」といいます。

嘘も使い方によっては立派な理由になります。

そんな中でも嘘の理由として最も手っ取り早く効率的なのが自身の健康上の事です。

健康上の理由は即効性が利きますから、事前に言っておく必要もありません(逆に具合が退社時間付近になります、なんていう理由づけにしたら怪しまれるだけですけどね)。

気をつけておきたいのは、今回使った嘘の理由をきちんと本人が頭で整理しておくことです。

仮に今回、お腹が痛いので定時で帰らせてください、と言ったとします。

普通ならばその会社の上司は了承するでしょう。

むしろ早く帰って休みなさい、とも言ってくれるでしょう。

それなのにあなたが繁華街をウロウロしているところを同僚に見られてしまった、とか

映画館に言ったら前の席に座っているあなたを後輩が見てしまった、などボロを出すような事をしてはいけないという事です。

仮病を使った、という心証を持たれてしまったらその職場に出勤しにくくなってしまうのはあなた自身。

嘘をついて早く帰るという手段は、割と簡単にできるだけにその後のフォローをしっかりやっておく事が重要となるのです。

③今日終わらせるべきものは事前に片付けておく


シーン別、早く帰るための方法の三つ目は「今日のうちに片付けておく」という事です。

正当な理由にしろ、嘘の理由にしろ定時ギリギリや早退して帰る場合は、自分が受け持っている仕事や役割は完璧に終わらせてから帰るべきなのです。

組織は一人ひとりの力を組み合わせて成立っています。

一つのパートが欠けたなら事前申告さえできていれば補修はききます。

しかし、突発的に言われてしまったらすぐに処置することができません。

そういう事態になると、結局、誰かに迷惑をかけてしまう事になるのです。

正当な理由があったにせよ仕事をたくさん残して早く帰るあなたのことを恨む人が出てこないとも限りません。

会社はチームワークで成り立っているのですからね。

自分の都合で周りの者に迷惑をかけない。

社会人として守らなければならない人生訓の一つですね。

〜飲み会編〜

それでは飲み会がシチュエーションの場面を考えて参りましょう。

飲み会は強制と自由参加の二つがあり、帰りたい、という衝動を煽るのは当然ながら強制参加の方でしょう。

会社の飲み会もある意味、仕事の延長。

だから接待は我慢して行くけど、仲間内の飲み会までは、ちょっと…、と考える事も不自然ではないかも分かりません。

では、シーン別の帰るための方法、飲み会編を見てまいりましょう。

①あらかじめ帰る時間を伝えておく

飲み会で早く帰る方法としてまず思いつくのが「いついつの時間までには帰ります」とあらかじめ断りを入れておくことです。

これによって比較的、予定した時間内までには帰ることができるでしょう。

会社の飲み会は強制ではない、という部署もあるでしょうが、同僚同士の横のつながり構築や日頃あまり話せない上司との距離を近づけるためには非常にバランスのとれたイベントなのです。

ただ、元々そんなにお酒が強くない人にとっては2時間が我慢の限界かも分かりません。

会社によっては1次会終了後、2次会、3次会へと繰り出す人もいるでしょう。

全部に付き合っていたらとても体が持ちません。

1次会までは参加する。

その前に、事前に変える旨の断りを幹事に伝えておく。

退出する際は必ず、上司に声をかける。

これで社会人としての礼儀は一通り、尽くしていますから安心して帰ることができますね。

②体調が悪いという

会社の飲み会で早く帰る方法の二つ目は「体調が悪い」という手です。

しかし、お酒に強くない人は本当にちょっと飲んだだけでも一気に酔いがまわって体調を崩す、というパターンも大いにあり得ます、だから、決して姑息な手段でもなんでもないのです。

