人は支え合って生きていく動物です。

そのため、生きているうちに何度かは相談に乗ったり、相談したりする機会があると思います。

これまで生きてきた中で、あなたはどれくらい相談に乗ったことがありますか?または、どれだけ友人などに相談をしたことがあったでしょう。

数えるとわからないと言う方が多いかもしれませんが、実は、それは普通です。

むしろ、より多くの相談を受ける人は、頼りがいのある人なので、誰よりも喜ばしい人生を送っている可能性が高いですね。

とある自己啓発の本で、喜ばれる存在は頼まれごとをする存在と説いていました。

まさに相談を受ける人は、頼まれごとをされる存在であり、喜ばれる存在です。

故に、人から相談されることは喜ばしいことであり、栄誉あることでもあります。

しかし、相談を引き受けるのは良いがどう接したら良いのかわからなかったり、内容によってはどこまで踏み込んで言ったらよいかわからない時などあります。

だからといって、相談を受けないのは相手に良くないし、ご自身にも良くありません。

そこで、今回こちらの記事では、相談に乗る時の正しい姿勢や態度など、相談に関することをまとめてみました。

ぜひ、こちらの記事を参考にしていただきまして、ご自身に合ったやり方で実践していただきまして、相談に乗れる人間になりましょう。

相談を引き受けることは、あなたにとって喜ばしいことです。

ぜひ、目指しましょう。

相談を受けたことがありますか?

このような質問を受けた場合、ほとんどの人は「ある」と答えるはずです。

もし、相談されたことがないと言っても、おそらく相談されたことを覚えていないだけです。

人間は生きているだけで相談は受けるものなので、「ない」ということはないはずです。

では、なぜ、覚えていないと言った感じになるのかというと、相談を受けることを否定的に考えているため、相談に関して興味を抱かず、相談されていることにも気づいていない傾向になります。

また、最近では相談を受けることを避けたがる人もいます。

このような人はたいてい、相手に相談をしないタイプの人が多いです。

しかし、前文でも説明しましたが、相談を受けることは人間として喜ばしいことで、必要不可欠な事柄に近いことでもあります。

だからといって、今すぐに相談を受けられるような考えを持つことは難しいです。

しかし、相談を受けられるようになるのは人間として持っていた方が良いので、ここからは相談に関しての事柄を説明していきますので、相談とはどういうものなのかなどを理解していき、相談を受けること、相談をすることなどの利点を発見して自分なりに相談へと向き合うようにしましょう。

相談を受けれるようになれば、相手にも気軽に相談できるようになりますので、ぜひ、改めて相談について理解しましょう。

相談に乗る時の正しい姿勢や態度とは?


相談に乗る時にどのような感じで接したら良いだろうか、どのようなアドバイスをしたら良いのだろうかと悩んでしまわれる方は多いはずです。

相談を受けてからのかアドバイスの解答には、実は正解はなく、あなたが思ったこと、感じたこと、こうしたら良いのではと思いついたことを話せばいいのですが、相談に乗ってきて相手が納得しない回答を言ってしまって、関係性が崩れたらどうしようと思ってしまう方が結構多いです。

これは、失敗したらどうしようと考えてしまう傾向の強い日本人に多いのです。

しかし、相手から嫌われたらどうしようという考えがそもそも、自分勝手な考えの1つなのです。

相手があなたをどう思うかは相手の自由です。

嫌われたくないと言うのはあなたの考えであって、相手にはどうすることもできません。

よく、相談に乗ることが多い方はこのことを理解していて、また、話し方などからも相手を傷つけないようにケアをしています。

ここからは、相談を受ける時の態度や姿勢をいくつか例にしましたので、ぜひ参考にして、実践していきましょう。

難しいと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、安心してください。

どなたでも出来ますので、ぜひ、相談を受ける。

出来る人間になりましょう。

1.誠意をもって話しを聞こう

相談をしてくる人のほとんどが、実はアドバイスよりも、自分の話を聞いてほしいと思っている割合が大きい可能性があります。

なので、どういうアドバイスをした方が良いかと考えるよりもまずはじっくり誠意を持って相手の話を聞くことが大切です。

アドバイスも話しを聞かないと引き出せないのがほとんどなので、相談を受ける前からアドバイスについて考えるよりは、その場で話をじっくり聞いて、思いついたことを相手に伝えるのがべストです。