問題は自身の体調をしっかり把握しておくことですね。

中にはお酒は弱いけどあの飲み会の雰囲気は好きなので飲めもしないのに中途半端に付き合ったあげく、

ベロンベロンになって一人で帰れなくなって同僚の手助けを得た、なんてことにもなりかねないかもしれません。

何杯飲んだら危険か、よく把握することです。

気分が悪くなる前に勇気を持って申告して帰ることです。

ただ、仮病を使って早帰りする場合は、その後の処置を忘れずにお願いしますよ。

体調が悪いと言っておきながら翌日、ケロッとした顔をして出社したら、嫌々、最後まで付き合っていた同僚から敵意の視線を向けられるかも分かりませんからね。

先手を打ってこちらから声をかけて身の潔白を証明する動きをしましょう。

(でも、余計な努力を増やすなら、最初から体調が悪いと言って参加しない方がいいでしょうけどね)

③明日の朝が早いという

飲み会で早く帰る方法の三つ目、「明日の朝が早いから帰ります」という手です。

この作戦を使う場合、あなたの家の在処を周りの人に知られている場合は、使いにくい面もあります。

会社までの片道に2時間前後かかるとか、翌朝、いつもより早い列車に乗らなければならないなどのきちんとした理由づけが必要となるでしょう。

もし、あなたが低血圧気味で朝が本当に弱いのなら、素直にそう言って勘弁してもらう手もあります。

第一、会社の飲み会で翌日、遅刻されたら責任の所在が上司に向く場合もあります。

そこのところを冷静に判断して決めましょうね。

④さりげなくサッと抜ける

会社の飲み会で帰る方法の四つ目は「さりげなく帰る」です。

さりげなくサッと抜ける方法は少々、年期が入った人が使えば効果はあります。

しかし、入社したての新人がこの手段を使ったら、明日からあなたは目の敵のようにされてしまう事は必至です。

さりげなくサッと帰れる人というのは、その組織においてある程度の地位を持っているか、在職年数の長い人。

もしくは嫌われ者です。

だから、この方法は使える人が限定されてしまうのが少々の欠点です。

もし、入社して間のない人がサッと消えるように帰ってしまったら、翌日から望ましくないレッテルを貼られる可能性があります。

理不尽かもしれませんが、会社の飲み会は地位の下の人間が上の人を立てまくる場でもあります。

一種の仕事の延長戦ともいえるのです。

それを無断に近い形でサッと抜けてしまったら。

あなたは自身のイメージアップを相当な覚悟で臨まなければならなくなるかもしれません。

余計な努力を新人の期間の時にやるのは想像以上のエネルギーが必要です。

入社して2~3年は辛抱して飲み会にも積極的に参加して顔と特徴を覚えてもらい、皆から仲間と思ってもらえるような動きをやっておいた方が無難といえば無難ですよ。

まあ、それを覆すほどの力をお持ちであれば関係ないかも分かりませんがね。

⑤次があると抜ける

飲み会で帰るための五つ目の方法は「次があるから」と告げる方法です。

実際、世の中にははしご、はしごを繰り返している人がいます。

周りの人もさすがに何回も連れまわされるのは遠慮願いたいですから、

「次があるから、これで」と言って抜けてくれる人の方が、その場を穏便にやり過ごせられるメリットはあるかも分かりません。

ただ、この方法も入社したての新人がいきなり使うとひんしゅくを買うでしょう。

そもそも新人が交わる飲み会というのは、その新人が部や先輩たちと距離を近くして今後の仕事をやりやすくするために設定されている趣旨があります。

それなのに新人がいきなり「次があるから」と大きな態度で行ってしまったら、残された部の人間たちはどう思うでしょう。

この手段を使える人間はある程度のキャリアを持つ中堅社員か結構、やり手の人間が使うと様になっていますが、それ以外の人間が使うと怪しまれるだけかも分かりません。

TPOに応じた抜け方を行使するべきでしょうね。

⑥検査が近いという

飲み会での抜け方の六番目が「検査」です。

この場合の検査というのは「健康診断」の事になります。

社会人は積年の飲み会の影響で知らず知らずのうちに健康を害していることが多々あります。