話を聞いていただいた後の相手は気分は、話す前よりも良くなっているので、聞く耳を持っているので、冷静になってアドバイスを聞きいれてくれますよ。

また、聞いて思いつくと言うことがその場であなたが判断した最も新しい考えでもありますので、相手にも響きます。

あらかじめ用意したようなアドバイスでは、相手に響くのは難しいです。

まずは相手の話を誠意を持って聞くことが大切です。

2.その人の今後を左右する大事な役割とわきまえよう


相手によってはあなたに相談したことをきっかけに人生が変わったと言う方もいるかもしれません。

相談は相手の人生を左右をする大事な役割を持っています。

こう言ってしまうと、プレッシャーになってしまうかもしれませんが、そう重く考えず、相手の人生をどうするかは相手次第なので、あなたと相談したことが人生の判断材料になると言うことです。

どうするかは相手次第です。

仮に相談後の「あなたのせいでこうなった」と言ってくるようでしたら、相手はその程度の人間だったということです。

相手にアドバイスを求めていたのではなく、あなたを言い訳材料にしたかっただけです。

相談に乗る場合は、ご自身のアドバイスなどはあくまで判断材料であって、言い訳材料にならないようにしましょう。

アドバイスによって相手がハッピーになったら嬉しいと思うのは必然ですが、行きすぎると自分のアドバイスは絶対だと言う感じになってしまい、言い訳材料になってしまう危険性がありますので注意しましょう。

3.感情的になって話さないこと

相談の際に相手が感情的になって話してくる場合があります。

このときにあなたも勢いにのって感情的になってしまうケースがあるかもしれませんが、これは良くありません。

感情的になっては、アドバイスどころか、愚痴りあいになってしまう危険性があるので、感情的になるのは辞めましょう。

あなたの役目はまずは話をじっくり聞くことです。

相手の話に合わせて、乗ってしまい感情的になってしまっては相談になりません。

相談してくる相手は感情的になっても仕方ありませんが、あなたは感情を抑えていきましょう。

ロボットのような感じでの対応になってしまうのではと思われる方もいるかもしれませんが、まずは相手のはけ口になることが大切です。

愚痴り合いをしたいわけではなく、相談に乗っているのです。

そこを忘れてはいけません。

4.相手の感情に寄りそうように心がけよう

相談に乗っていると「それは違う」「君が悪い」などと言ってしまうケースもありますが、これはたとえ相手の言い分を聞いて、痛いけない部分があったとしても指摘をしてはいけません。

その時の相手はそう言う部分を指摘されるとさらに感情的になってしまい、相談どころではなくなります。

こういう時に大切なのは、相手に寄り添うことです。

おそらく相手は自分の非を十分にわかっています。

わかってはいるが納得できないでいるので、悩んで相談している可能性があります。

そんな状態の人に否定的な言葉さらに追い打ちをかけるものです。

ここはまず相手の言い分をすべて聞いたうえで一旦は肯定的に受け止めてから、徐々に指摘していきましょう。

やり方的には「そうそう私もそう思う」的な感じで受け入れるような言葉を使うと相手は聞く耳を持ちますよ。

まずは寄り添い受け止めることが大切です。

5.思いやりのあるアドバイスをしよう

相談を受ける人のほとんどがどのようなアドバイスをしたら良いかと悩むはずです。

しかし、いかに内容が良いアドバイスでも言い方や口調によっては、相手に響かないこともあります。

要は、内容はそんなに重要ではないのです。

あなたがどれだけ相手を思っているかが大事になってきます。

どんなに内容が良くても相手のことを考えずに表面だけで話していては相手にもばれてしまい、余計に状況を悪化させてしまう危険性があります。

アドバイスの内容よりもいかに相手のことを思うかが大切になってきますので、アドバイスはどうしたらよいと考えるよりも、いかに相手の気持ちを拾えるかが大切になってきます。

思いやりを持って接してアドバイスをできるように心がけましょう。

ここでひとまず、思いやりのあるアドバイスの仕方を説明します。

傷つけないよう優しく

アドバイスを相手に投げかける時に強気な口調で言う方がいらっしゃいますが、逆効果です。

強気な口調で言われると、命令のような感じがして相手に良い印象を与えません。

相談してくる相手は、強気な人を見ると嫌な気分になります。

相手が求めていることは自分の意見に同調してくれる人や優しく包み込んでくれる人です。

絶対こうした方が良いと強気にあたかも自分の意見が正しいと言わんばかりにアドバイスをされる方がいますが、これはよくありません。

相手が求めているのは強気なアドバイスではございません。

自分に味方をしてくれる存在であり、寄り添ってくれるパートナーを探しているのです。

故にアドバイスの内容は二の次です。

話を聞いて思ったことは、強気な口調で言うのは辞めて、優しい口調で相手に言うようにしましょう。

相手の考えが間違えている時はしっかり指摘しよう

相手の言い分を聞いて考えなどに間違いが生じている時はしっかりと伝える必要がありますが、この時にストレートに間違いを指摘すると相手は不快に思ってしまう危険性があります。

指摘するにも方法があり、まずは相手の話を聞き、受け止めて、相手に聞く耳を持たせるようにするのが大切です。

いきなり否定されては、相手の気分は下がり、余計に落ち込む危険性があります。

まずは、相手を肯定的に受け止めて、自分は君の味方だと言うことを認識させるようにしましょう。

味方だと思っていただければ、相手も聞く耳を持つので、間違いを指摘してもスポンジのようにあっさり受け止める可能性が高いです。

間違いをしっかり指摘するには突発的ではなく、相手に安心感などを与えることが先決です。

6.相手が女性の場合は共感を示しながら聞こう

相談相手が女性の場合は、男性の時より注意が必要です。

女性は繊細なので、些細な言葉1つで感情の揺れ動きが激しいのです。

男性以上に同調することが必要になってきます。

女性は特にアドバイスよりは共感してくれる仲間を求める傾向が高いので、ここはまず、話を誠意を持ってじっくり聞き、同調するようにして、共感を持っていることを現すようにしましょう。

そうすれば聞く耳を持ちますよ。

もしくは、共感だけを求めている可能性もありますので、アドバイスを伝える前に相談が終わってしまう場合もありますので、変にしっかりしたアドバイスを伝えようと考えることは辞めましょう。

じっくり話を聞いて、納得し、同調することが大切です。

ただ、必要な注意としては共感するあまり感情的になってしまわないことです。

感情的になってしまうと愚痴り合いになってしまう危険性があり、ただのストレス解消の道具になってしまいますので、感情的にはならず坦々と共感していくことが大切です。

相談を受ける人の特徴

ここまでは相談を受けた際の対策方法などを説明してきました。

ほとんどの人が相談がきたらアドバイスを返さないといけないと思っていた方が多いと思いますが、必ずしもそうではないと言うことが分かったと思います。

つまり、どなたでも相談に乗ってあげることは出来るのです。

私は、アドバイスを上げるのが苦手と思っている方でも相談を受けることはできます。

相談を受けることは頼りがいのある人であり、喜ばれる存在であります。

相談を受けるようになると、ご自身にとっても、相手にとっても良いことなのです。

ここまで聞くと相談を受ける人になりたいと思う方も多くいらっしゃると思います。

ここからは、相談を受ける人の特徴をご説明します。

大きく分けて10個ありますので、あなたにとって最適な特徴を選んでそのような人になるように努めましょう。

1.頼りがいがある

相談相手に必要な要素として多く上がるのが頼りがいのある人です。

頼りがいがあると良いアドバイスがいただけそうと考える人も多いと思いますが、最もなことは話しやすいことだと言われています。

頼りがいのある人は何でも話せるような雰囲気があるので、相談相手としては最適な感じがあります。

そうなるためにも不平不満を言わないことが大切です。

不平不満ばかり言っている人は頼りがいなど感じられません。

相談しても不平不満を言うだけで、愚痴り合いになってしまう可能性もあるので時間の無駄です。

何事にも動じずに不平不満を言わないようにしておくと頼りがいのある人になれますよ。

そうなると、相談以外にもいろいろと話しかけられるので、多くの情報をゲットできる機会が増えるのであなたにとってもメリットがいっぱいありますよ。

2.人生経験が豊富

人生経験が豊富な人は自分と同じような境遇を体験したことがあると相手に思わせるので、何かあると相談しやすい相手でもあります。

似たような体験として自分の場合はこのように対応したなどといった具体的で、動きのあるアドバイスをいただけるパターンが多いのです。

しかし、あくまで体験であり、その人にあった解決方法なので、必ずしも相談相手にマッチした解決方法になっているかは疑問です。

人生経験が豊富そうでもご自身とタイプが合わない人の場合は、相談を控えた方が良いかもしれません。

最もなのは、人生経験が豊富で自分とよく合うタイプの人に相談すると、ご自身にマッチした解決方法などのアドバイスをいただける可能性が大きいので、相手を見極めたうえで行いましょう。

また、人生経験を豊富にするならとにかく行動あるのみです。

3.優しく、時に厳しい

相談相手に求められるのは優しさです。

優しくないとまず話すことができないと言う方が多いです。

同時に厳しさも必要です。

優しさだけでは、相談相手の間違っている部分を指摘することができず、相手への具体的な解決方法を示せない場合があります。

優しく接して、指摘する時は厳しく!アメとムチのようにバランスを取らないといけません。

優しく接することで相手はあなたの話に耳を傾けます。

その時に厳しく指摘することが相手のプラスになります。

厳しすぎると相手は聞く耳を持ちません。

また、優しすぎると、甘えられたりします。

どっちにしろ相手にとってもあなたにとってもプラスになりませんので、ここはしっかり両方を兼ねそろえるようにしましょう。

自分自身をしっかりコントロールできるので、優しさも厳しさも同じような感じで出来ますので、まずは自分からです。

4.思い遣りが深い

思いやりの心が深い人は誰からも慕われて、純粋な感じのする方なので、相談もしやすい相手になります。

とはいえ思いやりの深さはその人その人で違いますし、場面場面によっても違います。

心から自然と出来る親切な行為が思いやりであり、今すぐ身につけようと思って難しいです。

では、どうすれば思いやりを身につけることができるかと言いますと、「YouFirstMeSecond」と言った考えを持つとおのずと思いやりが身に付き深くなります。

相手を一番にと言うと大げさかもしれませんが、今、自分が生きていられるのは、親や友人相手合ってのことなので、相手を大切にするのは実は当然のことなのです。

あまりにも自分が自分がと言う人は「YouFirstMeLast」と言った感じに考えると良いかもしれませんね。

5.人の話を真剣に聞いてくれる

人の話を聞いてくれるというのはありがたい存在です。

最近では立場などを理由に人の話を聞こうとしない人が多く、閉鎖感さえよぎる世の中になってきているからこそ、人の話を聞くことは大切になってきます。

この人は自分の話を聞いてくれると相手に思わせたら、相手は何でも話すようになり、同時にあなたの話も聞いてくれます。

たいてい人の話を聞かない人の話は聞いても価値がありません。

ほとんどが自慢話が多いですから…実際にあった話では、外国の掃除機メーカーの会長が日本に来た時に小学生がどうしても話をしたいと言っていたところ、その外人の会長は快くその小学生と1対1で話し場を設けたうえに最新の掃除機をプレゼントしたそうです。

日本なら立場を理由に断るパターンが多いと思いますが、その姿を見てこの会社の社員で良かったと社員は改めて思い、ますますいろいろと相談するようになったという話があります。

このように人の話を聞くことはあらゆる分野でプラスに働くのです。

6.周囲に秘密を漏らさない

相談は内容によっては時にはプライバシーに関わることだったりするケースがあります。

そうなると、口の堅い秘密が守れる人の方が相談しやすいといったケースもあります。

相談内容が公言されると相談相手だけでなく、周囲にも影響が及ぼす危険性があることもあるので、秘密を守れる方が相談相手には適しています。

このようなタイプの方に相談すると、自分が抱えていた恥ずかしい悩みなどを赤裸々に語ることができるので、スッキリする度合いもそれなりに大きいです。

良くこのようなタイプの方には占い師などの方が多いそうです。

手相占いで有名なあの人の所にもよくこのようなプライバシーにかかわる相談が多いそうです。

真の友達でしたら簡単にばらしたりはしません。

相談相手になるにはいかに相手へ信頼を持ってもらうかが重要です。

7.包容力がある

どなたでも包み込む優しさは相談する際にあるとありがたいですよね。

そんなふんわりしたような感じに包容力がある人は誰からも感じの良い人に見られて相談もしやすいですね。

どうすれば包容力が身につくかと言うと、それは柔軟な心を持つことが最適な方法です。

柔軟になると何でも動じなくなるだけでなく、あらゆることが許せるようになります。

つまりは何に対しても気にならなくなるので、いつも平常心なのです。

その状態で相談に乗られるので、自然と包み込んでしまうのです。

相手を許せると包容力がますので、どんなことにも感情的になることもないので、柔らかい人間に見えて相談を受けるケースが増えます。

また、人の交流も多くなるので、あなたにとってプラスになることは間違いないです。

【包容力がある人の特徴は、こちらの記事もチェック!】

8.温かさがある

冷たい人よりは温かい人の方が相談しやすいというのは言わなくてもわかります。

温かさは相談相手には必須な感じです。

なぜかと言うと、温かく接してくれないと例えアドバイスなどが的確でも冷たい感じでは自分が否定されたような感じや、自分が相談したことが悪かったのかと言った感じに相談相手は捉えてしまうので、よくありません。

これではお互いに気持ちが良くないですよね。

温かさは人への信頼や安心感に繋がりますので、身につけておいて損はない物です。

では、どうすれば身につくかと言うと、不平不満を口にしないことと、きつい口調を辞めることです。

不平不満を言うことは心が豊かでないことの現れなので、温かさを感じません。

また、口調がきついと近寄りがたいです。

温かい人は不平不満を言わずに、口調も穏やかです。

ぜひ、目指しましょう。

9.人の気持ちがわかる

人の気持ちなんてわかるわけない!そう思う方が多いと思いますが、その通りです。

相手の気持ちはこちら側で知ることはできません。

また、コントロールすることもできません。

では、人の気持ちをわかるのは無理ではないかと思いますが、これは相手の話を聞かずに気持ちをわかることが無理だと言うことです。

相手の話を聞けば少なからず、今相手がどんな気持ちかはわかるはずです。

完璧に100%わかろうとするのは無理です。

ほんの少しでも良いのでわかろうとすると相手はあなたに信頼寄せます。

ただ、気持ちがわかってもコントロールまではできません。

気持ちをコントロールできるのは相手自身ですので、気持ちを完璧にわかるではなく、相手の気持ちをわかろうとする心が大切です。

そうなると、相談を受けるケースが多くなりますよ。

10.誰からも慕われている

相談受ける人は男女、年齢関係なくいろいろな人から慕われています。

それだけ心が広いという証拠でもあります。

このような人は幅広い世代の方々と交流しているケースが多く、人脈も広いです。

経験も豊富で、自分で解決できない場合は人脈を駆使してその人にあった人を紹介するなど対応もかなり柔軟です。

どうすればみんなから慕われるようになるかというと、ここでも柔軟な姿勢が大切になってきます。

柔軟になると、他人の目を気にしなくなるので、どんな人とでも付き合えるので、自然と人脈が増えてきます。

人脈の多さは慕われている証拠でもあり、相手を差別してない感じがあるので、周囲から見ると好感度が高いです。

目指すべき人間の形でもあります。

よくある相談内容とは?

相談を受けるタイプがわかったことで、次に必要なのはどんな相談が多いかです。

相談と言っても内容は人の数だけ違いがあります。

すべてを網羅しろと言われても無理な話です。

まずはあなたにとって得意な相談内容を覚えましょう。

ここからは主な相談内容をご紹介します。

主に7個ありますので、その中でどれが得意かを不得意かを見極めましょう。

仮に相談を受けても無理なら得意な人を紹介することが相談相手のためになりますよ。

では、じっくりお読みになってくださいませ!

1.恋愛相談

学生時代に多い相談の例としてよく上げられます。

「あの人のことが好きなんだ」と相談を持ちかけられますが、あの人が好きだからどうしたら良いのか?と言った感じになってしまいます。

引き受ける際も何がしてほしいのかをしっかり聞くことが大切です。

聞き出せないとタダの恋愛話になってしまいます。

学生時代にこの手の相談を受けた人はたいてい、コイバナか恋愛自慢で終わってしまう傾向が多かったと思いますが、それは何をしてほしいのか聞き出せないからです。

あの人が好きなことはわかったので、何をしてほしいのかはっきり聞くようにしましょう。

2.仕事の相談

「辞めたい」「転職を考えている」「上司と上手く行かない」などの相談が主な例だと思います。

会社に気軽に話せる相手がいればその人に相談できますが、小さい会社では、相談してもすぐに第3者に知れ渡ってしまう危険性もあるので、友人に相談すると言ったケースが多いです。

仕事がうまく行っていないことへの不満が溜まってしまっている可能性が高いので、まずは話を聞いてあげてすっきりさせることが大切です。

「辞めたい」と言ってもそう簡単に辞める人はいません。

辞める人は相手に相談せずに辞めます。

気持ちの8割型は悩みを打ち明けたい、不満を爆発させたいと言った感じなので、話を聞いて上げて相手をスッキリさせましょう。

3.人間関係の相談

「あの人と上手く行かない」「あの人は苦手」職場や学校などでこんな相談を受けることは多いと思います。

はっきり言えば人間の好き嫌いはあることなので、仕方ないのですが、それで悩んでいては先へ進めません。

相手を消すこともできないので、一番は気にしないことがアドバイスになります。

先にアドバイスを言ってしまっても効果はありませんので、まずはこの場合でも相手の話をじっくり聞くことが大切です。

4.お金の相談

「お金を貸してほしい」おそらくこの相談が多いでしょう。

しかし、勘違いしてはいけないのは、この人はあなたに相談したくて来ているのではありません。

お金を目的に相談という名目であなたの所に来ているのです。

だから、相談相手はあなたでなくても良いのです。

お金の相談は寛容になってはいけません。

借りたいのなら、銀行などの金融機関の方が簡単に貸してくれるので、そちらを進めてみるのが良いでしょう。

お金の相談はあなたでなければだめというわけではありません。

5.健康に関する相談

「咳が収まらなくて」「熱が出た見たい」「具合が良くない」などの風邪のような相談を受けたりしますが、その場合は簡単です。

「病院へ行ってみたら」と言うか「良い病院紹介するから行ってみる」などと言うのが的確です。

おそらくは構ってほしいから行って来ている可能性が高いです。

また、肌荒れやニキビなどの相談なら、肌ケアに詳しい友人を紹介するか自分が使用している美容品などを紹介するのが良いでしょう。

健康に関しては相談されても改善するしないはその人自身になってしまいますので、こちらで相手の健康状態の回復まではできませんので、あまり奥深くまで行かない方が良いです。

6.子育てに関する相談

主婦(夫)さんの間で良くある相談ごとの事柄です。

主婦(夫)同士の会話の話題にはもってこいの素材なのでよく相談を受けると言う方も多いです。

お子さんを持つ主婦(夫)さんの場合はしつけや遊び、習い事などに関してイロイロと相談に応じることができますが、お子さんのいない人が無理に受けると大変なことになるので相談を受けても断りましょう。

保育士免許を持っているのであれば尚更相談を受ける可能性は大きくなりますよ。

7.離婚に関する相談

これはプライバシーにかかわることなので、まず相談を受けたら絶対に周囲に公言しないよういしましょう。

公言した時点であなたと相談者の信頼関係が崩れます。

大きな信頼があるから相手はあなたに相談してきたのであって、秘密は絶対に守らないといけません。

するしないは相手の判断に任すとしてなるべく落ち着かせるようにしましょう。

暴力などの問題が絡むようでしたら、なるべく寄り添うようにしましょう。

相談を受けるのは光栄なこと

いかがでしたでしょうか。

相談を受けると言うことは喜ばれる存在になっていると言う証拠でもあります。

人間性ができていなかったら相談は来ません。

相談が来ると言うことはそれだけあなたが周囲から認められていると言うことです。

相談が来た場合は喜んで引き受けるようにしましょう。

あなたのためでも相手のためでもあります。